FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

オバQと不二家の蜜月時代

「週間少年サンデー」で連載されていた、藤子不二雄の漫画「オバケのQ太郎」がアニメ化されたのは昭和四十年(1965)の夏。TBS系、毎週日曜日夜七時半からの放送、東京ムービーによるモノクロ作品、提供は不二家だった。

当時、秋田には民放はまだABS秋田放送(日テレ系)の一社のみであったが、TBS系の番組も多く、「オバケのQ太郎」も、TBSの本放送からまもなく放送が開始されている。

20070203003028.gif
昭和四十年・秋田放送タイムテーブルから

日曜夜六時から「オバケのQ太郎」、そして、牛乳石鹸提供の「シャボン玉ホリデー」、熱血青春学園ドラマ「青春とは何だ」、九時からは、毎週ドキドキハラハラの連続の海外ドラマ「逃亡者」が始まる。これがまた次回が待ち遠しくなるほど、いいところで終わるんだよ。

この時代はほんどが一社提供で、もっと前の時代のことだ思うが、画面の下に提供テロップが常に流れていた。吹き替えの海外ドラマでは、音声と映像がズレまくってわけのわからない状態になることや、放送障害で「しばらくお待ち下さい」のテロップが延々と流れることも良くあった。

約二年間放映された「オバケのQ太郎」終了後は「パーマン」、そのあとが「怪物くん」と、藤子不二雄作品がつづき、不二家からはそれぞれのキャラクターを起用したお菓子が発売され、様々な懸賞キャンペーンが展開されていく。

20070203003017.jpg
昭和四十一年(1966)「週間少年サンデー」

お菓子のパッケージ百五十円分を一口で、毎週五百名にオバQ賞「オバQラジコン」。P子賞は毎週一万名に「オバQマーチ」ソノシート。

20070203003002.gif
昭和四十一年(1966)「週間少年マガジン」

多忙な漫画家にかわって広告会社の社員が代筆したとおぼしきオバQには、オリジナルにはないまゆ毛が書き込まれていて、なんとなくおまぬけ。

こちらは葉書にオバQの絵を描いて応募する、商品を買わなくても参加できるオープン懸賞。一人で何枚送ってもよい。

特賞が家族づれ十名様(二人一組を五組)をケニア自然動物園ご招待。一等「オバQパンチミー」(大型起き上がり人形)一万名、二等「オバQエハガキセット」一万名。

ケニアへはオバQの代理として藤子不二雄(安孫子、藤本両氏)が同行、みんなで一緒に「オバQ音頭」を踊ったという。この年の同じオープン懸賞に「Qちゃんといっしょにおとぎの国デンマークへ行こう」というキャンペーンもある。海外旅行なんてまだ夢の夢の時代の豪華懸賞である。

20070203002951.jpg

明治マーブルチョコのパクリのようなこのチョコレート。食べ終わったら駄菓子屋にあった「浮き玉」のようにして遊べる、おまけ付きアイデア商品だったが、遊んでいるうちに空気もれが発生して、いくら吹いても玉が浮かばず、すぐに捨ててしまった記憶がある。

夏が近づくと「オバケのQ太郎」のエンディングが、櫓の下で盆踊りを踊るオバQたちのアニメに変わり、バックになんとも能天気な歌詞の「オバQ音頭」が流れた。

♪キュッキュキュのキュ(アソレ!)
♪キュッキュキュのキュ(コレマタ!)
♪オバQ音頭で キュッキュッキュッ
♪空は晴れたし ホイ オバQ 悩みはないし ホイ オバQ‥‥‥

不二家のハイカップ(カルピスに似た甘い濃縮飲料)の王冠に切手二十円分を同封して送ると、もれなく「オバQ音頭」のソノシートが貰えるキャンペーンがあった。

20070203002939.gif

ペコちゃんの振り付けイラストの入ったソノシートは、不二家が幼稚園などに無料配布したこともあって、たちまちのうちに全国に浸透。四十年以上たった今でも八月になればどこからか聞こえてくる、盆踊りの定番ソングになった。

20070203230633.gif
昭和四十一年(1966)新聞広告

秋田市産業会館ホールで開催された「オバQこども大会」。プログラムは「オバQ主題歌」「オバQ音頭・竹部バレー団」「腹話術・南三郎」「映画・オバケのQ太郎〈2本〉」。その他「藤子不二雄先生のオバQ書き方指導もあります。」

昭和四十六年(1971)オバQがカラーアニメ「新オバケのQ太郎」となって、日テレ系毎週水曜七時半に帰ってきた。オバQの声優が変わり、提供は不二家とプリマハムの二社になっていた。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

産館ホールへ行こう

20050420233019.jpg
秋田産業会館 昭和三十年代

秋田県庁が山王に移転した空地の一角に、県内の物産品の公開展示、産業経済のセンターを目的とした「秋田産業会館」、通称「産館」が竣工したのは昭和三十五年(1960)。

九百五十人収容の大ホールでは、式典、大会、コンサートのほかに、秋田おばこコンテスト、見本市などの各種イベントが開かれる、県民にとってはなじみ深い施設だった。

常に若い世代とともに、その時々の流行の音楽が流れ、天井にはミラーボールが輝いていた産館ホール。初期にはダンパ(ダンスパーティー)の会場として連日のように満員になったという。男女の出会いの場でもあったダンパで奏でられる音楽は、ジャズからロカビリー、そしてゴーゴーダンスのエレキサウンドへと変遷、その後はフォークソングブーム、ロックバンドブームと続いた。

20050420233120.jpg
完成して間もない産館ホール内部
一階の椅子を移動すると、広いフロアになる

私の世代は60年代末から70年代のフォークソングブームのころ。
秋田のフォークソングムーブメントのカリスマ的存在であった山平和彦が率いる「あきたおんがくくらぶ」主催のコンサートでは、地元の山平をはじめとして、山平のバックバンドで後に「東京」でミリオンヒットを飛ばすマイペース、八竜の鬼才・友川かずき、能代高校同期生デュオ・とんぼちゃん、今は地元限定タレントあべ十全のデュオ・田吾作、天井桟敷の俳優・昭和精吾などがステージに上がり、中央からは先日五十六歳の若さで逝去した高田渡、永遠の少年・あがた森魚などのゲストを迎えて、産館ホールはおおいに盛り上がったものだ。

いつも若いエネルギーが満ちあふれていた産業会館は、平成一年(1989)にオープンしたアトリオンに受け継がれ、旧産業会館は別館として残ったが、老朽化と再開発用地であったことから取壊され、跡地はBMX、スケボー、ローラースケートの練習場となっている。

20050420233230.jpg
仲小路側から産館スケートパーク
その向こうに協働社ビルの跡地に建つ高層マンション
夏草やつわものどもが夢のあと


大きな地図で見る



附録:70年代「秋田フォークソングムーブメント」関連リンク

山平和彦 Discography
山平和彦 official
飯田川町に生まれ、秋田市立高在学中に 「あきたおんがくらぶ」結成。三年生のときデビューシングル「7月21日早朝に」をレコーディングし、卒業と同時に日本初のアンダーグランドレーベルURCからデビュー。
放送禁止を皮肉ったシングル「放送禁止歌」が、文字通り放送禁止に、同曲が収録された初アルバム内の「大島節」、「月経」が猥褻を理由に発売禁止、後に曲を入れ替えて発売。
名古屋に定着しDJ、プロデューサーなど。
昨年、轢き逃げ事故により逝去、享年五十二歳。

森田 貢(マイペース)プロフィール
「東京」試聴
山平のバックバンドをやっていた、マイペース。
「東京へはもう何度も行きましたね~」の「東京」は、フォークソングでは異例のミリオンヒット、ロングセラーとなる。今も現役の森田は才能豊かだった。

友川かずき official
友川かずき インタビュー
音楽生活30周年記念アルバムによせて 文/嵐山光三郎
ロック大学/友川かずき
八竜町出身。
繊細にして過激、秋田なまりのカタリと透明な絶叫、笑いと緊張の交差するライブ。
フォークソングという枠を超え、日本のオリジナルパンクなどと称される。
数々の伝説を残した、70年代秋田出身では最も印象深いアーチスト。
いまだに表現者としてのパワーは衰えず、昨年、三池崇史監督による映画『IZO』に、本人「友川かずき」役で出演し劇中歌を歌う。

とんぼちゃんファンサイト
能代高校同期生デュオ・とんぼちゃん
現在、市川(よんぼ)は秋田市のリバーシティオフィス社長(プロデュース業)。
鶴瓶に楽曲を提供し、秋田でジョイントコンサートを開いたことも。
卒業と同時に上京したので、秋田での活動は短い。

昭和精吾 official
大館鳳鳴卒業後上京、演劇の道へと進み、東映では『網走番外地』にも出演。
寺山修司のアングラ劇団「天井桟敷」に参加し多数の舞台に出演する。
70年ころ秋田で奥羽企画を立ち上げ、フォークシンガーらと活躍。
スタイルはギターを弾きながらの詩の絶唱だった。
奥羽企画の最初の企画が秋田県民会館でのコンサート。
高田渡、加川良、遠藤賢司、三上寛、あがた森魚、友川かずき、山平和彦という豪華メンバーで、2000人の動員を記録している。

あべ十全(田吾作)
「田吾作音頭」でメジャーデビューしたフォーク・デュオ「田吾作」は、シングルおよびアルバムを各一枚リリース。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |