二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

象さんが「木内」でお買い物・昭和27年の春

木内デパート

▲昭和27(1952)年 新聞広告

秋田市広小路の老舗百貨店「木内」(きのうち)が、花見時に出した「さくらまつり」の新聞広告。

品目を見ると「純綿 キャラコ・天竺 特売会」「御徳用 はぎれの市」など、生地類が目につく。

ちょうど婦人の服装の主流が和服から洋服へと移行する時期で、既製服がまだ少なく、品質も良くなかったこの時代、多くの家庭が足踏みミシンを所有していて、とくに婦人・子供服は、主婦によるハンドメードが多かった。

洋裁の内職にも使えるミシンは嫁入り道具としても人気が高く、昭和31(1956)年には全国のミシン普及率が75%に達し、婦人雑誌は毎号、洋服の型紙を掲載、洋裁学校がブームとなる。

当時、秋田でミシンの割賦販売を専門にしていた「緑屋ミシン店」はのちに「緑屋信販」と名を変え、家電・家具なども扱うようになる。そして70年代初頭、経営不振に陥った「やまじんデパート」のビルを買収し秋田駅前に進出、家電・家具に加えて衣料品・スポーツレジャー用品も扱う総合小売店となるが、そのお話しは別の機会に。

広告掲載商品をいくつか抜粋しておく。

新柄ネクタイ1万点即売会

其他のサービス品
ランニングシャツ 100円
純綿敷布 300円
婦人ソックス2足 90円
子供セーター 220円
ビニールハンドバック 300円
本革抱鞄 2,900円
正絹ネクタイ 100円
木内特製石鹸 3カ 50円
純綿割烹着 180円
男物ゆかた地 480円

お菓子の夜間サービス
本日の分
毎夜7時より特別奉仕
◎花林糖100匁 70円
◎松風せんべい 80円
◎甘納豆    80円

松風せんべいとは、表面に白砂糖がまだらにかかった生姜風味の駄菓子のことだろう。

当時の物価の目安をあげると、公務員の初任給7千円、ラーメン一杯が25~30円ほど。

さて、前置きが長くなったが、今回のテーマである「象さんのお買い物」について。

木内デパート

午前中「木内」店頭まで「象さんがお買い物に来ます」とのこと。

折しも千秋公園二ノ丸広場では、観桜会にあわせてサーカス団がテントを張っていて、そのなかの小象が、公演前に中土橋から、まだ交通量の少なかった広小路の車道を通って「木内」店頭まで訪れたという。サーカスの告知と同時に「木内」にも人が集まる一挙両得な宣伝行為であった。

当時はお花見やお祭りにサーカスはつきもので、昭和30年代前後、20団体を超えるサーカス団が存在し、全国津々浦々を巡業していたが、今では小規模な個人経営も含めて約5団体と大幅に減少している。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木内デパートの箱文字看板消滅す・昭和の面影


2013.02.17

秋田市広小路「木内」の東側面で、永年にわたり存在感を放っていたステンレス製箱文字看板が消えた。

少し前に外装の工事をしていたので、そのとき腐食が発覚し、落下の恐れがあるため取り外したのかもしれない。


2013.02.17

看板の痕跡の右側に並んだ金属棒は懸垂幕(垂れ幕)を取り付けるためのハシゴ。「木内」がデパートだった時代、セールを告知する懸垂幕がいつも下ろされていた。

過去記事から「木内」の箱文字看板がある画像をピックアップ。


1970年代

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 広小路ホコ天時代・70年代初頭


1973


2005.07

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 1973 県民会館の土手から
二〇世紀ひみつ基地 木内デパート展望塔・巫女人形おみくじ自販機


2008.08

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 広小路をレトロバスが走る


2012.08

関連記事
二〇世紀ひみつ基地2012「竿燈妙技会・昼竿燈」点描

_________

関連記事

「木内」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広告で見るバレンタインデー『秋田魁新報』編

広告で見るバレンタイン・プレゼント(2)日本(秋田)編


昭和33年(1958)2月14日『秋田魁新報』

おそらく秋田で最初のバレンタインデー企画広告。

中央下部の囲みにバレンタインデーについての解説がある。
今から約千七百年前アイルランドに「バレンタイン」というカトリック教徒がいました。その頃、ローマ皇帝はしきりにキリスト教を迫害しバレンタインも投獄されたりしましたが彼はそれにもめげず貧しい人々をあわれみ、子どもたちを可愛がり、すべての人を愛しました。しかし西紀元二六九年二月十四日、異教徒により遂に殉教したといわれています。それ以来この心やさしい聖徒バレンタインの日を記念し友情の日、敬愛の日、恋人の日などと呼び愛する人への心からの手紙や美しい贈り物をする習慣になっています。
以下拡大画像のように、内容は婦人向け商品が多い。


昭和33年(1958)2月14日『秋田魁新報』

秋田・放送局前 化粧品「ホープ」8ミリシネが当たる資生堂男子用化粧品デー
大町一丁目「竹谷徳之助」指輪
上通町「吉川洋品店」セーター・下着
能代市富町「誠和産業」紳士・婦人服地
大曲駅前「石橋ストア」
広小路「木内」婦人ショールほか


昭和33年(1958)2月14日『秋田魁新報』

金座街「大森」膝上靴下
川反五丁目・花とおしゃれの店「ヤマト」カネボウ化粧品
すずらん通り「竹屋」婦人セーターほか
横手市「ヤマカワ」
すずらん通り「佐藤洋傘店」洋傘・セーターほか
金座街・カバンと洋品の「金座マルキン」セーター・ワイシャツほか
横町・洋品の「ヒノデヤ」婦人セーターほか

バレンタインデー当日(金曜日)に掲載された広告を見て、実際にアクションを起こした人数は、はたしてどれほどだったのだろう。同様なバレンタインデー企画広告が掲載されるのは、これから数年後のことになる。


昭和37年(1962)1月16日『秋田魁新報』

大手菓子メーカーで、最も早くバレンタインデーとチョコレートを結びつけた広告を大々的に展開したのが森永製菓。


昭和37年(1962)1月16日『秋田魁新報』
あちらの映画・TVでおなじみ《愛の日》バレンタインデー.若いヒトが贈物や手紙を交換しあう日です.チョコレートをそえて贈れば,レイケンアラタカとか・・・・あなたも一度ためしてみては?!
「贈物や手紙を交換しあう」バレンタインデーのプレゼントの「添え物」として提案されたチョコレート。景品が指輪であるように、女性にターゲットを絞った企画であったが、宣伝効果はかんばしくなく一時中断している。


昭和43年(1968)2月13日『秋田魁新報』


昭和43年(1968)2月13日『秋田魁新報』


昭和43年(1968)2月13日『秋田魁新報』

秋田ステーション・広小路・名店街「竹谷本店」ガスライター
金座街・横町「アザミ」ブローチ・ネックレス ハンカチなど
金座街「ワタナベ時計店」各種ライター
広小路「木内」春の新色毛糸
金座街・おしゃれ用品「金座マルキン」ブラウス風セーター
駅前中央通り・おしゃれの店「マスコット」

解説文は昭和33年(1958)とほぼ同じ。当時は男性へのプレゼントの代表格であったライターの広告が2件。


昭和49年(1974)2月13日『秋田魁新報』広小路・協働社ビル


昭和49年(1974)2月13日『秋田魁新報』広小路・協働社ビル
心をヨセている彼への贈りものに
サンヨーカドニカカミソリ
ブラウンシンクロン
高級春物ネクタイ
VAN各種セーター
アーノルドパーマー・ボディシャツ
紳士用化粧品セット


昭和49年(1974)2月13日『秋田魁新報』広小路・木内デパート


昭和49年(1974)2月13日『秋田魁新報』広小路・木内デパート

70年代に入ると、バレンタインデーは「女性が思いを寄せる男性へプレゼントする日」という、本来とは異なる認識が一般化したのが商品のラインアップからうかがわれる。

昭和40年代前後からチョコレート業界・流通業界がこぞってバレンタイン商戦に力を入れ始め、50年代には日本独自のバレンタインデーが定着、脇役だったチョコレートがプレゼントの主役となり、その後、義理チョコ、返礼としてマシュマロやキャンデーを贈るホワイトデーが創案され、この時期がチョコレート業界のかき入れ時となった。


詳しい歴史は下記関連リンク先に。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 広告で見るバレンタインデー・米『LIFE』編

関連リンク

バレンタインデー - Wikipedia
日本のバレンタインデー - Wikipedia

バレンタインデーの起源と歴史[絵文録ことのは]

バレンタインデーの豆知識・雑学

海外「バレンタインデー。自分の娘にも当然プレゼントあげたよね?」海外の反応 | 10000km.com


| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1979年のクリスマスプレゼントは木内で


昭和54年(1979)12月 新聞広告

秋田市広小路の「木内」がデパートだった時代の全面広告。ドラえもんサンタが「木内」の包装紙でラッピングされたクリスマスプレゼントを持っている。株式会社「ポピー」(現・バンダイ)とのタイアップ広告のため、すべての商品が「ポピー」ブランド。

「バンダイ」の子会社「ポピー」は、子ども向け漫画・テレビ番組と連動したキャラクター玩具を製造・販売していた。


超合金 ガチャガチャ ドラえもん CM


リニューアル版「ガチャガチャドラえもん」

1979年発売の名作玩具「ガチャガチャドラえもん」は数年前に復活し「バンダイ」から発売中。


CM popy ザ・ウルトラマン ビームフラッシャー

ウルトラマンシリーズ唯一のアニメ作品「ザ★ウルトラマン」に登場する変身アイテム「ビームフラッシャー」。


CM popy ウルトラマン エレクトロ光線


ポピー「くるくるてれび」テレビCM

超合金「未来ロボ ダルタニアス」↓
【懐かCM】超合金【ポピー】超合金「未来ロボ ダルタニアス」
未来合体ダルタニアス

「銀河鉄道999」未来ステーション オメガベース ↓
未来ステーション オメガベース 銀河鉄道999

「バトルフィーバーJ」バトルコンビネーション2 ↓
バトルコンビネーション2 バトルフィーバーJ ポピー

「おしゃれなカーラちゃん」ピカピカドレッサー ↓
おしゃれなカーラちゃん

「キャンディキャンディ」のいんさつやさん ↓
いんさつやさん | ナツカシキ オモヒデ・・・

「花の子ルンルン」魔法のカギペンダント ↓
「花の子ルンルン」魔法のかぎペンダント・懐物らんど


昭和54年(1979)12月 新聞広告

こちらは秋田駅前ホテル「アルファーワン」の場所にあった「チャイルドセンターなかよし」のクリスマス広告。



木内の広告にもあった「ポピー」の超合金シリーズは高価で、多くの子どもたちにとっては高嶺の花であったため、状態の良いものがオークションに出品されると、当時は買って貰えなかった、もしくはかつて所有していた世代によって高額で競り落とされる。

その他、「チェリコ」のレーシングセット、「トミー」のプラレール、ラジコンカー、LSIゲーム(電子ゲーム)など。



1974年誕生のロングセラー「モンチッチ」↓
モンチッチホームページへようこそ!

海外にも輸出された「こえだちゃんの木のおうち」はリニューアルされて「タカラトミー」から発売中 ↓
こえだちゃんの木のおうち・ タカラトミー

1977年の発売以来、現在まで約2.000万台を販売するロングセラー玩具、磁力を使ってスクリーンに絵や文字が書ける知育玩具「せんせい」シリーズ ↓
商品情報|せんせい|タカラトミー

_________

関連記事

「木内」二〇世紀ひみつ基地内検索
昭和レトロに逢いに行く・エリアなかいち界隈散歩(木内のクリスマス包装紙のこと)

米国に夢のあかりを輸出した「秋田クリスマス電球」
朝刊の「Xmas ぬりえ」にワクワクした昭和30年代の師走
ウルトラセブンがやって来る・クリスマスの協働社

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT