二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

1970「日本海サニーランド」オープン

日本海サニーランド
▲昭和45(1970)年 新聞広告より

米代川河口に近い能代市落合の能代温泉に、昭和45(1970)年5月18日、「日本海サニーランド」オープン。

「日本海の波濤に太陽」を組み合わせたロゴマークに、 キャッチフレーズは「歌と踊りと大プール」。

37,600平方メートルの敷地に、ウォーターシュート付き温水プール、温泉、大広間、レストラン、宿泊施設、テニスコート、ゴーカート場、ゲームコーナーなどを備えた総合レジャー施設であった。

能代の「中田建設」創業者社長で県会議員の中田初雄氏が、地元有志から出資を募り「日本海サニーランド株式会社」を設立、中田氏が社長に就任。

昭和41(1966)年、福島に開業した「常磐ハワイアンセンター」(現・スパリゾートハワイアンズ)の成功を契機に、

昭和42(1967)年「山形ハワイドリームランド」開業
昭和44(1969)年「茨戸ハワイランド」(札幌)開業

等々、昭和40年代初頭から“常夏の楽園ハワイ”をテーマに、大型温水プールを中心とした総合レジャー施設が各地にオープン。「日本海サニーランド」もその流れに乗ったもの。

氷点下の真冬でも常夏気分を楽しめる「日本海サニーランド」は、当初の予想を大きく上まわる活況を呈した。

※「能代温泉」昭和40年代始め、石油試掘ボーリング中、70度の温泉が噴出したのが能代温泉の始まり。

日本海サニーランド
▲昭和46(1971)年

利用料金・大人 350円 小中学生 200円 幼児 100円。ちなみに、ラーメン一杯180円(東京)銭湯40円の時代。

熱狂的なボウリングブームのほとぼりが残る、昭和46(1971)年5月、隣接地に「能代サニーレーン」開業。

日本海サニーランド
▲昭和48(1973)年

日本海サニーランド
▲昭和48(1973)年

左手に「能代サニーレーン」。そのとなりの二基のテント、そして右上に二つ並んだドーム状の物体は、秋田における史上最大規模の博覧会「秋田博」のパビリオンを再利用したもの。

「日本海サニーランド」を経営する「中田建設」が「秋田博」の建設を請け負っていた関係で、そのパビリオンと遊具の一部がこの地に移設された。

秋田博
▲昭和44(1969)年 秋田博メイン会場の一部(会期前)

右上に、かまくらをイメージした「四季のイメージ館」のうちの二棟。右下にジェットコースターが見える。

日本海サニーランド
▲昭和45(1970)年 「日本海サニーランド」新聞広告より

ふたつのドーム状構造物の内部はゴーカート場。ゴーカート、そして、屋内に設置された遊具・コーヒーカップも、秋田博の「子供の国」から移設したものであった。

秋田博
▲昭和44(1969)年 秋田博「子供の国」(会期前)

※「秋田博」(八郎潟干拓記念・秋田農業大博覧会)秋田市臨海工業地帯をメイン会場に、「大阪万博」を翌年に控えた昭和44(1969)年8月から9月の55日間開催。県内外からの入場総数102万人。

日本海サニーランド
▲昭和50(1975)年10月撮影

「秋田博」から移設したテントおよびドーム状のパビリオンは、この時点で姿を消している。パビリオン類のほとんどは、会期中だけ持てば良い仮設建設のため、耐久性が低い。

日本海サニーランド
▲昭和55(1980)年

昭和58(1983)年5月26日11時59分57秒、マグニチュード7.7を記録する日本海中部地震発生。

砂丘を越えて高さ3メートル弱の津波が「日本海サニーランド」を襲う。駐車場、テニスコートが地割れをおこし、建物は地盤沈下による配管破損がいちじるしかった。

オープンから2年ほどは黒字であったものの、その後は経営不振がつづいていたことから、この震災を契機に「日本海サニーランド」の閉鎖が決まる。その後「能代サニーレーン」は、土床の室内ゲートボール場として整備された。

日本海サニーランド跡
▲日本海サニーランド跡 2012.09撮影・Googleストリートビュー

平成26(2014)年、「日本海サニーランド」跡地と市道を隔てた隣接地に「中田建設」が年間発電量約110万キロワット規模の太陽光発電所を建設。

かつて「太陽と波」をシンボルマークとする“陽光の楽園”が存在した地に、今は(2015)ソーラーパネルが林立している。


▲日本海サニーランド跡・能代落合太陽光発電所

中田建設株式会社

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玩具商戦の目玉はボウリングゲーム・1971

ボウリングゲーム

 売れるボウリング・セット

 ボウリング・ブームにあやかって、県内でおもちゃのボウリング・セットが不況知らずの売り行きを示している。家族ぐるみで手軽に楽しめる利点が、うけているポイントだが、県内で相次ぐボウリング戦のテレビ放映なども刺激剤になっているようだ。

 早くも、おもちゃ売場の“切り札商品”にのし上がったこのセット、全国各地の大手デパート間で奪い合いの状態。というのは、家族連れの買い物客をねらうデパートにとって、人気のよしあしが、ほかの商品の売上げに連鎖的に影響するからだ。

 おもちゃ会社が室内で遊べるこのボウリング・セットを生産し始めたのは今年初め。そして、クリスマス・プレゼント、お年玉用品の品揃えが始まる夏ごろには、各社のセットが勢ぞろいした。大手各社の調べでは、七月から毎月二、三割の売上げ増をたどり、同月から十二月までの半年間にざっと五十億円の売上げになる……と、“カワ算用”している。

 最近では、各社の販売、量産体制が軌道に乗ったことから、当初割高であったセットの値段は、千円クラス(小)から二、三千円クラス(大)と安定、買いやすいということも、売れ行き増加の一因になっている。

またABSテレビでは「ストライク・ボウル」「レディス・チャレンジ・ボウル」、AKTでは「パンチアウト・ボウル」「ビッグ・チャレンジ・ボウル」といったいま人気のプロ女子ボウラーなどが登場するレギュラー・テレビ番組が目白押し。いやがうえにも茶の間はボウリング・ラッシュになるわけだ。

 秋田市のあるデパートでは、現在、人気の集中しているE社の「パーフェクト・ボウリング」を含む四社の製品の確保に力を入れ、千二百セットを仕入れた。今月の歳末商戦でこの商品だけで二、三百万円程度の売上げを見込んでいる。

 ここの売上げ主任は「今年四、五月の土、日曜日には二百四十セットも売れました。ジワジワと売行きは延びていたが、ここにきて爆発した感じ。歳末用に予定数をやっと確保したが、人気セットは売り切れも考えられる」と話している。

【写真キャプション】人気上昇中のおもちゃ「ボウリング・セット」=秋田市のデパートで

昭和46年(1971)12月11日『秋田魁新報』 

ボウリングブームがピークを迎え、ボウリングセンターが雨後の筍のように乱立した70年代のはじめ、おもちゃ業界もブームに乗ってボウリングゲームを販売。

なかでも完成度が高く、他社を圧倒する人気をあつめたのが、エポック社の「パーフェクトボウリング」シリーズ。

ボウリングゲーム

「パーフェクトボウリング」(昭和46(1971)年発売)レーン長約80cm、2,650円。「パーフェクトボウリング ジュニア」レーン長約60cm、1,200円。ちなみに、ラーメン一杯150円ほどの時代である。

シリーズのパッケージを飾ったのは、プロボウラー界のスーパースター中山律子。

ボウリングゲーム
2013.08 秋田市川反二丁目「川端角のレトロ博物館」にて

エポック社の「パーフェクトボウリング ジュニア-S型」(昭和47(1972)年発売)レーン長約60cm。その右手「巨人の星・野球盤」の下に、「ジュニア-S型」と同サイズの復刻版「パーフェクトボウリングPRO」(平成8(1996)年発売)。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 1966「秋田ボウリングセンター」オープン
二〇世紀ひみつ基地 川反二丁目に昭和レトロ博物館・間もなくオープン

関連リンク

野球盤道場/ボウリング之部 

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1966「秋田ボウリングセンター」オープン

 ▼楢山に秋田県内初のボウリング場誕生

空前のボウリングブームとなった1960年代後半から70年代前半にかけて、最盛期は秋田市内だけで最大9センターものボウリング場が乱立した。

秋田におけるボウリングブームの先陣を切ったのが、秋田市楢山中町(現・南通築地)に誕生した「秋田ボウリングセンター」。

 楢山裏町の旧家・江畑家の日本庭園跡に、昭和41年(1966)10月「秋田ボウリングセンター」オープン。

秋田ボウリングセンター
昭和41年(1966)8月 新聞広告

商品先物取引の「岡地株式会社」(本店・名古屋)社長・岡地中道が、株式会社「秋田ボウリングセンター」社長に就任、地主の江畑家も取締役として名を連ねた。

当時「岡地株式会社」はレジャー産業に進出、名古屋に「中京ボウリングセンター」を経営、昭和50年(1975)には「鹿沼国際カントリークラブ」(現・南摩城カントリークラブ)をオープンさせる。

関連リンク
岡地株式会社|商品先物取引のリーディング・カンパニー

上掲画像左側の求人広告の、面接場所に指定されている「ならやま荘」は、江畑家が屋敷を利用して一時期営んでいた貸席の名称。

秋田市土手長町に擬洋風建築の秋田県庁舎(明治13年開庁)を建てたことで知られる建築官・戸崎清蔵(久保田藩士1826-1901)が、明治26年に手がけた、釘を使わない総秋田杉の名建築を利用して営業した「ならやま荘」。今はどれほど原形をとどめているか定かではないが建物は現存し、記事作成時点、Googleマップにもその名がみえる。(下記マップ参照)

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 土手長町官庁街の中心地・秋田県庁舎

02Bowling
昭和41年(1966)10月 新聞広告

秋田ボウリングセンター
秋田ボウリングセンター

・鉄筋二階建て
・延べ面積3.340平方メートル
・駐車場約1.000平方メートル
・総工費3億円

 ・料金
 AM9:00~PM6:00 200円(学生150円)
 PM6:00~PM9:00 250円

・ピンセッター
 二階 AMF(エーエムエフ)82-70型 20レーン
 一階 Brunswick(ブランズウィック)A-2型 12レーン

・バッテングマシーン 3打席

・ビリヤード
 4つ玉8台
 ポケット(ローテーション)2台

一階にレストラン「クレール」

秋田ボウリングセンター
秋田ボウリングセンター

当初、ボウリング場は不健全な遊技場として、中学生は父兄同伴でも入場を禁じられていた。

しかし、禁じられれば、なおさら入ってみたくなるのが心情。放課後に連れだって、高校生や大人のプレイを眺めるのが常だった。

人気の無い場内のかたすみに瓶入りコカコーラの自販機があって、先輩からタダで出す方法を伝授されたこともある。

 

 ▼市民市場二階に「秋田ファミリーセンター」オープン

 秋田ファミリーセンター
昭和42年(1967)10月 新聞広告

 「秋田ボウリングセンター」開場の翌年、同社は「秋田市民市場」二階に「秋田ファミリーセンター」をオープン。

深夜24:00までの営業が売り物で、三階に土崎の料亭「池鯉亭」経営のレストラン「ニューカープ」を併設した。

07Bowling
昭和42年(1967)10月 新聞広告

秋田ボウリングセンター
昭和43年(1968)2月 新聞広告

09Bowling
昭和44年(1969)2月 新聞広告

 規模の大きなセンターでは連日大会が開催され、賞品のトロフィーや楯に名前を彫って納める、貴金属店や印章店もブームの恩恵を受けた。

昭和44年(1969)「秋田ボウリングセンター」の東隣に、江畑家経営の「北日本コンピュータサービス」創業。

関連リンク
 北日本コンピューターサービス株式会社

 ▼新会社「秋田ロイヤル・レーン」発足

昭和44年(1969)株式会社「秋田ボウリングセンター」を、株式会社「第一ホテル」(本社・東京)が買収。

「秋田ボウリングセンター」「秋田ファミリーセンター」両施設を「第一ホテル」から賃借経営する新会社「秋田ロイヤル・レーン」発足、昭和45年(1970)1月から新体制で営業を始める。

秋田ボウリングセンター
昭和45年(1970)1月 新聞広告

川口大助(秋田市長)辻兵吉(商工会議所副会頭→会頭)大内正見(金萬)中塚富之助(魁新報社文化部長→秋田放送常務取締役)等々、そうそうたるメンバーが並ぶ経営陣は、「秋田第一ホテル」(現・秋田キャッスルホテル)が入居した「秋田ビル」の発起人と一部重複する。

「秋田第一ホテル」および、商業施設「秋田プラザ」が入居する「秋田ビル」内に 「秋田ロイヤル・レーン」がボウリング場を造る計画もあったが実現には到らなかった。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 広小路に「秋田プラザ」オープン・1970

秋田ボウリングセンター
昭和45年(1970)3月 新聞広告

中山律子
昭和47年(1972)1月 新聞広告

ブームの最盛期に当たる昭和47年(1972)1月、プロボウリング界の女王・中山律子来秋。

昼は男鹿市船川港の「男鹿シーサイドボウル」で、夜は「秋田ボウリングセンター」で、指導およびチャレンジマッチをこなす強行スケジュール。

各テレビ局がボウリング番組を放映するなか、美貌と実力を兼ね備えた中山律子は、一躍国民的人気者となり、ボウリング人口の向上に大きな役割を果たす。

本人が出演したシャンプーのCMの「律子さん、律子さん、さわやか律子さん」というCMソングも印象的であった。

 

 

関連リンク
中山律子 - Wikipedia

 

▼「秋田ボウリングセンター」跡地に「ト一屋サニーガーデン」オープン

昭和48年(1973)のオイルショック以降、ボウリングブームは一気に沈静化。嵐のようなブームが去ったあと、市内に最大9センターあったボウリング場は駅前の「金萬ボウル」のみとなり、県内の各センターは公民館、美術館、スーパーストアなどに転身していく。

昭和51年(1976)4月、「秋田ボウリングセンター」を改装して、スーパーストア「ト一屋サニーガーデン」オープン。

ト一屋サニーガーデン
昭和51年(1976)4月 新聞広告

ト一屋11番目の新しい店の誕生です。レンガ色の屋根にはしゃれた時計台。広く明るいフロアは新鮮な商品でいっぱい

★しゃれたお店も同時オープン★

●ウインドベーカリー ぷーどる
目の前で焼きあがるこうばしい香り。オーブンフレッシュの焼きたてパンで、手作りの味をお楽しみください。

●アイスクリームショップ イレブン
コーヒー、生ジュース、ハンバーガー、ホットドック、サンドウィッチの軽食コーナー。手軽に楽しめるしゃれた味。

●ファーストフードショップ スノーピア
味いろいろ、好みさまざま。16種のファッショナブルなアイスクリームが、その日の気分にぴったりフィット!

創業15周年を迎えた「秋田ト一屋」が満を持してオープンした新店舗。

二階に貸ホール、催事場、料理教室を設置。夜9時までの10時間営業、直営のファーストフードやウインドーベーカリーを併設した新店舗は、当時の地元スーパーとしては画期的なものであった。

市内に11店舗、その後は男鹿、五城目と店舗を拡大していった「ト一屋」も破産し、現在はディスカウントショップの「ドジャース商事」が経営を引き継ぐ。

ト一屋・楢山店
2012.05 ト一屋・楢山店(旧・ト一屋サニーガーデン)


大きな地図で見る
ト一屋楢山店・旧秋田ボウリングセンター

江畑家・赤門
2013.05 江畑家(ならやま荘)赤門

「ト一屋」の裏通り。江畑家の向こう(西隣)が「ト一屋」。

ト一屋・楢山店
2010.06 ト一屋・楢山店(旧・秋田ボウリングセンター)

ボウリング場時代のカマボコ屋根建築がそのままの姿で残る「ト一屋」側面。

今は駐車場になっている手前の角地にも、つい最近まで、黒板塀で囲まれた江畑家の屋敷があった。その南側角地(現・ト一屋駐車場)は「秋田相互銀行楢山支店」跡地。

黒板塀
2010.05 江畑家の黒板塀(消失物件)

秋田ボウリングセンター
2009.11 広告入り街区表示板 楢山登町(消失物件)

設置から50年弱の年月を経て、ヴィンテージ・ジーンズのように寂びた味わいのある街区表示板。

一般の広告看板ならば、広告主が廃業した時点で撤去されるのが普通だが、街区表示板広告の場合は長くその名が残る。ただし、当物件を掲示していた建物は数年前に解体、街区表示板とともに消失した。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 楢山の裏町という小路

二〇世紀ひみつ基地 金萬ボウルのビッグピン消える・秋田駅前名物看板
二〇世紀ひみつ基地 秋田東映劇場から伝説のディスコへ、そして・・・(東映ボウル)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金萬ボウルのビッグピン消える・秋田駅前名物看板


2011.03

秋田駅前「金萬ボウリングセンター」の名物看板・ビッグピンが消えた。


2012.06 マルトヨビル

ボウリング施設がある三・四階部分の側面にビックピン、突起した中央の帯に店名がペインティングされていた。

当初はビル一階が「マルトヨ家具」、隣接してパチンコ屋や美容室が入っていた時代も。今は居酒屋とライブハウスなどが入居する。

60年代から70年代にかけてボウリングが大ブームを巻きおこし、最盛期は秋田市内だけで9センターのボウリング場が乱立。「金萬ボウリングセンター」の斜め向かい、「秋田市民市場」二階にもボウリング場があったが、そのブームもわずか数年で終了。相次いで転廃業するなか「金萬ボウリングセンター」だけは継続し、約40年のあいだ秋田のボウリングファンに愛されてきた。

2010年5月「金萬ボウリングセンター」廃業。その後、群馬県の「三光システム株式会社」が跡を継ぎ、「ボウル.ジャンボ秋田」と店名を改めて営業している。

▼2016.06 追記
2016年5月「ボウルジャンボ秋田」閉店。


2012.06


旧「金萬ボウリングセンター」


大きな地図で見る
旧・金萬ボウリングセンター

_________

関連記事検索

「金萬」二〇世紀ひみつ基地内検索

関連リンク

ボウルジャンボ秋田 - 年中無休

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT