FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

スクリーンによみがえる昭和39年の秋田市

11月9日(水曜日)秋田市文化会館大ホールにて、高度経済成長期の活気あふれる秋田市を舞台とした青春映画『十七才は一度だけ』(昭和39年・大映)が無料上映される。

秋田工業高校OBの秋田市職員で結成された「市役所金砂会」50周年記念事業の一環として開催するもので、すでに往復葉書による申し込みは終了しているが、余裕ある会場なので当日でも入場可能かもしれない。開場は午後6時、上映は6時半から。

十七才は一度だけ

解説
石坂洋次郎原作“青い芽”より「続・高校三年生」の池田一朗が脚色「青い性(1964)」の井上芳夫が監督した青春もの。撮影はコンビの中川芳久。

ストーリー
秋田芙蓉高校では、近づいた修学旅行の話題でもちきりだった。田中加奈子も修学旅行を楽しみにしている一人だった。高校二年生の十七歳。街でも老舗の醤油醸造元田中屋の娘として、何の不自由もなく、いきいきとした青春時代だ。やがて修学旅行出発の日、加奈子は親友の路子が、父の失業がもとで、旅行を最後に東京で働こうと思っていること、そして、出来れば旅行先で就職口を見つけたいと相談され、加奈子は路子に協力を約束した。旅行も終りに近づき東京での自由行動の日、加奈子は路子との約束の場所、オリンピック公園に向ったが、途中電車をまちがえた加奈子は、赤い鳥かごを持った青年に親切に案内された。中井照吉と名乗るその青年の都会的センスのあふれる話しぶりに、加奈子の心は高鳴った。就職口決定の朗報を持ってやって来た路子と交代に、青年は電話をかけ終ると蒼白な顔でタクシーに乗って、二人から離れた。呆気にとられる加奈子の手にカナリヤの入った鳥かごを預けたまま。困惑した加奈子は、青年が近く秋田市役所完成記念に秋田を訪れると聞き、鳥かごを持ち帰った。‥‥後略‥‥


十七才は一度だけ・高田美和(作詞・川井ちどり、作曲・遠藤実)

主演の高田美和が唄う主題歌にして青春歌謡の名曲。


『十七才は一度だけ』高田美和・青山良彦

高田美和が演じる高校二年生のヒロイン・田中加奈子が通う「秋田芙蓉高校」のロケ地は「秋田工業高校」木造校舎。これを機縁に秋田工高OB会が、懐かしい校舎が映る『十七才は一度だけ』を上映するわけだが、学生服は「秋田経済大学付属高校」(現・明桜高校)の制服が使われた。濃紺の生地、女子はブレザー、男子は海軍服(ボタンの無い詰襟)という、一目で「付高」とわかる、特徴ある制服であった。

東京オリンピックが閉幕して間もない、昭和39年(1964)10月26日、土手長町から山王へ移転した市役所新庁舎の落成式が開催された。その落成記念竿燈を録画するために秋田入りしたロケ隊は前日の25日から撮影開始。

旧家の娘・田中加奈子の家は、大町三丁目に実在した「醤油醸造元・田中屋」。父親・田中修吉を船越英二(船越英一郎の父親)が演じ、クラスメイト・島田春子役で、秋田育ちの渚まゆみ(明徳小学校卒)が共演している。

その他のロケ地は、定番デート・スポットであった千秋公園。土手長町通り、広小路、前年落成の協働社ビル、秋田駅周辺。家族旅行に出かける男鹿温泉郷など。


秋田大映・新聞広告(S39.12)

同時上映は坂本九のヒット曲をテーマにした『幸せなら手をたたこう』。

秋田市の映画館街・有楽町通り「秋田大映」において、東京封切りから数日遅れた昭和39年12月25日に封切り、翌1月8日までの新年映画として上映された後、昭和40年2月に同館でアンコール上映(三本立て)のほか、県内大映系列館をはじめ、格安料金の二番館であった秋田駅前「秋田テアトル」および、十人衆町(現・大町六丁目)「銀映座」でも再上映され市民の話題をあつめた。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 醤油の「田中屋」とライブハウス「田中屋」のこと


| 興行・見世物・映画 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1974「協働社第二大町ビル」オープン

大町三丁目「協働社大町ビル」(現・協働大町ビル 1972 オープン)の北側、山王大通に面した東西に細長い土地に、昭和49年(1974)「協働社第二大町ビル」竣工。


1974 新聞広告(部分)

テナント「レストランローランチェーン」
4F ろばた焼「秋田藩」
2・3F 中国料理「秋田大飯店」
1F 喫茶とケーキ「ローラン」
B1 レディスサパー「白亜館」


2011.03 旧サンケン北日本ビル(旧協働社第二大町ビル)

裏手に「協働大町ビル」(旧協働社大町ビル)

現在のテナントは、日サロ「Luxxx ラックス」、「Live spece 四階」など。


大きな地図で見る
_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 大町二丁目交差点・二丁目小路変遷

二〇世紀ひみつ基地 醤油の「田中屋」とライブハウス「田中屋」のこと
二〇世紀ひみつ基地 ディスコ夜光虫の時代
二〇世紀ひみつ基地 1977 大町にロッキンハウス誕生・旧夜光虫

協働社 - 二〇世紀ひみつ基地内検索

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 09:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

協働社の残像があるコンビニ跡


2010.11

2009年1月に倒産したホテルハワイ駅前店前で営業していたサークルK広小路店が閉店。駅前のローソンと比較すると客の入りが悪く、それに加えてホテルの閉鎖も影響したものと思われる。

コンビニのカラフルな外装が取り払われたその下から、地層の断面に眠っていた遺物のような「協働社」のロゴが出現。



当店舗は「協働社グループ」(1997年倒産) から靴販売部門を独立させた「協働シューズ」が経営した、カジュアルシューズショップ「アルク」で、1994年3月にオープンしている。

この地で営業していた「金田菓子店」が「金田酒店」と変わり、1976年には安藤物産が、宝石店「すず本」とファッションサロン「ロマンシャンゼリゼ」を開業。成金趣味的で派手な外装の店だった。

ちなみに現存する旧「協働社」系の靴店は、増田町の「協働サンシューズ」と、土崎の「協働サンシューズ土崎店」の二店。もともとは「協働社」の支店だったのだろう、今でも浅利社長が考案した、おなじみのうさぎのマークを掲げている。


協働サンシューズ土崎店 2007.03

_________

関連リンク

協働社 - ひみつ基地内検索

二〇世紀ひみつ基地 広小路から消えた堀
ホテルハワイ駅前店

二〇世紀ひみつ基地 ホテルハワイの廃業とホテル街となった広小路

二〇世紀ひみつ基地 見上げた空に本金の残像

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金座街の面影「金鳥園」駅前から撤退


2010.09

8月末(2010)、ペットショップ「金鳥園」が秋田駅前の公営駐車場一階から撤退した。創業年は定かではないが、金座街成立からの店であれば、60年以上この地で営業していたことになる。

ペットを買う余裕などない戦後間もない時代、贅沢なペットショップが成り立つわけもなく、もともとはヒヨコ・ニワトリおよび飼料・飼育器具などをあつかう「藤田養鶏店」として開業したようで、昭和32年の新聞に「新春より金鳥園と改名致しました」と広告している。

初期のシンボルマークは“卵から飛び出たヒヨコ”。「金鳥園」という店名は、「金萬」が“金座街饅頭”の略だったように、“金座街の鳥屋”ということだろう。


新聞広告 右・昭和32年 左・昭和45年

昭和40年代に入っても、主力商品はヒヨコをはじめとする鳥類。駅前に遊びに行くたび、店の奥にずらりと並んだ鳥籠のなかで、にぎやかにさえずる色とりどりの小鳥たちを鑑賞したり、九官鳥をからかったりするのが楽しみであった。

昭和30年代から40年代にかけての鳩ブームのときには、各種の鳩がケージの大半を占拠。昭和40年代の熱帯魚ブームの頃、古川掘端通りの堀端に「金鳥園・熱帯魚センター」オープン。同じ並びに貸しボートを兼業する「秋田水族館」もあったが、今はどちらも存在しない。


金座街・南端 昭和30年頃

左手に「金鳥園」のヒヨコ看板。その手前にみえる「まんじゅう」のノレンが下がる店は、酒饅頭(さかまんじゅう)が人気の「○〆(マルシメ)鎌田」の支店だろうか。ここはのちに菓子問屋「丸丹」が創業、晩期は「レアルたけや」と二階に「コーヒー・サボウ」が入った場所である。

その向かい角が“靴と傘なら”のキャッチフレーズでおなじみ、うさぎのマークの「協働社」。角館から秋田市に進出した記念すべき第一号店がこの金座街だったはず。当時は間近の銀座街と朝倉市場にも支店を置き、全県に薄利多売のチェーン店を倍々ゲームで広げつつあった。

「協働社」金座街店は、この地で永く営業をつづけ、晩期は同社が経営するコーヒー挽き売りチェーン店「UCCカフェ・メルカード」が入る。

秋田駅前再開発で金座街が消滅したあと、その地権者の多くが「本金西武」(現・秋田西武)に入居するが、動物を取り扱う店が敬遠されたためか、「金鳥園」は旧金座街の西側に新設された公営駐車場一階に入居。その店は金座街時代の店舗から、わずか西北へ移動した地点。


2010.09 「金座街」跡地・南端

左手に公営駐車場。現在のバスプールから買い物広場・アゴラ広場にかけてが旧金座街。

旧「金鳥園」駅前店に残された貼り紙によれば「昨今の時代の急激な変化により秋田駅前も様変わり致し、当駅前店も今後、新しい時代に合ったスタイルでお客様へご案内致す予定でございます」とのこと。余所で駅前店を再開する予定があるらしいが、金座街時代を知るものにとっては、この場所にこそ思い入れがあるのだ。

金座街時代はさえずる小鳥にみとれ、新店舗にもときおり立ち寄り、ケージの中の子犬や小猫のあいくるしい姿に心いやされた「金鳥園」。かつて金座街が存在した場所で、その街並の面影を偲ぶ唯一のよすがとして永い間ありつづけただけに、その閉店がことさらにさみしい。


大きな地図で見る


2010.09 「金鳥園」八橋店

_________

関連リンク

金鳥園

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前「金座街」晩期

二〇世紀ひみつ基地 鎌田の酒まんじゅう

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前界隈・昭和四十年代初頭

二〇世紀ひみつ基地 銀座街・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 平和通り・消えた駅前小路
二〇世紀ひみつ基地 末広町・消えた駅前小路

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前に金座街復活?・旧ニューたけやビル

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT