二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

貸本屋と貸本漫画の日々・消える昭和



先日、ひさしぶりに保戸野小学校界隈を散歩していたら、菊池木材の近くにこの間まであった元貸本屋の家があとかたもなく消えて更地になっていた。

とうの昔に貸本屋は廃業、残されたおばあさんが貸本屋時代のものを古本として売っていたのだが、その存在に気がついたときには、もう目ぼしい商品は、めざとい業者やマニアが買いあさったあと。

それでも、かつてはどこの本屋にもあった、雑誌を立て掛けて陳列する書棚もそのままに、往年の貸本屋の雰囲気を残す、今では珍しい昭和レトロ物件であった。


03.10

この店がオープンしたのは貸本屋全盛期の昭和36年頃、当時秋田市内には50軒を超える同業者がいた。放課後ともなれば、保戸野小学校の子どもたちが狭い店内にあふれ、休む暇もない忙しさだったのは、間近にあった駄菓子屋も同じ。



大人向けの小説、婦人雑誌、『明星』『平凡』などの月刊芸能誌、『少年』『少年画報』『ぼくら』『りぼん』『少女』など月刊漫画誌、単行漫画本などが所狭しと並び、一泊二日で10円、当日返却は5円で貸し出された。

貸本屋の全盛時代は、貸本屋向けの単行漫画本を専門に出版する業者と作家が多く存在した。白土三平の名作『カムイ伝』を連載してカルト的人気を集めた月刊漫画誌『ガロ』を出版した青林堂も、もともとは白土三平らの漫画を送り出した貸本出版社。

当時の貸本漫画はマニアのあいだで根強い人気があり、ものによっては古書市場でかなりの高価で取引されているが、最近になってこの時代の作品が次々と復刻され、ファンを喜ばせている。


水木しげる
小学館 復刻名作漫画シリーズより

貸本漫画のなかで印象深く心に刻まれている作品といえば、水木しげるの『墓場鬼太郎』シリーズや、水木氏の実体験をまじえた南洋戦記物など一連の作品。『ゲゲゲの鬼太郎』のオリジナルにあたる『墓場鬼太郎』は、後の鬼太郎にみられる、コミカルなかわいらしさなどみじんもない、暗く猟奇的な漫画だった。


角川文庫 貸本まんが復刻版より

その『墓場鬼太郎』にもさらなるオリジナルがある。それは伊藤正美原作の『ハカバキタロー』という戦前の紙芝居。水木は戦後、これを題材に紙芝居を製作、その後漫画家に転身する。

貸本漫画出身の主な男性作家をあげると、水木しげる、白土三平、さいとうたかを、つげ義春、楳図かずお など、手塚治虫の描く洗練されてモダンな漫画とは相反する、泥臭く個性的な作風の作家が多い。その泥臭さは貸本漫画と縁が深い、紙芝居という見世物的大道芸にも共通する匂い。


永島慎二・楳図かずお・白土三平
小学館 復刻名作漫画シリーズより

子どもの頃、よく通った貸本屋が、太平川橋のたもと、牛島商店街の「牛島文庫」。

貫禄のあるちょっとこわもての女主人の記憶力はすごかった。今時のレンタルショップは個人情報がパソコンに記憶されていて、カード一枚で借りることができるが、昔の貸本屋にはそんなものはない。主人の脳味噌の中に周辺住民の個人情報がインプットされていて、いちいち住所氏名を聞かれることはなく、そんなふうだから、地域外の初見の客には貸さない場合もあった。

折しも高度経済成長のグラフが右肩上がりをつづけていた時代、図書館の充実、急速なテレビジョンの普及による読書時間の短縮、経済的余裕などの要因がかさなり、貸本業界は経済成長にさからうように衰退の道をたどりはじめ、昭和64年、その10年前は50軒を超えた市内の貸本屋は5軒まで激減、それから間もなく、江戸時代から連綿と庶民文化をはぐくんだ、“貸本屋”という商売が存在したことすら知らない子どもたちの時代となる。



素人が懸命に造った“ゆるい”味わいの手書き看板はときに、その道のプロが“きっちり”と製作した看板よりも、見るものを惹きつける力を持つ場合がある。


04.03


06.06

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 蘇る月刊『少年』の時代

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

観よ!映像の驚異「飛び出す映画」

●立体映像とアブドーラ・ザ・ブッチャー

先日、秋田駅東口のアルヴェ隣に移転した、NHK秋田放送局の新会館で立体ハイビジョンの公開があった。

人間の左右の眼にあたる二台のカメラで撮影した映像を、二台のプロジェクターで暗室に設置されたスクリーンに投影し、観客は偏光眼鏡をかけてスクリーンを観る。

自然な奥行きをみせるリアルな映像は、今まで体験した立体映像を遙かにしのぐもので、とくに実際にダイビングしているように眼前に広がる海中の映像が美しかった。

記憶をたぐり寄せると、秋田市有楽町のプレイタウンビルで観たカンフー映画、それがはじめての立体映像体験であった。映画のタイトルが思い出せないので検索すると、台湾香港合作「超立体映画・空飛ぶ十字剣」が、昭和五十二年(1977)に公開されている。

偏光眼鏡をかけてスクリーンを観ると、剣や槍、ブーメランのような十字型の武器が眼前に飛び出してくる迫力満点の映画だったが、リアルにはほど遠い不自然な映像にめまいを覚え、見終わった後、眼だけではなく全身が疲れてしまった。

この映画が強く記憶に残っているのは映画自体ではなく、前方の席を全日本プロレスの興行で来秋していた、アブドーラ・ザ・ブッチャーの一行が陣取っていたこと。いわずと知れたヒールプロレスラーであるブッチャーは、武器がスクリーンから飛び出すたびに、あの甲高い奇声を発して場内は笑いに包まれていた。

●飛び出す映画、秋田に出現


新聞広告 昭和十一年

昭和十一年十月、秋田市十人衆町(現・大町六丁目)の映画館「旭館」で、「飛び出す映画」が公開される。原題「Audioscopiks」(米国) 。上映時間八分。1935年アカデミー賞(ショートフイルム部門)受賞。

今年問題の映画!
遂にカメラが征服した立體性! 画面から凡てのものが飛び出して來て、皆樣をアツと驚かせます。
危ないツ! ブランコが皆樣の頭の上を飛び越へ、もの凄い熱球が飛び出して來ます!!




活動と演劇
▲旭舘 十五日より「飛び出す活動(立體映画)」を上映されるが色彩と立體と音響を總合した最初の映画としてアカデミイ賞を授與され画面の人物、物體が眼前に踊り出してくる鐵砲、ねずみ、女の足、ボール、ブランコ、犬、火、梯子、時計の振子、自動車等々が飛び出して來る不思議な面白い映画でメトロ映画社が制作したもの一度は見るべき映画だといふ
昭和十一年十月『秋田魁新報』より
この「飛び出す映画」は、二つのレンズが眼の間隔で並んだカメラで撮影した、赤・青二色のフイルムをスクリーンに投影し、同じく二色の立体眼鏡で鑑賞するアナグリフ方式といわれるもの。ちなみに米国におけるアナグリフ立体映画の商業的初公開は1915年(大正四年)。



映画の冒頭でアナグリフの原理と鑑賞方法の説明があり、そのあと皆様お待ちかねの立体映像がつづく。



観客は紙とセロファンでできた立体眼鏡を眼の前にかざして、スクリーンに投影される映像を見つめた。それは現代の3D映像と比べればチープな見世物にすぎないが、当時としては画期的な体験だったのである。


とびだす立体大画報 戦う艦船
月刊『少年』昭和三十六年十一月号付録

アナグリフ式の立体眼鏡は、かつて子ども向け雑誌に定番の付録であった。その付録には、赤青二色刷の漫画や図鑑がセットになっており、「来月号の付録は、飛び出すメガネと立体恐竜図鑑」などという予告に胸を躍らせた体験がある方も多いことだろう。



昭和二十八年、「Audioscopiks」と、その続編である「New Audioscopiks」を編集した立体映画が「メトロスコピックス」(邦題)のタイトルで公開されているが、眼鏡を持つ手が疲れるなど、評判は良くなかったようだ。

「Audioscopiks」シリーズの映像が YouTube にあったのでリンクを貼っておいた。映画館の大スクリーンで観るような顕著な立体効果は得られないが、セロファン紙と厚紙で立体眼鏡を工作して、昭和の初期に旭館で上映された「飛び出す映画」を、部屋を暗くして鑑賞するのも一興と思う。

十人衆町の旭館は戦後、「銀映座」「第二東映」「銀映劇場」と名を改め、昭和四十年頃に閉館。旭館で「飛び出す映画」が上映された頃、支配人を務めていたのが、戦後は市内に映画館数館を経営し、秋田初のシネコン・プレイタウンビルをオープンさせた秋田の映画王・村山多七郎である。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田劇場に「飛び出す活動写真」現る

関連リンク

3D Anaglyph Audioscopix (Part 1) - YouTube(YouTube)

3D Anaglyph Audioscopix (Part 2) - YouTube
「Audioscopiks」の続編

Third Dimension Murder(YouTube)
「Audioscopiks」シリーズのホラーコメディ

映画『超立体映画 ゾンビ3D』公式サイト
アナグリフ方式B級ホラー映画

立体写真館 Kawagoe

| 興行・見世物・映画 | 23:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オバQと不二家の蜜月時代

「週間少年サンデー」で連載されていた、藤子不二雄の漫画「オバケのQ太郎」がアニメ化されたのは昭和四十年(1965)の夏。TBS系、毎週日曜日夜七時半からの放送、東京ムービーによるモノクロ作品、提供は不二家だった。

当時、秋田には民放はまだABS秋田放送(日テレ系)の一社のみであったが、TBS系の番組も多く、「オバケのQ太郎」も、TBSの本放送からまもなく放送が開始されている。

20070203003028.gif
昭和四十年・秋田放送タイムテーブルから

日曜夜六時から「オバケのQ太郎」、そして、牛乳石鹸提供の「シャボン玉ホリデー」、熱血青春学園ドラマ「青春とは何だ」、九時からは、毎週ドキドキハラハラの連続の海外ドラマ「逃亡者」が始まる。これがまた次回が待ち遠しくなるほど、いいところで終わるんだよ。

この時代はほんどが一社提供で、もっと前の時代のことだ思うが、画面の下に提供テロップが常に流れていた。吹き替えの海外ドラマでは、音声と映像がズレまくってわけのわからない状態になることや、放送障害で「しばらくお待ち下さい」のテロップが延々と流れることも良くあった。

約二年間放映された「オバケのQ太郎」終了後は「パーマン」、そのあとが「怪物くん」と、藤子不二雄作品がつづき、不二家からはそれぞれのキャラクターを起用したお菓子が発売され、様々な懸賞キャンペーンが展開されていく。

20070203003017.jpg
昭和四十一年(1966)「週間少年サンデー」

お菓子のパッケージ百五十円分を一口で、毎週五百名にオバQ賞「オバQラジコン」。P子賞は毎週一万名に「オバQマーチ」ソノシート。

20070203003002.gif
昭和四十一年(1966)「週間少年マガジン」

多忙な漫画家にかわって広告会社の社員が代筆したとおぼしきオバQには、オリジナルにはないまゆ毛が書き込まれていて、なんとなくおまぬけ。

こちらは葉書にオバQの絵を描いて応募する、商品を買わなくても参加できるオープン懸賞。一人で何枚送ってもよい。

特賞が家族づれ十名様(二人一組を五組)をケニア自然動物園ご招待。一等「オバQパンチミー」(大型起き上がり人形)一万名、二等「オバQエハガキセット」一万名。

ケニアへはオバQの代理として藤子不二雄(安孫子、藤本両氏)が同行、みんなで一緒に「オバQ音頭」を踊ったという。この年の同じオープン懸賞に「Qちゃんといっしょにおとぎの国デンマークへ行こう」というキャンペーンもある。海外旅行なんてまだ夢の夢の時代の豪華懸賞である。

20070203002951.jpg

明治マーブルチョコのパクリのようなこのチョコレート。食べ終わったら駄菓子屋にあった「浮き玉」のようにして遊べる、おまけ付きアイデア商品だったが、遊んでいるうちに空気もれが発生して、いくら吹いても玉が浮かばず、すぐに捨ててしまった記憶がある。

夏が近づくと「オバケのQ太郎」のエンディングが、櫓の下で盆踊りを踊るオバQたちのアニメに変わり、バックになんとも能天気な歌詞の「オバQ音頭」が流れた。

♪キュッキュキュのキュ(アソレ!)
♪キュッキュキュのキュ(コレマタ!)
♪オバQ音頭で キュッキュッキュッ
♪空は晴れたし ホイ オバQ 悩みはないし ホイ オバQ‥‥‥

不二家のハイカップ(カルピスに似た甘い濃縮飲料)の王冠に切手二十円分を同封して送ると、もれなく「オバQ音頭」のソノシートが貰えるキャンペーンがあった。

20070203002939.gif

ペコちゃんの振り付けイラストの入ったソノシートは、不二家が幼稚園などに無料配布したこともあって、たちまちのうちに全国に浸透。四十年以上たった今でも八月になればどこからか聞こえてくる、盆踊りの定番ソングになった。

20070203230633.gif
昭和四十一年(1966)新聞広告

秋田市産業会館ホールで開催された「オバQこども大会」。プログラムは「オバQ主題歌」「オバQ音頭・竹部バレー団」「腹話術・南三郎」「映画・オバケのQ太郎〈2本〉」。その他「藤子不二雄先生のオバQ書き方指導もあります。」

昭和四十六年(1971)オバQがカラーアニメ「新オバケのQ太郎」となって、日テレ系毎週水曜七時半に帰ってきた。オバQの声優が変わり、提供は不二家とプリマハムの二社になっていた。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蘇る月刊『少年』の時代

光文社が創立六十周年を記念して、先ごろ月刊『少年』昭和三十七年四月号の完全復刻版を限定出版した。ずいぶん前から予約を受け付けていたらしいが、それを知ったのは発売後、もう少し遅れていたら、新品では入手できなかった可能性もある。

20051107204359.jpg

五千五百円という値段は高く感じられるかも知れないが、この時代の月刊少年誌の古書相場は状態にもよるが総じて高く、もしも附録も全て揃ったデットストック品(以前は希にみられたが…)が出たら、とんでもない値段がついてしまうことを考えると決して高価とはいえず、この復刻版もいずれはプレミアムがつく可能性もある。

20051107204312.jpg

約四十数年ぶりに校庭に埋めたタイムカプセルを開けて、小学校低学年の自分と再会するような不思議な感覚と興奮をおぼえながら、歴代の表紙が小さく印刷されボックスを開くと、そこには昭和三十年代が真空保存されていた。

20051107204339.jpg
表紙は長嶋茂雄

まだカラー写真が割高だった時代、印刷会社では製版職人が白黒写真を元に、長年培った勘を頼りに色分解し、カラー写真印刷を作製していた。だからこの当時の印刷物には、職人の手仕事による特有のノスタルジックな味わいがある。

主な連載は以下の通り

鉄人28号 横山光輝
サスケ 白土三平
ストップにいちゃん 関谷ひさし
シルバークロス 藤子不二夫
鉄腕アトム 手塚治虫
少年台風 小沢さとる
ポテト大将 板井れんたろう
ロボット一家 前谷惟光
銀河R3 桑田次郎
ガンキング 堀江卓
代打者 寺田ヒロオ
少年同盟 石森章太郎

少年探偵団/超人ニコラ 江戸川乱歩

この豪華メンバーをみれば、昭和三十七年が『少年』の絶頂期であったこと、復刻版としてこの号が選ばれた理由がわかる。

20051107204249.jpg
別冊附録

昭和三十年代のこと、隣家のお兄さんが高校受験を控え、勉強に集中させるためという口実で、それまで愛読していた漫画雑誌を処分することになり、我家に数年分の月刊『少年』がやってきた日の歓喜は忘れがたい。しかし、その影で、大切にしていた雑誌を取りあげられてしまった隣りのお兄さんの心持ちは、果たしていかほどのものだったかと、今思う。

そのころ、月刊誌を毎月かかさず買ってもらえるのは、一部の裕福な家の子供だけ、フツーの家の子供たちは、貸本屋か友達から借りて回し読みするものだった。ただし一年に一度、正月号だけは毎年買って貰えたのだが、当時は『少年』のほかに『少年画報』『ぼくら』『冒険王』などの月刊漫画誌が、正月号ともなれば、豪華な附録を満載して発行部数を競っていたため、店先にたたずみ、しばらくのあいだ「どれを買おうか……」と悩んだものだ。

20051107204220.jpg

別冊附録と組立て附録がはさまれた状態で、タコ糸で十字に縛られて分厚くふくれ上がり、平積みされた月刊誌は、子供たちの羨望の的として、本屋の店頭で宝物のように光り輝いていた。

月刊『少年』完全復刻版は、そんな時代を生きた世代にとって、三十年代のあの日に帰ることができるタイムトンネルであり、スペシャルなタイムカプセルなのだ。

関連リンク
光文社商品ページ

4334940536月刊漫画誌 「少年」 昭和37年 4月号 完全復刻BOX
コミック編集部

光文社 2005-10-19
売り上げランキング : 7,340
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT