二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

昭和・平成「公衆電話スペース遺構」川反編

秋田市の歓楽街・川反(かわばた)にある飲食ビルで、昭和・平成の「公衆電話スペース遺構」を発掘する。

かつて規模の大きい飲食ビルの一階ホールには公衆電話が置かれ、利用者は待ち合わせの連絡を取り、タクシーや代行車を呼んだ。

携帯電話の急速な普及により、いつの間にか公衆電話が撤去され、無用の長物、前時代の遺物と化した「公衆電話スペース」の今を見る。

公衆電話遺跡
▲2019年撮影(以下同)

●台座素材:御影石

宙に浮く赤御影石の台座がシンプルで美しい

公衆電話遺跡

公衆電話遺跡

●台座素材:スチール・ピアノブラック塗装

台座の下に電話帳収納スペースあり

公衆電話遺跡

●台座素材:鏡面仕上げステンレス

米国の彫刻家 Bill Mack による 3Dレリーフ作品とともに

公衆電話遺跡

●台座素材:御影石

最後は川反のなかで最大規模、三連の「公衆電話スペース遺構」

公衆電話遺跡公衆電話遺跡

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和残影「オリンピック釣具店」川反一丁目

2019年6月初旬のこと、通町通りから川反通りに入ってすぐ、目の前の町並みに何か違和感をおぼえた。

オリンピック釣具店跡▲秋田市川反一丁目(大町一丁目) 2019.06

しばらくシャッターが閉じたままの状態が続いていた「オリンピック釣具店」が、2020 東京オリンピックを待たずして解体されて、駐車場に様変わりしていたのだ。

オリンピック釣具店 ▲川反一丁目 2004.03

オリンピック釣具店 ▲2004.03

もう50年近く、川反一丁目のシンボル的存在であった、壁面に大きく「つり具」と、丸ゴシック体で描かれた、アイキャッチ効果抜群の看板は、店舗改装の際、手を加えずに保存されたが、二階に新設された窓で文字が分断された。

オリンピック釣具店▲2010.08

オリンピック釣具店 ▲2018.11

オリンピック釣具店 ▲昭和33(1958)年

1955(昭和30)年「オリンピック釣具店」創業。その当時北隣に、湖沼や河川から切り出した天然氷を貯蔵する氷室(ひむろ)が残されていたが、その話はまたいつか。

店名の由来は「植野精工」が手がけたリールの人気ブランド「オリムピック」(オリンピック) だろう。ブランド・マークは「五輪にトビウオ」。

植野リール製作所 ▲昭和12(1937)年「植野リール製作所」広告

植野リール製作所
▲昭和18(1943)年「植野リール製作所」広告

日本におけるリール製造のパイオニアで「ダイワ精工」と双璧をなす釣具メーカーであった同社は、1961(昭和36)年「オリムピック釣具」次いで「オリムピック」と改称、1992(平成4)年「マミヤ光機」と合併し「マミヤ・オーピー」となるが、2000(平成12)年、釣具事業から撤退。

大阪に本社を置き、釣具・ゴルフシャフトなどを製造販売する「オリムピック」は「マミヤ・オーピー」の和歌山県すさみ工場を引き継ぎ、2001(平成13)年に創業された別会社だ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まぁくん。さん(@mar_kun358)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

cafezukiさん(@cafezuki6035)がシェアした投稿 -

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反四丁目・割烹「水月」→「北州」戦後復興期建築

川反四丁目・水月▲昭和34(1959)年 雑誌広告

秋田市の歓楽街・川反(かわばた)の四丁目にかつて存在した割烹「水月」。昭和20年代初頭に創業し、戦後復興期から高度経済成長期にかけて一時代を築いた伝説的料理店。

 川反四丁目・水月▲昭和34(1959)年 雑誌広告より

入母屋造(いりもやづくり)で城郭風な高楼建築は、夜ともなれば電飾でライトアップされ、今よりも数段暗かった川反の闇に、その姿を浮かびあがらせ、原色にまたたくネオンサインが彩りをそえる。

時はさかのぼって昭和10年代後半。大東亜戦争が長期化するなか、芸者置屋と料理屋が軒を連ね、夜ごとのにぎわいをみせていた川反も、次第に客足が遠のき、やがて開店休業状態に落ち入る。

さらに追い打ちをかける事態が起こる。終戦を目前にした昭和20(1945)年7月、空襲による戦災を最小限に抑えることを目的として実行された建物疎開により、川反通りの東側(旭川側)の建物は、耐火建築の土蔵など一部を残して軒並み解体されてしまう。

終戦後、建物疎開で長大な空き地となった川反通りの東側に、マッチ箱をならべたようにバラック造りの店舗が建ち始める。「水月」もそのなかの一軒であった。

昭和21(1946)年の秋、生粋の江戸っ子の寿司職人が、川反四丁目に寿司処「水月」を開業。それから6年後、敗戦からの復興が進展した昭和27(1952)年、上掲画像の新店舗を新築、日本料理をメニューに加え、割烹「水月」としてリニューアルオープン。

腕の立つ職人であった「水月」の主人は秋田調理師庖友会々長を務め、鮨組合の全県統一を成し遂げ、秋田県鮨商組合会々長に就任。昭和33(1958)年には千秋公園近くの閑静な地に旅館部を開設する。

川反四丁目・水月
▲昭和30年頃 「秋田市」観光パンフレットより

上掲画像は秋田市役所発行の観光パンフレットに掲載された川反通りの写真。

没個性的な低層建築が大半を占める当時の川反通りにあって、割烹「水月」の高楼は、ライトアップの効果もあいまって、ひときわ眼を惹く存在であり、戦後復興期から高度経済成長期にかけての川反を象徴する割烹建築であった。

川反四丁目・水月
▲昭和33(1958)年 雑誌広告

電話番号の4483を語呂合せでスシヤサンと読ませた。

川反四丁目・水月
▲昭和39(1964)年 雑誌広告

玄関付近に松の木らしき樹木。その両側に格子戸がある城壁めいた白壁。

昭和40年代中頃「水月」廃業。旅館部はその後も営業をつづけたが現在は廃業している。

川反四丁目・北州飯店
▲2018.06

廃業して間もなく「水月」跡に日本料理「北州」と中華料理「北州飯店」が入居。かつて存在した樹木は消え、白壁をみせていた一階部分は改築されて往年の面影はない。

川反四丁目・北州飯店
▲2018.06

川反四丁目・北州飯店
▲2019.03

川反四丁目・北州飯店
▲2018.06

川反四丁目・北州飯店
▲2004.05 旭川越しに背面を

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正月の料亭「あきたくらぶ」川反芸者と左褄

あきたくらぶ・川反芸者

昭和30年代の撮影とおぼしき、料亭「あきたくらぶ」の玄関を写した写真。

明治10年代創業の「秋田倶楽部」の別館として、厳選された秋田杉をふんだんに使い、大正時代に建設された、秋田を代表する料亭であった「あきたくらぶ」は、平成15(2003)年に倒産。その跡地は今「はなの夢 ホテルグランティア秋田」となっている。

あきたくらぶ・川反芸者

新年の挨拶に訪れたのか、留袖の芸者さんと振袖姿の半玉 (はんぎょく) さん。関西方面では舞妓ともいう半玉さんは、底が厚い木履(ぽっくり)を履いているため背が高く見える。

「太平山」と「両関」の薦樽(こもだる)六本を三段に重ねた上に鏡餅を載せた、大きな正月飾りが眼を惹く。

酒樽や薦樽の上に鏡餅を載せた正月飾りは、酒を提供する宿屋や料理屋に、幕末頃からつづく風習らしく、今でも老舗料亭や旅館、帝国ホテル・プリンスホテルのような格式のあるホテルでも飾られるが、現在の正月飾りに使われる薦樽は、酒の入っていない飾り樽が多い。

二丁目小路突き当たりの、まんだら小路(現・山王大通り)に、明治初年に創業した料亭「志田屋」も、薦樽は一本だが、今も同様な鏡餅を飾る。

正月の11日頃、鏡餅を下ろして割り、雑煮や汁粉にして食べる行事を鏡開きというが、薦樽(酒樽)の丸い蓋を割ることもまた鏡開き。「あきたくらぶ」でも盛大な鏡開きが開催されたことだろう。

あきたくらぶ・川反芸者

こちらも同年代に「あきたくらぶ」庭園で撮影された写真。

あきたくらぶ・川反芸者

年配の芸者さんの着物は紋付きに波の裾模様がある黒留袖。若い方が色留め袖。どちらも紋付きに、縁起物である乾燥した稲穂のかんざしを挿しているように見えるので、これも松の内の撮影か。

黒を基調とする紋付きの留袖は、花柳界における正月の正装。初出(はつで)を意味する “出” を冠して “出(で)の着物” や “出の紋付” “出の衣装” と呼ばれた。

あきたくらぶ・川反芸者
▲上掲画像を「人工知能による自動色付け」で加工後、修正加筆

裾の長い “お引きずり” の着物を着る芸者が歩くとき、外出するとき、着物の褄(つま・腰から下のへり)を左手で持ちあげるようにつまむ。この仕草を “左褄(ひだりづま)を取る” という。しろうとの花嫁衣装や遊女は、反対の右手で褄をつまむことから、“左褄(ひだりづま)取る” ことは芸者の代名詞となり、芸者になることを「左褄を取る身となる」かつて芸者であったことを「左褄を取っていた」などと表現する。

 “左褄を取る” 仕草は利き手である右手を空けていた方が、上掲画像のように傘を持つにしても動作が安定し、危機に対して咄嗟な反応をしやすく、立ち振る舞いも優美に見えることから習慣化されたもの。

身を売る遊女が右手で褄を取る(右妻)ことにからめて、左褄は「芸は売っても身は売らない」という芸者のプライドを表している、という野暮なデマがネット上に氾濫し、着付け教室から芸者置屋を経営する店のウェブサイトまでも、もっともらしくそれを解説している現状は、まったくもっていただけない。これはインターネットの普及以降に拡散されたものなのだろう。

上掲画像は『秋田魁新報』に掲載された、元川反芸者・若勇さんが芸者時代を語った連載企画から、昭和39(1964)年の元旦、“出(で)の着物” 姿の若勇さんらが年始回りをする光景。この年代は雪が多かった記憶があるが、路面は乾燥している。

撮影地点は川反通りとすずらん通りの交差点。背景に新屋の銘酒「寳生」の看板が見える「丸彦酒店」側面と、白い欄干に擬宝珠(ぎぼし)がある三丁目橋。川反らしい情緒あるデザインの橋であったが、橋に到るまでのアプローチの勾配がきつく、路面凍結時には滑って危険だったため、橋の手前に手すりが設置されている。詳しくは下記関連記事に。

すずらん通り
▲川反通りから三丁目橋を望む 2019.01

「あきたくらぶ」と川反芸者に関しては下記関連記事を参照のこと。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT