二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

氷水屋と銭湯と・消える昭和

季節外れな話題だが、秋田市内で営業していた昔ながらの氷水屋が、この数年間に次々と店を閉じた。その主な理由は経営者の高齢化と後継者の不在。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

夏期以外は大判焼き・鯛焼きを商う、牛島商店街の「佐々木商店」通称・牛島のババの店。

切妻屋根の町家建築に、かき氷の氷削機および大判焼機による製造工程が外から見える出窓を設けた古典的スタイルの、大正・昭和の風情が色濃く残る店であった。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

かき氷
▲廃業後、三皇祭の日に「岡崎製氷」が店頭を借りて臨時出店 2009.07

内風呂率が低く電気冷蔵庫がまだ贅沢品だった時代、銭湯の近くで営業する氷水屋が多く、風呂上がりにかき氷で涼味を楽しむ客で繁盛した。

牛島商店街の場合、「佐々木商店」から北へ1分ほど歩いた「三皇神社里宮」の近くに「三皇の湯」、さらに3分ほど北へ進み、太平川橋を越えた左手に「牛の湯」があった。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

大町三丁目「すずらん通り」の突き当たりに近い「竹内商店」も、「佐々木商店」と同様に、店頭で製造工程を見せる出窓がある、涼しくなると大判焼・おやきを商う店だったが、この数年間はカーテンを閉ざしたまま。(2017.04 大判焼きの営業を確認、不定期開店とのこと)

昭和8年頃の地図にも名がみえる「竹内商店」はもともと菓子屋で、以前は自家製のパンなども売っていた。

「竹内商店」の斜め向かい、柳町の角地にあった銭湯「松の湯」は、古くは「柳の湯」の名で、場所柄、川反の芸者さんが常連客だったという。「松の湯」はのちに「秋田ピカデリー」南側の田中町に移転。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

すずらん通り
すずらん通り 2016.11

手前に「竹内商店」、黄色い日除けテントの「美容室イク」、その奥に「土田果物店」。これらの店も廃業して久しい。

「すずらん通り」の突き当たりには、昭和49(1974)年まで映画館「秋田ピカデリー」が存在し、川反方向から延びる「すずらん通り」はかつて、昼夜を通して人通りの多い商店街だったが、近年は古くからの店が次々に店を閉じて、ずいぶん寂しくなった。

「竹内商店」の東隣、今は空き地になっている場所に70年代まであった中華料理「王芳」は、田中町の「松の湯」北隣を経て、秋田県庁の裏側、山王四丁目に移転し、大町五丁目「第二NKビル」入口左側に大町支店をオープン。料理はボリューム満点で安く、セロリを使った炒飯が癖になる味で、水餃子とセットでよく食べたものだが、平成20(2008)年10月頃に閉店。

斉藤もちや
▲斉藤もちや 2005.07

秋田市楢山本町で昭和10(1935)年創業の老舗「斉藤もちや」。今年(2016)の春頃に廃業。

夏期はかき氷を商い、真向かいに秋田市最後の銭湯「星の湯」がある。

かき氷屋跡
▲秋元商店跡 2004.05

ここからは遠い記憶の彼方にある氷水屋。

楢山愛宕下と牛島東の境界を東西に延びる新屋敷(しんやしき)小路にあって、夏はかき氷をやっていた駄菓子屋「秋元商店」。建物の右手にかき氷の製造工程を見せたとおぼしき小窓が残る。

新屋敷小路を東に進むと金照閣踏切、振り向いて西に進み、突き当たりを左折すると、冒頭の「佐々木商店」に到る。

銭湯跡
▲愛宕湯跡 2004.05

「秋元商店」の西隣のアパートは「愛宕湯」跡。所在地名は牛島だが隣町である愛宕下の「愛宕」を冠した銭湯は、70年代後半頃に廃業。子どもの頃に通っていたなつかしい銭湯だ。

黒澤家住宅
▲「黒澤家住宅」長屋門・東根小屋町(中通三丁目)

金照寺山・一つ森公園に移築された上級武家屋敷「黒澤家住宅」が、「たまご公園」の南側、東根小屋町(現・中通三丁目)にあった時代、長屋門形式の表門の両側に店舗を増築して貸していたが、左手の駄菓子屋のような店が氷水屋をやっていた記憶がある。画像右手は「佐々木表具所」。

至近距離にあった銭湯は「黒澤家住宅」から中通小学校方向に向かい、十字路を右折した池永小路の「鶴の湯」。徒歩1分の距離。

「黒澤家住宅」跡地には今、11階建てのマンション「パークハイツ中通」が建っている。

旧黒澤家住宅(旧所在 秋田県秋田市中通三丁目) 表門 文化遺産オンライン

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田の「都まんじゅう」金萬を東京人が喰う滑稽

キミは秋田銘菓『金萬』を知っているか!? 食べだしたら28個食べるまで止まらない

秋田といえば、キリタンポやあきたこまち、なまはげ、かまくら、稲庭うどん、横手やきそばなどがイメージとして頭に浮かぶ。しかし、真の秋田っ子は別のものが頭に浮かぶ。それが、秋田銘菓『金萬』(きんまん)である。

『金萬』は30年以上前から秋田銘菓として存在し、以前から多くの人たちが秋田土産として持ち帰ったといわれている。現在も秋田新幹線内で売られているので、秋田に行ったことがない人でも知っている人がいるかもしれない。そんな『金萬』の美味しい食べ方をご存じだろうか?

‥‥中略‥‥

ちなみに『金萬』はテレビCMが非常にユニークだといわれており、秋田県では好評を得ている。年齢が30歳以上の人たちは元祖『金萬』のCMの記憶があるはずだ。数バージョンのCMが存在するが、なぜかほとんどのCMに「28個食べました」というコメントが入っている。なぜ28個なのかは不明である。

秋田県生まれの人に『金萬』について語ってもらったところ、「子どものころはあまり好きじゃなかったのですが、オトナになってからはお茶とかコーヒーに合うのでたまーに食べるようになりましたね。いま東京に住んでるんでなかなか買えませんが(笑)」と話していた。




もともとは東京名物「都まんじゅう」が起源であり、現在の東京でも実演販売による出来たてホヤホヤのものが手に入る「都まん系」の一種「秋田銘菓・金萬」の、味が劣る真空パック商品を東京人が食べるという、本末転倒な記事がなんだか可笑しい。

この記事に対する Twitter の反応は、「食べたい」という感想や、金萬を懐かしむ秋田出身者の声にまじって、「ただの都まんじゅうじゃん。30年以上前から都まんじゅう食べてたって。パクリ?」「札幌のとうまんに似ている」「京都のロンドン焼きそっくりやん」「あっ京まんじゅう!」「高知の「都まん」にしか見えない!」「都まんじゅうだね。クローンが一杯いるのか」「これカステラ饅頭じゃん。どっちが先なんだ?」といったつぶやきも。

「金萬」の起源および歴史と「28個食べました」が有名な、なつかしのCM動画は以下リンク先に。

秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!


_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…
二〇世紀ひみつ基地 金萬のルーツはどこに
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」から「銀萬」新発売!
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」からアイスクリーム新発売!
二〇世紀ひみつ基地 秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!

関連リンク

キミは秋田銘菓『金萬』を知っているか!? 食べだしたら28個食べるまで止まらない | ロケットニュース24

| 食材・食文化 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!


◆福岡の鉄工所からすべてが始まった




以前に書いたように、秋田で「金萬」の商品名で知られる小さな焼きまんじゅうは、さまざまに名を変えて全国各地に分布している。その代表的ネーミングが「都(みやこ)まんじゅう」。

秋田銘菓「金萬」の歴史をたどると、東京の「都まんじゅう」を経由して、その自動製菓機とレシピを考案した福岡の城野(きの)鉄工所に行きつく。この小さな鉄工所からすべてが始まった。
都まんじゅう(みやこまんじゅう)とは、白あん等をカステラ風の生地で包んだ焼き饅頭。

日本中に次のような共通点を持つ異名同種の饅頭が存在する。

●機械による自動製造
●形は小型の今川焼(直径5cm、厚さ1.5cmほど)
●表面に図柄等の焼印

元々は製造機械のメーカーでもある福岡県の城野鉄工所が、昭和10年代に地元で菓子店を出店した後、東京に進出したことから「都まんじゅう」と名付けられ、製造機械の販売に伴い日本中に広まった。現在は愛知県の森川フードマシン株式会社が製造機械を販売している。
Wikipedia(最終更新 2011年4月3日)より
自社開発のキノ式自動製菓機を使った菓子店を開業した城野鉄工所は、店頭で実演販売を見せることで、まんじゅうを販売しつつ、同業者候補へのデモンストレーションを展開、一石二鳥に「都まんじゅう」系を全国に広めていった。


◆僕らは“まんじゅう製造ロボット”に釘付けになった

YouTube に投稿されている各地の「都まんじゅう」系・自動製菓機の動画をプレイリスト化してみた。






京都市新京極・ロンドンヤ「ロンドン焼」By scchiang


◆金座街に「金萬」誕生・実演販売もヒットの要因

「都まんじゅう」が全国に広がりはじめたのは戦後復興期の頃。昭和28年「金萬」創業者・大内正見氏は東京で繁盛する「都まんじゅう」店に刺激されて、秋田駅前・金座街で「金万」を売り出す。


昭和30年 新聞広告

黄金色の“金座街まんじゅう”略して「金万」のネーミングは、ほどなく「金萬」表記に変わる。広告に「登録銘菓」とあるからこのとき商標を登録したのだろう。

当時、大内氏が秋田駅前で経営していた飲食店は、金座街の食堂・喫茶「金萬」のほかに食堂「正味」(銀座街)、生蕎麦「大内」(平和通り)の三店。

リズミカルな金属音を響かせ、甘い香りをただよわせながら、次々とまんじゅうが焼きあがるようすを、ガラス越しに見せる実演商法が大当たり。秋田駅前・金座街の名物として定着した「金萬」はやがて秋田土産の定番となり、その名声を不動のものとする。

ちなみに「金萬」が「秋田名菓」を名乗るのは、創業者である大内正見氏が亡くなった昭和55年以降。

「金萬本舗」では現在、駅東の工場で集中生産したものを各売店に配達しているが、「都まんじゅう」系は、同時代に全国に普及した「大判焼き」と同様に、店頭での実演販売が本来の姿なのだ。


金萬CM(邪魔なコメントを消すには右端のフキダシをクリック)


金萬CM三種

下記関連リンクに各地の「都まんじゅう」系の記事を集めた。百貨店の一画で実演販売をする店舗が想像以上に多い。廃業した店もあれば、なつかしの味を復活させて好評を博した例も。一個30円という庶民的価格の店もあり、その色合い・風合いもさまざまだが、見た目の良さとネーミングに関していえば「金萬」が上位に入るのではないだろうか。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…
二〇世紀ひみつ基地 金萬のルーツはどこに
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」から「銀萬」新発売!
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」からアイスクリーム新発売!

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期
二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 平和通り・消えた駅前小路

関連リンク

都まんじゅう - Wikipedia
金生饅頭 - Wikipedia
とうまん - Wikipedia

◆各地の「都まんじゅう」系

都まん本舗「高知の銘菓 “都まん” 」

浅草 中村屋・都まんじゅう

上野の「都まんじゅう」:わたしのあしあと

都まんじゅう 真砂町 - 新清水/和菓子 [食べログ]

【お土産】つるや製菓の「都まんじゅう」(八王子)

都まんじゅう|湘南ひらつか名産品選定委員会推奨品

とうまん 冨士屋アピア店 - 札幌/和菓子 [食べログ]
とうまん冨士屋 丸井今井B1店 - 大通/スイーツ(その他) [食べログ]

菊川商店 箱根まんじゅうカステラ焼き/和菓子 [食べログ]

カステラ饅頭の秋芳堂 浜松市
カステラ饅頭再び - ねこじゃらし・Kの懐かし処

京都 ロンドンヤ《ロンドン焼10個525円》

昔ながらの変わらぬ味。デパ地下名物・いづつや饅頭 | 北九州市井筒屋百貨店
たろちゃん饅頭!!・飯塚井筒屋
ほんまち饅頭 - 飯塚井筒屋サロン

大丸饅頭 大丸梅田店 - 北新地/和菓子 [食べログ]
大丸饅頭・大丸焼きの謎

【愛知】懐かしのまんじゅう復活「かぶき家」が旧豊橋西武の名物再現

そごう饅頭:千葉そごうデパート

復刻!! 回転玉屋まんじゅうオープン!!:老舗百貨店「玉屋」

「いちょう小町饅頭! くまもと県民百貨店にて。」

千両饅頭 - 熊本・鶴屋百貨店 [食べログ]

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

郷愁のかき氷屋・牛島商店街


太平川橋より牛島商店街を望む

●牛島の商店街

秋田市の牛島商店街は江戸初期、参勤交代の街道(羽州街道)として開かれ、それ以来商業の栄えた通りであり、仁井田、雄和の人々は、全ての用をここでまかなったという。

牛島の商店街は、生家からいちばん近い町、さまざまな想い出がつまった自分の原風景のひとつ。

今は消えてしまったなつかしい店をあげると、貸本屋「牛島文庫」、「鳩文堂書店」、銭湯「三皇の湯」、パン屋「三皇堂」、お菓子「甘泉堂」、文具「飛田商店」、「石川馬具店」等々。三皇神社の近くには、三皇さんにあやかってその名を冠したパン屋と風呂屋があった。

なかでも印象深いのは「石川馬具店」。革製の鞍や手綱、大きな馬鈴など、珍しいものがあふれかえり、馬具職人が働く店頭に立ちつくし、しばらくのあいだそれらを眺めるのが常であった。まだ農耕馬や馬車が現役で活躍していた時代だったから、店も継続できていたのだろう。

そして忘れてはならないのが、今も奇跡的に残っている、夏はかき氷、冬は大判焼きの店「佐々木」。看板がないので「牛島のかき氷・大判焼き」とか「牛島のババの店」と呼ばれ、大概はそれで通用する。

●夏祭りの夜はノスタルジックワールド

20060826173901.jpg
04.07.11 牛島のお祭りの日

昭和の遺産のような年季の入った建物は往時のまま、 ガタピシの引戸を開けて中に入れば店内も昔と変わらず、あの夏の日、兄弟と一緒に、かき氷をあわてて食べて、頭がツーンと痛くなった記憶が、蝉時雨の音とともに脳裏によみがえってくる。

あのころは、おばさんと、おばあさんの二人が働いていたが、おばあさんは亡くなり、 今はおばあさんになったおばさんが、ひとりで切り盛りしている。ちょっと頑固なおばあさんである。

普段この通りは交通量が多く、歩くのもままならないほどだが、一年に一度、牛島のお祭りの日だけは歩行者天国となる。車の通らない通りは、夏祭りという装置がタイムマシンとなって、子どものころに遊んだ、あのなつかしい、風情ある静かな街並みが現代に再現されるのだ。

陽も落ちて、かき氷屋の店頭に明かりが灯るころ、そのムードはますます高まる。約四十年ぶりにお祭りに出かけた夜、この光景を眼にして鳥肌が立った。あたかも昭和三十年代の夏の夜にタイムスリップしたかのような光景は、再現されたジオラマのような仮想現実感をともなってはいるが、夢ではなく、確かに今ここに存在しているのだ。

20060826173833.jpg
04.07.11 牛島のお祭りの日

●かき氷屋におつかいに

まだ冷蔵庫が高嶺の花だったころ、夏の暑い盛りの夜、この店に氷のかたまりを買うおつかいに行かされた。持参したアルマイトのボールに入れてもらった氷が溶けないように、子どもの足で十分ほどの帰り道を急ぐあまり、すっころんで氷が土まみれになったこともある。

氷はキリで砕いてタイガー魔法瓶に入れて保冷するのだが、そのころの魔法瓶の内部は今のようなステンレス製ではなく、ガラスに銀メッキを施したものだっため、乱暴に氷を入れたりすると、すぐに壊れてしまうので気をつけねばならなかった。

「渡辺のジュースの素」(粉末ジュース)を水に溶かし、氷を浮かべて飲むのが当時の楽しみであった。

20060826173818.jpg
魔法のランプのような当時の魔法瓶

●残したい昭和のたたずまい

今年の夏祭りの日、かき氷屋は書き入れ時だというのに、残念ながら店を閉じていた。その後すぐにはじめたようだが、なにせお年寄りが一人、マイペースで営業しているため、休みがちだったり、涼しくなって大判焼きの季節が到来しても、なかなか開店しないことも最近は多い。

20060826173804.jpg

こんな昭和のたたずまいを残した雰囲気のある店は、今や秋田市内では珍しく、できるだけ永く続けてほしいものだが‥‥‥。

20060826233846.jpg
04.01 冬の大判焼き

一昨年、久々に入ったら、小豆あんの大判焼きだけだったのが、クリーム大判と鯛焼きがメニューに加わっていた。どれも一個70円というのは秋田では最安値ではないだろうか。ちなみに、かき氷は100円からだったはず。


20060826234802.gif

-----------

関連記事

楢山表町・かき氷ストリート

牛島の祭り・三皇熊野神社例大祭

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 15:30 | comments:7 | trackbacks:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT