二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

秋田広小路モノレール計画・昭和30年代


トッパンの愛児えほん『はしれのりもの』(昭和30年代発行)より

昭和41年の市電(秋田市営電車)廃止を前にした昭和39年(1964)、市電に変わる交通網として、秋田市内のデパート業界間でモノレールを導入する計画が持ちあがった。

「協働社ビル」の浅利社長と「新秋田ビル」の北林社長が中心となって構想した計画は、秋田駅二階のステーションデパート・木内・協働社・新秋田ビル・本金のそれぞれの屋上をモノレールで結び、駅前から広小路・大町を一大ショッピングセンターにし、三、四年後には市内の商店街を空の交通で結び、将来的には市内を縦横に走らせようというもの。


淡色文字は昭和40年以降の商業施設


秋田市街モノレール計画 1964
距離1.048km

1 ステーションデパート
2 木内デパート
3 協働社ビル
4 新秋田ビル
5 本金デパート

しかし、支柱を建てるスペースの確保が難しく、上空をさえぎって走るモノレールは、住宅や商業施設の密集した市街地には適さない交通機関。秋田空港が新屋から雄和に移転した80年代に、市街地と新空港を結ぶ新交通システムとして、モノレールを導入する計画があったが、同様に実現するには至らなかった。


木内デパート屋上から大町方向を望む・昭和三十年代

さいわい橋をわたると「秋田名店街」入口、大町通りにそびえる本金タワー。まだ「新秋田ビル」は建っていない。


ランドマーク秋田(旧協働社ビル)から新秋田ビル、大町公園橋 06.03

広小路の突きあたりから旭川を渡り川反に抜ける「さいわい橋」(現・大町公園橋)はもともと、昭和36年(1961)、先代の辻兵吉が「秋田名店街」(現・AD)をつくったとき、広小路と「秋田名店街」を短距離で結ぶために架けられた私設橋で、現在よりも少し川下(南側)に位置し橋幅が狭かった。昭和40年(1965)、橋を渡った場所に「新秋田ビル」竣工、現在はブティックが入居するビル一階部分に開けられた通路を抜けると、正面に「秋田名店街」の入口があった。

「新秋田ビル」オープン当時の入居者は、地階に「茶の間」「鳥吉」「なぎ」「銀寿し」「りんでん」など飲食店。一階のファッションフロアに「杉」「ササキ」「ミウラ」。三・四階「農林漁業金融公庫」。四階「日立製作所」「住友火災海上」「千葉歯科医院」。五階「高千穂交易」「北林道場」(柔道場のちに日本拳法道場)。

現在は地階に「関西割烹・三四郎」、一階のブティック、二階に「ほくと商事」など、上階はほとんど空き部屋のようだ。

_________

関連記事

協働社 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

木内 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

本金 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

ステーションデパート - Google 検索(ひみつ基地内検索)

市電 - Google 検索(ひみつ基地内検索)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見上げた空に本金の残像

この三月をもって「ほんきん西武」が閉店し、「秋田西武」として新装オープンしたことで、嘉永三年(1626)創業の老舗・本金の名も完全に消えてしまったが、ふと見上げた空に「○に本」の本金のロゴマーク(本間金之助商店の家印)が取り外された跡が、往年の繁栄の残像でもあるかのように残っていた。



ここはワシントンホテル(旧本金デパート)の裏にある立体駐車場。かつては本金の駐車場で、今は辻兵が管理する、秋田ニューシティ第二駐車場。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1983「本金タワー」倒壊

昭和五十八年(1983)五月二十六日昼過ぎ、秋田県能代西方沖約100kmを震源とするマグニチュード7.7の日本海中部地震発生、秋田市大町二丁目では、本金デパートの名物「本金タワー」が倒壊し屋根を直撃、四階で催事の準備をしていた主婦三人が下敷きになり、一人が帰らぬ人となった。


倒壊直後

ガラス張りの展望室は潰れ、その上のタワー上部が倒壊し、屋上に増設されたプレハブの屋根を突き破っている。

20050725201503.jpg
倒壊現場

20050725201416.gif
倒壊図

本金デパートのシンボルだった「本金タワー」の倒壊は、その後の「本金」の運命を象徴するような、印象的な事件であった。

関連記事
エレベーターガールと恋と家出
お家も見えるよ「本金タワー」
大町二丁目通り変遷


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エレベーターガールと恋と家出

20050709011339.gif
昭和四十三年(1968)(クリックで拡大)

タワー部分の五・六階にゲームコーナーがあるが、階段の踊り場を少し広くしたほどのスペースで、ピンボールやジュークボックスが置かれていた。屋上にはプレハブ造りのゴルフショップとゴルフ練習場ができている。エスカレーターは一階から二階までしかない。

---------------------

中学校の先輩が本金デパートのエレベーターガールに恋をした。
先輩は自分の家のサイドボードに飾られていた、小さな陶器製の犬の置物を、その女性にプレゼントするというので付きあわされたわけだが、それが可笑しくて、ついついからかってしまったことが怒りを買い、誰もいないガラス張りの本金タワー展望棟でボコボコに殴られ、しばらく顔の腫れが治まらず、家からも出ることができなかった。

同じ中学校に通っていたエレベーターガールの弟は、ある日突然家出してしまう。しばらくのあいだ見つからず、すがったのはモーニングショーの「家出人公開捜査」のコーナーだった。両親と姉がテレビに出て呼びかけて間もなく、弟は都内で見つかり、番組内で家族との涙の御対面を果たす。

その朝、教室のテレビからは、その番組が流れていた。
「お前らも、こんな恥ずかしい目に会いたくなかったら、家出なんかするなよ」といういましめであったのか、学校では教育の一環として特別に生徒たちに視聴させたのである。その番組の名は「木島則夫モーニングショー」、モーニングショーのさきがけとなった歴史的な番組だった。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT