二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

1981 漫画喫茶「ちろりん村」仲小路ビルにオープン

漫画喫茶ちろりん村▲1981(昭和56)年12月 新聞広告

あなたは5,000冊の漫画を読破するのに何日かかる!?

12月10日 AM8:00
仲小路ビル3階に漫画5,000冊を取り揃えた
話題のマンガ喫茶
コミック&喫茶 ちろりん村 OPEN!!

お仕事前のいこいのひとときに、又モーニングサービス、ボリュームある昼食にご利用下さい。

コミック&珈琲
ちろりん村
秋田市中通二丁目1の48(仲小路ビル3F)
営業時間AM8:00〜PM8:00

1981(昭和56)年12月10日、秋田市「仲小路ビル」3階に漫画喫茶「ちろりん村」オープン。おそらくこれが秋田初の漫画喫茶。

漫画喫茶から発展した現代のネットカフェのような個室や客席の間仕切りもなく、時間制限もない。書棚に囲まれたオープンスペースに簡易なテーブルと椅子を配置した店内。

オープン時点で PM8:00 とやけに早い閉店時間は、間もなく PM9:00 までに延長される。

広告のイラストに当時の人気漫画『Dr.スランプ 』(ドクタースランプ)の登場人物が使われている点については、著作権者に関する記述が見当たらないため、無断使用の可能性が高い。

現在ならば新聞広告掲載基準によって掲載を拒否され、手直しを求められる案件だが、当時はまだ著作権に対する対応が今のように厳格ではなく、特に地方紙においてはルーズさが残っていて、たとえば同時代の80年代初頭に掲載された、ディズニーのキャラクターを使用した食堂の新聞広告(近日公開予定)のように、稀に著作権を無視した例が見られた。

漫画喫茶ちろりん村

 県内では珍しい本格的な漫画喫茶=写真=がこのほど、秋田市中通のビル内にお目見えした。

 今まで漫画を置いている喫茶店は数多くあったが、五千冊以上もそろえたのはおそらく始めて、八畳二間ほどの広さの店内には入口正面から壁という壁に漫画がギッシリ。つい立式の本棚まである。

 客はやはりヤングが多い、という。午前八時の開店時間になると、出勤前のサラリーマンがモーニング・サービスを食べながらベージをめくる。また午後は、高校生や大学生が教科書はそっちのけでコーヒー片手に読みふける姿が見られる。いずれも無言。軽いポップ調のBGMを聴きながら「Dr・スランプ」などを読む姿は、やはり現代若者の一風俗か?

 今後、客の要望にこたえて随時漫画を増やしていくそうだが、コーヒー一杯で何時間も漫画に熱中する人ばかりだったらどうするんだろう?

1981(昭和56)年12月21日『秋田魁新報』より

漫画喫茶ちろりん村
▲『週刊アキタ』より

店名の「ちろりん村」は、NHK総合テレビで昭和30年代の夕方に放送された連続人形劇『チロリン村とくるみの木』から拝借。

1990年代前半、漫画喫茶「ちろりん村」閉店。

1991(平成3)年頃の「仲小路ビル」テナント

BF
ぱいたん倶楽部
占い館1999
やき鳥 車

1F
私の部屋 (株)平惣
ポルト
弥助そば 秋田店

2F
れもん
朱鷺
デジャ・ブー
ダックスフンド

3F
トライアングルクラブ
ちろりん村
メゾ148

秋田市仲小路ビル▲2004.07 仲小路ビル

2004(平成16)年撮影の写真から看板類に記された店名を拾ってみる。

まず1階入口付近に「冷し中華」の幟旗と「ぱいたん倶楽部」の看板がある。1階エントランスから階段を降りた突き当たりの地下1階、豚骨の香りが染みついたラーメン屋「ぱいたん倶楽部」は当地で創業し、2020年現在、秋田市広面字樋ノ沖で営業中。

入口の左手にスパゲッティ&ワイン「ポルト」。そば粉を使った生地で梅餡をつつんだ、そばまんじゅうが名物だった「弥助そば」秋田店。角地の雑貨店「私の部屋」と並ぶ。

当ビルで長く営業した「ポルト」は、秋田市山王にイタリアンレストラン「ミラノ食堂」と名を変えて移転後、2017(平成29)年「サンパティオ大町」内に移転「ミュージックバー ポルト」と、元の店名に戻った。

2階のテナントはスナック「朱鷺」広島風お好み焼き「れもん」定食屋「お万菜」。

その後の「仲小路ビル」については下記関連記事を参照のこと。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駅前・竜神堂と純喫茶「カカシ」界隈・1970年代初頭

昭和の秋田駅前

整理中に出てきた、とのことで頂戴した古いスナップ写真。今回はこの写真を考証するが、なかなか情報量の豊富な一枚であった。

撮影地点は秋田駅前・平和通りの裏側。現在の「フォンテAKITA」(旧イトーヨーカドー秋田店) 北側の大屋根下である。

手前から平和通りに所属するナショナルショップ「中央電気商会」「石川履物店」おもちゃの「ポパイ」洋服の「かめや本店」と並び、「かめや本店」西側の小路を左折すると、伝説的駅前食堂「まんぷく食堂」が店を構える末広町に抜ける。周辺の商店配置図等は文末の関連記事リンク先に。

「かめや本店」はのちに同店経営のジーンズショップ「ジーンズ・アベニュー」と変わり「かめや本店」が「金座街」の広小路側西角の「かめや第一支店」跡に移転。

秋田初の全天候型アーケード街・平和通りの裏通りにあたるが、「ポパイ」「かめや本店」のように、表通りと裏通りの両側に出入口を設けて、客の導入を促進する商店もあった。

秋田駅前大屋根下
▲2017.09 秋田駅前大屋根下

秋田駅前竜神堂

左手に「まんぷく食堂」の電柱看板。この日は駅前商店街の夏祭り期間中のようで「石川履物店」裏手に八大龍神の幟旗(のぼりばた)が立てられ、その下に御神輿が確認できる。手前の人物に隠れて、わずかに見える白地に赤く “祭” と描かれたとおぼしきものは、大人用の御神輿の頭頂部か。 

幟旗の向いに龍神様を祀(まつ)る古い「竜神堂」が鎮座していた。祭日は8月16日17日。明治35(1902)年に秋田駅が開業するのに先立ち、旅館や商店が建ち始めた頃に創建された神社だったのだろう。龍神は水神であることから、街を火災から守る火伏(ひぶ)せの神として信仰された。

川反や駅前の飲み屋で尺八を披露して日銭を稼いで生活していた、秋田の名物男 “中島のてっちゃ” は、駅員のお目こぼしで秋田駅の待合室や、秋田駅前「竜神堂」の縁の下もネグラにしていたという。

昭和の秋田駅前

「かめや」の “か” を亀の形にデザインしたロゴマークがある「かめや本店」の看板の向こう側、レンガ色の屋根が見える建物が、金座街の角地に位置した洋服の「森長」金座街店。

その後方に、現在の「秋田市公営駐車場」の場所にあった「東北電力秋田支店」の無線鉄塔がそびえる。

昭和48(1973)年9月、新国道沿いの山王五丁目に「東北電力秋田支店」新社屋竣工。当時、新社屋の向かいは「秋田中央交通」社屋とバスターミナル。その跡地に、昭和60年代「長崎屋秋田店」を核テナントとし、食品スーパー「ファミリーストアなかよし」が入居する「秋田中交ホリディスクエア」が開業。時を経て今は「ドン・キホーテ秋田店」となった。

昭和の秋田駅前

洋服の「森長」付近はピントが甘くて不鮮明だが、手前に「森長」東隣の喫茶店「パーラー・オクタ」(のちにポミエとなる) の丸形袖看板、そして右手に「森長」の二階に入っていた純喫茶「カカシ」のスタンド看板と店名入り装飾テントを確認。 これで70年代初頭の撮影と特定できた。

純喫茶カカシ
▲昭和46(1971)年 新聞広告

昭和46(1971)年1月26日「森長」金座街店二階に純喫茶「カカシ」オープン。

純喫茶カカシ

お待たせいたしました

純喫茶 カカシ 堂々オープン 

春は馬車に乗って、でもことしの春は装いも新たな純喫茶《カカシ》とともにやってまいりました。
ヨーロッパモードのデザイン・・・・・・。香り高いコーヒーのすばらしい味・・・・・・。
きっと《カカシ》はあなたのティールームとしてごきげんな店となるでしょう。
どうぞ彼女と・・・・・・彼と・・・・・・。ご一緒に早春とともにワイドオープンした《カカシ》へお出かけください。

純喫茶カカシ
▲純喫茶「カカシ」のブックマッチ(紙マッチ)

紳士服・森長

マッチの裏面に「森長」の広告。純喫茶「カカシ」は同店が経営していたのだろう。

秋田県内全域および「ダイエー山形店」盛岡の「協働社ビル」などに、80年代の最盛期には約30店を展開、年商30億を計上していた「森長」も、相次ぐ全国チェーン店の進出のあおりを受け、徐々に経営が悪化、本業を不動産業にシフトして経営を続けていたが、平成24(2012)年に破産。

最後まで名前が残っていた「フォンテAKITA」内の「森長」も、平成28(2016)年12月をもって廃業、50余年におよぶ歴史に幕を下ろす。「森長」のことはいずれまた。

純喫茶カカシ

新聞広告を見ると「カカシ」は当時、秋田のほか新潟・東京・甲府に店を構えるチェーン店で、どうやら筆頭の新潟市古町通(現・新潟市中央区古町通)の古町店が本店らしい。

「喫茶 カカシ」で検索すると「カカシ」古町店の一階はメンズショップ「ヤマダ」という紳士服の店だったとのこと。同業である秋田の「森長」と交流があったのかも。

 純喫茶カカシ跡
▲Googleストリートビュー 撮影日:7月 2018

Googleストリートビューで見つけた、メンズショップ「ヤマダ」と二階の純喫茶「カカシ」古町店の跡。

純喫茶カカシ跡
▲Googleストリートビュー 撮影日:5月 2018

こちらは純喫茶「カカシ」東京店が入っていた東京市品川区上大崎の「マツヤビル」。

昭和の秋田駅前

「秋田駅前商店街とヨーカドー変遷」に書いたように、銀座街、平和通り、末広町と、その界隈の建物が取り壊された跡地に、昭和55(1980)年「イトーヨーカドー秋田店」を核テナントとする「秋田ショッピングセンター」がオープンすると、地権者である「中央電気商会」はファンシーショップ「Happy Day」として入居、おもちゃの「ポパイ」は飲食業に転業し、しゃぶしゃぶ・すき焼き・天ぷら「煌・あかり」うなぎ・なべ料理「六兵衛」をレストラン街に出店した。

次いで昭和59(1984)年、金座街跡地に買物広場(アゴラ広場)とバスターミナルがオープン。隣接する高裁跡地に「西武百貨店」と地元の老舗デパート「本金」が提携した「ほんきん西武」(現・西武秋田店) 開業。金座街にあった商店の一部もテナントとして入居する。

最後に「竜神堂」純喫茶「カカシ」旧「東北電力秋田支店」初期「まんぷく食堂」と、消えた駅前小路のおおよその位置を現在の地図に重ねて提示。駅前商店街周辺について言及した過去記事は文末の関連記事リンク先に。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薬局二階の喫茶店コンパル

中央薬局
↑「中央薬局」南通り本店 2014.03

 秋田市南通亀の町「中央薬局」南通り本店が平成29(2017)年5月末に閉店(勝平店、将軍野店は継続)。

画像右手(西隣)に平成28(2016)年6月に廃業したジーンズ・ショップ「ドン」。「中央薬局」の後方、紺色の日除けテントがある出入口を上がった二階に、かつて純喫茶「コンパル」があった。

純喫茶コンパル
↑ 昭和43(1968)年1月 新聞広告

メニューにトルコライスがある、オール100円のランチ。中華そば一杯が100円から120円の時代なので、それほど安いわけではない。

その店名は名古屋の老舗喫茶店「コンパル」にあやかったものだろう。

レストラン コンパル
↑ 昭和43(1968)年3月 新聞広告

当初は三階にレストラン、二階を純喫茶として開業するが、のちにレストランは二階に統合され、三階は雀荘となる。

純喫茶コンパル

70年代末から80年代前半にかけて、同じ南通りの一番町にあった「留り木」か「コンパル」で夕食をとることが多かったが、ご無沙汰しているうちに、いつの間にか閉店していた。

中央薬局跡
↑「中央薬局」南通り本店跡 2017.12

「中央薬局」の跡は時間貸駐車場、隣接していたジーンズ・ショップ「ドン」跡には新興宗教の会館が建ち、この一年で周辺の景観は大きく変容した。


↑「中央薬局」南通り本店跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さようなら「やちよ本店」秋田駅前喫茶店

やちよ本店
2013.06 秋田駅前「やちよ本店」

「喫茶やちよ」25日で歴史に幕 常連客、閉店惜しむ

 昭和の雰囲気を残す思い出の喫茶店が、秋田市の繁華街から、また一つ姿を消す。昔から変わらぬ味の洋食とマスターの人柄で親しまれてきた同市中通4丁目の「喫茶やちよ」があす25日、36年の歴史に幕を下ろす。高校時代から通っていたという常連客も多く、「青春の思い出が詰まった場がなくなるのは寂しい」と惜しむ声が上がっている。

 「まだ続けたいという気持ちもあったが、年も年だから、区切りをつけようと思った」。マスターの藤田諭さん(65)が閉店の理由を語る。

 今月16日に店員が短文投稿サイト「ツイッター」を使って閉店を知らせ、17日には店に張り紙をしたところ、常連客らが続々と来店。この週末は久しぶりに店内で再会し、思い出話に花を咲かせる人の姿が目立った。わざわざ東京から駆け付けた人もいた。藤田さんは「同窓会のようなものですよ」とうれしそうだった。

 25日まで通常通り、午前7時半から午後8時まで営業する。妻の節子さん(65)がフォンテAKITAで経営する「パルルやちよ」は今後も営業を続ける。

(2013/06/24 16:19 更新)さきがけonTheWeb より 

やちよ本店

戦後の復興期に秋田駅前に誕生した飲食店の名を引き継ぎ、駅前商店街の一画、末広町で営業していた喫茶店「やちよ」は、1970年代末の秋田駅前南地区再開発にともない、市民市場に近い青木ビルに移転。

昭和55(1980)年、旧店舗跡地に竣工した「イトーヨーカドー秋田店」(現・フォンテAKITA)7階に「パルルやちよ」を開業する。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 末広町・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前商店街とヨーカドー変遷

関連リンク
やちよ本店 - 秋田/喫茶店 [食べログ]
パルルやちよ - 秋田/喫茶店 [食べログ]

やちよ本店

やちよ本店

やちよ本店

やちよ本店

やちよ本店

かつては高校生のたまり場、そしてデートスポットであった「やちよ本店」。その壁面を埋めつくす落書きも名物であった。

やちよ本店

やちよ本店

やちよ本店

やちよ本店

幾年のあいだ、幾人もの若者の手によって、地層のように書き重ねられた、青き日のコトバの集積は、現代アートさながら。

やちよ本店

90年代初めの頃「やちよ本店」でバイトをしていたのが、秋田出身のジャズギタリスト・小沼ようすけ。

関連リンク
Yosuke Onuma Official Web Site

やちよ本店トルコライス

「やちよ本店」最後の晩餐はトルコライス。コックさんは「パルルやちよ」に入るというから、人気メニューは是非ともあちらで継続してもらいたい。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地「やちよ」のトルコライス

やちよ本店

やちよ本店

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地「やちよ」のトルコライス
二〇世紀ひみつ基地 末広町・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 1980「イトーヨーカドー秋田店」開店の日
二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前商店街とヨーカドー変遷

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT