二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

ドデンしたエロポスター・秋田駅前大屋根下


2011.09

秋田駅西口、大屋根下、ニュー金座街ビル前、暖色のランプに照らされた可動式ボード(画像左下)に掲示された、もつ鍋屋の従業員の手によるものらしき、ハゲオヤジと水っぽい女が描かれた、妙な雰囲気の手描きポスターが、なんだか気になってデジカメに記録する。



画像をパソコンに取り込んで、よく見ると左下に・・・・・・



光り輝くチ×コが www

描き手がそれを意識しなくても、少し表現がダイレクトにすぎるが、これは一種の「サブリミナル広告」だ。

政治的メッセージや性的イメージを連想させる図形もしくは言葉を、印刷物や映像に忍ばせることで、見る者の潜在意識にはたらきかけて印象づけるとされるサブリミナル。

その効果が実証されているわけではない、いわば「都市伝説」に分類される現象ではあるが、サブリミナル効果を信じるクライアントの依頼を受けて制作したとしか思えない広告は少なくはない。以下の動画はその実例。


Subliminal Sex Messages and Pornography in Advertising and Cartoons

ニュー金座街ビル2F、 もつ鍋・牛タンの「どでん舌」は、増田町の日野精肉店が直営する居酒屋。おなじフロアにある「秋田牛玄亭」も系列店。

店名の由来は秋田方言の「ドデン(動転)した」=「驚いた・びっくりした」。

_________

2012.10 追記



_________

関連リンク

どでん舌 どでんした - 秋田/もつ鍋 [食べログ]
どでん舌/クーポンのホットペッパー
秋田牛玄亭 - グループ店舗一覧

サブリミナル効果 - Wikipedia

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 消える昭和・レストラン「ニューたけや」秋田駅前
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前に金座街復活?・旧ニューたけやビル
金座街 - 二〇世紀ひみつ基地内検索


| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こしゃるみへ・秋田方言看板


秋田市保戸野にて

「こしゃる」という方言は「こしらえる」=「つくる」が変化したことば。

「何こしゃでだ?」=「何をつくっているの?」、「こしゃでけれ」=「つくってちょうだい」とも使われる。

「つくる」よりも丁寧な印象を与える「こしらえる」には、「つくる」という意味のほかに、「ことばで相手をこちらの意のままにする」「言いくるめて納得させる」「だます」といった、「捏造」のニュアンスも含まれている。

「捏造」の「捏」は、わがままを言い、すねる子どもを表現する「だだをこねる」の「捏(こ)ねる」、「造」は文字通り「造る」こと。

「こねくりまわして、つくりあげる」=「捏造」=「事実でない事を事実のようにこしらえること」。

小説に代表されるフィクション作品などは、良い「こしらえごと」=「創作」といえようが、最近世間を騒がせる食品偽装をみるまでもなく、悪い「こしらえごと」=「捏造・偽造」の氾濫する世の中ではある。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田県アホ・バカ分布図

二〇世紀ひみつ基地 「たろんぺ」は由緒正しき方言

二〇世紀ひみつ基地 秋田名物「猿貝焼」のお話

二〇世紀ひみつ基地 ホジナシの語源を探る

二〇世紀ひみつ基地 二〇世紀ひみつ基地 クサレタマグラ・秋田方言

| 祭り・民俗・歳時記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お色気大作戦・超神ネイガーショー

ネイガーショーで唯一マイクを手に生声で演ずる(司会のトレビお姉さんを除いて)狂言回し役として、だじゃぐ組合班長のハン・カクサイ様の変わりに、同じく班長クラスの都会派・ゴンボホリー君が登場する機会が最近多い。

ホリー君の「東京帰りのキザな田舎者」という設定は面白く、その標準語による語りも以前よりは随分こなれてきたが、ハン様による秋田弁の達者なマイクパフォーマンスにくらべると、やはり歴然の差があり不満が残る。ネイガーではなく、ハン様の語り(騙り)を楽しみにしているハン様ファンは同じ思いでいるはず。

20070216130705.jpg
超神ネイガー ネイガーマイ ゴンボホリー
02.12 アルヴェ「国体プラザ」にて

右がカミキリムシをモデルにしたゴンボホリー。真ん中が今年からネイガーの仲間に加わったネイガーマイ(米)で、中の人は、秋田市出身の元女子プロレスラー・宮本晶(旧姓福岡)。晶と書いて「ひかり」と読む。

ゴンボホリーのネーミングは秋田方言で「酒に酔って管を巻く者。だだをこねる子供」を意味する「ごんぼほり」=「牛蒡掘り」から。細くて長い牛蒡を折らぬように掘るのは、手間がかかる厄介な仕事。管を巻いたり、黙々をこねるさまを、始末がおえず厄介で面倒な「牛蒡掘り」にたとえた方言。

どちらかといえば、ハン・カクサイ様のほうが「ごんぼほり」な性格で、ゴンボホリー君は「はんかくさい・半可臭い」=「中途半端」な感じ。そういえば、ネイガーのモデルである「ナマハゲ」が酔っぱらって管を巻く姿は「ごんぼほり」そのものだ。

20070216130647.jpg

こちらも最近登場した、だじゃぐ組合女性幹部・エラシグネ。イメージはツツガムシ。
「えらしぐね」は「憎たらしい」とか「癪に障る」というような意味合いの方言。

ネイガーは女に暴力は振るえないというポリシーから、もっぱらネイガーマイと闘うエラシグネ姐さんは、あきらかにオヤジ層の観客をターゲットとした女王様系キャラ。ツツガムシの胴体のようなヘアスタイル、黒いナイスバディに白ビキニがまぶしく、手足に抱きついている白いツツガムシが可愛らしい。

-----------

関連記事

チアーズとネイガーの日曜日
超神ネイガー&水木一郎ショー・アゴラ広場
ハン・カクサイの電波ダジャック!
竿燈マン現る・超神ネイガーショー

関連リンク

超神ネイガー公式ウェブサイト

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペコちゃんのつぶらな瞳に涙哉

「不二家」の今回の不祥事について、消費期限とか賞味期限の少しぐらいは切れたものでも平気で食べられるほうなので、始めは大げさに騒ぎすぎと感じていた。しかし責任をパート従業員におしつけたあげく、ほかの工場からも次から次へとボロがでて、もはや自主再建は困難との声もあるほどの取り返しのつかない事態におちいり、永年築き上げてきたブランドの信頼はもろくも崩壊してしまった。

「愛と誠心(まごころ)と感謝を込めて、お客様に愛される不二家になりましょう」という社是が、今となっては虚しい。

●不二家の歴史

「不二家」の歴史は、明治四十三年、横浜元町に藤井林右衛門が二十五歳で洋菓子店を開いたことに始まる。「不二家」の屋号は、藤井家の「藤」と万葉集に登場する「不二嶽」(富士山)にヒントを得て命名された。

林右衛門は洋菓子の最新技術視察のため渡米、帰国後、日本初の「天然果汁入りソーダ水」を目玉にした喫茶室をオープンさせ、大正十一年、日本初のショートケーキの販売を開始。

日本のどこにでもみられる、スポンジ生地で生クリームをはさみ、イチゴをトッピングしたショートケーキは、「不二家」が発明した日本独自の洋菓子。対して欧米でショートケーキといえば、「ショート(short)」という言葉が「さくさくする、ぼろぼろする」という意味合いであるように、パイやクッキー・ビスケットのような乾燥したお菓子なのである。

●ミルキーはママの味

子どものころは、 パラソルチョコや ルックチョコが好きだったが、「不二家」といえば、ママの味「ミルキー」の存在が大きい。

「母親を思わせるやさしく、どこか懐かしい、母親が安心して子供に与えられる味」。戦後の荒廃が残るなか、初代社長・藤井林右衛門は、そんな「ママの味」をキャッチフレーズにした新製品を模索していた。戦災で焼け残った一つのボイラーを使い、試行錯誤の末に完成したそれは、練乳をたっぷり使用したやさしくやわらかな味の贅沢なお菓子。

始め「ジョッキー」と命名されたものの、牛乳のイメージを生かすために「ミルキー」と変更し、昭和二十六年、不二家銀座店で一箱十円で発売を開始。栄養豊富で美味しく手頃な値段の「ミルキー」は、銀座店の大人気商品となり、翌年には全国の小売店に卸売りを始める。

「ミルキー」の販促キャラクターとして誕生し、「不二家」のシンボルとして愛されつづけた「ペコちゃん」は、戦前から社内に原案があり「ミルキー」が発売される前年には、すでに銀座店の店頭人形として登場したという。

20070127150131.jpg
撮影・田沼武能

ボロボロの服に裸足の少年が羨望のまなざしを送るのは、人形の手にぶら下げられた「ミルキー」のパッケージ。高度成長以前の東京に暮らす子どもたちを撮影しつづけた田沼の傑作である。

どう見ても「ペコちゃん」とは思えない、むしろ「クレヨンしんちゃん」のような面影の店頭人形は、紙の張り子で風が吹くとゆれ動き、荒天の日は店内に入れられた。

張り子の人形が作られたきっかけは、昭和二十五年に日劇ダンシングチームが公演した「真夏の夜の夢」のなかに、張り子の動物が登場するシーンがあり、それにヒントを得て「ペコちゃん」人形を日劇の大道具さん作ってもらったのが始まりという。三十五年には軟質プラスチックの素材で店頭人形が作られ、細かなデザインの変遷を経て現在に至る。

20070127150117.gif
初期パッケージと現在の「ペコちゃん」

樹脂製のカバーに入った黒目が動くパッケージがなつかしい。

昭和三十六年、「F」をデザインしたロゴマーク誕生。時代を経ても色褪せない秀逸なデザインを手がけたのは、米国タバコ 「ラッキーストライク」のパッケージや、シェル石油のマーク、日本では専売公社の「ピース」で有名な、伝説的な商業デザイナー、レイモンド・ローウィ(1893-1986)。

「F」には「不二家」のFのほかに、ファミリア、フラワー、ファンタジー、フレッシュ、ファンシーの五つの意味が含まれているのだが、ファミリア(家庭的=同族経営)とフレッシュ(ノンフレッシュ)というキーワードが今、皮肉に響く。

20070127150102.gif
昭和二十七年・新聞広告

●ペコちゃん・ポコちゃんは東北人?

「ペコちゃん」と、そのボーイフレンドとして昭和二十六年に誕生した「ポコちゃん」。二人の名前の由来は「ペコちゃん」が、方言として東北地方に多く分布する「ベコ」=「子牛」。「ポコちゃん」は室町時代の古語で「幼児」を表し、方言として残る「ボコ」を、それぞれ西洋風にアレンジしたもの。

「ペコちゃん、ポコちゃん」を秋田方言でいうと「ベゴちゃん、ボッコちゃん」。呼び名を変えただけで、都会の子どもが、一気に田舎のワラシ(童)に変身する。

「ベコ」=「牛」の語源は、その「ベー」という鳴声に基づくもので、「ベー」に指小辞(可憐・親愛の情をこめた接尾詞)の「コ」が付けられて「ベーコ」→「ベコ」と変化したものらしい。

東北地方では「ベコ」にさらに指小辞を加えた「ベゴッコ」という表現もあり「牛」を表すが、西日本に分布する「ベコ」は「子牛」に限定した言葉で、こちらは「べー」と鳴く「子」という意味で、その地方で成牛を意味する方言は「ベー」。

猫の「コッコ」、犬の「コッコ」などと、動物の子どもにも指小辞を付ける秋田方言の場合、「子牛」は「ベゴのコッコ」となる。「コッコ」は、小さき存在に対する情のこもった、なんとも可愛らしい方言である。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT