二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

秋田県民会館跡・発掘現場に明治の遺構現る

秋田県民会館解体
▲秋田県民会館解体工事 2018.06

秋田県と秋田市が提携して整備する新文化施設建設のため、2018(平成30)年5月に閉館した「秋田県民会館」の解体工事が進んでいる。

秋田県民会館・東海林太郎胸像
▲県民会館下ポケットパーク 2018.06

県民会館の下、東海林太郎の胸像があるポケットパークも建設工事にともない撤去され、胸像はアトリオン一階に一時移転。

秋田県民会館・埋蔵文化財調査
▲県民会館下ポケットパーク跡 2018.07

当地は佐竹氏の重臣・渋江内膳の屋敷跡のため、県民会館周辺において、埋蔵文化財発掘調査を開始。

秋田県民会館・埋蔵文化財調査
▲県民会館下ポケットパーク跡 2018.08

柵の外から発掘現場に目を凝らすと、ポケットパーク跡の地層が現れた断面の上に、なにやら煉瓦の残骸が・・・・・・。

秋田県民会館・埋蔵文化財調査
▲2018.08

アスファルトに覆われていた土中から出現した煉瓦積みは、明治・大正期の文化施設「秋田県公会堂」正門の門柱を支えた土台に違いない。

過去記事で言及したように、ポケットパークの一部にかつて「秋田県公会堂」正門に通じる階段が存在した。

秋田県公会堂
▲秋田県公会堂・明治40年代の絵葉書

秋田県民会館
▲県民会館下ポケットパーク 2006.05

秋田県公会堂
▲秋田県公会堂・明治40年代の絵葉書より(部分拡大)

門柱の上に球形ガラスで覆われたガス灯が乗っている。

秋田県公会堂
▲秋田県公会堂・明治40年頃の絵葉書より(部分拡大)

大小4本の門柱と金属製らしき門扉と両翼の柵。門柱の下部に煉瓦らしき土台。その上部のアクセントも同じ煉瓦のようだ。

ポケットパーク跡の発掘現場では、遠目に大小3本の煉瓦積み土台の痕跡を確認。それを見つけたとき、思いも寄らぬ近代建築遺構の出現に胸がときめいた。

秋田県民会館・埋蔵文化財調査

中土橋通り▲秋田県公会堂と中土橋通り・明治40年代の絵葉書

上掲画像は「秋田県公会堂」裏門と中土橋通り。左手が現在の県民会館入口付近。中土橋通りに大きく突出する第二土塁(土手)に、手前の第一土塁上の樹木が影を落としている。

第二土塁の裏に、秋田の武道館「大日本武徳殿」その奥に「明徳小学校」が並ぶ。

「大日本武徳殿」は戦後、警察の武道場となり、その跡地に「旧・平野美術館」(旧・県立美術館)落成。「明徳小学校」が移転した跡地には「市立図書館・明徳館」が開館する。

以前にも書いたように、中土橋通りに突出した土塁は久保田場内に敵が侵入するのを防いだ要害のなごり。

穴門堀に面した県民会館南側の第一土塁も同様に中土橋通りに突き出し、左右から互い違いにS字型の「互い土手」を形成していた。

上掲の明治写真を撮影したカメラマンは、県民会館南側の第一土塁(S字の下部)上に三脚を据え、見下ろすようにシャッターを切った。

秋田県民会館・中土橋通り
▲県民会館入口と中土橋通り 2008.11

上掲画像右端「旧・平野美術館」(旧・県立美術館)前に第二土塁の残骸が残る。

※中土橋通りに存在した要害と、旧鷹匠町に一部が現存する「互い土手」については巻末の関連記事を参照のこと。

秋田県公会堂
▲秋田県公会堂裏門付近・明治40年代の絵葉書より(部分拡大)

千秋公園へ向かう日傘の女性と紳士、その奥に着物を着た男児。第二土塁の突端で人夫らしき男が腰を下ろして一服している。

横道にそれた話を元に戻すと、上掲画像左手、坂道上の「秋田県公会堂」裏門は正門と柵でつながっていた。

東宮(皇太子時代の大正天皇)御成婚記念事業として、1904(明治37)年に落成した「秋田県公会堂」は、1918(大正7)年4月、惜しくも焼失。

「秋田県公会堂」の正門と内堀側および中土橋通り側に延びる柵は、1918(大正7)年の消火活動で破壊されることなく残る。

秋田県記念館
▲秋田県記念館入り口付近・大正期の絵葉書

「秋田県民会館」入口付近を「秋田県公会堂」焼失後に撮影した写真。右手に「秋田県記念館」(秋田県民会館の前身)。

千秋公園・中土橋通り
▲県民会館入口付近 2007.10

秋田県記念館
▲秋田県記念館入り口付近・大正期の絵葉書より(部分拡大)

昭和初期にJOUK秋田放送局の「ラジオ塔」が設置され、最近まで「秋田県民会館」駐車場と機材搬入口があった付近を拡大すると、すでに裏門は無いが、その奥に「秋田県公会堂」正門が確認できる。

昭和6年頃に中土橋通り側を撮影した写真で、柵が消えていることを考えると、大正末から昭和初期にかけて「秋田県公会堂」正門が撤去されたのではないだろうか。

その後も正門が残ったと仮定すると、大東亜戦争中の金属不足のとき、金属製の門扉と周囲の金属柵が供出され、残って不要となった門柱が撤去された可能性も否定できない。

秋田県公会堂

上掲画像を「人工知能による自動色付け」を施したあと、手動で補正・加筆。まだカラー写真が普及していない時代のため、建物の色彩は想像に過ぎない。

2018年9月20日「秋田魁新報電子版」が「秋田県公会堂」門柱土台の発掘に関する記事を掲載。下記リンク先を参照のこと。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丸窓のある銭湯「上野湯」川尻上野町

銭湯
2003.09

川尻総社通りに面した秋田市川尻上野町に存在した銭湯「上野湯」。廃業後の撮影のため、すでに煙突は撤去されている。

昭和5(1930)年開業の老舗銭湯。モルタル壁面のひび割れ修繕跡が目立つ建物は、昭和20年代後半から30年代にかけての建築と推定。

銭湯

平成15(2003)年10月廃業。最終営業日には近隣から常連が多く集まり、脱衣所で別れの宴会が開かれ、その翌日は無料開放された。

銭湯

銭湯跡
「上野湯」跡 2008.08

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧秋田貯蓄銀行本店解体・昭和レトロ建築

秋田銀行秋田支店
「秋田銀行秋田支店」秋田市大町五丁目(旧・本町五丁目) 2005.11

昨年(2015)末から始まった「秋田銀行秋田支店」の解体が大詰めを迎えている。

築80年、昭和初期に建てられた、近世復興式(ルネサンス様式)の銀行は、旧本町通りを象徴する近代建築であった。

秋田銀行秋田支店
2007.03

秋田市本町五丁目に、大正10(1921)年11月開業した「秋田貯蓄銀行」が、耐震耐火構造の新本店を建てたのは、昭和9(1934)年12月。

昭和18(1943)年「秋田貯蓄銀行」解散。その後、建物は「秋田銀行本町支店」となるが、終戦後わけあって「秋田銀行秋田支店」と名を変える。そのいきさつは以下関連記事に。

秋田銀行秋田支店
2007.03

秋田銀行秋田支店
小庭園 2007.03

秋田銀行秋田支店
2015.03

秋田銀行秋田支店
2015.03

秋田銀行秋田支店
2012.09

秋田銀行秋田支店
2015.01

建物の老朽化を理由に、平成26(2014)年7月18日をもって「秋田銀行秋田支店」は営業を終了、「秋田銀行大町支店」に統合された。

秋田銀行秋田支店
花崗石を貼付加工した腰廻の残骸 2016.01

羽州街道に沿う、大町通り・本町通りは藩政時代から商業の中心地だったが、明治末以降、銀行・証券会社・保険会社が集中する金融街の様相が強くなる。

1980年代初頭の住宅地図から、大町通り・旧本町通りで営業する関連会社をあげると

▼大町二丁目
「日本銀行秋田支店」「千代田生命」

▼大町三丁目
「青森みちのく銀行秋田支店」「秋田信用金庫本店」「野村證券」「安田火災海上」

▼大町四丁目(旧・本町四丁目)
「秋田郵便局」「山形相互銀行秋田支店」「荘内銀行秋田支店」「大和証券」「日興証券」「大和生命」

▼大町五丁目 (旧・本町五丁目)
「羽後銀行秋田支店」(のちに北都銀行秋田支店)「秋田銀行秋田支店」「朝日生命」「日動火災海上」「日新火災海上」

これ以前、「秋田銀行本店(現・赤れんが館)」「三和銀行秋田支店」(大町三丁目)「日本勧業銀行秋田支店」(大町二丁目)などもあった。

昨年(2015)には「秋田銀行秋田支店」のほかに、協働ビル一階「みちのく銀行秋田支店」が1月に廃止。

平成28(2016)年1月現在、同地に残ったのは「日本銀行秋田支店」「秋田信用金庫本店」「荘内銀行秋田支店」の三行のみ。 


秋田銀行秋田支店跡

 

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理髪館の消えたY字路・楢山桝取町

楢山桝取町床屋跡
2014.11

楢山のレトロ建築(旧・理髪館)が取り壊し中とのコメントがあり現場へ向かう。

大正から昭和初期にかけての建築と思われる、理髪館の特徴的なファサードはすでになく、解体は後方に連結する日本家屋部分におよんでいた。

もうひとつの変化は、ビニールシート方式のゴミ置き場が、画像のようにゴミ箱に変わったこと。そのため、以前は板と網ナイロンフェンスで隠れていた魔除けの石敢當(いしがんとう)が良く見えるようになった。

石敢當
石敢當 2014.11

楢山桝取町床屋
2004.05

廃業後、正面入口が閉鎖された理髪館。Y字路の分岐点から左手に進む道の、建物に沿って、側溝に縁取られて描かれた曲線が味わい深い。

子どもの頃から見慣れた、なつかしい景観がまたひとつ消えた。

理髪館のあるY字路

 

 

 


Y字路に謎の石柱・石敢當

 

 

 

NHK BSプレミアム「金照寺山からの風景」再放送

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT