二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

秋田駅前・金萬の「牛どんや」・1980年代後半

秋田駅・吉野家
▲吉野家 秋田駅ビル トピコ店 2016.12

平成28(2016)年1月17日、秋田駅ピル「トピコ」一階の「ミスタードーナツ」が経営不振を理由に閉店。その後、秋田県内でミスドを独占展開する「KAMADAスマイルコーポレーション」(旧・鎌田会館・マルシメ鎌田)が経営破綻していたことが判明する。

閉店した「ミスタードーナツ」秋田トピコショップ跡地に、平成29(2017)年11月22日「吉野家」秋田駅ビルトピコ店オープン。

秋田市に全国チェーンの牛丼店が初登場したのは平成9(1997)年11月のこと。横山金足線沿い、桜一丁目に11月4日「すき家」がオープンしたのにつづき、そこから北に数100メートル離れた広面字樋ノ沖に「吉野家」がオープン、互いに集客を競うが「吉野家」が先に撤退。「すき家 秋田東店」は現在(2017)も同じ場所で営業している。

▼秋田初の牛丼専門店は金萬の「牛どんや」?

全国チェーンの牛丼店が秋田に進出した平成9(1997)年からさかのぼること約10年前、秋田駅前に牛丼専門店「牛どんや」がオープンする。おそらくこれが秋田で初の牛丼専門店。

スタンド席のみの奥行きのある店内で、結構ボリュームのある並盛りが350円から400円ほどの価格は、当時の全国チェーン店とほぼ同じだった。

金萬・牛丼屋

 

秋田駅前1990

南側のパチンコ店「秋田レジャーセンター」および「秋田会館」から、北側の「サーティワンアイスクリーム」までが、金萬グループが経営していた店舗。その一角、「金萬」売店の隣に「牛どんや」があった。

▼「金萬」の誕生とレジャー産業への進出

湯沢市出身で「金萬」創業者の大内正見氏は、露店の闇市、バラックの引揚者住宅などが雑然と建ち並んでいた戦後間もない秋田駅前で雑貨や青物などを売る商売をはじめ、昭和23(1948)年完成の駅前商店街「銀座街」に入居し「正味食堂」を開く。その店名は店主の名前にちなんだものだろう。

「銀座街」は「たけや製パン」発祥の地だが「金萬」のルーツもこの地にあった。「正味食堂」廃業後、跡地に中華料理店「幸楽食堂」が入る。

ある日、東京に出かけた大内氏は、浅草のデパート「松屋」の食品売場で、その後の人生を左右するあるものに出会う。それは当時、東京で流行していた「都まんじゅう」の実演販売。

「都まんじゅう」の繁盛ぶりに感じ入り、早速その製造機械を購入した大内氏は、昭和28(1953)年、秋田駅前・金座街で「金座街のまんじゅう」略して「金万」(のちに金萬と改称)のネーミングで実演販売を開始。厳選した原料を使い「都まんじゅう」に負けない味を追求した。

できたてホヤホヤのおいしさと、ガラス越しに製造工程を見せる商法がヒットして、最盛期は1日2万個から3万個を販売。その利益をもとに食堂事業を拡大し、昭和30年代中頃にパチンコ店を開業してレジャー産業に進出。その後、ボウリング場、ゲームセンター、ブティックも経営する。80年代後半に入ると、サーティワンアイスクリーム、マクドナルドとフランチャイズ契約を結び出店。

「金萬」が「秋田名菓」を冠するようになったのは、創業者の大内正見氏(1921~1986)が亡くなってからのこと。

「金萬」の歴史とその製造機械などの詳細は下記リンク先に。

秋田駅前1990

▲秋田駅前・金萬ストリート・1990年頃

地下道出入口の向こう、仲小路の角地に建つ三角屋根のレトロ建築は旧「日本通運」秋田駅前支店。改築して一階をパチンコ店「秋田レジャーセンター」二階に金萬事務所が入った。


▼秋田駅前北地区再開発計画の頓挫

平成28(2016)年5月に廃業した「金萬ボウリングセンター」を最後にレジャー産業から手を引き、2軒のパチンコ店・ゲームセンター・金萬売店・牛丼店・サーティワンが並んでいた区画は現在(2017)金萬駐車場になっている。

金萬駐車場と「エスポワール緑屋」などがある秋田駅前北地区は「フォンテ秋田」(旧・イトーヨーカドー)が建つ南地区に次いで、再開発共同ビルを平成13(2001)年度までに建設する計画であったが、折りからの不況も重なり断念。再開発のため更地にされた空間は有料駐車場となった。

更地になる前、金萬売店とサーティワンは「イトーヨーカドー秋田店」(現・フォンテ秋田)二階に移転。

秋田駅前・金萬駐車場
▲秋田駅前・金萬駐車場 2016.12

秋田駅前3Dmap
▲金萬駐車場周辺俯瞰

緑色の多角形建築 「エスポワール緑屋」は旧「やまじんビル」。家電・家具を販売していた「緑屋」が買収後、金座街(現・アゴラ広場)側に増築、さらに変形度を増した。現在は居酒屋のほか、6階に「アニメイト秋田店」などが入居。「やまじんビル」と「緑屋」のことはまたいつか。


金萬「牛どんや」跡

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駅前居酒屋「秋田長屋酒場」焼失・村さ来跡

なまはげ炎上…秋田駅前の居酒屋で火災 無人の店内から出火

 28日午前9時20分ごろ、秋田市中通の居酒屋「秋田長屋酒場 秋田駅前店」から火が出ていると、付近の住民から119番通報があった。火は約4時間半後に消し止められ、木造2階建て約370平方メートルが全焼し、隣接する建物2棟の外壁が一部焼けた。けが人はなかった。

 店は28日午前1時に営業を終了して以降は無人で、その後に店内から出火したとみられ、秋田中央署と市消防本部が原因を調べている。現場はJR秋田駅前の飲食店が立ち並ぶ地域。

 秋田長屋酒場は巨大ななまはげの面の看板で知られる、きりたんぽ鍋など郷土料理の店で、地元住民や観光客に人気がある。

産経ニュース
2017.1.28 15:43更新

秋田長屋酒場・火災

秋田長屋酒場・火災

焼け落ちたなまはげの角と、手前のパイロン(カラーコーン)が似ている。

窓のない構造が消火活動をさまたげ、鎮火まで時間がかかったらしい。

秋田長屋酒場
1907.05

平成17(2005)年春、秋田駅前旧旭町通りに、大型なまはげ面がシンボルの「秋田長屋酒場 秋田駅前店」オープン。

昭和レトロ居酒屋「半兵ヱ」などを全国展開する「ドリームリンク」(本社・秋田市)の直営店で、東側に隣接する八竜ビルに入居する「トリス軒」も同社のチェーン店。

秋田長屋酒場
1907.05

なまはげ面は当初、赤面のみだったが、のちに青面も加わり、エントランス上部に竿燈提灯のレプリカが掲げられてバージョンアップする。

秋田長屋酒場
1909.03

秋田長屋酒場
1909.03

秋田長屋酒場
2015.03

「おいしい秋田米」の看板がある北隣の米屋は、明治10(1877)年創業の老舗「信太米店」。駅前再開発前は秋田駅の真向かい、現在のフォンテ(旧イトーヨーカドー)ビルの一画、中央通り側角地に店を構えていた。

秋田駅前・村さ来
1993.12

時代をさかのぼると、平成6(1994)年「国際タクシー秋田駅前営業所」跡に居酒屋「村さ来」オープン。県内で居酒屋チェーン「村さ来」を一手に展開していた「秋田飲料コンサルタンツ」(ドリームリンクの前身)が手がけた第8号店。

イタズラ書き風のユニークな壁面デザインは、全国の和風店舗の外装をまとめた写真集『かんばん 和風看板と店構え』(2000年・高須企画)にも掲載された。

ちなみに「村さ来」秋田1号店は、秋田市有楽町の複合映画館ビル「プレイタウンビル」の一階に、昭和58(1983)年オープン。安さとおいしさ、メニューの豊富さで人気をあつめ、若者を中心に連日満員の大盛況。当時、飲み物の定番はジョッキで飲む多彩なチューハイ。「村さ来」に代表される居酒屋チェーンがチューハイを全国に広め、80年代のチューハイブームつくり、昭和59(1984)年には日本初の缶入りチューハイ「タカラcanチューハイ」が誕生、ヒット商品となる。

秋田長屋酒場・火災

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧「マルシメ鎌田」倒産・鎌田会館のミスド

秋田駅ビル・ミスド
ミスタードーナツ 秋田トピコ ショップ 2016.01.15

秋田駅ビル・ミスド

平成28(2016)年1月17日、秋田駅ピル「トピコ」一階のミスドが、経営不振を理由に閉店した一ヶ月後、秋田県内でミスドを独占展開する「KAMADAスマイルコーポレーション」が破産していたことが明らかになった。

県内ミスド経営、KAMADA破産 負債総額5億7千万円

 秋田市南通宮田のKAMADAスマイルコーポレーション(鎌田壽社長、資本金1千万円)が、秋田地裁から破産開始決定を受けていたことが26日分かった。県内でミスタードーナツを独占経営していたが、コンビニエンスストアとの競合により、近年の収益は赤字基調で推移していた。東京商工リサーチ秋田支店によると、開始決定は18日で負債総額は約5億7千万円。

 同社は1946年に先代が冷菓製造販売を目的に個人創業。61年12月にはJR秋田駅前に自社ビル「鎌田会館」をオープンさせ、大食堂や宴会場、結婚式場を運営した。72年にダスキン(大阪府吹田市)とフランチャイズ契約を結び、2年後に株式会社化。鎌田会館にミスタードーナツの県内1号店を開いた。ピーク時の99年9月期は売上高16億1800万円を計上した。

 一方でレストランや宴会場を運営していた別会社の「杉のや本店」(秋田市中通)は経営が振るわず98年に閉店。2002年には鎌田会館も閉めた。営業不振から同市内で2店舗展開していた「ドトールコーヒーショップ」も09年までに経営から手を引き、同社の事業はミスタードーナツのみとなった。

詳しい記事は秋田魁新報朝刊で
このページの記事は簡略版です。詳しい記事は「秋田魁新報朝刊」か「さきがけ電子版」でご覧ください。
(2016/02/27 12:33 更新)
さきがけonTheWeb|秋田魁新報社

記事を補足すると、「KAMADAスマイルコーポレーション」が経営していた、秋田県内12店舗、青森県1店舗のミスドは、運営元であるダスキンの子会社に譲渡済みとのこと。


▼酒まんじゅうの○〆(マルシメ)鎌田

「KAMADAスマイルコーポレーション」の前身は「(株)鎌田会館」その前の社名は「(株)マルシメ鎌田」そして初代の「鎌田冷菓店」。

戦後の混乱期、「鎌田冷菓店」創業者・鎌田貞政氏(大正5(1916)年~平成7(1995)年)は、夫人と共にリヤカーによるアイスキャンデーの移動販売を開始、徐々にその事業規模を広げ、やがて、浅利(協働社)大内(金萬)らとともに、高度経済成長期の秋田市において、一代で急成長をとげた優良企業のひとつとなる。

昭和31(1956)年の営業品目を列記。

冷菓・菓子・清涼飲料 製造卸
冷菓機械・冷菓原料 販売
株式会社○〆鎌田
本店 秋田市中央大通り(※中央通りのこと)
支店 秋田駅前金座街 

○〆アイスクリーム
鎌田のパン
鎌田のジュース
鎌田のラムネ
ミリオンサイダー

鎌田の甘納豆
蕗羊羹
諸越
おのろけ豆

豆砂糖かけ一切
バターピーナッツ
落花生
かわり玉
金平糖

駅前支店
喫茶
酒まんじゅう

森永ドライミックス秋田県特約店
東和ソフトクリーム機械販売
森永・日世・東和 コーンカップ特約店

店頭で蒸されてホカホカと香り立つ「○〆鎌田の酒(さか)まんじゅう」は「金萬」とならんで秋田駅前の名物であった。

アイスクリーム工場はその後、自社ブランド製品のほかに、森永乳業のアイスクリーム・ブランド「アルプス」を製造する「アルプスアイスクリーム秋田県委託工場」となる。

昭和30年代~40年代にかけて、噴水ジュース自販機、そば・うどん自販機を販売。

昭和40年代、日産三万食規模の製麺工場を山王大通りに面した旭北栄町で操業開始。

飲食店事業では、駅前・金座街に酒まんじゅう売店・食堂・宴会場を兼ねた飲食ビル。昭和30年代、秋田駅前「秋田ショッピングセンター」(現「ホテルα-1秋田」の地)に、のちにミスド一号店が入る「鎌田会館」開業。昭和50年代初頭、中央通りに六階建て総合飲食ビル「ロイヤル鎌田・杉のや」開業。

「秋田ステーションデパート」内で麺コーナー、コーヒースタンド、酒まんじゅう・おにぎり売店を経営。「秋田プラザ」(現・キャッスルホテル)内に、お好み食堂、麺コーナー・ソフトクリームコーナーを経営。

秋田駅ビル・トピコおよび秋田空港で和食「杉のや」を経営。等々。

「KAMADAスマイルコーポレーション」と社名変更後は、ミスドの経営に専念する。

鎌田の酒まんじゅう、アイスクリーム、ミスド一号店などの詳細は、下記関連記事を参照のこと。

 

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はがねの雀・その名はピコリーノ

▼スズメがいる車止め

秋田駅前・ビコリーノ
秋田駅前 2015.05

街角や児童公園の出入口などで見かける、スズメが止まる「車止め」の正式名称をピコリーノという。イタリア語で「小さくかわいい」といった意味があるそうだ。

ビコリーノ
楢山 2015.04

 ビコリーノ

広島に本社がある株式会社サンポールが1980年に開発。

 このピコリーノの誕生は、今から35年前の1980年に遡ります。
 当時のサンポールは、第一の柱である「旗ポール」の売り上げを軌道にのせ、東京進出も決めて急成長をとげていました。そして数年後、第二の柱となる「車止め」市場に「サンバリカー」ブランドで本格参入することになるのです。
 その頃、企画開発の中心的な役割を担っていたのが、創業者一族の一人、権藤千代子(当時、専務)でした。先行するメーカーとの差別化を図り、市場にインパクトを与える、新しいコンセプトの製品を開発すべく躍起になっていたさなか、権藤の前に一つの情報が舞込みました。
 「公園の入口に設置されている門型の車止めの上に、子供が飛び乗って座るなどして転倒する事故が多発し解決策を検討している。」
 常々、「児童公園の入口に無機質な門型車止めは相応しくない・・」と思っていた権藤は、この情報をヒントに、子供が飛び乗れないようにする機能と子供の遊び場に相応しい意匠を融合した製品を閃きました。そうして誕生したのが「ピコリーノ」です。

「ピコリーノができるまで」より抜粋

株式会社サンポール|ピコリーノができるまで

 

▼名物・江ノ電スズメ 

 江ノ電・江ノ島駅前では、近所の夫人の手にによって、季節に合わせて衣装を着替えるピコリーノが名物となっている。

▼千秋公園の自撮りカメラスタンド

カメラスタンド
2015.05 大手門堀ポケットパーク

千秋公園の大手門堀ポケットパーク(三伝ガソリンスタンド跡)に設置された、自撮り用カメラスタンドも、株式会社サンポールのアイデア商品。

カメラスタンド

株式会社サンポール|カメラスタンドができるまでvol.1

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT