二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

昭和残影・土崎「石田商店」洋品店兼タバコ屋兼書店

土崎 石田商店
▲2004.03

秋田市土崎港中央三丁目、旧町名・土崎港旭町旭受。「本住寺」の南側、「満船寺」の向かいにあった、大正9(1920)年創業の洋品店「石田商店」。

土崎 石田商店
▲2004.03

店頭のタバコ・コーナーに置かれた昭和風情のタバコケース。陶製タイルを模した、タイル風型押しトタン板の上にペンキで白枠を塗り、赤文字で「たぱこ」と描き入れている。

土崎 石田商店
▲2003.09

土崎 石田商店
▲2003.10

「石田商店」と記された袖看板の後ろ、経年変化によって色褪せた屋根看板に描かれた文字は「小学館の学習雑誌(改行)新刊書・雑誌 石田書店」。

往年は洋品店とタバコ屋の他に書店を兼ねていたのだ。

土崎 石田商店

「小学館の学習雑誌」の右側に「パーマン」左側に「トッポ・ジージョ」とその脇役の「オルソポピー」が描かれている。

藤子不二雄による漫画『パーマン』が『週刊少年サンデー』で連載が始まったのは1967(昭和42)年。翌1968(昭和43)年から小学館の学年別学習雑誌でも連載開始。

ミラノ生まれのネズミが主人公の人形劇『トッポ・ジージョ』日本版(オリジナルはイタリア人形劇)のテレビ放映開始は1966(昭和41)年。翌1967(昭和42)年『小学館コミックス』にて、石森章太郎(のちに石ノ森章太郎と改名)の手によって漫画化。

というわけで、この看板の設置は1967(昭和42)年から翌1968(昭和43)年にかけてと推定できる。


土崎 石田商店
▲2004.03

2013(平成25)年頃「石田商店」解体。

土崎 石田商店跡
▲2013.07「石田商店」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和残影「オリンピック釣具店」川反一丁目

2019年6月初旬のこと、通町通りから川反通りに入ってすぐ、目の前の町並みに何か違和感をおぼえた。

オリンピック釣具店跡▲秋田市川反一丁目(大町一丁目) 2019.06

しばらくシャッターが閉じたままの状態が続いていた「オリンピック釣具店」が、2020 東京オリンピックを待たずして解体されて、駐車場に様変わりしていたのだ。

オリンピック釣具店 ▲川反一丁目 2004.03

オリンピック釣具店 ▲2004.03

もう50年近く、川反一丁目のシンボル的存在であった、壁面に大きく「つり具」と、丸ゴシック体で描かれた、アイキャッチ効果抜群の看板は、店舗改装の際、手を加えずに保存されたが、二階に新設された窓で文字が分断された。

オリンピック釣具店▲2010.08

オリンピック釣具店 ▲2018.11

オリンピック釣具店 ▲昭和33(1958)年

1955(昭和30)年「オリンピック釣具店」創業。その当時北隣に、湖沼や河川から切り出した天然氷を貯蔵する氷室(ひむろ)が残されていたが、その話はまたいつか。

店名の由来は「植野精工」が手がけたリールの人気ブランド「オリムピック」(オリンピック) だろう。ブランド・マークは「五輪にトビウオ」。

植野リール製作所 ▲昭和12(1937)年「植野リール製作所」広告

植野リール製作所
▲昭和18(1943)年「植野リール製作所」広告

日本におけるリール製造のパイオニアで「ダイワ精工」と双璧をなす釣具メーカーであった同社は、1961(昭和36)年「オリムピック釣具」次いで「オリムピック」と改称、1992(平成4)年「マミヤ光機」と合併し「マミヤ・オーピー」となるが、2000(平成12)年、釣具事業から撤退。

大阪に本社を置き、釣具・ゴルフシャフトなどを製造販売する「オリムピック」は「マミヤ・オーピー」の和歌山県すさみ工場を引き継ぎ、2001(平成13)年に創業された別会社だ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まぁくん。さん(@mar_kun358)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

cafezukiさん(@cafezuki6035)がシェアした投稿 -

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消えゆく赤「ぢ」看板

山田相談薬局ホーロー看板
▲秋田市旭北栄町(消失家屋)2005.02 

赤い“”文字が眼を惹く「山田薬局」の看板。

「赤ちゃん用品 育児相談 ひふ病で評判の」とキャッチフレーズがある「山田薬局」(現・山田相談薬局) の住所、秋田市大町に「旧大工町」と旧町名が添えられている。

秋田市の町名が旧町名から新町名に変わったのが1967(昭和42)年。秋田局の市内電局番が二桁になったのは1969(昭和44)年だから、昭和40年代中期に設置されたものだろう。

昭和の街角によく見られた「」看板や痔薬の広告も最近あまり見かけなくなった。

船木薬店
▲秋田駅前・広小路「船木薬店」(消失店舗)2004.02

現代仮名遣いで「痔」のふりがなは「じ」が正解。しかし痔薬においては歴史的仮名遣いである「」が伝統的に使われている。

「痔」を表現するには「じ」よりも「」のほうがふさわしく、圧倒的に訴求力がある。

」は日本でいちばん短いひらがな文字看板。ひらがな一文字で通じる看板も珍しい。赤文字の「」は「血」に通じ、そのふくらんだ形状は「イボ痔」のようでもある。

昭和の元祖「」看板といえば「ヒサヤ大黒堂」のネオン看板。↓

上掲画像は銀座の夜に輝くネオンサイン。太く力強い「」の濁点が飛び散る血液のようでダイナミック。

慶長16(1611)年創業という「ヒサヤ大黒堂」の薬品は一般の薬局では取り扱わず、直営店と通販のみで販売。昭和40年代から新聞広告を大量に掲載し、各地に支店を拡げ、香港支店に「」のネオン看板を出すまでに成長するが、現在はその規模を縮小、ネオン看板が残っているのは銀座だけのようだ。

ヒサヤ大黒堂・新聞広告
▲1969(昭和44)年「ヒサヤ大黒堂」新聞広告

ヒサヤ大黒堂
▲1982(昭和57)年「ヒサヤ大黒堂」新聞広告

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

血まみれの交通安全標語看板

交通安全標語看板
▲秋田市旭南にて 2018.11

あ、あぶない
とび出しは事故のもと!

旭南小・PTA

経年の錆が、まるでしたたる血のような、昭和の交通安全標語看板

ヘタウマな女児のイラストも良き

交通安全標語看板

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT