FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

さようなら、噴水と芝生広場・秋田市役所前


2012.11 秋田市役所前

来年(2013)着工する秋田市役所・新庁舎建設を前にして、市役所前の芝生広場に仮設駐車場を整備する工事が、予定より遅れた11月中旬から始まった。


秋田市役所・新庁舎完成イメージ

新庁舎は現庁舎に隣接する「NHK秋田放送局」跡地(現・来庁者用駐車場)に2015年竣工予定。イメージ図の右手に山王大通り、正面玄関は西向きとなる。


2008.03 山王「NHK秋田放送局」2008年3月、秋田駅東口に移転

秋田市役所前の噴水、撤去へ 10月中、新築に伴う整備で


竿燈期間中、期間限定でライトアップされた市役所前の噴水

 秋田市は市役所前の噴水を10月中に撤去する。来年にも予定される新庁舎建設に伴う周辺整備のためで、噴水がある芝生広場は仮設駐車場となる。47年間、水を噴き上げ官庁街に潤いを与えてきたが、今月いっぱいでその役割を終える予定だ。
 噴水は、市役所が千秋矢留町から山王に移転新築された1964年の翌年4月、秋田銀行が庁舎完成を記念して寄贈した。縦12メートル、横18メートルの長円。水が39本のノズルから噴出し、10分で30種類の“噴水ショー”を演じる仕掛けだ。
 市新庁舎建設室によると、噴水は構造上、移設が難しく、やむを得ず撤去、廃止することにした。噴水は現庁舎正面を想定して設計、配置されており、NHK秋田放送局跡地に新庁舎が完成すると位置関係も変わるという。
 最高3メートルの高さまで噴き上がる噴水は竿燈まつり期間中、赤、黄、青、緑色の水中ランプに彩られた。噴水の周りでは観光客らが記念撮影をしたり、縁に腰掛けてくつろいでいた。(2012/08/10 16:33 更新)


2012.08

●秋田市役所前噴水
新庁舎の完成を記念して秋田銀行が寄贈
総工費・約570万円(当時の小学校教員初任給1万8千円ほど)
完成通水式・1965年(S40)4月24日

●通水期間(当初)
4月中旬から10月中旬まで通水、日没後一時間ライトアップ
夏期は日没から午後9時までライトアップ

昭和40年代初頭の数年間、7月の夕刻、ライトアップされた噴水前で市内中・高校のブラスバンド総出演による納涼音楽会を数日間開催、市民の好評を得る。


2012.08 秋田市役所前芝生広場


1970年代 秋田県庁から秋田市役所を望む


2012.08 花時計と噴水


2012.08


2012.10

噴水とともに秋田市役所のシンボルだった花時計は新庁舎周辺に移設予定。

秋田市が推進した「花百万本の街づくり運動」のシンボルとして企画された花時計は、資金を「秋田市元市議会議員懇談会」が寄付、「秋田市時計貴金属メガネ商組合」から時計装置の寄贈を受け、1980年(S55)7月に完成した。


2012.08


2012.08


2012.08


1972年頃

まだ自家用車所有率が低く、クーラーも贅沢品だった時代、夏期は涼を求めて家族連れやカップルが集まり、ライトアップされる夜間は格好のデートスポットなった市役所前芝生広場の噴水も今年で見納め。

市役所が山王地区に移転して50年弱、秋田市の高度経済成長期を象徴する、なじみ深い市役所前の景観は失われ、その大半がアスファルト舗装の駐車場に。よく手入れされた芝生広場に配置された噴水と花時計も、記憶と記録の中だけの光景となる。


1972年頃

芝生広場の向こう、山王大通りの十字路に初代「秋田市立体育館」。空が広い。


初代「秋田市立体育館」

秋田県庁舎の東側、今の駐車場付近にも、大きな長方形の噴水があった。


2012.10


2012.10


2012.11


2012.11


2012.11


2012.08 山王散歩道 水の広場

新庁舎の工事に関連してか、山王散歩道の噴水も撤去され、そのあたりに鉄骨が建っていて驚いたが、作業員の話によれば、噴水は工事完了後、同じ場所に復元されるとのこと。

秋田県庁東側からスタートし、「NHK秋田放送局」跡地東側、市役所裏を通って秋田消防署に到る、延長610メートルの山王散歩道が全面開通したのは1981年(S56)の春。噴水のある山王大通り北側は、前年の1980年(S55)6月に開通している。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地通町橋から秋田市役所を望む(二代目秋田市役所)
二〇世紀ひみつ基地ドーム屋根のモダン建築・秋田物産館(初代秋田市役所のこと)

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 09:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大震災を黙示するかの如く・秋大モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その8


阿部米蔵「雨露と土」昭和46年(1971)タイル壁画・秋大教育文化学部

秋田大学教育文化学部3号館の新築に際して、附属する60周年記念ホールに、当時美術科の教授であった阿部米蔵がデザインした壁画が設置された。

壁画に描かれたものは波濤と廃墟、日輪(太陽)さえも寿命を迎えたかのように侵蝕されている。諸行の無情を感じさせるその壁画は、未来を担う若者を教育する場にはふさわしくはない“ただならぬ暗さ”をただよわせている。









その壁画が完成して40年後に東日本を襲った未曾有の大震災。大津波に破壊された三陸の光景と壁画の光景がダブって見える。

壁画に描かれた“波濤”は大津波、“廃墟”は鉄骨だけ残った三階建てのビル、そして“侵蝕された太陽”は爆発して煙を上げる原発を象徴しているかのようだ。

秋大の記念ホールに黙示的・予言的なモニュメントを残した阿部氏は、2011年5月3日、大震災を見届けるように逝去された。


南三陸町防災対策庁舎
Copyright 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
鉄骨だけ残った防災庁舎をモニュメントに 南三陸町長が意向

 宮城県南三陸町の佐藤仁町長は11日、津波で3階建ての鉄骨だけが残った町の防災対策庁舎について「個人的な思いだが、この災害を二度と忘れないためのモニュメントとして残すことができれば」との意向を示した。共同通信の取材に答えた。

 庁舎は阪神大震災を受け、震度7の地震にも耐える防災の拠点として建てられたが、屋上を越える津波が押し寄せた。

 佐藤町長は「賛否両論がある」と断った上で「最後まで町民の命を守るために働いた多くの職員が亡くなったり、行方不明になったりした。献花台や慰霊碑を設け、町の将来を担う人への教訓にしたい」と述べた。
2011.4.11『MSN産経ニュース』より


大きな地図で見る
_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 その名は知らずとも・・・追悼・阿部米蔵氏

阿部米蔵によるパブリックアート・その1
二〇世紀ひみつ基地 中通タマゴ公園のひみつ・遊びの彫刻

阿部米蔵によるパブリックアート・その2
二〇世紀ひみつ基地 団欒の群像・秋田駅前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その3
二〇世紀ひみつ基地 自由の群像・八橋陸上競技場前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その4
二〇世紀ひみつ基地 交通安全のモニュマン・山王大通り

阿部米蔵によるパブリックアート・その5
二〇世紀ひみつ基地 千秋公園の水鳥モニュメント二題

阿部米蔵によるパブリックアート・その6
二〇世紀ひみつ基地 成長の群像・明徳小学校モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その7
二〇世紀ひみつ基地 天地を結ぶアンテナ・和洋女子高モニュメント

関連リンク

【東日本大震災】鉄骨だけ残った防災庁舎をモニュメントに 南三陸町長が意向 - MSN産経ニュース
【東日本大震災パノラマ Vol.45】命の限り叫び続けた防災放送の女性職員 南三陸町 - MSN産経フォト

| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その名は知らずとも・・・追悼・阿部米蔵氏

阿部 米蔵氏(あべ・よねぞう=県文化功労者)

 3日午前7時29分、老衰のため秋田市の病院で死去、99歳。自宅は秋田市泉馬場2の37。葬儀は8日午前11時から同市泉北1の8の15、ベルコシティホール秋田で。喪主は長男功(こう)氏。

 由利本荘市(旧岩城町)出身。彫刻家。元秋田大教授。新制作協会会員として中央でも高い評価を得た。後進の指導に尽力し、長年にわたり県美術展覧会(県展)の運営委員を務めた。85年県文化功労者。
(2011/05/04 00:13 更新)「さきがけonTheWeb 訃報」より
その人の名は知らずとも、秋田市民ならば、誰もがその作品に接したことがあるだろう。


阿部米蔵「プレイ・スカルプチャー」昭和31年(1956)通称・タマゴ公園


阿部米蔵「団欒の群像」昭和36年(1961)秋田駅前広場


阿部米蔵「自由の群像」昭和36年(1961)八橋運動公園


阿部米蔵「少女と鳥」昭和36年(1961)千秋公園二の丸


阿部米蔵「交通安全のモニュマン」昭和39年(1964)山王大通り


阿部米蔵「三愛のモニュマン」昭和41年(1966)和洋女子高校

_________

関連記事

阿部米蔵によるパブリックアート・その1
二〇世紀ひみつ基地 中通タマゴ公園のひみつ・遊びの彫刻

阿部米蔵によるパブリックアート・その2
二〇世紀ひみつ基地 団欒の群像・秋田駅前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その3
二〇世紀ひみつ基地 自由の群像・八橋陸上競技場前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その4
二〇世紀ひみつ基地 交通安全のモニュマン・山王大通り

阿部米蔵によるパブリックアート・その5
二〇世紀ひみつ基地 千秋公園の水鳥モニュメント二題

阿部米蔵によるパブリックアート・その6
二〇世紀ひみつ基地 成長の群像・明徳小学校モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その7
二〇世紀ひみつ基地 天地を結ぶアンテナ・和洋女子高モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その8
二〇世紀ひみつ基地 大震災を黙示するかの如く・秋大モニュメント


| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天地を結ぶアンテナ・和洋女子高モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その7

 
2010.05

広小路のキャッスルホテル周辺からお堀の向こうを眺めると、緑濃き旧城地に建つ秋田和洋女子高校の屋上に、リングが連なる金属製の物体が光り輝いているのが目にとまる。

避雷針の役割も果たしているのかもしれない、アンテナのようなその謎の物体は、鉄筋コンクリート四階建て新校舎の落成に際して設置された阿部米蔵氏の手になるモニュメント。


阿部米蔵「三愛のモニュマン」昭和41年(1966)

それまでに阿部氏が制作した、人物を配した野外モニュメントとは一線を画し、屋上という特殊な環境のため、遠方から見上げても明瞭なフォルムを特徴とする、モダンな作品となっているが、デザイン・コンセプトは資料がないため不明。

リングと直線で構成されたそのモニュメントを眺めていたら、ふと「相輪」のことが頭をよぎった。

「相輪」とは、五重塔に代表される「塔」の上に設置された、天に向かって延びる金属製の装飾。建築工学的には建物を安定させる「重し」の役割を持つ「相輪」の、「塔」をつらぬく心柱(しんばしら)に連なる九つの輪を「九輪」もしくは「宝輪」と称し、それぞれが五大如来と四大菩薩を表すという。



「三愛のモニュマン」の最も大きなリングの中央にスリットが開けられ、そこから三本の棒が放射状に延びているが、これを一つのリングとみなした場合、リングの総数は「相輪」と同じく九つ。モニュメントの下にわずかに顔をのぞかせている、曲線を描く台座は五重塔の屋根のようにもみえる。

秋田駅前広場のモニュメント「団欒の群像」を阿部氏自らが解説した随筆のなかに、「原初的家族の団らんは、奈良薬師寺東塔相輪の構成に教えられた」と、「相輪」の名を挙げていることからも、九つの輪が連なる塔上の「相輪」と、同じく九つのリングで構成された屋上のモニュメントの相似と呼応は偶然の一致ではなく、「相輪」の思想と形体をモデルとした新たなる「相輪」の創造を通して、阿部氏は日本の伝統美とモダンデザインの融合を試みたのではないだろうか。

天と地を結ぶ塔上の「相隣」をモデルとしたモニュメントを構成する三本の支柱と九つの輪。三と九という陽数(天数)。「三愛」の三は、和洋高校校訓「敬・愛・信」を表すのか、はたまた「天・地・人」か・・・・・・。旧城地の風景に溶け込み、和洋女子高のシンボルとして耀きつづけるモニュメントへの妄想は尽きない。

話は変わって、東京の下町に現在建築中の超高層タワー「東京スカイツリー」。電波塔でありランドマーク、そして巨大なパブリックアートでもあるそのタワーのデザイン・コンセプトは「時空を超えた都市景観の創造:日本の伝統美と近未来的デザインの融合」。



最小単位で安定が得られる三角形の立ち上がりから、頭頂部に向かって徐々に円形へと変化するゆるやかなラインは、日本刀や伝統日本建築にみられる曲線「そり」と「むくり」を意識し、耐震性を考慮した構造システムは五重塔の構造原理に倣ったという。完成予想図で見るその姿は天と地を結ぶ塔上の「相輪」にも似て、はるかなる天空を指向している。

_________

関連リンク

秋田和洋女子高等学校

社寺建築 -相輪編

TOKYO SKY TREE

関連記事

阿部米蔵によるパブリックアート・その1
二〇世紀ひみつ基地 中通タマゴ公園のひみつ・遊びの彫刻

阿部米蔵によるパブリックアート・その2
二〇世紀ひみつ基地 団欒の群像・秋田駅前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その3
二〇世紀ひみつ基地 自由の群像・八橋陸上競技場前モニュメント

阿部米蔵によるパブリックアート・その4
二〇世紀ひみつ基地 交通安全のモニュマン・山王大通り

阿部米蔵によるパブリックアート・その5
二〇世紀ひみつ基地 千秋公園の水鳥モニュメント二題

阿部米蔵によるパブリックアート・その6
二〇世紀ひみつ基地 成長の群像・明徳小学校モニュメント

| 散歩写真・路上観察 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT