二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

内堀と鐘つき堂のある風景


勝平得之『千秋公園八景・雨の内濠』昭和十二年

県民会館の裏に残る千秋公園の内堀と、その上の鐘楼。内堀の水面は鷹匠町方面へつづき、柳越しに土手長町の火の見櫓がみえる。水上を這うように伸びる松は今も健在。

久保田城の時鐘の歴史をひもとくと、寛永十六年(1639)、第二代藩主・佐竹義隆が、二の丸の東側、現在の佐竹資料館の裏付近に設置したのが最初で、明治の廃藩後、寺町、土手長町と移転した鐘楼は、明治二十五年、再び旧城地・千秋公園の霊泉台下に戻る。


内堀と鐘楼 明治末から大正初期頃


鷹匠町から鐘楼を望む 大正末頃

慶応二年(1866)に改鋳された時鐘は、心に染みいる音色の名鐘だったという。しかし、大東亜戦争時の金属資源不足により、昭和十八年に供出、市民に時を告げ、心を和ませた時鐘は小坂鉱山で溶かされ、殺戮のための砲弾と化す。

昭和二十三年、当時の林金属工作所社長と兄弟が、艱難の末に鋳造した時鐘を秋田市に寄贈。

鐘を鋳造するとき、高貴な方が使う銅鏡など、日用品を混入するしきたりが古くからあり、このときは秩父宮から銅製の表彰盾と一輪挿しを拝領して製作、以前のような余韻のある美しい響きを取り戻すことはかなわなかったものの、平和への祈りをこめて「平和の鐘」と命名されて復活する。

昭和四十三年、木造鐘楼の老朽化により時鐘を降ろし、再び鐘の音が途絶える。

昭和四十八年、市民の募金活動で得た資金をもとに、鉄筋コンクリート二層建ての新鐘楼を建築、「千秋の鐘」の名で再復活。

藩政時代から鐘守を勤める吉敷家は現在で七代目。廃藩置県後の土手長町時代には、一軒から一銭五厘の鐘つき代を貰いに市内を集金に歩いたとのこと。まだ時計の普及していない時代、時鐘は時を知るかけがえのない存在であった。



中二階のある三階建て木造鐘楼の時代、吉敷家はその階下を住居としていた。昭和のはじめ頃ここで、鎌を振り回す暴漢に主人が襲われる傷害事件発生、加害者を取り調べ、理由を問い詰めると「鐘の音を聞くのが嫌いだったからやっつけた」と自供したという。

老朽化した鐘楼を取り壊したあと、吉敷家は下の内堀近くに移転、そこから新設された鐘楼へ通うための階段も整備され、雨の日も豪雪の日も、一日も休むこともなく、朝晩、鐘を撞きつづけている。


09.03

現在の鐘楼は木造時代よりも高層だが、樹木の成長により、勝平得之が『雨の内濠』をスケッチした位置からその姿を望めるのは、木々が葉を落とした時期だけ。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 戦争に行ったモノたち・旧秋田銀行本店

二〇世紀ひみつ基地 黄昏の街懐かしき鐘の音

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大町通りを俯瞰する(其二)・戦前風景


大町三丁目から南を望む

カメラは大町三丁目通りの中央・東側に存在した火の見櫓の上から、前回の記事「大町通りを俯瞰する(其一)」とは反対の南側に延びる大町・本町通りを俯瞰している。時代は大正後期。

右手に、明治四十五年竣工の「秋田銀行本店」(現・赤れんが郷土館)、煉瓦塀で仕切られた、現在は赤れんが郷土館の駐車場兼小公園になっている場所に、手前から「鈴木文具店」、三丁目小路(現・すずらん通り)角地に「平野商店」。

創業明治二十二年という「平野商店」は、洋品・雑貨・煙草などを扱う店で、後に向い側のすずらん通り角地に移転し「ヒラノヤ洋品店」。現在は飲食店の入る貸しビルになっているが、その一角で今も煙草を扱っている。

「平野商店」の奥、三丁目小路をはさんだ角地に建つ、藩政時代からの髪結い処「勇床」は、「松村理容店」として現在までつづく床屋さん。その一軒おいて隣に「国産金銀細工 竹谷・・・」の看板が掲げられた店は、大町二丁目「竹谷」の分店か。


手前から、秋田銀行本店煉瓦塀・鈴木文具店・平野商店・勇床

本町四丁目(現・大町四丁目)に目を移すと、左手に「秋田郵便局」、その向かいに旅館「沖ノ口屋」、その南隣が今も同じ場所で診療をする「中村歯科医院」、さらに奥の二階建て洋館が「安田銀行秋田支店」と思われる。


本町四丁目

大正十五年発行の案内図によれば、「安田銀行秋田支店」の南隣に「二星太物店」「加賀正呉服店」(現在は仲小路に移転)「佐藤太物呉服店」と並ぶ。もともとは大町と同様に本町四丁目も藩政期からの呉服店街であったが、大町三町よりランクが下がり、昔は「絹布・木綿切れ・古着」の三種に限って販売が許されていた。

「秋田銀行本店」のドーム上に取り付けられた避雷針の向こうに見える大きな木造建築は、その位置と特徴からして、豊島町(現・大町五丁目)のNTT秋田大町局の場所に昭和十二年まで存在した「旭北小学校」ではないだろうか。


秋田銀行本店の避雷針越しに


大正十一年・広告


中村歯科医院(明治四十年・広告)勇床(明治三十五年・広告)

米国はキヤリホルニヤの歯科大学で習得した欧米最新式治療を謳うドクター中村。
白髪染粉の取次所で、店でも髪を染めてあげる、衛生理髪大勉強の「勇床」。


大正二年・広告

_________

関連記事

秋田郵便局変遷・大町四丁目

大町通りを俯瞰する(其一)・戦前風景

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大町通りを俯瞰する(其一)・戦前風景


大町三丁目から北を望む・絵葉書より

カメラは大町三丁目通りの中央・東側に存在した火の見櫓の上から、北側に延びる大町通りを俯瞰している。時代は昭和初期と推定。

右手前、屋根に看板を乗せた「ミノル洋服商会」は、寺町に近い山王大通りに移転して、今も服地を扱う店をつづけている。

その北隣に味噌醤油醸造元「田中屋」。今は県立博物館に収蔵されている「しょうゆ」の名物看板が見える。さらに、足場が組まれて新改築中の「三浦旅館」。その陰に「那波呉服店」。二丁目小路(現・山王大通り)交差点角に壁面のアーチ窓が連なる「勧業銀行秋田支店」。その先に三階建ての「本金」が小さく写っている。

左手前、蔵造り平入りの建物は、昭和初期の地図によれば、戦後もしばらく営業をつづけていた「山田旅館」らしく、さらに「三星電気商会」、金銀細工「佐福商店」、そして角地のひときわ大きな三角屋根が「山口銀行秋田支店」。

この建物は「山口銀行秋田支店」として建てられ、昭和八年の合併で「三和銀行秋田支店」、戦後の三和銀行撤退後は「秋田銀行本館別館」となり、解体後、大町二丁目「辻兵」南隣から、ニューシティービル建設にともない、「三田商店秋田支店」(旧・三田火薬銃砲店)が新築移転し現在に至る。

「三和銀行秋田支店」の奥、二丁目小路(現・山王大通り)交差点角に「三光堂書店」、その北側に「日本銀行秋田支店」。

昭和四十年代、二丁目小路の北側「勧業銀行秋田支店」「三光堂書店」の並びを取り壊し、道路を拡幅し山王大通りが完成する。


右手に「田中屋」の看板と乗合自動車


秋田市大町三丁目通り・火の見櫓・大正期


日本銀行秋田支店・大町二丁目


書籍広告・大正期

_________

関連記事

市電が走る街・大町

里程元標のある風景・大町三丁目通り

共用栓のある風景・大町三丁目通り

石川書店のレトロ看板・大町二丁目

醤油の「田中屋」とライブハウス「田中屋」のこと

大町三丁目「三浦旅館」付近・戦前風景

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川岸のポプラ並木に火の見の櫓


通町橋から上流を望む・昭和三十九年頃

通町橋から旭川上流を眺めると、右手川岸にはポプラ並木がつづき、その後方には、秋田市教育委員会、秋田市消防本部など市の関連施設が並んでいた。

ひときわ高く眺めの良い消防の望楼(火の見櫓)は、写真撮影の絶好のポイントで、ここから撮影した外町(とまち)界隈の写真をよく見かける。

20070415214517.jpg
望楼から外町方面を望む

昭和三十年頃に出版された絵葉書から。例のように、この時代のカラー写真印刷は、白黒写真を製版段階で色分解(着色)したものなので色が不自然。

手前から通町橋、一丁目橋、二丁目橋。旭川東岸の土手はすでに消滅し、土手跡の一部に建物が建てられているのがみえる。

右手前に黄色い屋根の高砂堂。道路拡張により、店舗裏の工場の一部が削られ、店舗はセットバック保存された。

高砂堂の上方(南側)には、今も一部が残る旧野口酒造の蔵、さらにその南に、当時は高層ビルだった魁新報社がその威容を誇る。

かつては火事を発見する唯一の手段であった望楼も、電話の普及と高層ビルの増加による視界遮断により、秋田市では、昭和五十一年度を最後に望楼からの監視を廃止。

市役所とその関連施設が山王に移転したあと、消防本部跡地付近には「環境会館」「ホテルハワイ」がオープン。その頃はまだポプラ並木が残っていたが、護岸工事のときに消失した。

20070415214501.jpg
旧「ホテルはくと」

「ホテルハワイ」は「協働社」の手に渡り「ホテルはくと」と名を変え、その後、ふたたびの経営者の入れ替えを経て、現在に至る。

今年七月オープンの「ホテルはくと」新店も、シートが外され、外観があらわになった。

20070415214446.jpg
新「ホテルはくと」


大きな地図で見る
秋田消防署「望楼」跡


-----------

関連記事

「ホテルはくと」は「秋田のハワイ」だった
旧野口酒造酒蔵・通町
高砂堂・大正ロマンの町家
川反に土手があったころ
大町二丁目通り変遷
光と闇を結ぶ「通町橋」
橋のたもとの小便小僧・平和記念像

関連リンク

クルーザーバレー ホテルはくと

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT