FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

鏝絵・左官職人の心意気

20050424002804.jpg
鏝絵「波に雲龍」
秋田市下北手桜・鈴木家

鏝絵(こてえ)とは、左官職人が鏝(コテ)を絵筆として、民家の土蔵の壁や扉、室内の欄間、壁などに、「鯉の滝登り」「鶴亀」「波乗リ兎」「雲龍」「お多福」などの縁起の良い意匠を、漆喰の浮彫りで描き彩色したもので、秋田市内では主に、下北手、太平、豊岩などに残されている。

20050424002840.jpg

漆喰を使った鏝絵を考案したのは、文化十二年(1815)伊豆松崎に生を受けた入江長八(通称・伊豆の長八)といわれ、その技術は幕末から大正にかけて全国に広まってゆく。秋田市内では、とくに広面が多くの左官の名工を輩出した地で鏝絵の名人もいた。左官職人が本業の壁塗りを終え、鏝絵を描いたのには、いい仕事させてもらった施主への感謝の意味もあった。

20050424002928.jpg

下北手桜のこの物件は、明治中期の制作で、普通は土蔵の一部に描かれる鏝絵が、正面を除く壁全面をとりまくように「波に雲龍」が描かれている。龍の眼にはガラスを使用。これほどの規模と迫力のある大作は全国的にみても珍しく、技術的、芸術的にも優れている。しかし、長年の風雨にさらされて崩落が激しく、このままでは近い将来消えてゆく運命にあることが惜しまれてならない。

20050424002906.jpg

龍は富貴・吉祥・豊饒のシンボル、また雲を呼び雨を降らせる水神であることから、波とともに土蔵を火災から守ることを願ったもの。

関連リンク
「鏝絵」展示室(秋田市内)
大分の鏝絵
安心院の鏝絵(大分)
山香鏝絵(大分)
摂田屋の鏝絵(長岡)
鏝絵技術の芸術性調査へ/富山県教委

| 祭り・民俗・歳時記 | 23:30 | comments:1 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

旧野口酒造酒蔵・通町

20050127222422.jpg
秋田市通町 明治初期の酒蔵だけが残る

藩政期の秋田には酒造家(さかや)が多かった。明和七年(1770)の記録では、久保田町(土崎、新屋、牛島などをのぞく秋田市中心部)だけでも、五十三軒もの数が記録され、通町だけで五、六軒の造り酒屋があった。

通町のなかでも、野口酒造は最後発の酒造家。
明治四年、秋田市上通町に初代・野口周次郎が創業。酒酩「親玉」。
北海道市場開拓に努め、当時他県の有名銘柄も入り込むのが困難だった北海道に堅い地盤を広めた。「親玉」は大正九年、奥羽連合清酒醤油品評会で優等賞、大正七年、十年に秋田県清酒品評会で優等賞を受賞し声価を高める。昭和十九年、国の企業整備により廃業、秋田酒類製造株式会社(高清水)に整理・統合され、株主構成員として参加する。

20050127222408.jpg
鏡、剣、玉の三種の神器をデザインした包装紙

インパクトのあるブランド名である。

| 秋田市今昔 | 22:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |