二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

鰰の喰い飽き足りて猫の餌



ハタハタで育った秋田の子どもたち

ハタハタが年間1万トンから2万トンも捕れた昭和30年代後半から40年代にかけて、季節ハタハタの時期になると連日、ハタハタの木箱を満載した浜直送のトラックが何台も、スピーカーから北島三郎や都はるみの演歌を流しながら秋田市内に行商にやって来た。

最初は一箱数百円ほどの値も、捕れすぎると数十円という捨て値でさばかれるようになる。白子ハタハタで一箱30円という下値を記憶している。塩焼きに煮付け、ショッツル貝焼、白子鍋など、連日のハタハタづくしの食卓に食傷気味になると、もうその顔も見たくなくなり、あまったものは麹漬けや鮨漬けの保存食にした。

昭和50年代末から急激に漁獲量が落ち込み、数年間の自主禁漁を決行するにおよんで、大衆魚から一躍高級魚となったとき、ハタハタをあきるほど食べられたあの頃が、とても贅沢な時代であったことを痛感し、激しいハタハタ禁断症状におちいるのであった。
 雪がつもりはじめる頃になると、土崎港にちかい新屋浜のあたりから、魚屋の小母さんが魚をかついで売りに来た。冬ごもりの食糧に、鰰という小魚を大量に買い込んで、それを木の樽に何本も漬け込む。塩漬、ぬか漬、麹漬、鮨など。その魚屋の小母さんが私を可愛がってくれた。‥‥後略‥‥
石川達三『私ひとりの私』昭和四十年・文藝春秋社 より
幼少期の石川達三が秋田市楢山裏町に住んだのは、明治末から大正のはじめにかけて。その頃の漁獲量は現在とさして変わらない。

大正6年の魁新報に、ハタハタの豊漁が原因で列車のダイヤが大幅に乱れたという記事がある。
◎鰰汽車を遲らす
◆船川線各驛の大混雜

去る六日七日にかけて男鹿の北浦南磯とも鰰の大漁なりしが是れが郡部へ輸送積込みの爲め船川線羽立船越兩驛は大混雜を來たし爲めに貨物列車はもとより各列車とも多少の遲發を免れざる状態なりしが豐漁ありし翌八日九日の如きは天氣良かりしより海陸とも輸送大いにはかどり爲めに兩驛は人馬の往來甚だしくて一層雜踏し遂に船川發秋田驛終着列車は定時より二時間程も遲れ爲めに惹ゐて秋田驛午後九時發終列車の如きは同驛發午後十二時發下り直行が出でても尚發車し得ざるのみか夫れより尚且つ三時間遲れて漸く發車したりと云う又羽立驛は南磯は云う迄も無く北浦方面よりも積込輻輳する爲め隨つて輸送捗々(はかばか)しからざるより其後遠囘りなれど北浦方面よりの鰰は船越驛まで車馬を以て運搬し同驛より輸送しつゝあれり
大正六年十二月十二日付『秋田魁新報』より
ハタハタの遠距離輸送に貨物列車が利用される以前、男鹿から秋田市の魚市場までハタハタを運んだのは、男鹿近郷の農家が飼っていた農耕馬。藁ムシロを二つ折りにして作った袋状の叺(カマス)にハタハタを詰め、馬の背に左右に振り分けて運搬した。

馬一頭に積める単位が「一駄」、荷物を積んで運ぶ馬のことを「駄馬」、駄馬に乗せて運ぶ荷物を「駄荷」、そして駄荷の運賃を「駄賃」という。これが子どもにご褒美として与える「お駄賃」の語源。季節ハタハタの時期、農閑期の近郊農家は絶好の駄賃稼ぎができた。

男鹿から秋田市まで駄馬を曳いて、ときには地吹雪の夜道を夜通し歩きつづける仕事のつらさは想像を絶するものがあるが、連れ立つ仲間たちと眠気覚ましに歌を唄い交わしたりしながら(民謡の馬子唄・馬方節はもともと駄馬で荷物を運ぶ際の作業歌)歩きつづけ、翌日の未明に秋田の魚市場に到着する。
秋田百点走馬燈 鷲尾よし子

上肴町今昔
‥‥前略‥‥
 上肴町も、年中、未明から魚で賑わった。冬のハタハタは男鹿あたりから、夜通しで来る馬に積まれてこの町におろされると、両側の往来に戸板が布かれて小売りで賑わった。あられのふる下で貝焼皿に五匹づつ入れられたハタハタは、
 ヒトウロウロ、フタァラァラ
と一種独特の節で元気よく勘定され、わらづとに入れられて、外町のおがはんや内町の御新造さん達の、あけびづるで編まれたコダシコに入れられる。‥‥後略‥‥
昭和34年発行『秋田百点』より

秋田市上肴町(現・大町一丁目)・魚市場 大正末頃
はたはたのうた 室生犀星

はたはたといふさかな、
うすべにいろのはたはた、
はたはたがとれる日は
はたはた雲といふ雲があらはれる。
はたはたやいてたべるのは
北国のこどものごちそうなり。
はたはたみれば
母をおもふも
冬のならひなり。

室生犀星『動物詩集』昭和18年 より
「ふるさとは遠きにありて思ふものそして悲しくうたふもの・・・」と詠んだ室生犀星のふるさとは、ハタハタの捕れる日本海に面した金沢市。犀星の「はたはたのうた」に、おなじくハタハタを食べて育った、八竜生まれの友川カズキが曲をつけて唄ったものが、この6月にリリースされたアルバム『イナカ者のカラ元気』に収録されている。静かにささやくように繰り返される「ハタハタ・ハタハタ・・・」のフレーズが耳の奥に残る名演だ。


_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 上肴町・魚市場
二〇世紀ひみつ基地 塩田から風力発電まで・新屋浜変遷


| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

塩田から風力発電まで・新屋浜変遷



09.12

季節ハタハタの獲れる時期となった12月初旬、旧下肴町(しもさかなまち・現大町五丁目)に店を構えるカニ屋の店頭に積まれていた北浦産ハタハタの魚箱。


●漁場でありレジャースポットだった新屋浜

大正3年の新聞に、秋田市の新屋浜でハタハタの大漁があり、上肴町および下肴町の魚市場がにぎわいをみせたとの記事がある。
◎鰰大漁
一昨日より昨朝にかけ新屋濱にて近年珍しき大漁ありて濱相場は一駄二千五百尾にて一圓三十錢位なりしが市内行商相場は十錢に七十尾以上にして上下肴町には山の如く入荷ありて付近村落より買ひ手も群集し雜踏を極めつつあり
大正三年十二月十三日付『秋田魁新報』より
当時はまだ木箱ではなく、藁ムシロを二つ折りにして作った叺(カマス)という袋に魚を詰め、馬に背負わせて運搬した。「一駄二千五百尾」の「駄」という単位は「馬一頭に積める重量」のこと。

古くは百三段(ももさだ)海岸と呼ばれた、砂丘と松原がどこまでもつづき、遠く男鹿島や鳥海山を望む新屋浜は、遠浅で波おだやかな海水浴場と、捕れたての鮮魚・地物のキノコなどで客をもてなす海水館が建ちならぶ、年間約15万人をあつめる明治末期からのレジャースポットであった。
 ■海! 露葉
 ▲新屋濱の落日を俯瞰しつゝ
▲ あゝ海!水や空なる際涯(はて)なき日本海の波浪(なみ)打つ磯に立つて、落日の紅(あか)き紅き光線(ひかり)を浴びつゝ潮風に吹かれた涼味!呼べば答へん男鹿山の投嶋田に一抹の白雲を帶にした鳥海のお紺さん!日の半(なかば)沒した地平線の上數尺の黄橙色(だいだいいろ)、海は愈々紫色に化してヴエナス女神は西の方爛たる唯一つの星と晃(きら)めき出た、僕は今夜は此の工藤海水館の樓上で鹽燒の小鯛と鯖と初茸とを飽くまで食ひながら泊まるのです。
大正三年『秋田魁新報』より
新屋濱=勝平山後日本海に面せし大濱にして秋田市より僅かに一里、海水館軒を竝べて夏時遊浴の客を待ち、海よりは鰈、小鯛、甘鯛、アラ、金頭、飯蛸、鰮(イワシ)、鰰等を産す。殊に秋季の鰮は大漁にして、鰮網を遊覽する士女の日々萬を以て數ふべし。
明治四十年『秋田繁栄誌』より



明治四十年『秋田繁栄誌』より


●新屋はショッツルの本場

新屋浜周辺は古くから塩田の広がる塩の産地。その塩を使って大量に獲れたハタハタやイワシを塩漬けにし、仙北方面に川舟で運んで売っていた。あまった塩漬けの魚を桶に保存しておいたところ自然醗酵し偶然できた魚醤がショッツルだという。

佐竹の殿さまは新屋の大門助右衛門家に命じてショッツルを醸造させたといい、明治時代まで唄われていたという次のような古謡が伝えられている。
新屋の大門 塩辛(しょがら)の手
その手で お釈迦さんに 団子あげだ
お釈迦さん くせぇどって(臭いと)鼻まげだ(曲げた)
将軍家では年の初めに、鶴の肉を使った当時の最高級料理「鶴の吸物」で饗応する習わしがあり、佐竹の殿さまもそれにならって正月には「鶴の吸物」と称して、ショッツル(鶴)の吸い物を出したのだそうだ。



大正7年の新屋のショッツル生産量は170石(30,670リットル)。大東亜戦争中に大豆や小麦が入手困難となり、醤油が生産できなかった時代は代用醤油として重宝された。今もただ一軒、新屋でショッツルを製造している仙葉善治商店(亀甲善・キッコーゼン)は大正はじめからの味噌醤油醸造元で、ショッツルに関しては昭和10年から製造を開始している。


●山が割れて「割山」となり、たそがれる新屋浜

昭和13年、新屋浜の様相が一転する。この年、22年間にわたる大工事を経て、浜を分断する雄物川放水路が完工。この改修工事により雄物川下流域の洪水被害は激減したが、新屋浜が河口となったことにより、土砂の堆積、ゴミの漂着、海流と水質の変化などの影響を受け、新屋の漁業は衰退の道をたどりはじめ、昭和13年に操業を始めた「東北振興パルプ」のちの「東北パルプ」の廃水が海水の汚染に拍車をかけた。

放水路のため丘陵が二つに割られたことから、その地区に「割山」の地名が与えられ、海流と景観が変わり、魅力を失った海水浴場からやがて海水館は消え海水浴客は激減。


雄物川河川改修図


●飛行機見物でにぎわった昭和30年代

昭和27年、新屋浜の北側に市営新屋海水浴場が新設される。
新屋海水浴場開き
◇アトラクションきまる


新屋浜放水口の北側に新設された新屋海水浴場は市営直営で開設、二十日(日曜)賑々しくそのふた開けを行うが、秋田放送局、市観光協会、新屋海水浴場協力会並に木内百貨店の後援で当日呼物のアトラクションのスケジュールも次の如くきまって、市民のおいでを待っている。

午後一時開始(1)歌の花束(秋田放送局提供)(2)海水着ショー(木内百貨店提供)(3)三つの歌(秋田放送局提供)(4)ミス観光秋田のラッキーカード撒布などである。
市では脱衣所、監視哨、飛込台、洗面所、浮標、夜間電灯などの設備も完成し、市営バスは新設の道路を期間中毎日朝八時から夕八時まで三十分おきに直通の見込み。
昭和27年7月『広報あきた』No.21より
「秋田放送局」とは NHK のこと、「ラジオ東北」のちの「秋田放送」は翌28年の開局。

昭和36年9月、市営新屋海水浴場の間近に秋田空港が開港、それにともない約9年間つづいた市営新屋海水浴場は閉鎖。

秋田から東京までの所要時間2時間、航空運賃は5.800円(公務員の初任給11.000円ほどの時代)と庶民には高嶺の花で、一日の平均塔搭乗数20人と少なかったが、開港からしばらくはバスに乗って一日2.500人ほどの見物客が訪れた。



県広報誌『あきた』昭和37年7月号より

ターミナル前で飛行機を見物する人々と、秋田と羽田を結ぶ全日空のターボプロップ双発旅客機・フォッカー F27「フレンドシップ」定員40人。左手に小さく海洋掘削装置「白竜号」がみえる。



今も残る旧秋田空港の滑走路。開港当所は1.200メートル、その後、中型旅客機に対応するため1.620メートルに延長したが、大型機の滑走には距離が短く、日本海に滑走路をつき出して延長する案もあったが、強い海風の影響で欠航する確率が高い、空港には適さない場所だったこともあって、昭和56年に河辺郡雄和町に移転。その後、旧空港の建物を利用してクレー射撃場が運営されたこともあった。

現在、旧空港周辺には風力発電の巨大な風車が海風を受けてそそり立ち、放水路で分断された対岸(南側)の浜辺は「新屋海浜公園」と命名され、その一角にぽつねんと、“昔のにぎわいにカエル”ことを願って設置されたモニュメント「ももさだカエル」の、天に向かって両手を上げたユーモラスな姿が公園の珍名物となっている。(下記関連リンク参照のこと)


新屋海浜公園より対岸の風力発電風車を望む


新屋海浜公園より男鹿半島を望む

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 上肴町・魚市場

関連リンク

秋田県・旧秋田空港跡地: 空港探索:So-netブログ

秋田新屋ウィンドファーム | 発電所 | エコ・パワー株式会社 EcoPower Co.,Ltd.

ももさだカエル(秋田県秋田市)滑稽トラベル案内
筋肉質でグリコポーズ、「ももさだカエル」ってナニ? (Excite Bit コネタ) | エキサイトニュース

| 秋田市今昔 | 23:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消える昭和・木内デパートの生ジュース


03.09 木内・仲小路側入口

木内デパートの一階奥(仲小路側)は食品売場で、テナントとして地元の有力店のほかに、新宿中村屋、クッキーで有名な泉屋東京、カステラの文明堂、東京榮太楼総本舗などの有名菓子店や、福神漬の酒悦、海苔の山本山などの老舗も入っていて、贈答品を買い求める客などで、いつもにぎわっていた。

その一角にあって、フレッシュな生ジュースを提供する、ジューススタンドのことを覚えている方も多いと思う。

それまで木内で果物をあつかっていた瀬田川果物店が、昭和四十年(1965)に始めた生ジュースは、当時東京で人気だった生ジュース店を視察し、試行錯誤をかさねたうえでの誕生だったという。当初はパイン、イチゴ、メロンの三種類で、一杯五十円。

ラーメン一杯が五十円ほどの時代だから、そんなに気軽に飲める値段ではないが、人工着色料に人工甘味料と香料でできた粉末ジュースや、それと大差ない自販機のジュースなどが主流だった時代、完熟の果物をジューサーでしぼり出した、本物の生ジュースの美味しさは格別のもので、おそらくは秋田初の本格的生ジューススタンドだったと思われる店頭には行列ができ、終日客足の絶えることがなかった。

最盛期には一日に五千杯も作ったというが、「木内デパートで飲む生ジュース」というブランドイメージもまた、人気の一端を担っていたに違いない。

秋田を代表するデパートとして活気に満ちていた木内も、中心街区商店街の衰退により、売り場面積の縮小を余儀なくされ、平成四年(1992)には食料品売り場を廃止、ジューススタンドは市民市場の果物店のなかに移転することとなる。

20070407214902.jpg
04.10 デザートショップせたがわ・秋田市民市場

市民市場のスタンドのジューサーは木内時代のもので、生ジュースのほかに、そば、うどん、コーヒーにソフトクリーム、夏はかき氷、寒冷期は大判焼きもメニューに加わり、木内時代をなつかしむ人たちも立ち寄る、なかなかの人気店だったが、先日、「3月31日をもって閉店いたしました」との張り紙をのこして、惜しくも店を閉じてしまった。

20070407214840.jpg

-----------

関連記事

噴水ジュースがあった時代
木内のおばあちゃん社長
子供の日、金魚貰いに木内へ

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田市通町・青物市場

羽州街道筋にあり、城下と近郊農村を結ぶ商業のメインストリートであった通町は、早い時期から自然発生的に市が開かれていたというが、文久四年(1864)、上通町、中通町、大工町の三町(現在の通町)が朝市の家督を認められ、名実ともに市の街となって以来、連日、青物市場が開かれ賑わっていた。

未明から正午まで、近郊の農家や土崎湊から、野菜・果物・薪・柴などが集まり、路上にムシロを広げて商いをする。雨の日や冬期は、商店の軒下の土間(コミセ)を借りて雨風をしのいだ。

20050921233043.jpg
FAMOUS PLACES AKITA 秋田市通町市場
大正末ころの絵葉書

撮影場所は佐野薬局前、頬被りのおばちゃんたちは今日の商いを終え後片づけ中のようだ。ということは正午近く。

「FAMOUS PLACES AKITA」は「秋田名所」の意訳。戦前の風景絵葉書のタイトルは「○○名所」と冠するのが慣例だった。「○○名所」という呼び方は、江戸時代の挿絵・浮世絵に始まり、明治の錦絵へと続いた伝統で、日本では明治後期に誕生した絵葉書もまた、錦絵の流れを継ぐビジュアルメディアといえる。

20050921233024.jpg
中央部拡大

歩道と車道の区別などない通りを闊歩するカンカン帽に前掛け姿の男。その後ろに、高学年ほどの女の子三人が、風呂敷包みを手に顔を見合わせ語らいながら歩いている。

通町の突当りの新大工町(保戸野鉄砲町)には電気軌道株式会社の建物がかすかに見える。ここには秋田市と土崎(この当時はまだ秋田市に編入されてない)を結ぶ路面電車の乗り場があった。そのため通町は停留所前のメインストリートとして、土崎方面からの客も集め、多いに賑わうことになる。

20050921233007.jpg
佐野薬局前

木製車輪の大八車には、木箱や大きな籠が載せられている。まだ日の昇らないうちから昨日採った野菜を大八車に載せ、舗装もされていない長距離の道を曳いてくるのは相当の重労働だったはず。日本でリヤカーが誕生したのが大正十年ころ、それが地方まで普及するのは大正末から昭和初期ではなかったろうか。

商店の前をこんなにも占拠してしまう市は、商売の邪魔だったのではないかと心配になるが、それが杞憂であることを、昭和五十七年、佐野薬局の九十歳になるおばあさんが証言している。

……前略……
家の前は、在郷のおがあちゃん方の市場でした。朝五時ころからムシロ敷いて物売りに来たもんです。太平とか仁井田とかから野菜売りに来るわけ。朝まに「おがはん、今日もお世話になるよ」なんて、毎日のことだから親しくなって、「はい、おばあちゃん、これあがってけれ」と、昔は青物なんてお金出して買ったことはなかった。
……後略……
聞きとり・昭和57年9月21日
『秋田県婦人生活記録史』より

農家のおばちゃんたちと、通町の商店がうまく共存していた当時の様子がうかがえる、ほほ笑ましいお話だ。市が立つことによって街は賑わい、商店もまた相乗効果で繁盛したことだろう。

20050921232948.jpg
左手看板拡大

佐野薬局の向いには、道路が拡張された現在と同様に富樫電気商会。その奥が近江屋楽器店。電柱には中山太陽堂の「カテイ石鹸」の看板。

20050921232926.jpg
現在の同地点

右に佐野薬局、左の「大町商屋館」にトガシ電気が入居している。
往時の面影をわずかにとどめるのは、佐野薬局の屋根看板だけ。

秋田市上肴町・魚市場



光と闇を結ぶ「通町橋」



通町橋から秋田市役所を望む

| 秋田市今昔 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT