二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

堀端の町・手形堀反町

消えた堀の記憶(三)



秋田駅西口から広小路に向い、パチンコ「リボン会館」を右折し、手形方面へ向かう通りの旧町名を手形堀反(ほりばた)町という。西側に堀があったがゆえに命名された町名のため、正確には通りの東側(秋田駅側)が手形堀反町ということになる。

秋田市内の堀端に由来する旧町名を挙げると、木内デパート向いの古川堀反町をはじめ、長野下堀反町、亀ノ丁堀反町、長野下堀反町、手形堀反町。堀端の町のためいずれもその昔は片側町であった。

秋田駅周辺の旧町名を長沼町と称したように、駅周辺から駅東の一帯は、長沼、手潟(手形)、赤沼などが断続する広大な沼地であったが、手形堀反町は佐竹氏の都市計画により、元和年間(1615-1624)、明田の富士山(ふじやま)の土を、長沼を大舟で運んで造成され、高禄の家臣が住む武家屋敷となる。

20061217173148.gif

手形堀反町の堀は明治から大正時代にかけて埋立てられたが、堀を縁どる土手の面影は今も随所に残されている。

20061217173057.jpg
旧堀より土手の名残(上中城)を望む

現在、脳研や衛研など医療関係の建物が多くを占める上中城の高台は、藩政期は佐竹氏の重臣たちの大きな屋敷が連なり、明治期には、第十六旅団司令部、歩兵十七連隊の衛戍(えいじゅ)病院などが置かれた。

20061217173046.jpg
手形堀反町・上中城周辺
撮影・昭和50年(1975)
国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省(C)

堀跡には住宅が密集し、土手の名残である樹木が上中城の台地を取り囲むように残されている。大手門通りの西、右下の白い部分も埋立てられた堀の一部。

手前の建物は、秋田大学医学部附属病院(旧県立中央病院)。作家の南木佳士が医学生のころ、つらい臨床実習をくり返していた病院である。

-----------

関連記事

足下の江戸・古川堀反町遺跡
公園外濠ノ景・風景を読む
幻の仁別川の流れを辿る
広小路から消えた堀

南木佳士『医学生』・秋大医学部

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南木佳士『医学生』・秋大医学部

20050220235313.jpg
秋田大学医学部校舎・昭和四十七年(1972 )

田んぼの中にポツンと完成して間もない五階建ての校舎。まだ付属病院の建物もない。医師で作家の南木佳士が学んでいたころだ。

南木は、国立高校を卒業し医学部を目指すが、現役での受験は失敗し浪人。1971年、絶対確実といわれた、一期校の千葉大学医学部を受験するが不合格となり、不本意ながらも、やむをえず二期校の秋田大学医学部に入学する。挫折感と劣等感を抱きながらの都落ちのため、秋田での生活は、見るもの聞くものが田舎臭くて嫌いだった、と南木はいう。

『医学生』 は秋田大学医学部第二期生の四人の主人公たちが、それぞれ悩みや事情を抱え、葛藤しながらも医師を目指し卒業するまでの青春群像であり、南木の自伝的な小説。
南木自身と思われる車谷和丸は、秋田市広面大字昼寝に建つ「昼寝アパート」に住む。彼が入学したとき医学部は姿も形もなく、鉱山学部と教育学部の校舎を間借りして講義を行っていたため、秋田大学と医学部建設予定地の中間点にあるこのアパートに決めたという。

和丸が入学した頃にはブルドーザーしか見えなかった田んぼの中に、今、五階建ての基礎医学棟と三階建ての講義・実習棟がТ字型にポツンと建っていた。細い県道から北に直角に曲って広い道路が延び、トラックの往来が激しくなっていたが、背景に雪をかぶる低い山脈を置いた工事現場の雰囲気は寒々としていた。ここに四年も通うのかと思うと、それこそ見ただけで勉学の意欲が萎れてしまうような荒涼とした風景だった。

八階建の大学付属病院が竣工するのは1976年。それまでは、今の脳研の場所にあった県立病院が利用された。

医学生の一人、桑田京子が下宿する家では、冬になると毎晩、ハタハタが食卓にあがる。京子はこの魚は苦手だったが、おばさんの哀しい顔は見たくないので、何も言えない。
昼寝アパートの「横の農道をハタハタ売りのトラックが演歌を流しながら過ぎていった。」という一節があるように、ハタハタの大漁が続き、毎日のように浜直販のトラックが何台も来て、「箱代」といわれるほどの捨て値でさばかれていた時代だった。

長野の旅館の息子で遊び人の小宮雄二は、川反の女を妊娠させ学生結婚をする。

在学中には大雪も体験している。

七時にはトーストを食べ終え、ダッフルコートのフードをかぶり外に出た。吹雪であった。
 まだ薄暗い県道脇の雪道を前屈みになって歩いていると、右足が金属のようなものにつまづき、危うく転倒しそうになった。よく見ると、それはバス停の丸い看板だった。
 和丸はなんとなく哀しくなった。なんで登校するのにバス停なんかに足を取られるのか。そもそもどうしてこんなところに登校しなければならないハメになってしまったのか。
 県道から左に折れると、医学部に通じる広い道はまったく除雪されていなかった。横殴りの吹雪きのために医学部の校舎はほとんど見えなかった。
……中略……
 和丸は除雪されていない道路のラッセルを開始した。新雪は腰の近くまであった。ブーツの中はすぐに雪で一杯になった。腰をひねり、膝を突きだし、立ち止まって呼吸を整え、再び前進。
……中略……
およそ五十メートルばかりラッセルを続けたところで和丸はあっさり登校を諦めた。膝が上がらなくなったのである。

午後になって雪も小降りになり、学校に向かうと道はきれいに除雪されていた。あとから聞いた話では、この日は教官たちも雪のため登校できなかったため、午前中の講義はすべて休講だった。この日の実習の合間、五十人ほどの学生が集まり、日頃のうっぷんを晴らすかのように雪合戦に興じる。

これは1974年の大雪とおもわれる。一月二十六日午後九時、秋田市の最高積雪は103cmとなり、秋田地方気象台の観測開始以来の大豪雪を記録し、交通がマヒし、家屋の倒壊、バスの運休、学校の休校など被害は大きかった。

20050220235313.jpg
三十余年の歳月を経た、現在の医学部周辺
建物の向こうに白い校舎の上階部分だけがが見える。

南木佳士(なぎ けいし)
1951年群馬県生まれ。秋田大学医学部卒業。長野県の佐久総合病院に勤務。難民医療日本チームに加わり、タイ・カンボジア国境に赴き、同地にて『破水』の第53回文學界新人賞受賞を知る。88年『ダイヤモンドダスト』で第百回芥川賞受賞。著著に『医者という仕事』などがある。2002年『阿弥陀堂だより』が映画される。


医学生
南木 佳士

文芸春秋 1998-07
売り上げランキング : 46,385
おすすめ平均

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 00:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |