二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

久保田城の裏門を訪ねる

千秋公園の二の丸、胡月池を望む鯉茶屋前から本丸に至る石段を、裏御門坂、略して裏門坂という。かつては石段を登り、さらに左折して登りきった場所に久保田城の裏門が存在し、今は礎石だけが残っている。


千秋公園 裏門跡

千秋公園から消えた裏門は、秋田市寺町の曹洞宗寺院・鱗勝院の山門として生まれ変わった。


鱗勝院 山門

明治十九年四月三十日、秋田町を大火(通称・俵屋火事)が襲い、外町を中心とした約三千五百戸が全焼、寺町の寺院のほとんども貴重な文化財とともに焼失してしまう。

その後、焼失した伽藍を再興するに際して、佐竹家から拝領したのが現在の山門である。鱗勝院はもともと、佐竹家の転封により常陸から移ってきた、佐竹東家六代義直の夫人、保徳院が創建した佐竹家ゆかりの寺院。

この元裏門は、安永七年(1778)久保田城大火の際に焼失し、その後再建したもの。もともとは千秋公園に復元された表門のような二層楼(二階建て)だったが、鱗勝院への移築にともない現在の形になった。



裏門の原型は失われ、瓦葺きの屋根は後年、銅板葺きになったものの、二百余年前の築材はそのままで、永年の風雪に耐えた歴史と風格を感じさせる、堂々たる山門となっている。

藩政時代から現存する久保田城の建造物は、表門前の御者頭御番所と、この元裏門だけとなった。


木組の美

鱗勝院は「秋田音頭」発祥の地としても知られる。寛文三年(1663)七月、踊り手らが寺に集まって数日間にわたり協議、町踊りとしての原型があった「秋田音頭」を、柔術の型をヒントに現在のものに近い振り付けがされたという。

千秋公園・裏門跡と鱗勝院・山門の画像を合成して、久保田城の裏門を復元してみた。二層楼であったことを考慮し、高さを若干延ばしている。




大きな地図で見る
久保田城・裏門跡


大きな地図で見る
鱗勝院

________

関連記事

人徳の商家・那波家(俵屋火事についての記述)

| 秋田市今昔 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

人徳の商家・那波家

秋田市大町三丁目の那波商店は、清酒(銀鱗)、味噌(山蕗)、醤油の製造販売、呉服衣料品(升屋)の販売を手がける、秋田を代表する老舗のひとつ。当主は代々那波三郎右衛門を襲名する。

20050312230340.jpg
那波呉服店・大正期 現在の交通公社付近

秋田に来る前は京都室町の両替屋で、諸国の大名に資金を用立てるほどの財力だった。初代は佐竹氏の常陸藩時代から、京都の佐竹屋敷に御用商人として出入りする。五代目の時に火災に遭い、那波家ではほとんどの財産を失う。佐竹家に再建の資金として借金返済を願い出るも、久保田藩の経済事情も悪く「秋田に来れば良きにはからう」と言われ、止むを得ず久保田に入ったのが宝永五年(1708)。藩では、那波家を御用商人として取りたて、さまざまな便宜を図り、これまでの義理に酬いる。

電気の時代になっても、維持費の安いランプを使い続けた那波家の家風は「ケチ」といわれる。しかし、質素な生活で倹約した分は寄付金に当て、火災、飢饉となると被災者に援助の手をさし伸べる、人々に尊敬される家だった。

明治十九年四月三十日、秋田町を大火(通称・俵屋火事)が襲う。午後十一時過ぎ川反四丁目から上がった火の手は、おりからの三十メートル近い南東の風にあおられ、外町、保戸野の半分、さらに八橋から寺内までも飛び火し、三千四百五十四戸を焼失、死者十七人、行方不明二人、負傷者百八十六人。当時人口三万そこそこの秋田町の、半分近くが焦土と化した歴史的大火である。

当時キリスト教布教のために秋田町に滞在していた、米国人宣教師チャールズ・ガルストの婦人、ローラ・ガルスト女史は、次のように記している。

(出火当時)恐ろしいほどの風が吹いており、数時間のうちに、街は荒廃した。火が街を荒らすのを止めるために、消防士が火の行く手にある一番みすぼらしい掘立小屋を壊すことさえもままならなかった。秋田弁で「いたわし」(もったいない)と人びとは叫んだ。それに「仕方がない」(困った、気の毒、申し訳ない)がこの呪われた街を救うためのあらゆる努力をマヒさせた。(中略)
焦土の街に朝が訪れた。いくつかの耐火倉庫(土蔵?)が空を背景にわびしく立っていた。町の商業地区のすべてが焼失した。(中略)
抄訳『ローラ・ガルスト回想録』より

この大火の中心にあって、那波家は奇跡的に延焼を免れている。

火の手が大町の那波邸に迫りつつあるころ、「那波家を焼ぐな!」と叫びながら、日頃から那波家に世話になっている何百人もの町人が駆けつけた。大屋根に上り、水に浸けたモクむしろ(男鹿の海藻で編んだムシロ)を屋根いっぱいに広げ、邸宅をすっぽり覆い、飛んできた火の粉は、屋根に据えつけた水がめにホウキを浸し、片っ端からたたき消す。さらに那波家周辺の屋根へ消防団や男たちが上がり火の粉を払った。家財道具を旭川対岸まで運びだす者もいる。

当時、那波家の道をはさんだ向かい(当時の山王大通りは、数メートルの狭い小路だった)にあった、お菓子の「榮太楼」と周囲の数軒の家も、町人の活躍と、榮太楼の裏に那波家の土蔵があって、土蔵と榮太楼の間に十坪ほどの用水池があったことから、九死に一生を得、それ以来、榮太楼では那波家の恩を忘るべからずと、子々孫々に言い伝えているとか。

ようやく火がおさまった翌朝、荒涼とした風景のなか、ポツンと那波家と周辺の家だけが焼け残っていた。那波家の人徳、伝統的な福祉の心は庶民によって報われることとなった。

この俵屋火事で那波家では、消防に尽力した各消防組に対して金五十円ずつを贈り、ほかに白米一千俵を出して被災者に配分し、文政十二年、那波祐生が創設した救済組織・感恩講の赤倉(緊急用)からも一千俵を救済に充て復興に寄与し、多くの被災者に感謝された。

20050312230303.jpg
焼け残った那波家の一部
左に曲ると川反
昭和四十三年頃に解体、跡地に呉服と衣料品の「升屋」がオープン

20050312230318.jpg
右手に升屋(那波商店呉服衣料品部)

火災から那波家を守った町民の心情を突き動かす要因となった、感恩講と那波祐生のことは続編で……。

| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |