二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

東宝チャンピオンまつり・1971「秋田東宝」正月番組


昭和45年(1970)12月 新聞広告

かつては映画街であった秋田市有楽町通り「秋田東宝劇場」(のちのプレイタウンビル)の、昭和46年(1971)正月番組は「東宝チャンピオンまつり」四本立て。



春・夏・冬休みに合わせて公開され人気をあつめた「東映まんがまつり」に対抗して生まれたのが「東宝チャンピオンまつり」(1969〜1978)。「ゴジラ」シリーズに代表される特撮映画をメインに、テレビアニメなどが同時上映された。

昭和39年公開のオリジナルを短縮編集したリバイバル作品『モスラ対ゴジラ』。


モスラ対ゴジラ (1964) オリジナル版

怪獣のなかで「モスラ」がいちばん好きだった。初期「モスラ」シリーズで小美人を演じたザ・ピーナツがエキゾチックなメロディーにのせて唄う劇中歌にシビれた。その話はいずれまた。

もう一本の怪獣映画『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』は「ゴジラ」を生んだ特撮の神様・円谷英二亡きあと初の東宝特撮作品。イカの怪獣「ゲゾラ」蟹の怪獣「ガニメ」亀の怪獣「カメーバ」が南海で対決するB級映画。



アニメ作品は『アタックNo.1 涙の世界選手権』(製作・東京ムービー)と『昆虫物語 みなしごハッチ』(製作・タツノコプロ)。

『アタックNo.1』フジテレビ(AKT秋田テレビ)日曜日19時〜19時30分、1969年12月〜1971年11月。
『昆虫物語 みなしごハッチ』フジテレビ(AKT秋田テレビ)火曜日19時00分〜19時30分、1970年4月〜1971年12月。「ハッチ」はフジテレビの「8チャンネル」から命名。



昭和46年(1971)新春第二弾は『日本一のワルノリ男』と『若大将対青大将』。

『日本一のワルノリ男』はクレージーキャッツの植木等が主演して1960年代に人気をあつめた「日本一シリーズ」の晩期作品。すでにクレージーキャッツの人気は低下していたため、同じナベプロの後輩グループ、ザ・ドリフターズの若手・加藤茶を準主役に起用している。

加山雄三主演「若大将シリーズ」(1961〜1971 全17話)の最終話『若大将対青大将』。三十路に入っても大学生役、その後は社会人を演じていた加山も、もう「若大将」とはいえず、新若大将としてザ・ランチャーズ(加山が結成)のギタリスト・大矢茂が起用された。



映画はすでに「娯楽の王様」の座をテレビに奪われ、斜陽の下り坂をたどっていたが、県内にはまだ、東宝系映画を上映する映画館だけでも、これだけの数が残っていた。

大曲(現・大仙市)の「月岡シネマ」は平成18年(2006)10月閉館。このなかで今も残っているのは、小坂の大正レトロ建築「花園館」のみ。

関連リンク
N氏の映画館:花園館(秋田県小坂町)
飴色金魚 / 秋田県 / 小坂町 / 花園館

ちなみに昭和46年時点での秋田市内映画館は以下の通り。

有楽町
秋田東宝(邦画)秋田大映(邦画)秋田松竹(邦画)秋田日活(洋画)秋田ピカデリー(洋画)秋田パンテオン(洋画)みゆき座(成人映画・実演)

大町五丁目
秋田東映(邦画)

秋田駅前
テアトル秋田(邦画二番館・中通二丁目)読売ホール(洋画二番館・中通四丁目)

土崎
土崎映画劇場

_________

関連記事

「映画」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

与次郎を足蹴にする罰当たり・エリアなかいち



秋田市中通一丁目地区(日赤・婦人会館跡地)市街地再開発事業「エリアなかいち」のオープンにあたり、マスコッ卜キャラクタ一に就任した、飛脚の白狐 「与次郎」。

「与次郎」の担いでいる御状箱の「柄」、つまり、棒の部分が途中で分断された「仲小路」、そして「御状箱」が「エリアなかいち」を表していると解釈すれば、このキャラには「エリアなかいち」が、血税を投入した公共事業でつくられた文字通りの「箱物・ハコモノ」であることの皮肉が込められているようにも見えておもしろい。


2012.07 秋田市にぎわい交流館AU(あう)

ATOKで「あきたしにぎわいこうりゅうかん」で変換したら「秋田 死に際 以降 流感」と、不吉な文字列が出現し、唖然としたことはさておき、上の画像は「エリアなかいち」内「にぎわい交流館AU」の玄関に敷かれた除塵用ドアマット。通行人が玄関を通るたびに「与次郎」を足蹴(あしげ)にする、全く以て罰当たりな仕様となっている。
あしげ【足蹴】
(1)足で蹴ること。
(2)転じて、他人にひどい仕打ちをすること。「人を−にする」
明鏡国語辞典 第二版 (C) Taishukan, 2011
「与次郎」は久保田藩の飛脚として活躍した忠義の狐。山形の六田村で殺されたあと、佐竹公が城内に祠を建て「与次郎」を手厚くお祀(まつ)りしたのが、市内に二カ所存在する「与次郎稲荷神社」の始まり。

一般の稲荷神社での狐は「食物を司る神と人を結ぶ使役」だが、「与次郎稲荷神社」の場合、狐そのものが神として祀(まつ)られている珍しいケース。そのような神格をそなえた「与次郎」をモデルにしたキャラを足蹴にするとは、なんとも非道すぎる。

担当者たちは「与次郎」を集客のためのツールとしてしか見ていないのだろう。そこには神仏に対する畏敬など微塵も感じられない。

実は、モノガタリの中での「与次郎」は、山形で殺されたあと、村人に狐憑きの祟りをなして恐れられ、その怨念を鎮めるために神として祀(まつら)られた、恐ろしい一面をもつ存在。そんな「与次郎稲荷伝説」に関する詳細は以下リンク先に。

二〇世紀ひみつ基地 ホントは怖い与次郎稲荷伝説・エリアなかいち

ドアマットに話をもどすが、新聞のように文字があるものを「踏むな」、寝ている人や横になっている人を「またぐな」と、親にしつけられて育った世代にとっては、文字やキャラクターを足蹴にすることに抵抗があるに違いなく、また、そのような礼儀作法が守られていた時代ならば、この手のドアマットが普及するはずもなかった。

足蹴にするキャラで思いだすのがコレ。


秋田駅構内 2004.07

秋田駅改札口に出現したグランシャルシート(路面広告)。

秋田駅東口の拠点センター「アルヴェ」に完成した、映画評論家・水野晴郎(1931〜2008)がプロデュースするシネマコンプレックスの広告。水野晴郎のキャラがフィルムのコマに描かれていた。

水野の個人事務所が主体となり、秋田市有楽町で映画館「パンテオン」を経営する第一商事が参画、「パンテオンシネマズ秋田」として華々しくオープンしたものの、約一年後に負債を抱えて閉館。運営に加わった第一商事も資金繰りが悪化して2011年に倒産することになる。

_________

2012.10.27 追記


2012.10 秋田市にぎわい交流館AU(あう)

最近、ドアマットが新調されたのだが、ご覧のとおり、新デザインのマットは与次郎が中央に配置されたため、直接踏まれる確率が高くなり、まるで「踏み絵」状態。これは非道い。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 ホントは怖い与次郎稲荷伝説・エリアなかいち

「エリアなかいち」二〇世紀ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 秋田の元祖ゆるキャラ「ナミー&ハギー」
二〇世紀ひみつ基地 スギッチという「ゆるキャラ」を考察する



| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1960 秋田市有楽町にトルコ風呂&民謡酒場オープン

▼秋田の映画王「トルコ風呂」をつくる


新聞広告 昭和34年

昭和34年(1959)の暮れ、『秋田魁新報』に掲載されたミス・トルコ(トルコ嬢)と、喫茶&バー従業員を募る広告。小学校教員の初任給が9千円ほどの時代である。

翌35年(1960)1月10日、秋田市有楽町「有楽会館」一階に県内初の「トルコ風呂」オープン。隣接した同階では収容人員480人の映画館「秋田大映」が前年11月に開館していた。


新聞広告 昭和35年 
 開店のごあいさつ

 新春のお喜びを申しあげます。
当有楽会館建設工事も昨年末第一期工事の秋田大映が完成し、第二期工事を鋭意進めておりましたところ、このたび完成し、当館の直営として一階「秋田トルコ風呂」二階洋酒と喫茶「エデン」を来る十日より開店いたすことになりました。
 尚、三階は第三期工事として一月末開場の予定でございます。
ご承知のとおりトルコ風呂は秋田市において初めての企画でありますが、大衆風呂及び各個室の設備は近代的にして清潔とサービスに徹底して皆様のご来店をお待ち申します。

株式会社 有 楽 会 館
取締役社長 村山多七郎
常務取締役 池田 捷司


トルコ風呂ご案内
◎営業時間は毎日午前11時から午後12時まで
◎大衆風呂(蒸気室付)一回一名様の料金はサービス券(紅茶)付きで100円です。
◎外に個室もございます。(1時間500円)
◎予約も申し受けます。
◎ご入浴のタオル、石けんを準備してございます。

医学の上を行く!!
あなたの健康にトルコ風呂!!
当トルコ風呂は乾式、湿式の併用で、発汗作用を促し、脂肪の分泌を調整し血行を盛んにするする働きがある外に、皮膚面からの新陳代謝を高めますので、疲労の回復はもとより、リウマチ・胃腸病・神経痛・気管支喘息の治療等に効果があるばかりでなく美容にも素晴らしい効果を発揮しています。

今日のお疲れをとり、明日への活力を生み、お肌をすっきり美しくするトルコ風呂をどうぞ
蒸気風呂・浴槽・マッサージ台・入浴用品・理容用具等 一切が取揃えてございます。

喫茶は最高の雰囲気!
洋酒はデラックスバー

美しいスタンド係が、皆様のお出でを心からおまち致しております
エデン 二階
性風俗店である「ソープランド」はかつて「トルコ風呂」の名で営業していたが、戦後復興期の日本に誕生した初期「トルコ風呂」は、スチームバスを備え、男性には男性が垢すりを行い、休息室でコーヒーやタバコの接待がある、中東のハマム、いわゆる「トルコ風呂」をヒントにした、現在の健康ランドに近い、いたって健全な保養施設であった。同時代、性風俗店としての「トルコ風呂」もすでに存在していたが、その話はまた別の機会に。

銭湯の料金が大人10円の時代、「秋田トルコ風呂」の料金は大人100円(個室1時間500円)と高額。それが敬遠されて利用者が少なかったせいか、オープンして間もなく、大人50円・子供30円(個室PM2:00~5:00まで300円)に値下げしている。


東京「山王ホテル」トルコ風呂


▼足軽値段で大名遊び・民謡酒場「有楽」誕生




昭和35年

「秋田トルコ風呂」がオープンしてほどなく、三階に民謡酒場「有楽」オープン。キャッチフレーズは「足軽値段で大名遊び!」。県内初の民謡酒場であった「有楽」は、地酒を飲みながら本場の秋田民謡を堪能できる店として人気をあつめ連日盛況、観光客の定番コースとして名をはせる。

昭和30年度「NHKのど自慢全国コンクール民謡の部」で「秋田おばこ」を唄って優勝した千葉千枝子と専属契約を結び、浅野梅若門下の若き内弟子たちや、今では大御所となった小野花子も舞台に上がり喉を鍛えた。
 来店する県外客の多くは、秋田民謡を始めて聴き、若い踊り子のはつらつとした舞い姿を見て一種のカルチャーショックを受けた。‥‥中略‥‥

 有楽の店内は八十畳の畳敷きで、客席の真ん中を通路がさえぎり、それが小上がりの舞台まで続いていた。この通路は歌舞伎の花道を真似たものらしい。民謡本場の仙北地方から生まれた「ドンパン節」や「デベドド」が披露されると、仲居らもこの花道に並び、若い踊り手と共演した。有楽の舞台が華やかに耀き、客の投げる“お花”が舞台で乱舞した。県内の好景気にも恵まれ、県都の繁華街ががぜん、にぎわいの様相を見せはじめ、「秋田民謡」は観光に一役買って、「秋田米」と美酒とともに秋田を代表する一つに数えられた。
倉田耕一著『浅野梅若』三味線一代、その時代の人々(無明舎出版)より
営業前の時間を利用し、浅野梅若らを講師に迎えて開かれた民謡教室から、多数の民謡歌手が誕生。従業員として社長宅に住み込みながら、「有楽」の舞台で修業をかさねた川崎マサ子は、昭和41年度「NHKのど自慢全国コンクール民謡の部」で日本一に。東京において「民謡王国秋田」と題した音楽会を10年連続で開催するなど、「有楽会館」経営者・村山多七郎氏は秋田民謡の発展と普及に尽力する。


秋田船方節 川崎マサ子


河内音頭 唄:川崎マサ子


▼うたごえ喫茶誕生・歌声さんざめく有楽会館

昭和37年(1962)、喫茶&デラックスバー「エデン」が、当時若者のあいだで大流行していた「うたごえ喫茶」として新装オープン。
うた声喫茶誕生!

二月一日より
市内初めての企画
若人集いの店
伴奏ピアノ アコーデオン
愛唱歌集進呈

有楽会館二階 エデン
新聞広告より
若さいっぱい!! 楽しさいっぱい!! うた声喫茶

◎6月3日(日)より変更
6時半より連続演奏
◇武蔵野音楽学校出身 谷信悦氏
◇土、日、祭4時より(元わらび座)棚橋晴生氏特別指導

うた声バスで寒風山へ!
◇会費300円(昼食付)
◇棚橋先生同行(歌集持参のこと)
◇申込みは会費を添えてエデンまで

うた声喫茶 エデン
新聞広告より


 「北上夜曲」「北帰行」「山のロザリア」「川は流れる」「山男の歌」……最新のヒット曲はすべて“うたごえ喫茶”や“うたごえ酒場”から生まれるといってよいほど。その風潮に乗って秋田市有楽町にことしからお目見えした県内最初の“うたごえ喫茶”Eは、開店以来連日超満員という好景気を続け“うたごえ”好きな現代若者気質を反映している。
 ピアノとアコーデオンの伴奏によって、客が合唱する時間は、第一回が午後六時半から七時迄、以下八時半、九時半、十時半にそれぞれ三十分間合唱する。そのほかの時間はレコードでうたごえを流す。のどに自信のある客がマイクの前に出て行って、入口で渡された愛唱歌集第一集の中から好きな曲を歌うと、それについて歌声がわきあがるといったふん囲気は、なかなか自然で、何事にも自ら参加することに最も意義を感じる若い人たちの積極的な行動力が感じられる。愛唱歌集には前のヒット曲のほか「トロイカ」「灯」「雪山賛歌」「この道」など全部で二十三曲収録されているが、最も人気のあるのは「川は流れる」「山のロザリア」など最近の曲、それに「ゴンドラのうた」のようなリバイバル曲。
客層は圧倒的にハイティーンから二十年代にかけての学生、勤め人が多く、アベックや職場グループの人たちが目立つ。たまには中年の紳士も現れて、スタンドでハイボールを飲んでからピアノをかなでて拍手を浴びる光景なども見られる。一杯六十円のコーヒーで四時間半もねばる心臓組もいるそうで、六十人収容の客席はいつもいっぱいだが、席があくまで何十分でも立って待っている熱心なうたごえファンも少なくない。
 歌好きなある製パン会社の運転手(二五)は「ぼくは開店以来、毎日通ってマイクの前で歌い続けています。自分の歌に、みなさんが文句もいわずついてきてくれるのが、じつに気持ちがいい。一曲歌い終わると気分がさっぱりしてその日の仕事の疲れも忘れます」とうたごえ喫茶のムードを礼賛していた。女性の客でも、勇敢にマイクをかかえて、ジェスチャーたっぷりに歌う若いBGも、たまにいる。近く客のリクエストを集めて歌唱歌集の第二弾を出すそうだが、大都会なみのこの“まちのうたごえブーム”は、まだ当分続きそう。
昭和37年『秋田魁新報』より
歌唱指導者の棚橋晴生氏は能代市在住で、最近もうたごえサークルでアコーディオンを演奏、アトリオンでうたごえ喫茶を開催するなど、ご活躍のようす。娘さんは能代と秋田でバレエスクールを開いている。

二階のうたごえ喫茶、三階の民謡酒場、この時代の「有楽会館」は、はつらつとした歌声に満ちあふれる音楽の殿堂であった。


▼「トルコ風呂」廃業から「有楽会館」解体まで


昭和38年

華々しくオープンした「秋田トルコ風呂」はわずか数年で廃業。短命に終わった一因に、県外で「トルコ風呂」を名乗る特殊浴場(のちのソープランド)が出現しはじめたこともあったのかもしれない。

昭和38年(1963)、「秋田トルコ風呂」跡地に、和風スタンド「秋田銘酒コーナー」と、洋食・釜飯スタンド「GIANTS」オープン。「酒あるところ人がある・・・」の文は、社長と親交のあった俳優・森繁久弥の揮毫。

うたごえ喫茶ブームが終わると「うた声喫茶エデン」は閉店。そのあとに「麻雀クラブ紫蘭」が入り、やがて会館から直営の飲食店が消え、映画館以外は貸店舗となる。昭和60年(1985)頃のテナントは「ミッキーマウス」「雪子」「リラ」「氷雨」。

昭和46年(1971)の大映株式会社倒産をうけて、昭和47年(1972)「秋田大映」は館名を「秋田スカラ座」と改め、東宝東部興業(現・TOHOシネマズ)が賃貸する洋画専門館となる。昭和63年(1988)向かいの「有楽町プレイタウンビル」へ移転し「有楽会館」解体。

「秋田大映」に通ったのはおもに中学生時代。勝新太郎の「座頭市」シリーズ、市川雷蔵の「眠狂四郎」シリーズ、夏休み恒例の「怪談映画」、時代劇特撮「大魔神」シリーズ、「怪獣ガメラ」シリーズなど印象深い作品が多い。


▼村山多七郎氏略歴

明治44年横手市生まれ。京都大学経済学部を滝川事件のストライキに連座して中退・帰郷。映画館経営のかたわら秋田市議会議員に20代で初当選。その後、秋田市役所で経済課長を務め、市の経済行政の処理にあたる。

昭和22年(1947)「秋田中央印刷」設立。
昭和34年(1959)「有楽会館」設立。

経営した主な映画館
土崎映画劇場、阿櫻館(横手)、秋田東宝、国際劇場、セントラル劇場、ムービーセンター、秋田中央劇場、秋田名画座、秋田大映、麻布映画劇場・麻布中央劇場(東京麻布十番)。下記ウェブサイトに両映画館の写真あり
麻布十番・アルバム-2

銀行・国鉄・郵便局など、会社・職場単位の映画鑑賞サークルを組織、女性向け映画を特集した「女性週刊」を実施、映画評論家を呼んで解説させたりと、次々に斬新な企画を打ち出し秋田の興行界に新風を吹き込む。

昭和52年(1977)有楽町の「秋田東宝」跡地に映画館五館と飲食店が入居する秋田初の複合映画館「有楽町プレイタウンビル」設立。

昭和64年(1989) 秋田市文化団体連盟章
平成7年(1995) 秋田県文化功労章

平成11年(1999)逝去。享年88歳。


2011.10

「プレイタウンビル」向かいの「プレイタウン駐車場」が「有楽会館」(秋田大映→秋田スカラ座)跡地。その南隣に建つマンション・ルーミ730 の前身は「亀井ガソリンスタンド」。さらにさかのぼって「有楽会館」オープン当時は、戦前からつづく「鈴木内科医院」があった。

北隣に2006年頃閉館した「秋田有楽座」の看板(写真右手)が残る「第一シネマビル」(秋田パンテオン・秋田松竹→秋田有楽座)。経営する「第一商事」は昨年(2011)倒産。


2012.02 有楽会館跡地


大きな地図で見る
有楽会館(旧秋田大映→秋田スカラ座)跡地

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スクリーンによみがえる昭和39年の秋田市

11月9日(水曜日)秋田市文化会館大ホールにて、高度経済成長期の活気あふれる秋田市を舞台とした青春映画『十七才は一度だけ』(昭和39年・大映)が無料上映される。

秋田工業高校OBの秋田市職員で結成された「市役所金砂会」50周年記念事業の一環として開催するもので、すでに往復葉書による申し込みは終了しているが、余裕ある会場なので当日でも入場可能かもしれない。開場は午後6時、上映は6時半から。

十七才は一度だけ

解説
石坂洋次郎原作“青い芽”より「続・高校三年生」の池田一朗が脚色「青い性(1964)」の井上芳夫が監督した青春もの。撮影はコンビの中川芳久。

ストーリー
秋田芙蓉高校では、近づいた修学旅行の話題でもちきりだった。田中加奈子も修学旅行を楽しみにしている一人だった。高校二年生の十七歳。街でも老舗の醤油醸造元田中屋の娘として、何の不自由もなく、いきいきとした青春時代だ。やがて修学旅行出発の日、加奈子は親友の路子が、父の失業がもとで、旅行を最後に東京で働こうと思っていること、そして、出来れば旅行先で就職口を見つけたいと相談され、加奈子は路子に協力を約束した。旅行も終りに近づき東京での自由行動の日、加奈子は路子との約束の場所、オリンピック公園に向ったが、途中電車をまちがえた加奈子は、赤い鳥かごを持った青年に親切に案内された。中井照吉と名乗るその青年の都会的センスのあふれる話しぶりに、加奈子の心は高鳴った。就職口決定の朗報を持ってやって来た路子と交代に、青年は電話をかけ終ると蒼白な顔でタクシーに乗って、二人から離れた。呆気にとられる加奈子の手にカナリヤの入った鳥かごを預けたまま。困惑した加奈子は、青年が近く秋田市役所完成記念に秋田を訪れると聞き、鳥かごを持ち帰った。‥‥後略‥‥


十七才は一度だけ・高田美和(作詞・川井ちどり、作曲・遠藤実)

主演の高田美和が唄う主題歌にして青春歌謡の名曲。


『十七才は一度だけ』高田美和・青山良彦

高田美和が演じる高校二年生のヒロイン・田中加奈子が通う「秋田芙蓉高校」のロケ地は「秋田工業高校」木造校舎。これを機縁に秋田工高OB会が、懐かしい校舎が映る『十七才は一度だけ』を上映するわけだが、学生服は「秋田経済大学付属高校」(現・明桜高校)の制服が使われた。濃紺の生地、女子はブレザー、男子は海軍服(ボタンの無い詰襟)という、一目で「付高」とわかる、特徴ある制服であった。

東京オリンピックが閉幕して間もない、昭和39年(1964)10月26日、土手長町から山王へ移転した市役所新庁舎の落成式が開催された。その落成記念竿燈を録画するために秋田入りしたロケ隊は前日の25日から撮影開始。

旧家の娘・田中加奈子の家は、大町三丁目に実在した「醤油醸造元・田中屋」。父親・田中修吉を船越英二(船越英一郎の父親)が演じ、クラスメイト・島田春子役で、秋田育ちの渚まゆみ(明徳小学校卒)が共演している。

その他のロケ地は、定番デート・スポットであった千秋公園。土手長町通り、広小路、前年落成の協働社ビル、秋田駅周辺。家族旅行に出かける男鹿温泉郷など。


秋田大映・新聞広告(S39.12)

同時上映は坂本九のヒット曲をテーマにした『幸せなら手をたたこう』。

秋田市の映画館街・有楽町通り「秋田大映」において、東京封切りから数日遅れた昭和39年12月25日に封切り、翌1月8日までの新年映画として上映された後、昭和40年2月に同館でアンコール上映(三本立て)のほか、県内大映系列館をはじめ、格安料金の二番館であった秋田駅前「秋田テアトル」および、十人衆町(現・大町六丁目)「銀映座」でも再上映され市民の話題をあつめた。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 醤油の「田中屋」とライブハウス「田中屋」のこと


| 興行・見世物・映画 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT