二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

氷水屋と銭湯と・消える昭和

季節外れな話題だが、秋田市内で営業していた昔ながらの氷水屋が、この数年間に次々と店を閉じた。その主な理由は経営者の高齢化と後継者の不在。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

夏期以外は大判焼き・鯛焼きを商う、牛島商店街の「佐々木商店」通称・牛島のババの店。

切妻屋根の町家建築に、かき氷の氷削機および大判焼機による製造工程が外から見える出窓を設けた古典的スタイルの、大正・昭和の風情が色濃く残る店であった。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

かき氷
▲廃業後、三皇祭の日に「岡崎製氷」が店頭を借りて臨時出店 2009.07

内風呂率が低く電気冷蔵庫がまだ贅沢品だった時代、銭湯の近くで営業する氷水屋が多く、風呂上がりにかき氷で涼味を楽しむ客で繁盛した。

牛島商店街の場合、「佐々木商店」から北へ1分ほど歩いた「三皇神社里宮」の近くに「三皇の湯」、さらに3分ほど北へ進み、太平川橋を越えた左手に「牛の湯」があった。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

大町三丁目「すずらん通り」の突き当たりに近い「竹内商店」も、「佐々木商店」と同様に、店頭で製造工程を見せる出窓がある、涼しくなると大判焼・おやきを商う店だったが、この数年間はカーテンを閉ざしたまま。(2017.04 大判焼きの営業を確認、不定期開店とのこと)

昭和8年頃の地図にも名がみえる「竹内商店」はもともと菓子屋で、以前は自家製のパンなども売っていた。

「竹内商店」の斜め向かい、柳町の角地にあった銭湯「松の湯」は、古くは「柳の湯」の名で、場所柄、川反の芸者さんが常連客だったという。「松の湯」はのちに「秋田ピカデリー」南側の田中町に移転。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

すずらん通り
すずらん通り 2016.11

手前に「竹内商店」、黄色い日除けテントの「美容室イク」、その奥に「土田果物店」。これらの店も廃業して久しい。

「すずらん通り」の突き当たりには、昭和49(1974)年まで映画館「秋田ピカデリー」が存在し、川反方向から延びる「すずらん通り」はかつて、昼夜を通して人通りの多い商店街だったが、近年は古くからの店が次々に店を閉じて、ずいぶん寂しくなった。

「竹内商店」の東隣、今は空き地になっている場所に70年代まであった中華料理「王芳」は、田中町の「松の湯」北隣を経て、秋田県庁の裏側、山王四丁目に移転し、大町五丁目「第二NKビル」入口左側に大町支店をオープン。料理はボリューム満点で安く、セロリを使った炒飯が癖になる味で、水餃子とセットでよく食べたものだが、平成20(2008)年10月頃に閉店。

斉藤もちや
▲斉藤もちや 2005.07

秋田市楢山本町で昭和10(1935)年創業の老舗「斉藤もちや」。今年(2016)の春頃に廃業。

夏期はかき氷を商い、真向かいに秋田市最後の銭湯「星の湯」がある。

かき氷屋跡
▲秋元商店跡 2004.05

ここからは遠い記憶の彼方にある氷水屋。

楢山愛宕下と牛島東の境界を東西に延びる新屋敷(しんやしき)小路にあって、夏はかき氷をやっていた駄菓子屋「秋元商店」。建物の右手にかき氷の製造工程を見せたとおぼしき小窓が残る。

新屋敷小路を東に進むと金照閣踏切、振り向いて西に進み、突き当たりを左折すると、冒頭の「佐々木商店」に到る。

銭湯跡
▲愛宕湯跡 2004.05

「秋元商店」の西隣のアパートは「愛宕湯」跡。所在地名は牛島だが隣町である愛宕下の「愛宕」を冠した銭湯は、70年代後半頃に廃業。子どもの頃に通っていたなつかしい銭湯だ。

黒澤家住宅
▲「黒澤家住宅」長屋門・東根小屋町(中通三丁目)

金照寺山・一つ森公園に移築された上級武家屋敷「黒澤家住宅」が、「たまご公園」の南側、東根小屋町(現・中通三丁目)にあった時代、長屋門形式の表門の両側に店舗を増築して貸していたが、左手の駄菓子屋のような店が氷水屋をやっていた記憶がある。画像右手は「佐々木表具所」。

至近距離にあった銭湯は「黒澤家住宅」から中通小学校方向に向かい、十字路を右折した池永小路の「鶴の湯」。徒歩1分の距離。

「黒澤家住宅」跡地には今、11階建てのマンション「パークハイツ中通」が建っている。

旧黒澤家住宅(旧所在 秋田県秋田市中通三丁目) 表門 文化遺産オンライン

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二〇世紀版「金照寺山」案内記


太平川より百石橋と金照寺山を望む 05.05

●金照寺山縁起

金照寺山は楢の木が多く、一時期は楢の伐採地でもあったことから、古くは「楢山」と呼ばれていた。この「楢山」を起源とする地名「楢山村」は天正十九年(1591)の文書にその名が残るほどの古い地名。

慶長七年(1602)、八幡坂の北側平地のあたりに、佐竹氏の転封にともない常陸から「天徳寺」(佐竹家菩提寺)が移される。以降「楢山」は「天徳寺山」と呼ばれるようになるが、寛永元年(1624)「天徳寺」は総門を残して全焼、その後現在の泉へ移転再建される。

明暦年間(1655-7)、焼失した「天徳寺」跡地に角館から真言宗「金照寺」を移し、佐竹氏の祈願所としたことにちなみ今度は「金照寺山」の名が付けられた。この「金照寺」も明治元年(1868)の火災により焼失、その後、神仏分離で廃寺に。「金照寺」の住職が祭主を務めていたのが「愛宕神社」。現在の「金照寺」は楢山三枚橋にあった末寺の正覚院を、「金照寺」の名を惜しみ、昭和になって移転改称したものという。


金照寺境内 08.05

明治末期、「金照寺山」を公園として整備する計画を時の県知事が推進、千秋公園を設計した公園設計のパイオニア・長岡安平に設計を依頼するが、さまざまな障害がかさなり結局計画は頓挫。長岡の手による「金照寺山公園」設計図がどこかに保存されているはず。


●封鎖されたもうひとつの一つ森

「金照寺山」といえば「一つ森公園」の通称でおなじみの、金照寺山東部公園を連想する人が多いと思うが、昭和61年に「一つ森公園」が開園する以前は、奥羽本線の西側が中心地で、東側は「裏山」や「向かい山」と呼ばれた未開の地であった。

そのころ「一つ森」の名で親しまれていたのは、冒頭の画像に見える電波塔のある標高39メートルの台地。太平川を眼下に市街地、遠く男鹿半島を一望におさめる見晴らしの良い丘だったが、昭和50年、国鉄が「一つ森」にマイクロ回線用の電波塔と無線中継所を建設、周囲は金網で囲まれ、想い出の場所は永久に封鎖されてしまう。

丘の中央に盛り土がひとつあったことから「一つ森(盛)」と名付けられたようだが、その墳丘状の盛り土が古墳の可能性があったため、中継所の工事を前にして発掘調査を実施。その結果、建物の形跡が見つかったほか、数枚の寛永通宝、江戸期の陶器の破片などが発掘され、人工的な地形であることが確認されたものの、古墳をしめす証拠は発見されなかった。


ソフトバンクテレコム(株)金照寺無線中継所 10.06


大きな地図で見る


●金照寺山頂上・七つ森


七つ森より太平山を望む 10.06

古くから五月の節句には、市街に点在する鯉のぼりを眺めながら宴を開く人々でにぎわった、標高56メートルの「金照寺山」頂上「七つ森」。山伏(修験者)の墓と伝えられる「七つの盛り土」があることから「七つ盛り」=「七つ森」と呼ばれ、古い資料には「山伏塚」の名がみえる。


七つ森 10.06

南方から西方にかけての眺望がとくに良く、放課後や休日には子どもらの声が響き、四季を問わずにぎわいをみせていた「七つ森」界隈も、裏山に「一つ森公園」が開園したことも影響して、今では休日でも人影もない。周囲には住宅もずいぶん増えて、繁茂した木々が眺望を妨げ、市民の散策地として親しまれた昔の面影はない。


七つ森 昭和40年代中期


七つ森 昭和40年代中期


七つ森 昭和40年代中期


七つ森・なべっこ遠足(築山小学校) 昭和30年代


七つ森より裏山を望む 昭和40年代中期

カップルの向こうの白い崖が、奥羽線(明治35年開通)の工事により削られた裏山(現・一つ森公園)の岩肌。


秋田駅より金照寺山を望む 10.07

左(東)が一つ森公園のある裏山、奥羽線をはさんだ右(西)に「七つ森」がある。もともと連続したひとつの山だったが、奥羽線の開通で分断され現在の山容になった。


大きな地図で見る


●富士見台・大平のスキー場・城南中学校


富士見台・登り口の三十三番観音 10.06


富士見台・三十三番観音 07.04

「七つ森」の南側の丘を「富士見台」というのは、出羽富士(鳥海山)がよく見えたことからの命名だろう。

「富士見台」の南が「大平」(おおひら)。夏は芝生の原、冬はA級スキー場として人をあつめたこの丘をならして、昭和41年、上北手中・仁井田中・四ッ小屋中の三校を統合した城南中学校創立。

「富士見台」にある札打ちの三十三番観音像(十一体)のうちの何体かは、もともと大平(おおひら)にあって、校舎の造成のために移設したもの。開校して間もなく、四十代の教員が死亡、病魔に冒される教員もあいつぎ、学校を建設した業者が倒産と、不可解な不幸がかさなるのは、観音様を移動した祟りではないかと噂されたという。しかし、昭和10年代に建立された観音像の移動がこの現象の原因とはとても考えられない。

もしかして大平(おおひら)の丘は、七つ森のように古代の塚・墳墓のたぐいだったのではないだろうか。造成中に遺跡が発見された場合、法律上、工事を一旦止めて調査しなければならないが、竣工の遅れを嫌って届け出を怠ったり、無かったことにして事を進め、記録に残らない遺跡は数知れない。

父親の転勤で秋田に来て、城南中に通っていたタレントの「山瀬まみ」は、慣れない雪国での生活を、なにかの番組でおもしろおかしく語っていた。地吹雪舞う田圃道を歩きつづけ、やっと到着した丘の上の学校につづく坂道は、テカテカに凍結して登ることがままならず、冬の登校にはとにかく苦労したらしい。彼女のお父さんはその当時、森永製菓の社員で、広小路にあったマルサン内の森永レストランに勤務していたらしく、現在は湘南平塚でレストラン&バーを営んでいる。


富士見台より城南中学校を望む 昭和44年

現在は手前の旧グランドの場所に新校舎が建つ。


大きな地図で見る


●金照寺山南部の変遷


金照寺山南部 1962(昭和37年)

山のふもとおよび大平(おおひら)の西側の谷間・熊沢は一面の田圃。金照寺山を越え裏山(現・一つ森公園)へと向かう踏切を渡るとキリスト教墓地。奥羽線はまだ単線。


金照寺山南部 1975(昭和50年)

昭和41年、大平(おおひら)に城南中学校創立。
昭和46年、楢山城南新町に秋田運転区(現・秋田車両センター)開業。
昭和50年8月、奥羽線・四ツ小屋~秋田間複線化、裏山(現・一つ森公園)へ向かう踏切は跨線橋に。
田圃は次第に宅地化が進み、熊沢にも住宅が建ち始めた。


金照寺山南部 2006(平成18年)

平成4年、城南中学校新校舎落成。一面の田圃だった南部は完全に住宅街と変貌。岩取り場の上など、金照寺山も宅地化が進んでいる。熊沢も同様で、その奥にあった底無し沼も埋め立てられて宅地に。その上の傾斜地はかつて高井南茄園の農園だったが、この界隈のことはいずれまた。


より大きな地図で 二〇世紀版「金照寺山」案内図 を表示





| 秋田市今昔 | 16:12 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千秋学園・・・金照閣そして・・・金照寺山麓今昔


10.06

羽越本線金照閣踏切。線路の向こうは金照寺山、後ろを振り向けば牛島商店街に突きあたる新屋敷(しんやしき)小路、左手に歩を進めると楢山寺小路。金照閣踏切の名は、踏切を渡ってすぐ右手にあった温泉旅館「金照閣」に由来する。

まずは今から100年前にタイムスリップして、この場所に刻まれた記憶をたどってみよう。


●陶育院・千秋学園の時代


金照寺山より陶育院を望む 明治末期

見渡すかぎりの田圃が広がっていた金照寺山の麓、河辺郡牛島町の田圃 3.000坪を県が買収し、明治45年(1912)「秋田県陶育院」落成。明治37年、手形新町の旧塾舎を借りて創立した陶育院は、不良少年や、その恐れのある児童を収容し更正指導する全寮制の、今でいう児童自立支援施設。


金照寺山より陶育院を望む 大正5年

大正5年(1916)「陶育院」北西の一郭を羽越線が通ることとなり、建物全体を40メートルほど後方に移動。

昭和8年(1933)「秋田県立千秋学園」と改称。
昭和30年(1955)人家も少なく閑静で教育に最適な環境であった同地も、永い年月を経て人家が迫り、土地も手狭となったため、秋田市新屋割山に移転。


●金照閣の時代、そして・・・

「千秋学園」が移転して間もなく、跡地に割烹旅館「金照寺山温泉」オープン。市内で材木商を営む佐藤敬繁氏が創業、のちに敬繁氏の子息で元衆議院議員の佐藤敬夫氏が経営にあたった。


「金照閣」全景 昭和33年頃


「金照閣」庭園 昭和33年頃

中央に池を配した回遊式日本庭園は、東由利の旧家の庭園を移設したもの。九州産の景石は海路はるばる酒田港に陸揚げし、港から陸路を東由利まで運んだという。


「金照閣」浴場・ホール 昭和33年頃


「金照閣」会議室・広間 昭和33年頃

泉質・含硼酸重曹弱食塩泉、効能・リウマチ、皮膚病、胃カタルなど。
入湯料・大人50円 小人30円
宿泊料・素泊 800円 二食付 1.000円より
(創業当時の料金)


金照寺山より温泉坂と「金照閣」 昭和33年頃

昭和32年(1957)旅館名を一般公募し、圧倒的多数を占めた「金照閣」を採用。

昭和35年(1960)裏庭に約200坪の有料ゴルフ練習場をオープン。


金照閣 撮影・昭和50年(1975)国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省(C)


書籍広告 昭和55年


書籍広告 平成2年

1980年代、ラドン温泉・うたせ湯・サウナなどを新設した多目的温泉「クワハウス金照閣」としてリニューアルオープン。

1990年代初頭「金照閣」廃業。現在その跡地に、真言宗系の新宗教教団「 真如苑秋田支部」が建ち、名園と謳われた日本庭園はもう見ることができない。


金照寺山より金照閣跡「真如苑秋田支部」を望む 10.06

当初は入湯料が安く、近隣住民の銭湯代わりに利用された「金照閣」。夜のゴルフ練習場に忍び込み、散乱するゴルフボールを失敬するのが低学年の頃ブームになった。裏のあぜ道から入って遊んだ、手入れが行き届いた緑濃き日本庭園の眼を見張る景観。その後方に残っていた、春はドジョウを捕り、夏には蛍狩に興じた田園地帯は住宅地へと変貌をとげ、往時を顧みるよすがもない。


大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 ドトリバ踏切のひみつ・金照寺山麓

| 秋田市今昔 | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川口境の工業地帯と牛島引込線と・・・


牛島引込線・太平川鉄橋跡 10.01

過去のエントリーでふれたように、かつて牛島駅から秋田脳病院(現・秋田回生会病院)の脇を通り、太平川を渡り、楢山川口境の工業地帯まで、貨物列車で物資を運ぶ専用引込線(赤色マーキング)が延びていた。


秋田市街図・昭和24年

引込線の終点は、太平川と旭川にはさまれた市内最古の工業地帯。河川に面した川口は古くから雄物川水運による木材の陸揚げ地で、木材業・製材業が栄えた場所。「秋田瓦斯株式会社」(明治44年創業、現・東部ガス)が創業地として川口境を選んだのも、ガスを造るための石炭の運搬に船便を考慮した結果であった。


旭川沿い、川口の材木置場 10.01

久保田城下の南端に位置し、旭川に面して藩の材木場・籾蔵が置かれ、原野と畑が広がっていたこの地の旭川沿いに、明治34年「秋田製材合資会社」が、能代を東洋一の製材王国に育てあげた井坂直幹(水戸出身)と地元資本の協力により資本金5万円で創設、2万3千坪の敷地に、工場、機械室などが建ちならぶ、秋田市内最大規模の工場であった。


書籍広告・明治40年

マークは「◇に秋」、製品にこの焼印が押されて出荷された。住所は秋田市亀ノ町外張南新町、南隣の現東部ガスの場所は川口境。

明治40年、井坂直幹の経営による「能代挽材株式会社」「秋田製材合資会社」「能代材木株式会社」の三社が合併して「秋田木材株式会社」(アキモク)設立。本社を能代に置き、秋田市の工場は秋田支店となる。


秋田木材株式会社秋田支店

右手に旭川と運搬用の川舟。

明治44年、「秋田木材株式会社」は「秋田瓦斯株式会社」(現・東部ガス)設立資本金の半額を引き受け、瓦斯事業に参入。


秋田瓦斯株式会社・川口境

大正4年、「秋田木材株式会社」秋田支店廃止、秋木が出資する「菱秋商店」として再出発。大正8年、「菱秋商店」「進藤挽材精米工場」「鈴木製材工場」を合併、「秋田製板株式会社」を設立。


書籍広告 左・大正7年 右・大正11年

大正15年、「秋田木材株式会社」の電気事業部門を「北海道電灯株式会社」に譲渡、川口境、現在の「秋田サティ」の地に「秋田火力発電所」を新設。同年「秋田瓦斯株式会社」も「北海道電灯株式会社」に吸収合併される。

昭和2年、「秋田製板株式会社」は原料木ならびに製材輸送のため、牛島駅と工場を結ぶ専用引込線を、工費12万7千円を投じて敷設。

昭和3年、「秋田製板株式会社」は財界不況の影響を受け「秋田木材株式会社」(アキモク)に製材権を譲渡。牛島引込線の名義を「秋田運輸倉庫株式会社」に変更。近隣工場の資材・製品を含めて、昭和6年には3万1千543トンの輸送量を記録。

昭和7年9月の新聞記事によれば、「秋田運輸倉庫株式会社」が自社所有の牛島引込線を鉄道省(国鉄)に買い上げてもらおうと、市当局や近隣の商工業者とともに陳情運動を展開するも、数日後「牛島駅引込線の買上は不可能化、但し今後の運動次第で一縷の光明はある」との見出しで、このときは失敗したことが報道されている。

牛島駅の昭和39年度の貨物記録に、東北肥料に向かう茨島引込線の記録があるが、牛島引込線についての記録がないのは、すでに廃線となっていたためだろうか。線路と鉄橋は昭和40年頃まで残っていたと思う。


秋田市街図・昭和24年

昭和24年当時の工場は「秋田製材合資会社」をはじめ「秋田県樽材」などの製材会社、「秋田製鋼」「東部ガス」など。昭和37年になると、「秋田製材」の跡地に「日本パーティクルボード」(昭和40年操業停止)、「秋田製鋼」が「秋田金属工業」と名を変え、引込線の終点のあたりに「日清製粉秋田荷扱所」の名がある。工場のすぐ近くにあって場所柄にぎわっていた銭湯が「石の湯」。

昭和10年頃から操業しているアキモク系の「秋田製鋼」に、昭和21年、秋田工高を卒業したばかりの土方巽(前衛舞踏家)が就職し、勤務のかたわら、市内のモダン・ ダンス研究所に通っていた。


昭和37年

国道13号線が走る古川添、今は「ラウンドワン」や「トイザらス」など大型施設が並ぶ卸町のあたりはまだ一面の田園。

「ゴミ投棄場」と記したあたりは河川改修で取り残された太平川の旧河道。沼となった河道跡の大きな窪地に、近所の住民たちが大正初期頃からゴミを捨て始める。

ゴミ捨て場の片隅に下鍛治町の佐金商店が焼却炉を建設、可燃ゴミを焼却炉で燃やし、かまどに残った灰はカリ肥料として販売した。最盛期は製造した肥料を船に積み込んで郡部に送ったものだという。戦後になって質の良い肥料が手に入るようになり衰退するが、肥料工場はしばらく操業をつづけ、焼却炉の高い煙突が、ゴミ捨て場のシンボルとして残っていた。

昭和の初め頃、秋田市が借地契約を結び、正式な市営ゴミ投棄場となる。以前はこのあたりも追廻(おいまわし)町内だったため「追廻ゴミ捨て場」と呼ばれ、近隣の工場からも鋳物カスなど不燃物が捨てられるようになる。

大東亜戦争中に金属不足におちいると、永い年月にわたって埋め立てられたゴミが掘りおこされ、金属類は戦争のために再利用された。戦後しばらくは金属類を拾い集め、ゴミ屋に売って内職をする近所の人たちも少なくはなく、捨てられたゴミのなかには貴重な古文書や美術骨董品のたぐいも少なからずあったようで、ある人はそんなゴミ捨て場の様相を、さながら「現代貝塚」と評していた。

戦後の高度成長期には一日8トンものゴミが運び込まれるようになり、投棄量の限界を超えた昭和39年に閉鎖、2万3千平方メートル余りの跡地は宅地として整地、若草団地の名で秋田市都市建設公社から分譲される。

このあたりにはあまり近寄らないようにと親に言われていたが、引込線と工場を結ぶトロッコや広い河原のある界隈は、子どもらにとってとても魅力的な遊び場であった。

東部ガスの近くに大きめの水路が流れていた。その水路に架かる小橋の向こうに住む同級生の話によれば、水路から水死体が上がったのだが、片目が見つからず、夜中に橋を通ると、ときおり片目の幽霊や空中に漂う目玉が目撃されるのだと、まことしやかに話していたが、そんなたわいのない話も現実味をおびて聞こえるほどの闇深き場所でもあった。



界隈の工場のうち、今も残るのは東部ガスのみ。秋田金属工業の跡は「秋田サティ」(平成7年(1995)開業)、明治時代からの製材工場の跡地にはマンションなど集合住宅が建つ。


東部ガス 10.01


秋田サティ 10.01

ゴミ捨て場は住宅街へと変容、昭和55年(1980)、有楽町通りから登町を経て国道13号線の卸団地に抜ける中通牛島線が完工、大型ショッピングセンターも誕生、往年のうらさみしき街外れの風情をしのぶことができるのは、東部ガスの球形ガスホルダーだけだが、太平川・旭川・猿田川の三つの河川の交わる地形がかもしだす、特有の雰囲気はいまも変わらない。


旧追廻ゴミ捨て場付近 10.01


左手に国道沿いの「ラウンドワン」、右手に旧追廻ゴミ捨て場 10.01


旧追廻ゴミ捨て場付近から猿田川と太平川の合流点 10.01


大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 川のない橋「牛島橋」界隈を歩く

関連リンク

会社概要-会社案内 [沿革] | 東部ガス



| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT