二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

歴史的土蔵の小道・感恩講小路

秋田市・歴史の小路(五)


2010.08 「新政酒造」土蔵と猿谷小路

川反六丁目から本町通りに抜ける、「新政酒造」の土蔵(旧・秋田感恩講土蔵)に沿って東西に湾曲した小道を「猿谷(さるや)小路」という。その名は川反側の北角(上掲画像右手)で、昭和四十年代頃まで質店を営んでいた旧家の名字にちなんだもの。


手前に猿谷質店、小路をはさんで秋田感恩講土蔵と「新政酒造」


2005.03 帯谷小路

「猿谷小路」の南側が「帯谷(おびや)小路」。この名も「帯谷鉄工所」を経営していた旧家の名字にちなんだもの。酒の仕込みの時期になると、あたりには麹の甘い香りが漂う。


2009.011 神田小路

「帯谷小路」を西に進み、大町六丁目の交差点を過ぎると、ここも同じく旧家にちなんだ「神田小路」。最近まで北側に「神田鉄工所」があった。突き当たりに「石敢當」あり。画像左手のバイクが停まっている年季の入った店は、知る人ぞ知る庶民的中華料理の名店。


●旧町名・小路名の魅力とその効用



「新政酒造」の界隈には古い小路名が多い。これらは町民が命名した非公式愛称だ。

秋田市内には「保戸野鉄砲町」と「鉄砲町」というふたつの、鉄砲にちなんだ旧町名がある。「鉄砲町」は鉄砲を製造する鉄砲鍛冶が住んでいたことに由来。「保戸野鉄砲町」は鉄砲で武装した「鉄砲組」の足軽が住んでいた町。

「十人衆町」については定かな記録がないので不明だが、熊野十二所権現に関連して、初期は「十二所町」と呼ばれていた「じゅうにしょ」が転訛して「じゅうにんしゅう」となったとも、藩に多額の御用金を納めた“十人の資産家”が住んでいたことに由来する、ともいわれている。この町に「銀映座」という映画館があった。

時代劇に登場しそうな粋な地名「四十間堀町」ならびに「四十間堀川反町」は、町内を堀(水路)が通っていたことに由来するが、これはまた稿を改めて考察したい。「舟大工町」については後述する。

細かく区分けされた旧町名や小路名が便利なのは、名前を聞いてすぐその場所が分かること。たとえばタクシーに行き先を告げるとき、「十人衆町」といえば一発で分かるが、現在使われている新町名においては、上掲略図の大半が「大町六丁目●番●号」となってしまい、まったくもって分かりづらい。さらに、縦軸で分割された旧地名の隙間を埋め、おぎなうように、小路名を横軸に配置して地理の万全を期しているのが素晴らしい。


●舟のひしめく旭川・湯船ひしめくソープ街

嘉永五年(1852)に「佐卯商店」(現・新政酒造)を創業した佐藤卯兵右衛はもともと米問屋だったという。この地域は県南から雄物川水運で旭川を下った穀物など、物資の荷揚場で、いにしえは米問屋、材木屋、薪炭問屋などが軒をつらねた町。


2004.03 「新政酒造」酒蔵

春になると岩見三内方面から大量の木炭や薪木が陸揚げされた。石炭・石油・ガスが燃料として使われる以前、町民が煮炊きや暖房、風呂焚きに使用した燃料は薪炭が占めていたのだから、その数は尋常ではない。先に挙げた「猿谷小路」の質店、「帯谷小路」の鉄工所も、元来は木炭と薪を取り扱う薪炭商であった。


明治三十一年『秋田市商工人名』より

木炭の産地であった岩見山内の野崎を起点とし雄物川を下る舟を「岩見舟」と称し、その終点である下新橋のたもとに置かれた舟乗りのための舟宿「岩見小屋」が昭和三十年代まで残っていたという。
‥‥前略‥‥
 春には、毎年のように河辺郡の岩見三内から、炭やマキを積んだ岩見舟というのがさかのぼってきた。ときには中島の女学校下の浜までのばり、マキなどをおろしたものだ。しかし大半は鍛冶町川反に荷揚げされ、小売り人の手に渡り、きたるべき冬の燃料としてさばかれたものだ。
 この人たちは下新橋のたもとにある岩見小屋という建物にたむろし、遊郭などで遊び、ふところを軽くしてから村へ帰るのを常とした。その建て物は"新政"の酒倉の下に今でも残っている。
‥‥後略‥‥
洞城利喜『あきたよもやま』昭和五十一年刊 より


2009.11 川反より下新橋を望む

有楽町通りの裏側にあたる、下新橋の向こう岸(東側)が「岩見小屋」の置かれた浜(河原)だが、河川改修のため浜は消滅、往時の面影はない。

雄物川水運の舟がひしめき、舟を造る職人が住んでいた、川反の旧舟大工(ふなだいく)町も、今では“舟”ならぬ“湯船”のあるソープランドがひしめく、秋田を代表する風俗街に変貌した。


●「感恩講小路」の復活を・・・

「新政酒造」北側の「猿谷小路」は「感恩講小路」とも呼ばれていた。小路に沿った土蔵は旧感恩講の倉庫であり、北側には感恩講事務所があった。そして「猿谷小路」で薪炭商ならびに質屋を営んでいた猿谷利左衛門は、高堂や本金らとともに明治二十七年から感恩講の役員に就任している。

那波祐生をはじめとする「秋田感恩講」の創設に関わった先人、維持のために協力した商人・町民たちの威徳と熱情に思いをはせ、後世に語りつぐ意味でも、旧感恩講の歴史的土蔵群が白壁を連ねる小道に、今改めて「感恩講小路」の名を復活させようではないか。


2005.02 感恩講小路(猿谷小路)


大きな地図で見る
_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 人徳の商家・那波家
二〇世紀ひみつ基地 那波祐生と感恩講

二〇世紀ひみつ基地 歴史遺産「旧秋田感恩講土蔵群」を見る
二〇世紀ひみつ基地「感恩講発祥之地」碑・花散る里

「感恩講」二〇世紀ひみつ基地内検索

秋田市・歴史の小路(一)
二〇世紀ひみつ基地 「菊谷小路」という不可解
秋田市・歴史の小路(二)
二〇世紀ひみつ基地 参詣の小道・蓮住寺小路
秋田市・歴史の小路(三)
二〇世紀ひみつ基地 伝説の大イチョウ・座頭小路
秋田市・歴史の小路(四)
二〇世紀ひみつ基地 「付木小路」に響く音(ね)は‥‥

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歴史遺産「旧秋田感恩講土蔵群」を見る


●今、再びあらわになった歴史的土蔵建築



2004.03 「新政酒造」貯蔵タンク前


2010.08 「新政酒造」貯蔵タンク前

大町六丁目に立つ「新政酒造」貯蔵タンクのうち、北側の二本が撤去され、その裏側に隠れていた土蔵の全貌が久々にあらわになった。


2010.08 手前にタンクの痕跡

この土蔵は北隣の街区公園の地に江戸後期に創設された、窮民・孤児らに救いの手をさしのべ、水害・火災・凶作などの天災に際して被害者を救済しつづけた、日本における福祉 NPO(非営利民間組織)のさきがけと称される「秋田感恩講」が、天保年間に建造した、救済のための備蓄米を貯蔵していた倉庫。昭和三十七年の住宅地図にはまだ「秋田感恩講」と記されているこの土蔵を「新政酒造」が譲り受けて今に至る。

本町六丁目の火除け地に、工費一万貫文(かんもん)の予算で倉庫二棟の建築に着手。建設にあたって、藩から土地・瓦・門・柵などの寄贈を受け、町民有志の献金、木材、石材の寄付、老若男女の労力奉仕などを受けたため、予算の半額で天保二年(1831)に落成。当倉庫に備蓄された米が、のべ数百万人の命を繋いだ。


秋田感恩講・籾貯蔵倉庫(西倉) 大正14年『感恩講誌』より

永い年月の間、壁の塗り替えや屋根の葺き替え、補強を繰り返し、切妻の壁にみえる「感恩講」の文字は売却後に消され、腰回りに張りめぐらされていた黒い腰板も今は無いが、基本構造は創建時のままと思われる。

籾米の貯蔵といっても、米俵が積まれていたわけではない。内部には“田の字型”に仕切られた大きな籾櫃(もみびつ・籾を貯蔵する容器)が三つ、土間に埋められており(落とし込み式)、まず下層に籾米を入れ、その上を覆うように、厚く籾殻が積まれていたという。この貯蔵法は鼠の被害から籾米を守り、土中であることから低温で長期保存するために非常に有効であった。


施物運搬・平福百穂筆
明治三十八年『感恩講図巻 ALBUM DE L'ASSOCIATI0N "KAN-ON-KO"』より

倉庫から施し物を運び出した橇は鍛治町方向へ進行中。

この土蔵の裏(東側)に連なる、現「新政酒造」の土蔵も、おなじく旧「秋田感恩講」の倉庫。


2010.08 旧感恩講倉庫(東倉)

壁から伸びて屋根を支える鉄製もしくは木製の方杖(支柱)は、雪国秋田の土蔵建築に特徴的な耐雪手法。

天保二年に竣工した二棟の倉庫について、『感恩講誌』に「東倉ハ梁間四間桁間八間西倉ハ梁間三間半桁間十二間ナリ」とある。「梁間」は間口、「桁間」は奥行きを表すが、この記事に反して現状では西倉よりも東倉の方が奥行きがある。東倉には屋根の段差がみられることから、最初に建てた土蔵(東倉)が手狭になり、さらに東側にもう一棟を増築し、売却後に連結されたものだろう。


2010.08 旧感恩講倉庫(東倉)連結部分

白壁の中ほどを横切る突起ラインがとぎれている部分が二つの土蔵を連結した個所。この突起ラインの意味については後述する。

昔の空中写真を見ると二つの土蔵は分離しており、鳥瞰すれば今でも連結される前からの二つの屋根を確認することができる。


2006



ブルーマーキング部分が旧「秋田感恩講」敷地、白い部分が現存する旧感恩講土蔵群。


「秋田感恩講」事務所 大正14年『感恩講誌』より

昭和五十一年まで残っていた事務所と土蔵。昭和五十二年、その跡地に街区公園開園。


2010.08 感恩講街区公園(感恩講跡地)


2009.11 感恩講跡地

突き当たりに感恩講街区公園。左手の石垣の上にも土蔵が存在した。ここから川反へ抜ける小路は、感恩講の土蔵が東西に連なる、言うなれば「感恩講小路」であった。


2010.08 旧感恩講土蔵

窓枠の両側に伸びる突起ラインの下、窓枠を除く部分の腰回りに、墨を塗るなどの防水加工を施した黒い腰板を張りめぐらせていた。土蔵の漆喰は水に弱く傷みやすいため、雨水の跳ねっ返りや積雪から壁を守るために腰板をめぐらせる。そのため豪雪地帯では軒下まで腰板で覆っている土蔵がみられる。

かつてはその下を腰板が覆っていた、壁を横切る突起ラインを近くで見ると、若干のカーブを描く庇(ひさし)状になっている。これは雨水が腰板の裏に回り込まないように工夫した「水切」とよばれるもの。


2010.08 旧感恩講土蔵・水切

腰板の黒と漆喰の白がコントラストをみせていた土蔵も、いまでは下半身を裸にされ、なんだかしまりがない。



2010.08 川反側から旧感恩講土蔵


2010.08 那波紙店倉庫の腰板

災害や飢饉に備えて籾米を貯蔵した倉庫を「義倉」(ぎそう)または「社倉」という。旧「秋田感恩講」土蔵群は国内に現存する数少ない「義倉」のなかでも規模が大きく、それに加えて、“残された感恩講遺構”としても、保存する価値のある重要物件といえる。


大きな地図で見る
_________

追記

関連リンクを貼るために、新政酒造のオフィシャルサイトをのぞいたら、専務さんのブログに貯蔵タンクの撤去と旧感恩講の土蔵のことが語られていた。(下記関連リンク参照)現在使われていないその土蔵(西倉)の用途について「公共的な使い方、文化的な用途」も含めて検討しているとのこと。

是非とも無理のない範囲で実現させ、秋田の歴史的遺産である土蔵群を保存・継承する契機としていただきたいものだ。手始めに感恩講時代の外観を復元したらどうだろう。しかし、酒蔵として土蔵を維持しつづけるのもまた、文化的意義のある“活用方法”なのだとも思う。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 人徳の商家・那波家
二〇世紀ひみつ基地 那波祐生と感恩講

二〇世紀ひみつ基地 歴史的土蔵の小道・感恩講小路
二〇世紀ひみつ基地「感恩講発祥之地」碑・花散る里

「感恩講」二〇世紀ひみつ基地内検索

関連リンク

感恩講(かんのんこう)|蔵元駄文
新政酒造株式会社オフィシャルサイト

義倉 - Wikipedia
西尾市の文化財 義倉蔵 - 西尾市役所
四国村土佐三崎の義倉 文化遺産オンライン
ひろしま文化大百科 - 福田の社倉
広島県の文化財 - 下筒賀の社倉


| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川反みきょう小路・今は淋しき片側小路


美経小路・川反五丁目 06.09

南側が駐車場になり、片側だけの小路になって久しい川反五丁目(秋田市大町五丁目)美経小路。駐車場とビルとなった南側に存在した新美経小路も含めて、美経小路は川反最大規模の小路であった。この地に、江戸末期から営業していたのが「北潟屋」という味噌醤油醸造元。


昭和5年・6年 新聞広告

「北潟屋」は戦後、その敷地の一角で「美経」というフランス風のシックな喫茶店をオープン。「美経」の「美」は純真、「経」は「宇宙」、合わせて「広きマコト」をあらわすとのこと。

オーナーの趣味が高じて誕生した喫茶店だったが、当時はまだ珍しかった、東京の老舗コーヒー店から直送した豆を使う本格派コーヒーは通をうならせ、客が自由にレコードを選んでかけられるのも好評だったという。


昭和34年 雑誌広告

その後「北潟屋」の跡地に美経小路、つづいて新美経小路がオープン。




昭和34年 新聞広告(部分)

飲み屋街に喫茶店と甘味処があるのが面白い。喫茶店「美経」の創業は昭和28年のはずだが、昭和34年の上掲広告文に「甘くただようコーヒーの香りは八年間の実績」とある。計算が合わないのは、「六」を「八」と誤植したためか。
「美経小路」昭和34年当時
バー 裏窓・バー ミンク・鍋料理 好の家・小料理 天狗・バー ボルドー・喫茶バー アイリス・バー トップ・バー エレガ・バー メッカ・焼とり 福田屋・喫茶バー シャドウ・バー サヴォイー・バー ドリーム・おでん 高砂・クラブ ファンタジー・コーヒー店 美経・甘味の店 幸枝・なめこ汁お茶漬 なめこ・スタンドバー クラウン・バー ママ・バー 我が家・小料理 とら新・小料理 八重子・バー ラスト・小料理 小ばと・てんぷら 天広・バー 車・バー 松帆・バー ゼロ
「美経小路・新美経小路」昭和50年当時
アカシア・ポニー・モンプティ・紫・くつろぎ・めぐろ・木馬・ボルドー・とんかつや・ひとみ・福田屋・あざみ・エルモア・紫野・なるこ・京の竹・エレガ・北国・花びし・義江・くまん蜂・灯・杉・リーフ・みんく・裏窓・かおる・松帆
銀猫・再会・シャドウ・もんしぇりー・バイロン・麻美・ガーネット・紬・和子・湊・花・ゆめ・ドリーム・ハスラー・ブーケ・がらんす・高砂・左近・ファンタジー・バーディ-・グランバス・モノポリ・みっちゃん・ブラウン・ママ・我が家・公爵
1970年代には約60軒の飲食店が軒を連ねた美経小路とその周辺も、大半がビルと駐車場に変容、小路とは名ばかりの寂しい小路となった。

美経小路に創業した喫茶店「美経」はその後、東邦生命ビル地階、秋田名店街の一階を経て仲小路に移転、「cafe みきょう」の名で今も営業をつづけている。


06.03


04.09


04.09


04.04


大きな地図で見る
みきょう小路

cafe みきょう・川反発祥老舗喫茶店


川反五丁目雪景
戦前の川反五丁目



| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浄願寺の赤門・一丁目小路の煉瓦塀

●受刑者の汗が染みこんだ煉瓦塀

土手長町通りから一丁目橋を渡り、ニューシティービルの脇を直進、寺町を抜け新国道に至る一丁目小路はもともと寺町で行き止まりであったが、交通量の緩和を目的に、昭和36年、秋田国体を前にして浄願寺境内を貫通する延長工事を実施。浄願寺本堂は新道路の北側に鉄筋コンクリート造りに一新して移転、掘りおこされた墓は南隣の西善寺の土地に移された。

この拡張工事で一丁目小路の突き当たりに存在した赤煉瓦の山門が失われた。市民に「刑務所、裁判所、浄願寺の赤門」と並び称された、全国的にも珍しい煉瓦造りの山門から、南北に連なっていた煉瓦塀が、道路の左右に分断されて残り、往時の面影を今に伝えている。


「浄願寺」煉瓦塀・南側部分 2008.05

浄願寺の山門と塀に使用した煉瓦は、南秋田郡川尻村の秋田監獄(明治45年竣工・のちの秋田刑務所)建設の際に余ったものを檀家が貰ったか、もしくは安く譲り受けたものと伝えられている。


落成間もない秋田監獄(秋田刑務所)


秋田刑務所(旧秋田監獄)事務所

監獄を取り巻く内外の煉瓦塀だけで総延長 1.200 m。その他の建築に要した総数130余万個の煉瓦は、監獄向いの田んぼに設けた直営工場で受刑者に造らせた「囚人煉瓦」。山王沼田町から採取した粘土に、赤色を出すために砂鉄が含まれた雄物川の砂礫を加え、成型・乾燥を経て焼き上げたという。製造された数量は363万個弱。

平成元年、秋田刑務所(旧秋田監獄)の改築工事による煉瓦建築の解体がはじまる。市民から保存運動の声があがり、移築保存も検討されたことから最後まで残っていた重厚な赤煉瓦の正門も平成16年に解体。


解体を待つ秋田刑務所(旧秋田監獄)正門 2004.10


秋田刑務所(旧秋田監獄)正門頭頂部 2004.10

秋田監獄の設計者は公式記録には残っていないが、当時の司法省営繕課長で監獄の改良を目的に欧米諸国を視察後、日本各地に歴史に残る監獄を設計した山下啓次郎(1868~ 1931)とされ、正門の意匠も山下の影響が見て取れるものだった。


左・旧奈良監獄正門・頭頂部 右・旧千葉監獄正門・頭頂部(二件とも、設計・山下啓次郎)
山下啓次郎 - Wikipediaより

山下啓次郎の孫でジャズビアニスとの山下洋輔は、祖父・啓次郎の事跡をもとに、史実と妄想が織りなす小説『ドバラダ門』を書く。祖父が設計した鹿児島監獄の保存運動に賛同し、監獄正門前でライブを挙行。しかし保存運動は実らず、監獄は取り壊さたが、その石造りの正門だけは国の登録文化財として今も残っている。秋田でも山下を呼んで刑務所正門前で、ゲリラライブをやる計画があったと聞く。


「浄願寺」煉瓦塀 2008.05


「浄願寺」煉瓦塀 鋸状装飾 2008.05

浄願寺に残された煉瓦塀を観察すると、柱、天端、その下の鋸状装飾部分など、枠組み部分に褐色の煉瓦を用いているのに対し、その他の壁面に比較的に色の淡い煉瓦が積まれている。

その色の濃淡は主に焼成温度の違い。焼成温度が低いと色が淡く硬度も低く、高温であれば色が濃く硬度の高い煉瓦が焼き上がるため、褐色煉瓦の柱部分は比較的に保存状態が良いが、その他は劣化が激しい。


「浄願寺」煉瓦塀 2009.09

塀の裏側に回ると、破損品、表面が高温で変質したもの、膨張変形したものなど、規格外の不良品が多く、状態の良い部分を人目に触れる表側にして積んだことがわかる。市販されるはずのない規格外煉瓦の混在こそ、これらが秋田監獄から払い下げられた「囚人煉瓦」に他ならぬことを物語っているのだ。


「浄願寺」煉瓦塀・裏側 2010.05


「浄願寺」煉瓦塀・裏側 2010.05

かつて一丁目小路の突き当たりに存在した、東西文化が融合した「浄願寺の赤門」、建設当時の市民の眼にそれは、ハイカラかつ珍奇なものに映ったのではないだろうか。その山門をくぐり、境内を通り、寺の裏へ抜ける細道は、秋田市の遊郭街・常盤(ときわ)町への近道であったというが、その話はいずれまた。


一丁目小路「浄願寺の赤門」跡 2008.05


大きな地図で見る

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 久保田城の裏門を訪ねる
「浄願寺」の南隣「鱗勝院」の山門について


| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT