二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

旭北小「寺町横断通学路」1972 開通

旭北小学校通学路
▲2019.06撮影(以下同)

秋田市旭北寺町一丁目、伝法寺と竜泉寺のあいだを東西に延びる、ブロック塀に挟まれた小路。出入口に車止めがある小道は暗渠を連想させるが、そうではない。

今回はこの小路の成り立ちを紐解いてみる。

旭北小学校通学路

実のところ、先ほどの小路の起点は、すずらん通り(三丁目小路)の突き当たりに位置する。

左手の「セブン-イレブン 秋田大町4丁目店」とその駐車場は、洋画館「秋田ピカデリー劇場」の跡。

旭北小学校通学路

昭和40年代初頭まで、この道は袋小路であった。

すずらん通り周辺の児童が「旭北小学校」に、最短距離の四丁目小路→新国道経由で通学するとき、歩道のない道路を800メートルほど歩かなければならない。

そのため、近隣の12町内会が昭和33(1958)年に期成同盟会を結成「旭北小までの直線通学路を・・・」と秋田市に陳情を開始。

旭北小学校通学路

度重なる陳情に重い腰を上げた市は用地の買収に着手。昭和42(1967)年「秋田ピカデリー劇場」脇から西方寺境内を通り、寺町一丁目に抜ける道路がひとまず開通。期成同盟会の陳情開始からすでに一昔の時が流れていた。

旭北小学校通学路

旭北小学校通学路

旭北小学校通学路
▲旭北寺町一丁目「銀光堂」前

創業90年という老舗菓子舗「銀光堂」。現在はカステラ煎餅系の「秋田城瓦煎餅」「こけし諸越」などを製造するが、昭和30年代の広告には上記のほかに「秋田城瓦諸越」「秋田城瓦まんじゅう」「秋田古銭諸越」の銘菓が載り、二丁目小路(現・山王大通り)に面した田中町の市電停留所前に支店を構えている。

平成30(2018)年、同家が南隣で経営していた、アジアの布・雑貨を販売する「ふあり」を「銀光堂」内に移設、リニューアル後「ふあり 銀光堂」となった。アジア雑貨とお菓子という組み合わせも珍しい。

旭北小学校通学路

「銀光堂」の西隣もお菓子屋「御菓子司かくた」。場所柄、両店ともに御彼岸・御盆の時期には供物の菓子、赤飯、花なども販売する。

閑話休題。

旭北小学校通学路
▲寺町一丁目「伝法寺」と通学路

寺町一丁目までの区間の開通から遅れること5年、昭和47(1972)年9月、寺町一丁目から新国道方面に抜ける約100メートルの通学路が、陳情開始から15年目にして、ようやく完成。

9月11日の“通り初め式”には、荻原秋田市長を初め、児童・父兄ら約100人が集まり開通を祝った。

旭北小学校通学路

秋田市が竜泉寺、伝法寺の境内を用地買収して造成した通学路。開通当初は砂利敷きであった。

旭北小学校通学路

旭北小学校通学路

通学路西端の両側に建つ民家は開通前後に建てられたもの。

旭北小学校通学路

上掲画像の車止めの向こう側、新国道に通じる道はかつて、田んぼのあぜ道で、寺町の裏側(車止めの向こう)を旭川上流を源とする農業用水が流れていた。

旭北小学校通学路
▲通学路を西側から望む

旭北小学校通学路
▲新国道「旭北小学校」入口

旭北小学校通学路
▲旭北小学校通学路 鳥瞰 ©Google Maps

Googleストリートビューの場合、車が通れない道には基本的に侵入できないが、寺町横断通学路はトレッカーを担いで徒歩で撮影されている。

グレー・ライン→四丁目小路・新国道経由の通学路。ライトブルー・ライン→寺町横断通学路。

オレンジ・ライン→昭和42(1967)年開通部分。グリーン・ライン→昭和47(1972)年開通部分。

旭北小学校付近
▲1962/09/15撮影

昭和37(1962)年撮影の空中写真。左手に「旭北小学校」その上に「山王中学校」。周囲にはまだ田んぼが多い。

秋田市大町五丁目「NTT東日本大町第二分局」の場所にあった「旭北小学校」が、西に約1キロ離れた、現在の山王地区に移ったのは昭和13(1938)年。その当時、寺町の裏から山王地区にかけては、一面の田んぼが広がる、まさに秋田市の郊外であった。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田に聖火がやってきた・1964 東京オリンピック

▼東京オリンピック・聖火リレー記録映像

NHK の「2020 東京オリンピック」特設サイトにて「1964 東京オリンピック」における、秋田県内の聖火リレーを記録した動画が公開されている。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

オリジナルは「秋田公文書館」所蔵の「県政映画」フイルム。県が制作・配給した「県政映画」は、昭和30年代初頭から県内各地の映画館で、映画の幕間に全国版のニュース映画や予告編とともに上映された。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

東京オリンピック 聖火リレー 秋田


▼秋田県庁 噴水広場で聖火歓迎式典

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

▲昭和39(1964)年9月22日午後「秋田県庁」において聖火歓迎セレモニーを開催。

マーチングバンドが進む先に、昭和36(1961)年開催の「秋田国体」を記念して建造されたモニュメントが見切れている。

右手後方の白抜きテロップが屋根に重なる建物は、初代「秋田市立体育館」(別名・山王体育館・秋田スポーツセンター) 側面。現在その跡地に「秋田県第二庁舎」が建つ。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

▲午後3時頃、北高合唱隊による「県民の歌」に迎えられ、産業会館前の二丁目橋で聖火を引き継いだ、北高陸上部に所属する当日の最終ランナーが会場に到着。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

▲「秋田県議会議事堂」をバックに、ランナーからトーチを渡され、聖火台に点火するセレモニー実行委員長は、今も「人見スポーツ賞」に名が残る、秋田スポーツ界の功労者・人見誠治。

点火の瞬間、ファンファーレが鳴り響き、五輪を表現した5色のバルーンが空に放たれた。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

▲五輪が掲示された「秋田県庁」東側面の一階部分は、見ての通り、柱に支えられ、外部に開かれた空間、建築用語でいうピロティになっていた。

ピロティ奥の壁面は一面のガラス張りで、一階の県民ホールに自然光を導入していたが、のちにピロティが廃止されて、上階部分と同様な中央に窓を配置した壁面に改装。ピロティ・スペースの分、一階ホールが拡張された。

いつ頃改装されたのかは不明だが、強度に不利があるピロティ構造の耐震性を考慮した上でのことだったと想像する。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

▲噴水池の中央に仮設された聖火台を囲み「東京オリンピック」のテーマソングにして昭和の国民的名曲「東京五輪音頭」 を踊る秋田市婦人会の会員たち。

東京オリンピック 聖火リレー 秋田

▲五輪のマスゲームがくり広げられる広場の周囲、車両通行止めとなった左上の山王通り、右上の「秋田市立体育館」西側は人で埋まり、右下の「秋田県議会議事堂」屋上にも人垣ができている。当日は県議会の会期中であった。

この年「NHK秋田放送局」が亀ノ丁新町(現・中通総合病院の一角)から、県庁舎斜め向かいに移転、9月6日から放送を開始。

また「秋田市役所」が土手長町上丁(現・千秋矢留町)から、秋田県庁舎向かいに移転、10月に落成式を挙行、11月から業務を開始。

こうして、田園が広がっていた山王地区が、徐々に官庁街の体裁を整えてゆく。

秋田県庁 噴水跡

▲噴水広場周辺の現在。駐車場のあたりが聖火台が置かれた噴水池跡。

秋田県庁 噴水跡 駐車場

▲正面に「秋田県議会議事堂」右手に秋田国体記念モニュメント、その後方に前出の改装された県庁舎東側面。


▼市内の聖火コース・牛島橋で引き継がれた聖火を見送る

昭和39(1964)年9月22日午後1時30分頃、金足農業高校入口で天王町から秋田市に引き継がれた聖火は、土崎〜新国道〜通町〜秋田市役所(土手長町上丁)前〜広小路〜秋田駅前〜南通り〜産業会館前〜山王通りを通過、午後3時頃、秋田県庁に到着。

翌23日(秋分の日)は悪天候を考慮した予備日で休養。

9月24日午前9時30分、秋田県庁を出発、山王通り〜秋田郵便局前(大町四丁目)〜横町〜有楽町〜登町〜牛島〜仁井田〜四ツ小屋を通過、午前10時40分頃、御所野変電所前で河辺町に引き継がれた。

牛島橋
▲牛島郵便局前から牛島橋と旧後藤商店 2018.04

聖火コースに近い学校では授業を休止して聖火リレーを見学。

築山小学校に近い「牛島郵便局」前にずいぶんと早くから陣取り、しばらく経過した午前10時頃、羽州街道をパトカーと白バイに先導され、白煙をまとった集団が牛島橋を通過。

鈴なりの観客からの拍手と歓声、日の丸の小籏をふる音がまざり合うなか、ランナーたちは太平川橋を渡り、牛島商店街を白煙を残して駆け抜けていった。

「牛島郵便局」前から、往時の面影を良く残す牛島橋方向に目をやると、あの秋日の熱いさざめきが、まざまざとよみがえる。

秋田市における「2020 聖火リレー」のセレモニー会場は「エリアなかいち」に決定。リレーコースの詳細は今年末に発表されるとのこと。

あれから55年の歳月が流れた令和2(2020)年6月、同じ場所で聖火を見送ることができるならば、感慨もまたひとしおだろう。

「牛島橋」が川のない橋となった経緯については「川のない橋「牛島橋」界隈を歩く」を、牛島ではなく楢山にあるのに「牛島橋」「牛島郵便局」とはこれ如何に?の解説は「牛島橋たもと「後藤商店」(後藤書店) レトロ建築」の後半を参照のこと。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1982 中国料理店「敦煌楼」オープン

秋田県が甘粛省と、秋田市が甘粛省蘭州市との友好都市提携が調印された、昭和57(1982)年8月5日、秋田市山王に中国料理店「敦煌楼」(とんこうろう) が、日中友好のモニュメント的存在としてオープン。

本場の料理人がつくる中国料理とあって、当初は話題を呼び連日の大繁盛。一番の人気メニューは、注文を受けてから手打ち・手延べでつくる蘭州ラーメンだった。

敦煌楼

秋田と甘粛省の架け橋に、本場の中国料理をどうぞ

敦煌楼は昭和57年8月5日、秋田県・甘粛省、秋田市・蘭州市の友好提携が調印された記念すべき日に合わせてオープン。秋田県、秋田市、日中友好協会、中田県議会議長、秋田銀行等、官民合体で資本を出し合い、両省県、市友好の記念碑的存在と自負しています。現在、甘粛省から三人のコックさんが派遣されていますが、いずれも中国の国家試験で特級、一級、二級の資格をとった人たち。本格的な中国料理はもちろん、手軽なランチタイムもご好評をいただいています。

当初は第三セクターで経営する計画であったが、飲食店の経営はふさわしくないとの声が挙がり、第三セクター案は頓挫。

そこで、「敦煌楼」開設にあたり、中国との交渉にあたった県議会議員・中田初雄氏(中田建設創業者社長)が社長に就任し、株主として秋田市・秋田県・秋田銀行などが名を連ねた。

敦煌楼

華々しくオープンした「敦煌楼」であったが、評判はかんばしくなかった。

甘粛省の味付けをそのまま提供する料理は味が淡泊で、秋田県人の口に合わず、注文を受けて料理が出てくるまでの時間がやたらに長い。

その後、日本向けに味付けを変えるなど工夫をしたようだが、毎年数千万円の赤字が常態化し、それを中田氏のポケットマネーで補填していたという。氏が中国側と交わした約束もあり、おいそれと閉店することもできなかった。

秋田市・秋田県・秋田銀行などの出資者に配当が出ない状態がつづいたため、中田氏が株式を買い取り「敦煌楼」は中田建設が経営することとなる。

甘粛省から派遣された料理人は中国の公務員で、一年交代で帰国させる条件であったが、入国間際になって外務省から「赤字つづきの会社に就労させることはできない」との通達を受け、オープンから4年目の昭和61(1986)年4月閉店した。

敦煌楼跡
「敦煌楼」跡 2016.03


「敦煌楼」跡

↓「敦煌楼」と同じく、中田初雄氏が経営した能代の日本海サニーランド

中田建設株式会社

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山王に屋内ゴルフ練習場オープン・1972初春


1972

サッカーの試合が行われている「秋田市営八橋ラグビー場」(現・市営八橋球技場)の後方に見える、カマボコ屋根の大きな建物は、けやき通りをへだてた丁字路角地にあった「山王ゴルフ練習場」(昭和47年(1972)オープン)。




新聞広告 昭和47年(1972)1月



建物後方に「AKT秋田テレビ」。けやき通り側に駐車スペース、交叉点側に軽食「ナイスオン」を併設。






昭和50年(1975)国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省(C)

右上の白っぽい建物が「AKT秋田テレビ」。川尻総社町から八橋本町一丁目・AKT前に通じる「けやき通り」は、八橋一里塚まで完工している。「AKT秋田テレビ」の下(南)八橋一里塚交叉点の角地にカマボコ屋根の「山王ゴルフ練習場」。

「市営八橋ラグビー場」(昭和28年(1953)竣工)南側の建物は「秋田市民会館」と併設の「勤労青少年ホーム」。

昭和32年(1957)千秋公園北の丸に産声をあげた「秋田市公民館」は、昭和40年(1965)「市民会館」と名を変えて八橋に移転。昭和55年(1980)「中央公民館」と名を改め、平成15年(2003)「秋田ニューシティビル」五階に移転、中央公民館・青少年センター・女性学習センターの三施設が集合した「サンパル秋田」としてオープン。「秋田ニューシティ」解体を前にした平成22年(2010)「秋田市文化会館」内に移転し今に到る。

昭和61年(1986)「山王ゴルフ練習場」跡地に五階建て賃貸マンション「ロイヤルイン秋田」竣工、一階にイヤタカグループ経営のBEER&焼酎ダイニング「小中大」が入居していたが、平成24年(2012)解体、現在は跡地の一角で「ローソン 秋田山王けやき通店」が営業している。


大きな地図で見る
「山王ゴルフ練習場」跡


市営八橋ラグビー場 1972


市営八橋球技場(旧・市営八橋ラグビー場)2007.10


▼附録「山王官庁街」幼年期


昭和37年(1962)国土画像情報 国土交通省(C)

田んぼが広がる山王地区。山王大通り沿いの右下に「市立体育館」(昭和29年(1954)開館、旧称・山王体育館)。その西隣が「秋田県庁」(昭和34年(1959)落成)。

「秋田県庁」北側の色濃く整地された区画に、昭和39年(1964)「秋田市役所」および「NHK秋田放送局」落成。

_________

関連記事

「山王」二〇世紀ひみつ基地内検索
「八橋」二〇世紀ひみつ基地内検索
「市役所」二〇世紀ひみつ基地内検索
「県庁」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT