FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

秋田市上肴町・魚市場


上肴町・魚市場 大正末頃

通町と上肴町界隈は秋田市の商業の中心地であった。通町側から今の「仏壇の升谷」のあたりまで魚問屋が両側に並び、店の前面にはアーケードの様に、コミセ(ヒサシ)が設置され、日差しや雨雪を防いでいる。



上肴町の米屋に明治二十八年に生まれ、幼少期を過ごした文化人・鷲尾よし子は、幼いころの記憶を書き残している。

馬から降ろされた大籠(十貫も入る長方形)から、貝焼皿で五匹づゝ計られるブリコハタハタがベロベロすべって藁包に入れられる。
「高げアなァ」
「ふん高げアがら、さらげ(やめれ)男鹿コの初物だでア、サアさらぐが、さらがねが(止めるか止めないか)・・・エエひまづれだでアこのアバ」
と魚売りオドは、あわや鰰をカゴにもどそうとする。
「せエば買ウでア」とアバ
……中略……
大籠のそばには雪の上にゴロゴロと転がされた鰰やサメ、台の上には鮭や鯛ひらめが、グズやチカなどを家来のようにして豪華に並んでいた。そこへ「よれよれ」と大声で馬が来る。魚が降ろされる。売る者買う人、どやどやと右往左往、雪の路上で、「高い」「負けれ」と、けんけんごうごう、時の声を作って騒ぐのだった。
男鹿、土崎方面から、或は新屋方面から海の魚、潟の魚が全部此処に出荷されて食い道楽の秋田市の民の魚は上肴町朝市でさばかれるのである。

雑誌「秋田」(鷲尾よし子主筆)より

「やめる、終わりにする」を意味する「さらぐ」は八郎潟あたりの方言。「グズ」は「グンジ」=「ハゼ」。

鮮魚は男鹿・土崎・新屋方面から馬に積まれて、この町で降ろされた。土崎港からの遠洋もの、汽車や自動車で近海ものなども入り、未明からの卸売りが済めば小売もし、昼前まで賑わった。

20041223140721.jpg
現在の同地点、通町から大町一・二丁目を望む

上肴町は、土崎湊にあった肴町の魚商人が、佐竹氏の時代になって移住した町。土崎は他国からの移住者が多く、生まれ故郷を偲び、出身地名を冠した酒田町、加賀町などという町名が残り、山口屋、丹波、讃岐屋、播磨屋、対馬などの屋号・姓も多い。このような地名を起源にした姓は、土崎だけでも七十種といわれる。

また、織田信長から弾圧された一向宗の信徒が逃亡して、土崎に定住したケースがあり、北陸系の加賀屋、能登屋、越後屋、金沢、越中などの屋号・姓には今も一向宗が多い。

20041223140630.jpg
加賀喜商店
左に通町、向かいが「せきや」

加賀喜商店は安政年間の創業という。木製文字の金網看板は通町拡張以前からのもの。昭和五十年、外旭川に市中央卸売市場ができるまで、十軒ほどの魚問屋が軒を並べ賑やかだった上肴町も、今では加賀喜商店だけになった。


大きな地図で見る
旧・上肴町

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 肴町に魚屋はなく年の暮れ

| 秋田市今昔 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒天・市民市場

20050106214433.jpg

秋田市民市場、総菜の「川和田商店」の寒天。

おせち料理にはかかせない寒天料理。
母親の造る寒天は、醤油と椎茸を使い、とき卵を加えたものだった。

| 食材・食文化 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歳末の秋田市民市場

20050101212857.jpg

混雑する市場にて、旅行者とおぼしき若い外国人カップルが、真赤な酢蛸の前でしばらく佇み眺めていた。カルチャーショックを受けたに違いない。

20050101212910.jpg

| 食材・食文化 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歳の市・正月花

20041231004453.jpg
秋田市民市場周辺

今でこそ、しめ飾りをはじめとする正月の飾り物しか扱わない歳末の歳(とし)の市も、かつては様々な生活用品が並べられていた。

人生の大半を旅に生き、晩年の二十八年間、秋田に定着し膨大な紀行文を残した、日本民俗学の先駆者・菅江真澄は、享和元年(1801)の日記、『雪の道奥(みちおく)雪の出羽路(いでわじ)』で、久保田町(秋田市)通町での、歳の市の活気あふれる様子をリアルに描写している。

十二月二十九日 家々の軒先に借り家を並べて売っているのは、なのりそ(ほんだわら)、あらめ、芹、青菜、いも百合、すじこ、たかねこ、さけのおほにへ(塩引き)、鱒の新巻、ごぼう、にんじん、ねぎ、大根。
「つかーふなふな」という声はチカと鮒を売る。

あぶりこ、火箸、高坏(たかつき)、くぼつき、折敷(おしき)、みかけばん(高足膳)、鍋、皿、瓶子などの陶器。イカ(凧)、鶯笛、桶、タライ。

「若水桶はどうかね。雪舟木(そりぎ)雪舟木、そりの爪。しんべ、ごんべのわらの雪ぐつ。ぞうりぞうり、あとがけ、乳小(ちご)ぞうり」

「挿し櫛、かんざし、こうがい(整髪道具)、針や南京(太糸で厚地に織った平織りの綿布)、みすやはり(みすやブランドの針)、白い物(おしろい)、べに(口紅・頬紅)や、みやこ(都)の」

「ぶりこ、ひろめ、からすみ、うたあわび、ノリよ、くろのり、ふくろのり、籠行灯(かごあんどん)、むしろ」

「松よ、小松よ、姫小松、霜降り(霜降り松)、五葉(五葉松)、ゆづり葉、炭、柿、かやのみ、くねみ、栗、ゆず、みかん、ほんだわら、ことのばら(ごまめ)」

雪を土手のようにつき固めて、その上に紅葉したカエデ、ハゼノキ、コナラ、山橘、白ヨモギ、シノブ、カヤの葉、ハマゴウ、アスナロ、ツルウメモドキ、アオキバなど、一年間の草木の造花。中には雪の降る今の野山の草木も混ざっている。
「たぶさにけがれたるは、ふりかかる雪にきよまはりて奉る。めせめせ三世の仏の花を(手でけがれたのは、降りかかる白い雪で清めてください。買ってください。過去・現在・未来の諸仏にささげる花を)」といいながら、雪の上に木枝を折っては散らしている。

以上、現代語訳したものをアレンジしてある。「」は売り声。

食料品、雑貨、化粧品、正月の飾り物、凧などのおもちゃまで、バラエティに富んだ品ぞろえ。売り声の言葉も美しい。この当時の歳の市は、まず、十二月十三日を初市として一日市を開き、二十日から三十日までは毎日開かれたようだ。

真澄が記したもので、今も歳の市に残っているのが「正月花」と呼ばれる造花(ドライフラワー)。

20041231004517.jpg

30cmほどのタラの木を台木として、五葉松・浜ガキ・樅(もみ)・ウメモドキ・浜ヨモギなどの枝を交互に差し込み、一本の花を咲かせたようにしたもので、神棚、仏壇、床の間に供える。

20041231004530.jpg
浜ヨモギ(白)、サルトリイバラ・浜ガキ(赤)、かさかさ花(紫)、ユズリハ・五葉松(緑)

20041231004542.jpg
勝平得之「造花」(部分)昭和十二年

冬季間は生花などほとんど無かった時代、冷たいモノトーンの雪景色に彩りを添える色とりどりの造花たちは、現代よりもなお一層の輝きを放っていたことだろう。

| 祭り・民俗・歳時記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |