二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

「松坂古書店」店主殺人事件と二つの店名の理由

▼さようなら「松坂古書店」

一昨年(2017)11月末日、秋田市で最古の歴史を有する古本屋「松坂古書店」南通り店が静かに店を閉じた。

松坂屋古書店
▲「松坂古書店」南通り店跡 2019.04

松坂古書店・みしま書房
▲平成2(1990)年

平成2(1990)年時点の店舗をあげると、すずらん通り本店・南通り店・手形東通り店・秋田ワシントンホテル(現・イーホテル秋田)2F AD店の4店。80年代には秋田大学の近くに手形山崎店も。

松坂古書店・みしま書房
▲「松坂古書店」すずらん通り本店 2004.03

70年代から足しげく通い、想い出が詰まった すずらん通り本店も、今(2019)から9年ほど前に閉店。

「松坂古書店」と「みしま書房」の看板が掲げられた外観は一見、別々の店のように見えるが、内部はつながっており(初期は別個の店)、とりわけて郷土資料が充実し、価格も良心的。思わぬ掘り出し物に遭遇する確率も高かった。

エロ系も豊富で、80年代のビニ本ブームのときは、ビニールでパッキングされた、きわどいエロ写真集が店舗の中心を大きく占めていた。

図書館でお見かけすることが多かった、古書店主人を絵に描いたように無愛想で学者肌の御主人・三島亮氏が亡くなってから、もう20数年になる。

 

▼古書店「松坂屋」店主殺人事件

松坂屋古書店▲明治38(1905)年 新聞広告

「松坂古書店」のルーツである古書店「松坂屋」は明治後半、秋田市茶町菊ノ丁(現・大町二丁目)に開業。その後、隣町の茶町扇ノ丁(現・大町三丁目)に移転。

昭和33(1958)年12月1日「松坂屋」店主・松坂壮一郎氏が、顔なじみの青年に絞殺される事件が発生。現金と貯金通帳を奪って逃亡した犯人は5日後にスピード逮捕された。

松坂屋古書店

 秋田市のド真ン中で殺人事件
 古本屋絞殺される
 物とりの線で鋭意捜査

一日午前十時ごろ秋田市茶町扇ノ丁、松坂屋古書店経営主の松坂壮一郎さん(六五)が店内のタタキにあおむけになって死んでいるのを出勤した店員が発見、秋田署に届出た。同署ではただちに現場に急行、検視の結果首に麻ヒモのようなもので絞められたあとがあるため他殺と断定、捜査を開始した。

同古書店は秋田市の中央部、市電路線に面したところで店は約十六平方メートルだが、市内でも名のきこえたしにせ。

 ‥‥後略‥‥

昭和33(1958)年12月1日付『秋田魁新報』

一方、のちに「松坂屋」店主となる三島亮氏(本名・三島亮吉 1921-1996)は、母校の秋田工業高校で教師をしていた昭和24(1949)年、GHQによるレッドパージ(赤狩り)により教職を追われ、やむなく古本屋に転身。

古本屋を始めるにあたり、三島氏が弟子入りしたのが「松坂屋」店主・松坂壮一郎氏。当初は「松坂屋」の書棚の一角に自身の蔵書を置かせて貰っていた。それから数年後「松坂屋」の隣町、茶町菊ノ丁に古書店「みしま書房」を独立開業する。

みしま書房
▲昭和34(1959)年

殺人事件後、遺族の意向を受け、師弟関係にあたり、故人と親交の深かった三島氏が松坂氏の跡を継ぎ「松坂屋」の経営者に納まることとなるが、氏は店名を変更することなく、歴史ある古書店の名を後世に残すことを決意。この時点で自身が創業した「みしま書房」と、跡を継いだ「松坂屋」の両店を経営することに。

のちに店名を「松坂屋」から「屋」を外して「松坂古書店」と改め「みしま書房」の名は主に出版社名として使われるようになる。

松坂屋古書店
▲「松坂屋」が入居していた雑居ビル

事件当時「松坂屋」が入っていた茶町扇ノ丁(現・大町三丁目)の建物は、県庁前通り(現・山王大通り)沿い、お茶の「繁田園」と「三和銀行」秋田支店(現・ミタビル)にはさまれた二階建て雑居ビル。他にふとん店と薬局が入居。

ビルの東端(上掲画像左端)、間口4.2メートル・奥行5.5メートルの小さな店舗にもかかわらず、公務員の初任給(基本給)が1万円ほどの事件当時、1日の売上げが2〜3万円に上ることもあったというほど、古本が飛ぶように売れた時代で、そのあたりの状況を知った上での犯行だった。

松坂屋古書店跡
▲「松坂屋」が入居した雑居ビル跡 2018.08

雑居ビルが解体された跡地の西側に「山一証券秋田支店」が新築移転。同社倒産後解体され、現在(2019)同地に「大和リビング」秋田営業所がある。

松坂屋古書店▲昭和33(1958)年 松坂壮一郎氏経営時代

松坂屋古書店
▲昭和32(1957)年 松坂壮一郎氏経営時代

松坂壮一郎氏は古典芸能に明るく、古書においてもそれを得意分野としていた。

▼店舗火災・市立図書館「三島文庫」出版社「みしま書房」

事件から数年後、入居する雑居ビルの解体を前にして、茶町から すずらん通りの突き当たり、洋画専門館「秋田ピカデリー劇場」前に移転。銭湯「松の湯」跡に建てられた木造二階建て雑居ビルに、当初は魚屋、薬局、古本屋が入居。

昭和58(1983)年11月26日「松坂古書店」に隣接する薬局の二階から出火、ビル二階部分を焼失。

一階店舗の書籍に加え、貴重な古文書・郷土資料など、三島氏の蔵書を含む約6千冊が消火活動により水浸しになり、一部を残してやむなく廃棄される。

永い年月をかけて収集した資料を一瞬にして失った三島氏の落胆ぶりは本当に気の毒だった。

火災をさかのぼる、同年10月3日「秋田市立中央図書館 明徳館」オープン。その開館を前にして、三島氏は蔵書から郷土資料を中心とした 4,445点を寄贈、「三島文庫」と命名される。

偶然にしては出来すぎた、絶妙なタイミングで行われた寄贈により、資料の多くが火災をまぬがれたことは不幸中の幸いであった。

「三島文庫」寄贈と火災の前年、昭和57(1982)年「秋田市文化団体連盟章」受章。

文化団体連盟章

‥‥前略‥‥

〔学芸〕三島亮さん(60歳)
郷土史関係を中心にした数々の貴重な本を出版するとともに、川柳選者としても、川柳愛好者の指導、育成に努めました。

『広報あきた』No.874- 1982-02-10 - より

川柳関連の肩書は、現代川柳作家連盟会員、川柳あすなろ会顧問、川柳研究いかり主宰、川柳波紋社主宰など。

昭和42(1967)年5月に出版した『八郎潟近世漁業史料』(半田市太郎/編) を手始めに「みしま書房」名義で始めた出版事業は、昭和50年代をピークに平成4(1992)年まで続いた。

「秋田県立図書館」で「みしま書房」を検索すると該当件数は91件に及ぶが、一部に類似名出版社の書籍が混入している模様。

松坂古書店・みしま書房
▲「松坂古書店」すずらん通り本店 2004.03

すずらん通り
▲「松坂古書店」すずらん通り本店跡 2019.05

すずらん通りの突き当たり、洋画専門館「秋田ピカデリー劇場」跡地の一角に、最近「セブン-イレブン」がオープンした。

松坂古書店
▲在りし日の「松坂古書店」南通り店 2017.07

最後に残った南通り店のオープンは昭和57(1982)年頃。建物はもともと、かつて斜め向かいにあった家電・家具月賦販売「緑屋信販」の別館「緑屋住宅設備」として建てられたもので、数年前まで二階に社交ダンスのスタジオが入っていた。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田銀行発祥の地・茶町菊ノ丁



二丁目小路(現・山王大通り)方向から北に位置する、茶町菊ノ丁・上肴町・通町を望んでいる、大正期の撮影と思われる写真。

菊ノ丁は現在の大町二丁目、ニューシティビル裏通りの、かつては名だたる豪商が建ち並んだ通り。明治十九年の俵屋火事、明治三十八年の大火で被災しているため、それ以降に建てられた店が大半を占める。

西側(左手)の洋風建築が「第四十八銀行」。明治十二年に本県初の銀行「第四十八国立銀行」として、旧士族が株主となり資本金六万円で設立された。発起人は土崎の豪商・菅礼治、初代頭取に士族の代表として横手城代・戸村義得が就任。

明治五年、明治政府はアメリカの銀行制度を手本に『国立銀行条例』を制定。この条例に基づき各地に国立銀行が設立されたが、実際は民間人が経営する私立銀行であった。「第四十八」の番号は、四十八番目に設立された国立銀行を意味する。


第四十八国立銀行五円券

国立銀行紙幣は日本ではじめて造られた洋式銅凸版印刷紙幣、一円紙幣が水兵、五円紙幣が鍛冶屋の図柄で、明治政府のお雇い外国人エドアルド・キヨソネ(イタリア・銅版画家)がデザインを担当。

各国立銀行で同じ図案だが、中央下部に「第四十八国立銀行」、その両サイドに頭取・菅礼治と支配人・山中新十郎の名が配されている。


第四十八銀行(明治三十九年竣工)

明治二十二年、「第四十八国立銀行」は、株式会社「第四十八銀行」に改組。昭和十六年、第四十八銀行、秋田銀行、湯沢銀行が合併して現在の株式会社「秋田銀行」設立。

画像の洋風建築は昭和十一年解体、新築された「第四十八銀行」が、昭和十六年から「秋田銀行」本店(現在の「赤れんが館」は大町支店)、昭和四十六年、山王に新本店が落成、本店が移転した跡をうけて「秋田銀行」大町支店となる。


昭和十二年落成、第四十八銀行(合併後に秋田銀行本店、のちに秋田銀行大町支店)

昭和五十四年、現在の大町支店(秋田第一ビルディング)落成。


秋田銀行大町支店前

その昔「第四十八銀行」の場所に住んでいたのが、荒物茶紙商「吉川惣右衛門」家。吉川家には那波三郎右衛門の五男・祐之が養子に入り繁栄を極め、隠居後は「五明」の俳号で奥羽四天王と称されるほどの俳人となる。

「第四十八銀行」北隣の町家は昭和初期頃の地図によれば「那波喜助商店」。もともとは宝暦七年の銀札事件(秋田騒動)のとき札元になった豪商「見上新右衛門」家のあった所という。安永二年にエレキテルでお馴染みの平賀源内が来藩したときには見上家が宿舎に選ばれている。

「第四十八銀行」南隣に、冠木門を構える「鈴木喜右衛門」家は、久保田藩の御用商人として質屋を営んでおり、その宅地は戦後、山王大通りの拡張で道路となった。

東側(右側)に目を移すと「中村志ちや(質屋)」と判読できる町家。手前の堰には石橋が渡されている。


中村質屋

中村三右衛門・善兵衛を代々名乗った中村家は、水戸時代の佐竹氏に出入りし、秋田に移って藩の御用商人として、土崎港、能代港の開発にあたった。見上家と同じく銀札の札元。経済学博士で東大の教授も務めた中村常次郎(M40-S55)の生家でもある。

中村質屋の数軒向こうの、ひときわ軒の深い天水甕の上がっている町家が前に書いた「三浦傳六商店」。その手前に「岡田時計店」の看板が確認できる。


右に三浦傳六商店


茶町三丁(縦文字が旧町名)


現在の旧茶町菊ノ丁 07.08

_________

関連記事

タウトの観た秋田市・茶町菊ノ町・上肴町
茶町の老舗・三傳

茶町(ひみつ基地内タグ検索)

| 秋田市今昔 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶町の老舗・三傳


三浦傳六商店・茶町菊ノ丁

明治末から大正期の撮影と思われる、旧茶町菊ノ丁、現在の大町二丁目、ニューシティービル裏の一角に存在した、秋田の典型的な切妻の町家「三傳本店」。

破風下の三段化粧梁、二階左手に施された「うだつ」が、ひときわ眼を惹く立派な造りで、屋根には防火のための天水瓶が上がっている。

弘化四年(1847)、茶町菊ノ丁に茶紙荒物商として創業。現在は新屋に本拠を移し、総合商社として営業をつづけている。

外町を焼き尽くした明治十九年の大火・俵屋火事で類焼、再建した店も、明治三十八年、大町二丁目と茶町菊ノ丁のほとんどを焼く大火で焼失するが、このときは土崎湊上酒田町の支店(明治二十年開業)をそっくり菊ノ丁に移すことで、いち早く店を開くことができた。これが画像の店舗。


書籍広告 左・明治二十年 右・大正十一年

数字の「五」をデザイン化した鼓型の家印は「五体に通じて動かざること山のごとし」という意味があるという。

営業品目をみると、茶・紙・砂糖・畳表・小間物など、この時代になっても、藩政期に茶町で専売を許可された商品がそのまま受け継がれているのが面白い。自動車を取り扱う以前、昭和初期までの主力商品は砂糖であった。


Fig. 331 Front to Fig. 332
Bruno  Taut『Houses and People of Japan』(1937・初版) より

上の画像は、建築家・ブルーノ・タウトが昭和十年五月に秋田市を訪れ、版画家・勝平得之の案内で市内の建築物を見て回った際、タウトの助手兼通訳を務めていた上野伊三郎が撮影したもの。

この時点で「三傳本店」は東隣の上肴町、「仏壇の升谷」の向かいに移転し、画像の物件は同族会社である「三浦屋」が利用していた。


Fig. 293 Front to Fig. 294
Bruno  Taut『Houses and People of Japan』(1958・再版) より

こちらは戦後に勝平得之が撮影した「三浦屋」(旧三傳本店)。このときすでに「三浦屋」は廃業し同社経営の「秋田合同倉庫」となっている。

現在の「三傳商事」の営業品目は、紙・包装資材・生活雑貨・食品・建材・石油など。そのほか「秋田日産自動車」をはじめとする関連グループ企業も数多い。

_________

関連リンク

三傳商事株式会社

関連記事

茶町(ひみつ基地内タグ検索)

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タウトの観た秋田市・茶町菊ノ町・上肴町

建築家・ブルーノ・タウトが昭和十年五月に秋田市を訪れ、版画家・勝平得之の案内で市内の建築物を見て回った際、タウトの助手を務めていた上野伊三郎が撮影した写真の一部が、タウトの著書『Houses and People of Japan』(日本の家屋と生活)に記録されている。


Fig. 149 A Merchant House at Akita
『Houses and People of Japan』(1937・初版) より

ニューシティビルの裏にあたる茶町菊ノ丁から上肴町を望んでいる。

手前の「片屋商店」は、軒の出が深い妻入造りで、切妻屋根の笠木が大きく張り出した、秋田の典型的町家。一丁目小路をはさんだ民家風の平屋が「加賀屋質店(加賀富)」。その奥の二階建てが「竹小旅館」と思われる。



手前に今も残る「旧片屋商店」。「加賀屋質店」の場所は戦後になって「合同タクシー」営業所、現在は真光系新興宗教団体の秋田支部。

藩政期に茶、紙などの独占販売を許された「茶町」の最北端に位置する「片屋商店」が扱っていた商品は、和洋紙と印刷用品など。タウトの写真にもわずかにみえている二階建て(現在は理髪店)では「明治活版所」という印刷所も経営しており、「魁新報」の前身「遐邇新聞」も一時期この場所にあったようだ。


大正二年 書籍広告


04.12 旧片谷商店

貸店舗に改装され看板に覆われたものの、外観は往年のたたずまいを残している。裏側に建っていた二棟の土蔵は解体されて、現在は店舗と駐車場になっている。


Fig. 130 Houses with Deep Eaves at Akita
『Houses and People of Japan』(1958・再版) より

左に「茶町菊ノ丁の表示板がみえる「片屋商店」。右が一丁目小路の「加賀屋質店」の土蔵。こちらの写真は、『Houses and People of Japan』初版で使用した写真類を戦災で失ったため、戦後に勝平得之が撮影したものを掲載したという。


05.07

質店の土蔵は現在、薬品店の店舗として利用されている。

_________

関連記事

タウトの宿・旧金谷旅館

ブルーノ・タウト(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

建築家ブルーノ・タウト - ドイツニュースダイジェスト

ブルーノ・タウト - Wikipedia


| 秋田市今昔 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT