二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

版画家・池田修三の軌跡・1950s~1990s

象潟町出身の版画家・池田修三(1922~2004)が、秋田県のPR誌「のんびり Vol3」で特集され、郷里の象潟公会堂で作品展が開催されるなど、今、その作品がスポットライトを浴びている。

検索キーワード「池田修三」で当ブログを訪れる閲覧者も増えたこの機会に、前回掲載した初期作品も加えて、昭和から平成に到る修三版画の軌跡をまとめてみた。

無料配布のPR誌「のんびり」は以下関連リンク先でも閲覧可能。

関連リンク
のんびり のんびりまっすぐ秋田のくらし
象潟郷土資料館

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 追悼・池田修三氏


▼秋田「聖霊学園」教職時代

まず最初に秋田市のミッションスクール「聖霊学園」で教師をしていた、昭和29年前後の習作から。太平山の山並みや、聖霊の女学生をモデルにした作品もある。


太平山

04池田修三

01池田修三

02池田修三

03池田修三

05池田修三

中央で陰陽に反転した「うなだれる群像」。これもまた修三の一面。

06池田修三
肉筆スケッチ

07池田修三
挿絵・聖霊学園学報『秋聖新聞』昭和29年3月1日発行号より


▼版画家時代・モノクロ主体からカラフル&ポップに

以降は「聖霊学園」を退職、上京して版画家に転向してからの作品。初期のモノクロ作品に最も魅力を感じる。

作風は徐々にカラフルに、ポップで童画風なものに変容してしてゆくのだが、作品の根底を流れる、どこか哀愁をおびた通奏低音は、最後まで変わらなかった。

22池田修三 No41 1956
No.41 1956

諦観を表すかのように、うつろな眼をした女の体に残る痛々しい傷跡は、作家の「自傷=自己否定」の痕跡か。

 08池田修三 No404 1960
No.404 1960

10池田修三 No501 1962
No.501 1962

観る者を射る反抗的な眼が好き。

11池田修三 No588 1964
No588 1964

「母親の腕に抱かれる赤子」にも、「子宮の中で眠る胎児を慈しむ妊婦」にも見える両義的作品。

12池田修三 うさぎ 1964
うさぎ 1964

13池田修三 秋果 1964
秋果 1964

14池田修三 あつまれ 1966
あつまれ 1966

この時期に制作された数点に、影法師のような「黒い子どもたち」が登場する。

はじめてそれを観たとき、この世のものではない、人の目には見えない存在を表現していると感じた。幼くして天に召された子ら、または産声をあげることもなく消えた命、もしくは天使的存在。

「旗を持つ子どもたち」は修三版画にしばしば登場するテーマ。はためく「旗」は「不可視な風を視覚化する装置」でもあるから、背景のない空間で髪をなびかせて遊ぶ子どもらは、実体を持たない「風の子」である。

15池田修三 輪おどり 1966
輪おどり 1966

16池田修三 雪 1973
雪 1973

17池田修三 三色すみれ 1982
三色すみれ 1982

秋田相互銀行(秋田あけぼの銀行と改名後、羽後銀行と合併、北都銀行となる)のカレンダーや通帳に修三の版画が使われていた80年代の作品。

銀行のグッズに採用されたことで、秋田県民にとって修三版画の少女たちは、どこかで見覚えのある、なつかしい存在となっている。作者の名は知らずとも。

18池田修三 旗の行列 1987
旗の行列 1987

19池田修三 最上川初夏 1992
最上川初夏 1992

20池田修三 こばと 1994
こばと 1994

21池田修三
年代不詳

23池田修三

平成5年(1993)の案内状。裏には菜の花と鳥海山。これが秋田における最後の個展だったかもしれない。

池田修三(1922~2004)版画家

大正11年(1922)、由利郡象潟町生まれ。東京高等師範学校(現・筑波大)卒業後、秋田県立由利高校で6年、聖霊学園(秋田市)で3年間教職を務めた後、昭和30年(1955)退職し上京、木版画に専念。少女や子どもたちの居る情景を得意とした。

1957 日本版画協会展出品・受賞
1959 現代版画コンクール展・受賞
1968 ビストイア(イタリア)版画ビエンナーレ展
1977 日本版画協会、退会

主な海外の版画展 
アメリカ・オルゴン大学展
ニューヨーク・セントジェームス教会展
シカゴ・メンストリートギャラリー展
百点の日本現代版画アメリカ巡回展
イタリア・花のビエンナーレ展

_________

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 追悼・池田修三氏

| 読む・観る・聴く | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドーム屋根のモダン建築・秋田物産館


秋田物産館(昭和初期の絵葉書より)

大正十四年、秋田市土手長町中丁(現・中通三丁目)、現在の北都銀行本店営業部の地に、産業の振興を目的とした「秋田物産館」竣工。十月十五日のオープンの日、宮城・岩手における陸軍大演習統監を終た摂政宮(のちの昭和天皇)が物産館をご覧になった。

左手前の建物が昭和六年竣工の秋田警察署、角を左折すると今の中央通りだが、まだ道幅が狭く、駅方向に直進すると十七連隊にぶつかる。昭和三十年代に警察署があった北側を取り壊し道路を拡幅。

物産館の向かい、旭川沿いに軒を並べていたのが「勧工場」(かんこうば)と呼ばれた名店街。この写真絵葉書の発行元である「光文堂書店」という絵葉書屋も、この勧工場で営業していた。詳細は文末の関連記事リンクに。

建坪二七五坪、鉄筋コンクリート煉瓦仕上げ。工費約四十六万二千円(教員の初任給が四十円ほどの時代)。地下に事務室、一・二階が陳列室、三階の一部に貴賓室、屋上付き。

県の山田技師が、伊藤忠太博士(代表作・築地本願寺)の指導で設計、仙北郡角館町の菅原組が施工にあたった。屋上のある建物がまだ珍しかった当初は“超モダン建築”として人気を集め、郡部から弁当持参の見物客が絶えなかったか。



道を行く風呂敷包みを携えた三人の女学生。このセーラー服は「聖霊高等女学院」(現・聖霊女子短期大学付属高等学校)の夏服だろう。

大正十二年九月一日正午前に関東地方を襲った関東大震災以来、鉄筋コンクリート建築の耐震性が注目され、それ以降徐々に鉄筋コンクリートを使った建物が増加する。秋田市においても、物産館に先立つ大正十四年中に、二丁目小路(現・山王大通り)に勧業銀行秋田支店、山口銀行秋田支店が鉄筋で竣工している。


秋田物産館(絵葉書)

人着(人工着色)による印刷。昭和六年竣工の秋田警察署がまだ建っていない。

中央にそびえるドーム屋根が印象的な秋田物産館だが、“ドーム屋根の物産館”で思い出されるのが、チェコの建築家ヤン・レツルにより設計され、大正四年オープンした「広島物産陳列館」。秋田の物産館はこの建物に少なからず影響されたに違いない。


広島物産陳列館(大正初期の手彩色絵葉書より)

広島物産陳列館、広島県商品陳列所、広島県産業奨励館と名称を変えた建物は戦後、「原爆ドーム」というもうひとつの名で世界的に知られる戦争遺跡となった。


原爆ドーム(wikipediaより)

終戦を前にした一時期、防空本部となった秋田物産館は、戦後の二十二年、屋上部分に三階を増築し、県土木部や教育庁が間借りするが、この頃になると老朽化が目立ち始め、三階を増築したのも屋上からの雨漏りを防止する目的もあったのだという。


三階を増築した戦後の物産館

同じ土手長町通りの秋田県庁が焼失し、山王へ移転した空地の一角に、昭和三十五年「秋田産業会館」オープン。役割を失い空き家になった物産館を博物館にする運動もあったが、それも実らず、往年のモダン建築は公売にかけられることに。

土地付きの物産館を八千七百万円で落札した、横手市に本店を置く「羽後銀行」は物産館を解体後、本店を新築移転、現在の「北都銀行本店営業部」の建物で昭和三十九年業務を開始。同じ頃、増田町出身の漫画家・矢口高雄は、羽後銀行の支店に務めながら趣味で漫画を描き、コミック誌『ガロ』などへ投稿をつづけていた。


北都銀行本店営業部(旧羽後銀行本店) 08.12

北都銀行本店営業部の場所は“秋田市役所発祥の地”。明治十二年に開設された南秋田郡役所の擬洋風建築庁舎に、同二十三年四月、初代の秋田市役所が誕生するが、同三十八年焼失。それ以降の市役所庁舎については下記関連記事リンクに。


初代秋田市役所(南秋田郡役所)


大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 産館ホールへ行こう

二〇世紀ひみつ基地 長町通り「勧工場」

二〇世紀ひみつ基地 通町橋から秋田市役所を望む

関連リンク

原爆ドーム - Wikipedia

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追悼・池田修三氏

版画家の池田修三が昨年の暮れ逝去したという。

検索してもおくやみの記事が見つからないのは密葬だったためだろうか。

20050818232344.jpg

修三は大正十一年(1922)秋田県象潟町に生まれ、旧制本荘中学から東京高等師範学校に進学。昭和二十一年から由利高校教員として六年間勤務した後、秋田市の聖霊学園に三年間勤務、昭和三十年に上京し、木版画に専念する。少女や子供たちの情景を得意とした。

20050818232310.jpg

この作品は美術教師として聖霊学園に勤務していた時代の習作。
校舎か宿舎らしき建物で、清々しい朝の光を浴びる女生徒の姿が、モノクロの陰影に印象深く刻まれている。聖霊の制服は当時はセーラー服だった。

20050818232326.jpg

これも同時代の習作。
千秋公園から太平山を眺めたものだろうか。
晩年のものよりも、この時代のモノクロ作品に魅力を感じる。

芸術的評価は決して高くはなかったが、80年代には秋田相互銀行(あけぼの銀行)のカレンダーや通帳に、修三の版画が使われたため、名前は知らなくとも、秋田県民にとってその作品はなじみ深いものになっている。

_________


関連記事

版画家・池田修三の軌跡・1950s~1990s



池田修三・画像検索

| 読む・観る・聴く | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |