二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

1982 中国料理店「敦煌楼」オープン

秋田県が甘粛省と、秋田市が甘粛省蘭州市との友好都市提携が調印された、昭和57(1982)年8月5日、秋田市山王に中国料理店「敦煌楼」(とんこうろう) が、日中友好のモニュメント的存在としてオープン。

本場の料理人がつくる中国料理とあって、当初は話題を呼び連日の大繁盛。一番の人気メニューは、注文を受けてから手打ち・手延べでつくる蘭州ラーメンだった。

敦煌楼

秋田と甘粛省の架け橋に、本場の中国料理をどうぞ

敦煌楼は昭和57年8月5日、秋田県・甘粛省、秋田市・蘭州市の友好提携が調印された記念すべき日に合わせてオープン。秋田県、秋田市、日中友好協会、中田県議会議長、秋田銀行等、官民合体で資本を出し合い、両省県、市友好の記念碑的存在と自負しています。現在、甘粛省から三人のコックさんが派遣されていますが、いずれも中国の国家試験で特級、一級、二級の資格をとった人たち。本格的な中国料理はもちろん、手軽なランチタイムもご好評をいただいています。

当初は第三セクターで経営する計画であったが、飲食店の経営はふさわしくないとの声が挙がり、第三セクター案は頓挫。

そこで、「敦煌楼」開設にあたり、中国との交渉にあたった県議会議員・中田初雄氏(中田建設創業者社長)が社長に就任し、株主として秋田市・秋田県・秋田銀行などが名を連ねた。

敦煌楼

華々しくオープンした「敦煌楼」であったが、評判はかんばしくなかった。

甘粛省の味付けをそのまま提供する料理は味が淡泊で、秋田県人の口に合わず、注文を受けて料理が出てくるまでの時間がやたらに長い。

その後、日本向けに味付けを変えるなど工夫をしたようだが、毎年数千万円の赤字が常態化し、それを中田氏のポケットマネーで補填していたという。氏が中国側と交わした約束もあり、おいそれと閉店することもできなかった。

秋田市・秋田県・秋田銀行などの出資者に配当が出ない状態がつづいたため、中田氏が株式を買い取り「敦煌楼」は中田建設が経営することとなる。

甘粛省から派遣された料理人は中国の公務員で、一年交代で帰国させる条件であったが、入国間際になって外務省から「赤字つづきの会社に就労させることはできない」との通達を受け、オープンから4年目の昭和61(1986)年4月閉店した。

敦煌楼跡
「敦煌楼」跡 2016.03


「敦煌楼」跡

↓「敦煌楼」と同じく、中田初雄氏が経営した能代の日本海サニーランド

中田建設株式会社

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山王に屋内ゴルフ練習場オープン・1972初春


1972

サッカーの試合が行われている「秋田市営八橋ラグビー場」(現・市営八橋球技場)の後方に見える、カマボコ屋根の大きな建物は、けやき通りをへだてた丁字路角地にあった「山王ゴルフ練習場」(昭和47年(1972)オープン)。




新聞広告 昭和47年(1972)1月



建物後方に「AKT秋田テレビ」。けやき通り側に駐車スペース、交叉点側に軽食「ナイスオン」を併設。






昭和50年(1975)国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省(C)

右上の白っぽい建物が「AKT秋田テレビ」。川尻総社町から八橋本町一丁目・AKT前に通じる「けやき通り」は、八橋一里塚まで完工している。「AKT秋田テレビ」の下(南)八橋一里塚交叉点の角地にカマボコ屋根の「山王ゴルフ練習場」。

「市営八橋ラグビー場」(昭和28年(1953)竣工)南側の建物は「秋田市民会館」と併設の「勤労青少年ホーム」。

昭和32年(1957)千秋公園北の丸に産声をあげた「秋田市公民館」は、昭和40年(1965)「市民会館」と名を変えて八橋に移転。昭和55年(1980)「中央公民館」と名を改め、平成15年(2003)「秋田ニューシティビル」五階に移転、中央公民館・青少年センター・女性学習センターの三施設が集合した「サンパル秋田」としてオープン。「秋田ニューシティ」解体を前にした平成22年(2010)「秋田市文化会館」内に移転し今に到る。

昭和61年(1986)「山王ゴルフ練習場」跡地に五階建て賃貸マンション「ロイヤルイン秋田」竣工、一階にイヤタカグループ経営のBEER&焼酎ダイニング「小中大」が入居していたが、平成24年(2012)解体、現在は跡地の一角で「ローソン 秋田山王けやき通店」が営業している。


大きな地図で見る
「山王ゴルフ練習場」跡


市営八橋ラグビー場 1972


市営八橋球技場(旧・市営八橋ラグビー場)2007.10


▼附録「山王官庁街」幼年期


昭和37年(1962)国土画像情報 国土交通省(C)

田んぼが広がる山王地区。山王大通り沿いの右下に「市立体育館」(昭和29年(1954)開館、旧称・山王体育館)。その西隣が「秋田県庁」(昭和34年(1959)落成)。

「秋田県庁」北側の色濃く整地された区画に、昭和39年(1964)「秋田市役所」および「NHK秋田放送局」落成。

_________

関連記事

「山王」二〇世紀ひみつ基地内検索
「八橋」二〇世紀ひみつ基地内検索
「市役所」二〇世紀ひみつ基地内検索
「県庁」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さようなら、噴水と芝生広場・秋田市役所前


2012.11 秋田市役所前

来年(2013)着工する秋田市役所・新庁舎建設を前にして、市役所前の芝生広場に仮設駐車場を整備する工事が、予定より遅れた11月中旬から始まった。


秋田市役所・新庁舎完成イメージ

新庁舎は現庁舎に隣接する「NHK秋田放送局」跡地(現・来庁者用駐車場)に2015年竣工予定。イメージ図の右手に山王大通り、正面玄関は西向きとなる。


2008.03 山王「NHK秋田放送局」2008年3月、秋田駅東口に移転

秋田市役所前の噴水、撤去へ 10月中、新築に伴う整備で


竿燈期間中、期間限定でライトアップされた市役所前の噴水

 秋田市は市役所前の噴水を10月中に撤去する。来年にも予定される新庁舎建設に伴う周辺整備のためで、噴水がある芝生広場は仮設駐車場となる。47年間、水を噴き上げ官庁街に潤いを与えてきたが、今月いっぱいでその役割を終える予定だ。
 噴水は、市役所が千秋矢留町から山王に移転新築された1964年の翌年4月、秋田銀行が庁舎完成を記念して寄贈した。縦12メートル、横18メートルの長円。水が39本のノズルから噴出し、10分で30種類の“噴水ショー”を演じる仕掛けだ。
 市新庁舎建設室によると、噴水は構造上、移設が難しく、やむを得ず撤去、廃止することにした。噴水は現庁舎正面を想定して設計、配置されており、NHK秋田放送局跡地に新庁舎が完成すると位置関係も変わるという。
 最高3メートルの高さまで噴き上がる噴水は竿燈まつり期間中、赤、黄、青、緑色の水中ランプに彩られた。噴水の周りでは観光客らが記念撮影をしたり、縁に腰掛けてくつろいでいた。(2012/08/10 16:33 更新)


2012.08

●秋田市役所前噴水
新庁舎の完成を記念して秋田銀行が寄贈
総工費・約570万円(当時の小学校教員初任給1万8千円ほど)
完成通水式・1965年(S40)4月24日

●通水期間(当初)
4月中旬から10月中旬まで通水、日没後一時間ライトアップ
夏期は日没から午後9時までライトアップ

昭和40年代初頭の数年間、7月の夕刻、ライトアップされた噴水前で市内中・高校のブラスバンド総出演による納涼音楽会を数日間開催、市民の好評を得る。


2012.08 秋田市役所前芝生広場


1970年代 秋田県庁から秋田市役所を望む


2012.08 花時計と噴水


2012.08


2012.10

噴水とともに秋田市役所のシンボルだった花時計は新庁舎周辺に移設予定。

秋田市が推進した「花百万本の街づくり運動」のシンボルとして企画された花時計は、資金を「秋田市元市議会議員懇談会」が寄付、「秋田市時計貴金属メガネ商組合」から時計装置の寄贈を受け、1980年(S55)7月に完成した。


2012.08


2012.08


2012.08


1972年頃

まだ自家用車所有率が低く、クーラーも贅沢品だった時代、夏期は涼を求めて家族連れやカップルが集まり、ライトアップされる夜間は格好のデートスポットなった市役所前芝生広場の噴水も今年で見納め。

市役所が山王地区に移転して50年弱、秋田市の高度経済成長期を象徴する、なじみ深い市役所前の景観は失われ、その大半がアスファルト舗装の駐車場に。よく手入れされた芝生広場に配置された噴水と花時計も、記憶と記録の中だけの光景となる。


1972年頃

芝生広場の向こう、山王大通りの十字路に初代「秋田市立体育館」。空が広い。


初代「秋田市立体育館」

秋田県庁舎の東側、今の駐車場付近にも、大きな長方形の噴水があった。


2012.10


2012.10


2012.11


2012.11


2012.11


2012.08 山王散歩道 水の広場

新庁舎の工事に関連してか、山王散歩道の噴水も撤去され、そのあたりに鉄骨が建っていて驚いたが、作業員の話によれば、噴水は工事完了後、同じ場所に復元されるとのこと。

秋田県庁東側からスタートし、「NHK秋田放送局」跡地東側、市役所裏を通って秋田消防署に到る、延長610メートルの山王散歩道が全面開通したのは1981年(S56)の春。噴水のある山王大通り北側は、前年の1980年(S55)6月に開通している。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地通町橋から秋田市役所を望む(二代目秋田市役所)
二〇世紀ひみつ基地ドーム屋根のモダン建築・秋田物産館(初代秋田市役所のこと)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 09:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤いブランコのある公園『遠くでずっとそばにいる』ロケ地

8月初旬から約半月間の秋田市内ロケをクランクアップして帰京した、映画『遠くでずっとそばにいる』の主演女優・倉科カナが久々にブログを更新。


2012年08月25日のブログ|倉科カナ オフィシャルブログ より

今回の映画撮影は女優活動のターニングポイントとなる意味深い体験だったとのこと。来年(2003)の公開が楽しみ。

ブランコで無邪気に遊ぶ画像の撮影場所は、官庁にほど近い山王第二街区公園(昭和41年4月開設)。中央に植樹された柳の大木と赤いブランコの対比が印象的。


山王第二街区公園

山王第二街区公園でのロケは、御盆の8月14日(2012)、柳の木をバックに主人公と相手役の二人がブランコに乗るシーンが撮影された。

『遠くでずっとそばにいる』ロケ関連記事
二〇世紀ひみつ基地 2012.8.18 千秋公園・エリアなかいち周辺スケッチ


大きな地図で見る
山王第二街区公園

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 2012.8.18 千秋公園・エリアなかいち周辺スケッチ

関連リンク

倉科カナが記憶を失った主人公に…頭の中は17歳という難役に挑む - シネマトゥデイ

倉科カナ、『ズボラ飯』花ちゃん役で民放連ドラ初主演 ニュース-ORICON STYLE-

倉科カナ オフィシャルブログ Powered by Ameba

| 散歩写真・路上観察 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT