二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

新屋「大門商店」の廃業と鹿嶋祭り

2018年8月31日、秋田市新屋表町の「大門商店」が店を閉じた。新屋のメインストリートで、野菜・果物を中心に、缶詰めなどの食料品から生活用品まで扱った店。

昭和の時代にはどこの町内にもあった、この手の個人商店も、生活環境の変化、経営者の高齢化を理由に店を畳むケースが跡を絶たず、もはや絶滅危惧物件。

「大門商店」の御主人は秋田市広小路の「木内デパート」に30年近く勤務して、名物社長・木内トモさん(文末に関連記事へのリンクあり)の薫陶を受けた世代。昭和40年代に家業を継ぐと、「木内」で学んだ顧客本位の教えを基に、接客と経営の改善に努め、利用者の信頼を集めた。

新屋・大門商店
▲大門商店 2004.06

「大門商店」では、毎年5月から6月にかけて、他の店では見られない、ある珍しい物が売られていた。それは新屋の初夏の風物詩、鹿嶋祭りに使われる鹿嶋人形の頭(かしら)。

店頭に「鹿嶋人形の頭あります」「笹巻きあります」の紙が貼り出されると、祭りが近いことを実感した。笹巻きもまた鹿嶋祭りに不可欠な伝統食で、鹿嶋人形の首にもぶら下げられる。

新屋・鹿嶋祭り
▲秋田市新屋・鹿嶋祭り 鹿嶋人形と笹巻き 2006.06

新屋・鹿嶋祭り
▲秋田市新屋・鹿嶋祭り 2006.06

| 祭り・民俗・歳時記 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

井戸替えの水神さまと七夕と


新屋の湧水

かつては五百カ所を越える共同湧水と井戸が存在したという秋田市新屋の湧水。その湧水もいまは数えるほどで、飲料に適した水も少なくなった。

月遅れの七夕である八月七日は「井戸替え」の日。この日は井戸や湧水の水を抜き、きれいに掃除したあと、新屋日吉神社の神官が新調した「水神御幣」を水口に祀(まつ)り、一年のあいだ水が涸れることのないようにと水神さまに祈願した。


新屋の水神御幣


新屋の水神御幣

「井戸浚(さら)え」とも称した「井戸替え」は、水による禊祓(みそぎ・はらえ)にまつわる、盂蘭盆ともつながる七夕行事のひとつで、新屋の「水神御幣」に使われる五色の紙は、七夕に願い事をしたためて笹竹に飾り、翌日の早朝に穢(けが)れとともに川に流す「五色の短冊」に通じる。

土崎港で旧暦七月七日に行われた、大正時代の七夕のようすを伝える記事がある。
井戸さらえを一般に行われ、又桐の葉に七夕、天の川と書して河流に泛(うか)べ、婦人は早暁河水で髪を洗う習慣もあるため、雄物川畔は大した賑かさを呈したりき
大正六年『秋田魁新報』より
このように、年に一度井戸を清掃する「井戸さらえ」つまり「井戸替え」は七夕の行事として一般に定着していた。五色の短冊のかわりに、桐の葉に文字を書いて川に流すのが面白い。婦人が川で髪を洗うのは禊祓(みそぎ・はらえ)であり、男たちは川水を浴びて身を清めたものだろう。

昭和に入って新屋に新河口が開かれて以降、往時は七夕の行事で賑わいをみせた、土崎港に注ぐ雄物川旧河口は大きく姿を変えた。

月遅れの七夕が行われる八月は稲の成長期であり、その生長に欠かせない降雨を願う「水神祭」が執り行われた時期ともかさなり、「七夕の日は雨が降る」または「七夕の日に雨が降ると良い」「七夕の日に雨が降ると疫病が発生しない」などと言い伝えられてきた。

中国の伝説では、天の川の両岸にある牽牛星と織女星とが年に一度のランデブーをする日として、アジア各地では七夕に雨の降ることを嫌うが、日本においては、七夕の雨は穢(けが)れを祓(はら)い、農作物や稲を育てる恵みの水として歓迎されてきた。

日本の七夕行事は、大陸から「星祭」としての七夕(しちせき)の風習が伝わり、それが民間に浸透する以前の、農耕儀礼的な「水神祭」の旧態を色濃く残している。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 草市・馬口労町

二〇世紀ひみつ基地 七夕と御盆

二〇世紀ひみつ基地 ハロウィンと七夕・御盆

二〇世紀ひみつ基地 大門の玉椿あり黄金谷・新屋名物

盂蘭盆(ひみつ基地内タグ検索)

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大門の玉椿あり黄金谷・新屋名物

●黄金谷という伝説の地名

旧街道沿いに位置する秋田市新屋表町、惜しくも廃業した「黄金井酒造」周辺の旧地名を「黄金谷(こがねだに)」という。その地名は、蝦夷掃討のため新屋に立ち寄った坂上田村麻呂が、持参した黄金をこの地に埋めたという伝説をもとに命名したとされ、「黄金井酒造」の店名もこの地名にあやかったものであった。

旧「黄金谷」の周辺は醸造に適した良質な地下水が豊富に湧き、古くからそれを利用した醸造業者が集中し今も残る地域。

新屋の「黄金谷」とおなじく豊富な水が湧き、地名に「こがね」を冠した、東京「小金井」の地名起源について、Wikipedia に「「はけ」に沿って黄金(こがね)に値する豊富な湧水があるのを「黄金の井」や「こがね井」と称した」とある。

「はけ」というのは「段丘から清水が沸き出す地形」のことらしく、これは「水捌(は)け」の「はけ」=「とどこおらずに流れるさま」を語源としているとも考えられるが、それが新屋の地形と一致するのは偶然の一致とは思えない。

水道の無かった昔から、町民の日常生活と地場産業を支え繁栄をもたらした、渇水期でも絶えることのない豊富な湧水が、いかに貴重なものであったかを考えれば、新屋の「黄金谷」もまた「黄金に値する豊富な湧水の地」を意味した地名と解釈するほうが妥当ではないだろうか。


●大門の玉椿と椿印醤油

明治から大正期に出版された案内記に、河辺郡新屋町の名物として「大門の玉椿」の名が散見する。


明治四十年『秋田繁栄誌』より


大正四年『秋田興業銘鑑』より
▲大門の玉椿 町の中央に県内に有名なる椿の大木あり。大門彦右衛門氏の椿にして梵天の如く繁茂せる玉椿の古樹あり。この玉椿は二百余年を経たる稀代の珍木として知らる。同家は加賀より移住せる古き家系を有し古来酢、醤油醸造業にして名木の名を採り醤油の名称を椿印として各官衛に納め遠く北海道に販路を有し博覧会品評会等に於いて受賞する事十数回に及び酢は祖先累代の業にして家伝を得たるものなりと。
大正四年『秋田興業銘鑑』より
黄金谷(現・新屋表町)の「黄金井酒造」斜め向かいに店を構える、大門彦右衛門家の庭から道路をおおう丸い樹冠を張りだし、「椿印」ブランドの由来になった直径約60センチの名木「大門の玉椿」。通行人の雨宿りの傘となり、日陰に馬を休めたその名木は、昭和25年頃、樹齢約300年を迎えた冬、降り積もった濡れ雪の重みに絶えきらず倒壊する。


新屋表町「大彦商店」玉椿の跡

玄関に「ツバキ醤油」「山吹酢の素」のホーロー看板。その向こうにある玉椿は、枯れ死んでしまった玉椿を偲び、跡地に植えたものという。


大きな地図で見る

ここでいうタマツバキ(玉椿)は、ニシキギ科の常緑低木であるマサキ(正木・柾)のことで、タマツバキはその地方名(方言)。

常緑で光沢のある卵形の厚い葉はツバキに似て、刈り込みに強いことから庭木や生垣に用いられる。夏に開花する薄緑色の花は小さくて地味だが、晩秋から冬にかけて熟し、はぜた実の明るい朱色が白い雪と対比して印象深く、こんもりとやわらかな雪が積もった日、マサキの葉を耳に、朱い実を眼にして「雪うさぎ」をつくって遊んだことが思い出される。


マサキ - Wikipediaより

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新屋鹿嶋祭りのあと・浜辺にて



祭りのあと、雄物川河口近くの浜辺に流れ着いた、人々のツミケガレを背負わせて川に流した鹿嶋人形の断片。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 初夏の風物詩・鹿嶋流し
二〇世紀ひみつ基地 川尻の鹿嶋祭り
二〇世紀ひみつ基地 楢山御船町の鹿嶋祭り
二〇世紀ひみつ基地 画伯は鹿嶋神社の生き神様・楢山御船町

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT