FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

ケヤキ並木のレストラン・那波家水汲み場


08.07

那波家の水汲み場を見下ろし、ケヤキ並木がこんもりと茂る、秋田市大町二丁目橋のたもと、つい最近まで「秋田コミュニティFM」のスタジオだったガラス張りの建物を改装したレストラン。

建物の一角で営業していたレストラン「和我母」(わがママ)が、「秋田コミュニティFM」の移転にともない、スペースを広げて新規オープンしたもの。


06.11 水汲み場とケヤキ並木

川反の各町にあった水汲み場を「カド」といい、今も残る那波家専用のものは船着き場も兼ねた立派なもので、米、炭などの物資が陸あげされたとのこと。

もともと湿地帯であった久保田は良質な地下水に恵まれた場所が少なく、外町(とまち)の大半の家は旭川の清流を飲料水などの生活用水として頼ることを、明治四十年代に上水道が通じるまで続けた。


06.11 水汲み場とケヤキ並木

那波家が防火用に植栽した初代のケヤキは明治元年の火災で焼失、それが再び芽生え今に至るというから、樹齢は百四十年ほどになる。

昭和三十二年(1957)、対岸にあった秋田県庁の火災のとき、防火林は火の粉と熱風を見事に防いで、駆けつけた人々に感銘を与えたという。


04.06 土手長町通りから二丁目橋

レストランおよび隣接する小公園が完成する前、この地には那波家の土蔵が建ち並んでいた。山王大通り側から酒蔵、文庫倉、建築資材を収納した木蔵の土蔵三棟。この酒蔵を利用した思われる酒屋のことが昭和初期の新聞記事にみえる。那波酒造の清酒(秋田川・後に銀鱗)を飲ませたらしい。

昭和四十年代の山王大通り拡幅にともなう、二丁目橋の架け替え工事を前にして、老朽化した土蔵は撤去され、ケヤキの大木二本も切り倒される。

取り壊された土蔵跡地の一角に建てられたのが、アキタニューグランドホテル直営レストラン「ジャルダン」。


1972 新聞広告

「ジャルダン」が撤退したあと、貸事務所などを経て、平成十年(1998)「秋田コミュニティFM」開局、そして今年(2008)の六月、寺内三千刈に移転、その建物は再びレストランとなった。


08.07 二丁目橋及びケヤキ並木


大きな地図で見る

_________

関連記事

人徳の商家・那波家

川反情緒・風景を読む

共用栓のある風景・大町三丁目通り

皇室御用達の宿・アキタニューグランドホテル



| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

川岸のポプラ並木に火の見の櫓


通町橋から上流を望む・昭和三十九年頃

通町橋から旭川上流を眺めると、右手川岸にはポプラ並木がつづき、その後方には、秋田市教育委員会、秋田市消防本部など市の関連施設が並んでいた。

ひときわ高く眺めの良い消防の望楼(火の見櫓)は、写真撮影の絶好のポイントで、ここから撮影した外町(とまち)界隈の写真をよく見かける。

20070415214517.jpg
望楼から外町方面を望む

昭和三十年頃に出版された絵葉書から。例のように、この時代のカラー写真印刷は、白黒写真を製版段階で色分解(着色)したものなので色が不自然。

手前から通町橋、一丁目橋、二丁目橋。旭川東岸の土手はすでに消滅し、土手跡の一部に建物が建てられているのがみえる。

右手前に黄色い屋根の高砂堂。道路拡張により、店舗裏の工場の一部が削られ、店舗はセットバック保存された。

高砂堂の上方(南側)には、今も一部が残る旧野口酒造の蔵、さらにその南に、当時は高層ビルだった魁新報社がその威容を誇る。

かつては火事を発見する唯一の手段であった望楼も、電話の普及と高層ビルの増加による視界遮断により、秋田市では、昭和五十一年度を最後に望楼からの監視を廃止。

市役所とその関連施設が山王に移転したあと、消防本部跡地付近には「環境会館」「ホテルハワイ」がオープン。その頃はまだポプラ並木が残っていたが、護岸工事のときに消失した。

20070415214501.jpg
旧「ホテルはくと」

「ホテルハワイ」は「協働社」の手に渡り「ホテルはくと」と名を変え、その後、ふたたびの経営者の入れ替えを経て、現在に至る。

今年七月オープンの「ホテルはくと」新店も、シートが外され、外観があらわになった。

20070415214446.jpg
新「ホテルはくと」


大きな地図で見る
秋田消防署「望楼」跡


-----------

関連記事

「ホテルはくと」は「秋田のハワイ」だった
旧野口酒造酒蔵・通町
高砂堂・大正ロマンの町家
川反に土手があったころ
大町二丁目通り変遷
光と闇を結ぶ「通町橋」
橋のたもとの小便小僧・平和記念像

関連リンク

クルーザーバレー ホテルはくと

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反情緒・風景を読む


「秋田 川反ノ景」大正期の絵葉書

三丁目橋から四丁目橋方向を撮影したものと推定する。

右手の川反には二階建ての料理屋・芸妓置屋が並び、板と丸太の杭で土留めされた川岸には、「何をくよくよ川反柳」と唄われた、川反のシンボル・柳が枝を垂らし川面に影を落としている。

左手は旭川の堀替のときに出た土砂で造られた、松と桜が植えられた土手が続き、川岸には屋根付きの遊覧ボートらしきものが浮かんでいる。川反の酔客も芸妓を乗せて旭川に船を浮かべ川遊びをしたものだろうか。

20051117232239.jpg

料理屋の裏から、川に向かって階段があり、その先に浮かんだ筏に着物姿の女中らしき女性が乗っている。筏は流れないように階段と紐で結ばれているようだ。どうやらこの女性は、魚に麩のようなエサを撒いているようで、川面には波紋が広がっている。
その向こうにも川に降りるための段がいくつか見える。

その昔、旭川は清流で、明治四十年に上水道が通じるまで、その川水は飲用水だったが、水道完成後も、洗濯や洗い物など生活用水として使われたものだろう。

20051117232205.jpg
現在の四丁目川反

川の流れは変わらねど、川反情緒は何処へやら

関連記事
川反に土手があったころ

| 秋田市今昔 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻の仁別川の流れを辿る

佐竹氏転封以前、仁別川(旧旭川)の流れは、神明山(千秋公園台地)の西裾をすれすれに流れていた。手形鉄橋付近を起点とし、通町橋から五丁目橋までは直進する現在の旭川の一部は、堀替えによる人工の運河ということになる。

久保田城築城と同時に着工し、約十六年の歳月を要したといわれる、初代藩主佐竹義宣による旭川堀替の大工事は、仁別川の流れを堀替えて西方に移して現在の河道とし、川を境に西側を町人の町(外町・トマチ)、東側を侍の町(内町・ウチマチ)とした。

堀替で出た大量の土砂で、運河の東側(土手長町)に土手を築き防禦とし、東側に残った古川を整備して、久保田城を取り囲む外堀とした。堀替でできた運河もまた、土手を備えた外堀であった。

20051015160114.gif
仁別川(旧旭川)想像図

左端の手形鉄橋付近から、川反五丁目橋(横町橋)までのピンクでマーキングしたラインが、かつての仁別川(旧旭川)のおおよその流れ。「中島」という地名は、古川と新川の間にはさまれた「中ノ島」が由来。

20051015160059.gif
久保田城(千秋公園)西側・明治元年

水色が仁別川の流れを改修して造られた思われる堀。

20051015160034.jpg
穴門の堀・北端から南を望む

左に和洋高校、左手には古川堀反通り、正面に木内デパートとキャッスルホテルが並ぶ広小路。この堀が一ヶ所だけ今に残された仁別川の跡。

20050825230804.jpg
千秋公園外堀・明治末 クリックで拡大
古き仁別川を利用して造られた外堀

左手の堀が上の画像の「穴門の堀」、左寄りの土橋のあたりから左手を向き撮影している。その土橋から右手の堀は戦前から戦後にかけて埋立てられた。

20051015160003.jpg
上長町(古川町)・木内デパートの小路

仁別川の流れは広小路を横断して、木内デパートのあたりを南下していたため、古くは木内デパート西側から南に延びる通りに沿った町を古川町と呼んだ。

20051015155951.jpg
中央通り側から中長町、下長町(古川町)を望む

周辺はかつては中級武士の町、明治以降は開業医が多い静かな住宅街だったが、今ではマンションとホテルが立ち並ぶ町になった。

穴門の堀から古川町を南下した仁別川は、「旧あきたくらぶ」の敷地を通って五丁目橋付近に至り、現在の旭川に流れていたと推定される。

藩政期、「旧あきたくらぶ」の場所には藩営の米蔵があり、蔵の北側をとりまく堀は旭川に通じていた。この堀を「殻堀(からほり)」と称し、米は仙北方面から雄物川を舟で運ばれ、旭川に入り、殻堀の米蔵に荷を下ろした。この「殻堀」も仁別川を利用して造られたものとされている。

20051015155853.gif
水路・明治元年

赤色が藩営の米蔵があった場所。その北側(左)が殻堀(仁別川の名残)。
水色でマーキングした南北に延びる細い水路は、河道の切替え後、古川の一部を排水溝として残したものらしい。

20051015155810.jpg
「旧あきたくらぶ」日本庭園の池 明治期

旧ニューグランドホテルの方向から、川反方面(西側)を眺めている。
この大きな池こそが、藩営の米蔵の北側にあった殻堀の跡、つまり仁別川の名残だ。

20051015155741.gif
「旧あきたくらぶ」周辺地図 明治末期

大ざっぱな地図だが当時の池の大きさが想像できる。

この大きな池はニューグランドホテル建築の際に大幅に埋立てられ、わずかにその面影を残していたが、「あきたくらぶ」と「ニューグランドホイル」の倒産にともない、完全に消え、跡地はルートインジャパン経営のホテルと、温浴施設「華の湯」が建っている。

20051015155635.jpg
「旧あきたくらぶ」仁別川・名残の池

倒産して数ヶ月後の撮影、荒れ果てた庭園は、かつて名園と謳われた面影もない。

関連記事
今は幻の「殻堀橋」
公園外濠ノ景・風景を読む

| 秋田市今昔 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT