二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

川反四丁目・割烹「水月」→「北州」戦後復興期建築

川反四丁目・水月▲昭和34(1959)年 雑誌広告

秋田市の歓楽街・川反(かわばた)四丁目にかつて存在した割烹「水月」。昭和20年代初頭、江戸っ子の寿司職人が創業したという、江戸前寿司と日本料理を提供する店。電話番号の四四八三を語呂合せでスシヤサンと読ませた。

 川反四丁目・水月▲昭和34(1959)年 雑誌広告より

入母屋造(いりもやづくり)の日本建築は、夜ともなれば電飾でライトアップされ、今よりも数段暗かった川反の夜に、その姿を浮かびあがらせ、ネオンサインが彩りをそえる。

大東亜戦争が長期化するなか、芸者置屋と料理屋が軒を連ね、にぎわいをみせていた川反も次第に客足が遠のき衰退、開店休業状態に落ち入る。終戦を目前にした昭和20(1945)年7月、空襲による戦災を最小限に抑える目的で施行された建物疎開により、川反通りの東側(旭川側)の建物は軒並み解体された。

終戦後、建物疎開で長大な空き地となった川反通りの東側に、マッチ箱をならべたようなバラック造りの店舗が建ち始める。

戦後復興期に開業した「水月」も、当初はそのようなみすぼらしい建物で営業していたのだろうが、昭和20年代後半以降、このような立派な店を構えるまでになった。

川反四丁目・水月
▲昭和30年頃 「秋田市」観光パンフレットより

上掲画像は秋田市役所発行の観光パンフレットに掲載された川反通りの写真。「水月」は戦後の川反を代表する料理屋建築であった。

腕の良い職人だった「水月」の主人は、秋田調理師庖友会々長を務め、鮨組合の全県統一を成し遂げ、秋田県鮨商組合会々長に就任。昭和33(1958)年、千秋公園近くの閑静な地に旅館部を開業する。

川反四丁目・水月
▲昭和33(1958)年 雑誌広告

川反四丁目・水月
▲昭和39(1964)年 雑誌広告

格子戸がある城壁めいた白壁。玄関付近に松の木らしき樹木。

昭和40年代中頃「水月」廃業。旅館部はその後も継続するが現在は廃業している。

川反四丁目・北州飯店
▲2018.06

廃業して間もなく「水月」跡に「北州」が入居。現在(2019)は中華料理「北州飯店」と郷土料理「北州」が建物内で営業。かつて存在した樹木は消え、一階部分は改築されて往年の面影はない。

川反四丁目・北州飯店
▲2018.06

川反四丁目・北州飯店
▲2019.03

川反四丁目・北州飯店
▲2018.06

川反四丁目・北州飯店
▲2004.05

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正月の料亭「あきたくらぶ」川反芸者と左褄

あきたくらぶ・川反芸者

昭和30年代の撮影とおぼしき、料亭「あきたくらぶ」の玄関を写した写真。

明治10年代創業の「秋田倶楽部」の別館として、厳選された秋田杉をふんだんに使い、大正時代に建設された、秋田を代表する料亭であった「あきたくらぶ」は、平成15(2003)年に倒産。その跡地は今「はなの夢 ホテルグランティア秋田」となっている。

あきたくらぶ・川反芸者

新年の挨拶に訪れたのか、留袖の芸者さんと振袖姿の半玉 (はんぎょく) さん。関西方面では舞妓ともいう半玉さんは、底が厚い木履(ぽっくり)を履いているため背が高く見える。

「太平山」と「両関」の薦樽(こもだる)六本を三段に重ねた上に鏡餅を載せた、大きな正月飾りが眼を惹く。

酒樽や薦樽の上に鏡餅を載せた正月飾りは、酒を提供する宿屋や料理屋に、幕末頃からつづく風習らしく、今でも老舗料亭や旅館、帝国ホテル・プリンスホテルのような格式のあるホテルでも飾られるが、現在の正月飾りに使われる薦樽は、酒の入っていない飾り樽が多い。

二丁目小路突き当たりの、まんだら小路(現・山王大通り)に、明治初年に創業した料亭「志田屋」も、薦樽は一本だが、今も同様な鏡餅を飾る。

正月の11日頃、鏡餅を下ろして割り、雑煮や汁粉にして食べる行事を鏡開きというが、薦樽(酒樽)の丸い蓋を割ることもまた鏡開き。「あきたくらぶ」でも盛大な鏡開きが開催されたことだろう。

あきたくらぶ・川反芸者

こちらも同年代に「あきたくらぶ」庭園で撮影された写真。

あきたくらぶ・川反芸者

年配の芸者さんの着物は紋付きに波の裾模様がある黒留袖。若い方が色留め袖。どちらも紋付きに、縁起物である乾燥した稲穂のかんざしを挿しているように見えるので、これも松の内の撮影か。

黒を基調とする紋付きの留袖は、花柳界における正月の正装。初出(はつで)を意味する “出” を冠して “出(で)の着物” や “出の紋付” “出の衣装” と呼ばれた。

あきたくらぶ・川反芸者
▲上掲画像を「人工知能による自動色付け」で加工後、修正加筆

裾の長い “お引きずり” の着物を着る芸者が歩くとき、外出するとき、着物の褄(つま・腰から下のへり)を左手で持ちあげるようにつまむ。この仕草を “左褄(ひだりづま)を取る” という。しろうとの花嫁衣装や遊女は、反対の右手で褄をつまむことから、“左褄(ひだりづま)取る” ことは芸者の代名詞となり、芸者になることを「左褄を取る身となる」かつて芸者であったことを「左褄を取っていた」などと表現する。

 “左褄を取る” 仕草は利き手である右手を空けていた方が、上掲画像のように傘を持つにしても動作が安定し、危機に対して咄嗟な反応をしやすく、立ち振る舞いも優美に見えることから習慣化されたもの。

身を売る遊女が右手で褄を取る(右妻)ことにからめて、左褄は「芸は売っても身は売らない」という芸者のプライドを表している、という野暮なデマがネット上に氾濫し、着付け教室から芸者置屋を経営する店のウェブサイトまでも、もっともらしくそれを解説している現状は、まったくもっていただけない。これはインターネットの普及以降に拡散されたものなのだろう。

上掲画像は『秋田魁新報』に掲載された、元川反芸者・若勇さんが芸者時代を語った連載企画から、昭和39(1964)年の元旦、“出(で)の着物” 姿の若勇さんらが年始回りをする光景。この年代は雪が多かった記憶があるが、路面は乾燥している。

撮影地点は川反通りとすずらん通りの交差点。背景に「丸彦酒店」側面と、白い欄干に擬宝珠(ぎぼし)がある三丁目橋。川反らしい情緒あるデザインの橋であったが、橋に到るまでのアプローチの勾配がきつく、路面凍結時には滑って危険だったため、橋の手前に手すりが設置されている。詳しくは下記関連記事に。

すずらん通り
▲川反通りから三丁目橋を望む 2019.01

「あきたくらぶ」と川反芸者に関しては下記関連記事を参照のこと。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反(駅前)にストリップ劇場があった時代

▼川反四丁目にストリップ劇場開場
 

ストリップ劇場
↑ 昭和43(1968)年 新聞広告

昭和43(1968)年9月、秋田市川反(かわばた)四丁目、老舗料理屋「かめ清」の北隣「キャバレー都」(ナイトスポット都)二階に、ヌード劇場「秋田ミュージックホール」が開場する。

翌44(1969)年、二階から一階に「秋田ミュージックホール」を移し新装オープン。

ストリップ劇場
↑ 鎌田五十治写真集『川反』’72~’73(1974)より

ストリップ劇場

成人映画と実演のプログラム。出演のストリップ嬢は、ローレン美山、リリー界、ローズ紅。

上掲の広告や看板に「関西ヌード」とあるが、おおまかにいえば、浅草六区を起源とする比較的に健全な関東系ストリップに対して、関西系は猥雑さを特徴としていた。

昭和45(1970)年11月、同劇場において、猥褻なヌードショーを演じたとして、コメディアン、ストリップ嬢、計12人を検挙、3ヶ月の営業停止処分を受ける。

ヌード劇場など営業を停止

‥‥前略‥‥
三カ月の営業停止処分をうけたのは秋田市大町四丁目(通称川反通り)のヌード劇場「秋田ミュージックホール」=同市川尻町●●●●、●●●●経営。さる十一月十日同劇場で観客の前で踊り子、コメディアンを使ってワイセツなヌードショーを演じて十二人が検挙された。営業停止期間は十二月二十三日から来年三月二十二日まで。‥‥後略‥‥
昭和45(1970)年12月25日『秋田魁新報』より

 

▼「秋田ミュージックホール」秋田駅前骨董ストリートに移転

摘発事件から間もなく、劇場を秋田駅前の市民市場裏通りに移転。短期間の営業の後に廃業した。

ストリップ劇場
↑ 新聞折り込みチラシ

ストリップ劇場跡
↑ 秋田駅前「秋田ミュージック劇場」跡 2016.06

右手(西側)角地が「秋田ミュージック劇場」跡。その向こう側右手に、最盛期は5軒ほどの骨董店が軒を連ね、高度経済成長期のはじめに発生した民芸ブームの影響もあって、県内外の客をあつめて繁盛していた。

「秋田ミュージック劇場」が存在した1970年代中期の住宅地図から同地区の骨董店を挙げると、南側から「太閤堂」「恋壺庵」「みちのく」「岩本美術店」「村越三笑堂」。

今は駅東に店を構える骨董店「温故堂」も、初期はこの地で営業したあと、中央通り「三光堂書店」斜向いを経て現在地に移転している。

80年代末の頃から徐々に閉店・移転が相次ぎ、最後まで残った「恋壺庵」が昨年(2016)移転、在りし日の骨董ストリートの面影は消失した。

かつての骨董ストリートを北進すると中央通りにぶつかり、その向こうに「金座街」があったことから、この通りには「南金座街」という通称もある。


↑ 秋田駅前「秋田ミュージック劇場」跡

都野鳥
↑ 川反「キャバレー都・秋田ミュージック劇場」跡「都野鳥」 2017.03

「キャバレー都」については下記リンク先を参照のこと。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反に“小人のマーチャン”来る・ゴジラの息子

小人のマーチャン
↑ 昭和33(1958)年 新聞広告

秋田市川反(かわばた)四丁目にあった「キャバレー都」に、昭和33(1958)年 “小人のマーチャン”が一座とともに来演。

特撮マニアには、ゴジラの息子・ミニラの“中の人”として知られる小人の芸人である。

深沢 政雄(ふかざわ まさお、1921年 - 2000年)は、日本俳優スーツアクター。芸名は「小人のマーチャン」、「マーチャン」。

来歴・人物

非常に小柄な体格で、これを生かした役柄が多く、「小人のマーチャン」の芸名で、日劇のショーやタップダンス、芝居、キャバレーや舞台でのコミックショーで活躍した。台湾東南アジアなど、海外興行の経験もある。

映画作品では、1967年に東宝の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』製作の際にオーディションを受け、円谷英二有川貞昌両特技監督に見出され、当時46歳で「ミニラ」役に抜擢された。以降2作品にもミニラ役で出演している。それ以前にも特撮テレビドラマウルトラQ』(TBS円谷特技プロ)の怪獣「ガラモン」役の候補に挙がったことがあるが、採用はされなかった。

出演作品

映画

テレビ

深沢政雄 - Wikiwand

小人のマーチャン
↑ 「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」撮影風景

特撮監督・円谷英二から演技指導を受けるミニラ役のマーチヤン


↑ 怪獣島の決戦 ゴジラの息子(東宝1967)予告編

“小人のマーチャン”が来演した「キャバレー都」があった場所は、川反四丁目の老舗料理屋「かめ淸」の北隣。

キャバレー都
↑ 昭和34(1959)年 新聞広告

後期は「ナイトスポット都」とも称した同店は、キャバレー廃業後、昭和50年代中頃から、焼き鳥をメインとする居酒屋「野鳥みやこ」(現・都野鳥)に転業する。

都野鳥
↑ 「キャバレー都」跡「都野鳥」 2017.03

昭和40年代「キャバレー都」の二階に、ストリップ小屋がオープンするが、そのお話しは次回のお楽しみ。


↑ 「キャバレー都」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT