二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

「大堰端暗渠」を歩く・藩政期から現代まで

「二〇世紀ひみつ基地」通算エントリー1,000回突破記念
20century.blog2.fc2.com/blog-entry-1001.html

▼「大堰端暗渠」を歩く・藩政期から現代まで

▼古地図に見る藩政期の「大堰端」

久保田城下絵図
「久保田城下絵図」寛保2(1742)年頃

秋田市中心部にあたる「久保田」の東端を南北に流れる「大堰」に沿った片側町を、俗に「大堰端」(おおぜきばた)という。

現在の明田地下道付近から南通築地→楢山を経て太平川に到る「大堰」の竣工は江戸中期。手形方面からの排水路と農業用水路を兼ねた。

羽州久保田大絵図
「羽州久保田大絵図」文政11(1828)年頃

古地図を見てのとおり、当時の秋田駅前・駅裏の周辺は一面の沼地で、水路で北側は手形地区→旭川へつながり、南側は「大堰」を経て太平川にそそぐ。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 長沼に船を浮かべて蛍狩り

「長野沼」「黒沼」などと称された沼地は開田により徐々に面積を減らし、幕末の頃には完全に水を落として田地となる。「大堰」の東側も田んぼが広がっていた。

秋田市全図
「秋田市全図」明治37(1904)年発行

この地図が発行されたときはまだ、秋田駅周辺と「大堰」の東側は、南秋田郡広山田村。明治38(1905)年8月、秋田駅周辺・宮田・愛宕下など広山田村の一部が秋田市に編入される。


 ▼「石川達三」少年「大堰」で溺れる・明治末期の「大堰端」

 三歳から七歳までの幼少期を「大堰端」に近い楢山裏町で過ごした、芥川賞作家・石川達三(1905~1985)の回想録には「大堰」にまつわる記述が多く、往時の様子を知る貴重な資料となっている。

 洪水をおこした川までは、私の家から僅か六七十メートルの距離だった。両岸を雑草に掩(おお)われた流れの速い小川で、川の名は誰も知らなかった。川沿いに一筋の道があって、川をも含めてこのあたり一帯を、私たちは(大堰ばた)と呼んでいた。秋田の市街地はこの川で終っていて、向う岸はもうひろびろとした田圃だった。田圃は冬になると氷結して、凧あげのために一番都合のいいグラウンドになった。

‥‥中略‥‥

 上の兄は魚釣りを覚えて、夢中になっていた。一度、雪どけの水の増した大堰ばたで、七寸ばかりもある綺麗な魚を釣りあげて、得意になって帰って来た。見たことの無い魚だった。兄はその名をミゴイと言っていたが、今から思えばウグイであったらしい。それを兄は父の酒の肴にあげると言った。母がわたを抜いて串に刺し、塩をふって炉ばたの灰の中に刺したが、魚はまだ死ななかった。火熱を感ずると忽ちはげしくはねて、串は灰の中に倒れ、母は洗ってまた火にかざした。私はこの魚の美しさと、強烈な生命力とに、一種のおそれと同時にあわれさを感じながら、焼かれて行く魚の苦しげな喘ぎを見つめていた。一つの生命が死んで行く過程を、これほどまざまざと見たことは始めてだった。

‥‥中略‥‥

 同じ夏の、ひどく蒸し暑い日のことだった。上の兄は学校へ行き、私と下の兄とだけが残されて、退屈していた。下の兄が数え年の七歳、私が五歳である。二人はただ目的もなく大堰ばたの方へ歩いて行った。友達は誰も居らず、鳥海山の山伏も通らず、お伽噺のなかの狐や狸も出て来なくて、何もすることが無かった。子供の頃には一日のうちにこういう時間がたくさん有った。大堰ばたの水は流れが止ったように淀んでいて、岸には雑草が茂り、日ざしはじりじりと照りつけていた。そのとき兄は水面に近く、鮒を見つけたのだった。

‥‥中略‥‥

 私は一度、大堰ばたで死にそうになった。助かったのがむしろ不思議なくらいだった。
 秋の雨のあとであったろうか。大堰ばたは水がふえて、とうとうと流れていた。私はもっと年上の子供たちや兄たちと、その川を越えて向うの田圃の方へ遊びに行くところだった。一枚の板を固定した橋がかかっていた。幅一尺にも足りない板であった。水はこの板の上を乗り越えて勢いよく流れていた。みんな下駄をぬいで両手に持ち、ひとりずつそろそろと板の上を渡って行った。そして私の番が来た。
 足をひたすと水は氷のように冷たかった。水の勢いが強くて、足もとが掬われそうだった。私は用心しながら五尺ばかり進んだ。そのとき足がすべった。板には水あかがついてぬるぬるしていた。私はたちまち流れに落ちた。水游ぎはまるで知らない。しかも着物を着たままであった。この小川は下流でもう一つの川と落ちあい、そこは深くて、いつも渦を巻いていた。そこに落ちたら絶対に助からないと、いつも話に聞いていた。
 流れが早かったために、私は沈むひまもなく押し流された。うつ伏せになって、手足をばたばたさせながら流れて行った。そのとき何かが手に触れた。溺れる者はわらをもつかむと言うが、私は本能的に左手にふれた物を掴んだ。それは岸に生えた長い雑草であった。水かさが増していたために、岸の草の葉が水びたしになっていた。それがたまたま手に触れたのだった。その草は幸いにもひどく丈夫で、根が強かった。私は両手で草の葉にむしゃぶりつき、物凄い勢いで岸に這いあがった。どうやって上ったか、何も覚えていない。上ると同時に立ちあがって、わっと泣いた。左手にふれた数本の雑草が、私の命を助けてくれた。天命と言うか何と言うか。奇蹟的な幸運だった。
 しかし私が這いあがったのは、向う岸だった。私は性懲りもなく、つい今しがた足をすべらしたばかりの細い板を、今度は逆にわたって、無事にこちらの岸についた。それは私の愚かさであろうか、向う見ずであろうか。それとも積極性であろうか。私はもう泣いてはいなかった。そして、誰にも助けられないで川から這い上ったことに、多少の誇りを感じていた。‥‥‥あのときが、一つの運命の岐れ目だった。お伽噺にある(水の神様)が、すでに死ぬべかりし私の命を助けてくれたようだった。

石川達三『私ひとりの私』昭和40年(文藝春秋社)より

「大堰」まで「私の家から僅か六七十メートルの距離だった」とあるが、実測では約100メートル。「大堰」の川魚は上流の旭川から来たものだろう。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 楢山の裏町という小路
二〇世紀ひみつ基地 石川達三と冬の落とし穴
二〇世紀ひみつ基地 達三少年のスケート遊び

関連リンク
石川達三 - Wikipedia

▼ドブ川となった「大堰」を暗渠化

秋田市街図
「秋田市街図」昭和41(1966)年発行

魚が泳ぎ水量の豊富な「大堰」の清流も、戦後の経済成長期に入る頃から、宮田地区の宅地化にともなう生活用水の流入で水質がいちじるしく悪化。夏は悪臭を放ち、蚊やハエの発生源となるドブ川と化し、下水道工事の進展により水位が低下した。

昭和40年代、市は環境衛生の向上と、土地の高度利用を目的に「大堰」を暗渠化。その跡に歩行者・自転車道を整備する。
 

▼「大堰端暗渠」を歩く

大堰端
大堰端暗渠ライン

「大堰端暗渠」をたどる散策のスタート地点は「明田地下道」の南側。地下道が開通するまでは「開かずの踏切」と呼ばれた「明田踏切」付近。

かつては沼地の南端であった「明田地下道」は、地盤が軟弱な上に地下水が湧き出る難工事となり、着工から5年以上の歳月を経てようやく完工、昭和55(1980)年4月に開通した。

さて、これから「大堰端暗渠」を上流(北)から下流(南)へと歩く。

大堰端・暗渠
2012.05

大堰端・暗渠

大堰端・暗渠

人家のあいだを進む。

大堰端・暗渠
南(下流)から北(上流)を望む

人家を抜けた地点を逆方向から撮影。後方に建物が建ち、今は不要となった「車止め」がある。

ふり返ると、そこにも「車止め」。自動車等の乗り入れを制限する「車止め」は地盤が弱い暗渠に特徴的な物件だ。

大堰端・暗渠

秋田市街図
「秋田市街図」昭和41(1966)年発行

この区域に相当する地図上に「大堰」が描かれていないのは、堰幅が細かったためと思われるが「大堰」上に不自然に引かれた区界線が水路の存在を示している。

地図を見ての通り、以前は「大堰」を境にして東西の地名が異なっていたが、新町名では「大堰端」から「南大通り」に抜ける西側道路(明治以降の新道)を境界にした東側地区がすべて「南通宮田」、西側地区が「南通築地」となった。


大きな地図で見る

大堰端・暗渠

旧町名では、暗渠(大堰)の右側(西側)と左側(東側)は別の町名だったが、今はどちらも「南通宮田」。

大堰端・暗渠

「車止め」を越えると、いよいよ「大堰端」。

暗渠化前、木橋が架かり、大木が茂っていた地点。今は切り株だけが残る。

大堰端・暗渠

「大堰端」に入ってすぐ、西側に見えるのが「秋田県豆腐会館」。

秋田県豆腐会館
秋田県豆腐会館 2013.05

「秋田県豆腐油揚商工組合」が、昭和38(1963)年に設立。豆腐をかたどった格子状ファサードが特徴的な昭和レトロ建築。

大堰端・暗渠

「宮田・みやた」という地名が語るように、暗渠(大堰)から東側(右側)は、かつて一面の田んぼだった。

大堰端・暗渠

大堰端・暗渠
秋田南中学校

昭和53(1978)年「北光ランプ」跡地に、秋田市南中町から「秋田南中学校」を新築移転。

大堰端・暗渠
北光ランプ

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 我家の明かりは北光ランプ

南中グランド・旧「宮田グランド」
南中グランド(旧・宮田グランド)

南中の南隣に位置する同校のグランドは昔「宮田グランド」と呼ばれていたが、その時代から南中のグランドで、同校の野球部の練習などにも使われていた。

かつては「大堰」側(上掲画像)に木橋の入口があり、学童野球大会や市主催の盆踊り大会が開かれるなど、市民に親しまれ、行事がないときは、近所の子どもらの遊び場となった。

「宮田グランド」の南側一帯は「瀬川木材」の大きな製材工場、グランド東側には国鉄アパートが連なっていた。そのアパートの数棟は改築され「JR東日本社宅」として今も残る。

湊家
湊家・薬医門 2013.04

南中の向いにある、明治初期に造られた湊家の薬医門は「大堰端」に残る最古の建造物。

戦前は本金・辻兵・平野政吉らと並ぶ大地主。昭和初期、邸内に開設されたテニスコートは「湊コート」と呼ばれ、当初は数少ない常設コートであったため、テニス大会の会場にもなった。

戦後は知的障害者の福祉向上に尽力。同家が所有する横森(金照寺山)の別荘および土地、約3000坪が寄付され、昭和37(1962)年「若竹学園」が開設される。

湊家

大堰端・暗渠

 大堰端・暗渠
「桝取橋」跡

枡取橋
「桝取橋」昭和30年代・秋田駅方向を望む

「大堰」に架かる「桝取橋」を東に渡ると、右手に旧・楢山桝取町。武士の給料であった扶持米を計量する役職の「お桝取職」が住んだことに由来する町。その右手に「理髪館と石敢當のあるY字路」。

枡取橋跡
理髪館と石敢當のあるY字路

 関連記事
二〇世紀ひみつ基地 理髪館のあるY字路
二〇世紀ひみつ基地 Y字路に謎の石柱・石敢當

「桝取橋」跡をY字路方向へ渡らず「大堰端」を南に少し直進すると、暗渠は90度の角度で左折、「大堰端」に別れを告げ、桜並木の遊歩道に入る。「大堰端暗渠」をたどる散歩も、もうすぐゴールだ。

大堰端・暗渠

大堰端・暗渠
「一本橋」跡

「大堰」が暗渠化されるまで、この地点に「一本橋」という名の小さな木橋が架かっていた。

「一本橋」跡を北へ左折すると、さきほどの「理髪館と石敢當のあるY字路」に通じ、南に右折すると楢山寺小路を経て百石橋に到る。

大堰端・暗渠
2012.04

「一本橋」跡から、春爛漫の遊歩道を望む。桜並木は「大堰」の暗渠化にともない植樹されたもの。

「自転車及び歩行者専用」標識後方の青い機械は水門バルブの開閉台。大雨で太平川が増水したとき、暗渠への逆流を阻止するためにバルブが閉められる。

大堰端・暗渠

突き当たりが「大堰端暗渠」のゴール地点。

大堰端・暗渠

太平川にそそぐ「大堰端暗渠」。その向こうに羽越本線鉄橋。

久保田城下絵図
「久保田城下絵図」寛保2(1742)年頃

右上に「桝取橋」その下に「一本橋」そして太平川に架かる「百石橋」。

太平川
2004.04 対岸から「大堰端暗渠」を望む

前出の回想録で石川達三が「この小川は下流でもう一つの川と落ちあい、そこは深くて、いつも渦を巻いていた。そこに落ちたら絶対に助からないと、いつも話に聞いていた」と記した地点である。

「大堰端暗渠」東側(画像右側)の、昔日の面影を残す緑地は、羽越本線が通るまで、藩政期の文人サロン「濯纓楼」跡がある袋小路とつながっていた。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地「袋小路のイチョウ」と「濯纓楼」跡・金照寺山麓

大堰端
大堰端暗渠

「大堰端暗渠」のゴール地点から太平川の土手を西に進むと、県内有数の桜の名所「太平川の桜並木」にたどり着く。

太平川桜並木
2012.04 太平川桜並木

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 第五百號發刊(entry-500)記念號外

二〇世紀ひみつ基地 花曇る太平川の桜並木 2013

「楢山」二〇世紀ひみつ基地内検索
「太平川」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川のない橋「牛島橋」界隈を歩く



まだ冬の装いの太平山の山並みを背景に、早春の太平川の土手でザッコ(雑魚)を釣る太公望たち。前回のエントリーでとりあげた『保存版 ふるさと秋田市』に掲載された写真である。

まだ高層の建物もなく、堤防に桜が植樹される前なので、空が広く太平山の眺望もすこぶる良い。この界隈で生まれ育ったものにとって、太平川から望む太平山はなつかしき原風景。おりふし、東の空に目をやると、四季の彩りを装う太平の峰が、遊ぶ子らを見守るように、いつもたおやかな姿をみせていた。



添えられたキャプションに
太平川下流の太公望(太平・昭和34年) 太平川(左)と猿田川(右)の合流点。‥‥後略‥‥
とあるが、これは誤解。どうもこの写真集には間違いが目立つ。

右手に牛島の「寳袋院」(ほうたいいん)本堂が確認できることから、正確な撮影地点は「太平川橋」の下流。太平川と猿田川の合流点はもっと下流にあり、周囲の風景も全く異なっている。

のちほど説明するが、わけがあって現在は全く同じポイントからの撮影はできない。ほぼ同じ場所から撮影したのが以下の画像。右手に見えるお寺が久保田三十三番札所巡礼・七番札所「寳袋院」、その向こうの橋が「太平川橋」。


10.01

うねうねと蛇行する太平川下流域は水害多発地点、そのため戦前から戦後にかけて河川の改修が行われ、「太平川橋」周辺の河道も、戦後の河川改修でその姿を大きく変えた。まずは河川改修前の地図を。



ベースにしたのは昭和24年発行『秋田市街図』。青色でマーキングした部分が大きく蛇行していた河道をなめらかに改修するために堀替えた新河道、ここに現在の「太平川橋」が新たに架設される。

「太平川橋」の下流にかつて、牛島駅と川口境の工場地帯を結ぶ、専用引き込線の鉄橋が存在した。太平山と太平川を捉える絶好の撮影ポイントであった、その鉄橋の上から東方を撮影したのが冒頭の写真。そこには今も橋脚の痕跡が残り、ときおり水鳥が羽を休めている。


専用引き込線・太平川鉄橋跡 10.01

旧河道に架かっていた「お東橋」が撤去され、その周辺が最初に埋め立てられ、残りの旧河道はしばらく残っていた。冒頭の写真はその時代に撮影されたもの。

たそがれどき、木々が鬱蒼と茂る旧牛島橋から旧河道を見下ろすと、流れを止めた川は暗くよどみ、投棄されたゴミが水面が浮ぶ眺めが、子ども心に不気味に感じら、後年の一時期、その光景がよく夢に現れた。

残っていた旧河道もやがて埋め立てられ、昭和39年、牛島橋の旧河道上流部分に U字形の児童公園「楢山末無町街区公園」開設、下流部分も小公園に。

  
牛島橋跡から旧河道上流(児童公園)を見下ろす 09.06


09.06


牛島橋跡から旧河道下流を望む 09.06

雄物川水運で穀物・縄・薪などが荷揚げされた船着き場があった場所。今は橋と同じ高さに埋め立てられている。


蛇行した緑地帯が旧河道


牛島橋跡から牛島方面を望む 09.06


牛島橋通り(登町方面を望む)08.11

いにしえの国道・羽州街道に架かっていた「牛島橋」は久保田城下と河辺郡牛島村を結ぶ境界の橋、佐竹氏の参勤交代の際、一行はこの道を通って牛島に入り、御茶屋橋のたもとで茶を一服してから江戸へ向かうのが恒例であった。


お東橋跡より太平川橋を望む 10.01

太平川で行き止まりであった楢山南新町下丁に、大正末期、牛島に通じる「お東橋」架設。「お東」の名は町内に佐竹東家の下屋敷(別邸)があったことに由来し、「お東町」とも呼ばれた町内には東家の祖・佐竹義久をまつる東館神社が現存する。


お東橋跡付近より太平川橋と新河道を望む 07.05

まだ木橋だった昭和30年代、橋の上から雄物川の花火がよく見えた。この橋の正式名称が「太平川橋」と知ったのは比較的最近のことで、自分たちはずっと「牛島橋」と呼んでいた。すでに旧牛島橋は橋ではなくなり、牛島のメインストリートに架かる橋だから、今は「牛島橋」の名がふさわしいと思う。


引き込線鉄橋跡より太平山を望む 10.01




大きな地図で見る

牛島駅から川口境へ延びる専用引き込線とその界隈については次回に。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 桜花の百石橋・定点観察

二〇世紀ひみつ基地 『保存版 ふるさと秋田市』の参考文献に

牛島(ひみつ基地内検索)

| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻の仁別川の流れを辿る

佐竹氏転封以前、仁別川(旧旭川)の流れは、神明山(千秋公園台地)の西裾をすれすれに流れていた。手形鉄橋付近を起点とし、通町橋から五丁目橋までは直進する現在の旭川の一部は、堀替えによる人工の運河ということになる。

久保田城築城と同時に着工し、約十六年の歳月を要したといわれる、初代藩主佐竹義宣による旭川堀替の大工事は、仁別川の流れを堀替えて西方に移して現在の河道とし、川を境に西側を町人の町(外町・トマチ)、東側を侍の町(内町・ウチマチ)とした。

堀替で出た大量の土砂で、運河の東側(土手長町)に土手を築き防禦とし、東側に残った古川を整備して、久保田城を取り囲む外堀とした。堀替でできた運河もまた、土手を備えた外堀であった。

20051015160114.gif
仁別川(旧旭川)想像図

左端の手形鉄橋付近から、川反五丁目橋(横町橋)までのピンクでマーキングしたラインが、かつての仁別川(旧旭川)のおおよその流れ。「中島」という地名は、古川と新川の間にはさまれた「中ノ島」が由来。

20051015160059.gif
久保田城(千秋公園)西側・明治元年

水色が仁別川の流れを改修して造られた思われる堀。

20051015160034.jpg
穴門の堀・北端から南を望む

左に和洋高校、左手には古川堀反通り、正面に木内デパートとキャッスルホテルが並ぶ広小路。この堀が一ヶ所だけ今に残された仁別川の跡。

20050825230804.jpg
千秋公園外堀・明治末 クリックで拡大
古き仁別川を利用して造られた外堀

左手の堀が上の画像の「穴門の堀」、左寄りの土橋のあたりから左手を向き撮影している。その土橋から右手の堀は戦前から戦後にかけて埋立てられた。

20051015160003.jpg
上長町(古川町)・木内デパートの小路

仁別川の流れは広小路を横断して、木内デパートのあたりを南下していたため、古くは木内デパート西側から南に延びる通りに沿った町を古川町と呼んだ。

20051015155951.jpg
中央通り側から中長町、下長町(古川町)を望む

周辺はかつては中級武士の町、明治以降は開業医が多い静かな住宅街だったが、今ではマンションとホテルが立ち並ぶ町になった。

穴門の堀から古川町を南下した仁別川は、「旧あきたくらぶ」の敷地を通って五丁目橋付近に至り、現在の旭川に流れていたと推定される。

藩政期、「旧あきたくらぶ」の場所には藩営の米蔵があり、蔵の北側をとりまく堀は旭川に通じていた。この堀を「殻堀(からほり)」と称し、米は仙北方面から雄物川を舟で運ばれ、旭川に入り、殻堀の米蔵に荷を下ろした。この「殻堀」も仁別川を利用して造られたものとされている。

20051015155853.gif
水路・明治元年

赤色が藩営の米蔵があった場所。その北側(左)が殻堀(仁別川の名残)。
水色でマーキングした南北に延びる細い水路は、河道の切替え後、古川の一部を排水溝として残したものらしい。

20051015155810.jpg
「旧あきたくらぶ」日本庭園の池 明治期

旧ニューグランドホテルの方向から、川反方面(西側)を眺めている。
この大きな池こそが、藩営の米蔵の北側にあった殻堀の跡、つまり仁別川の名残だ。

20051015155741.gif
「旧あきたくらぶ」周辺地図 明治末期

大ざっぱな地図だが当時の池の大きさが想像できる。

この大きな池はニューグランドホテル建築の際に大幅に埋立てられ、わずかにその面影を残していたが、「あきたくらぶ」と「ニューグランドホイル」の倒産にともない、完全に消え、跡地はルートインジャパン経営のホテルと、温浴施設「華の湯」が建っている。

20051015155635.jpg
「旧あきたくらぶ」仁別川・名残の池

倒産して数ヶ月後の撮影、荒れ果てた庭園は、かつて名園と謳われた面影もない。

関連記事
今は幻の「殻堀橋」
公園外濠ノ景・風景を読む

| 秋田市今昔 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今は幻の「殻堀橋」

20050618150955.jpg
「長町通り」大正始めころ

「長町通り」とは、川反五丁目橋から通町橋まで、旭川の東を通る土手長町通りのこと。左手には外町と内町を隔てる土手が旭川沿いに連なり、木橋の欄干には「からほり橋」「明治四二年八月・・」の文字が記されている。

撮影地点は、有楽町から五丁目橋を左手に見て、土手長町通りを北に少し進んだ「旧あきたくらぶ」のあたり。ここに橋があったなんて、今となっては信じられない。

藩政期、後の「あきたくらぶ」の地には藩営の米蔵があり、蔵の北側をとりまく堀は旭川に通じていた。この堀を「殻堀(からほり)」という。米は仙北方面から雄物川を舟で運ばれ、旭川に入り、殻堀の米蔵に荷を下ろした。その当時、土手長町は殻堀と土手で切断され、直進することができなかった。

明治四十二年(1879)、堀の両側から土をもって橋を掛けたのが「殻堀橋」。堀の水はしだいに枯れ、大正のころは小さなドブ川になっていたという。昭和七年(1932)、コンクリート橋に掛け替えられるが、戦中には堀を埋立て「殻堀橋」は撤去される。

20050618151024.gif
「からほり橋」周辺
左図・明治元年(黒い太線は土手) 右図・大正期

五丁目橋(横町橋)と四丁目橋に挟まれた赤くマーキングした地点が「殻堀橋」、黄色が「藩の米蔵」があった場所。明治元年の殻堀には小さな橋が架かっている。藩の米蔵を囲んでいた殻堀は、「あきたくらぶ」の日本庭園の池として生き残ったが、戦後、ニューグランドホテルを建てるために大幅に縮小されてしまう。

20050618151009.jpg
部分拡大

左手の土手は初代藩主佐竹義宣が、久保田城下町づくりの時、築いたもので、松と桜が植えられ、北は中島から南は亀ノ丁西土手町(有楽町)まで延々と続いていたが、戦中戦後に削られ、現在のように旭川べりまで道が広げられた。

右手のきれいに刈り込まれたイチョウの木は、ニューグランドホテルの場所にあった、医師で書家の赤星藍城(らんじょう・安政四~昭和十二年)家のもので、藍城は、その書斎を「十声楼」と名付けている。その由来は、「殻堀橋」をカラコロと渡る下駄の音、「あきたくらぶ」の弦歌、旭川に櫓を漕ぐ音、つるべ井戸の音など、十種類の音がこの家に聞こえたためという。なんとも風情のある命名で、ほとんど騒音しか聞こえない現代とは隔世の感がある。

20050618151614.jpg
現在の同地点

「あきたくらぶ」と「ニューグランドホテル」は倒産し、跡地にはルートインジャパン経営のホテルと、温浴施設「華の湯」が本年五月オープン。かつての堀川の名残であった池を配して、名園と謳われた「くらぶ」の庭園や、長い土塀は取り壊され、すっかり景色が変わってしまった。


大きな地図で見る
殻堀橋跡

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |