二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

旧金子家住宅・町家

20050730151824.jpg
秋田市大町一丁目
切妻・妻入り造り
市有形文化財

江戸時代のメインストリートである羽州街道に沿い、商業の中心地であった大町に残る町家・金子家は、安政元年(1854)に質屋兼古着屋を始め、明治四年(1871)に呉服卸売商を創業して以来、昭和五十七年(1982)までこの地で呉服商を営んできた。主家は明治十九年(1886)の俵屋火事で土蔵を残して焼失、再建は明治二十年頃と言われている。

平成八年(1996)秋田市に売却され、九年には江戸後期の町家の特徴を残す貴重な建物として、秋田市指定有形文化財に指定された。

築後百十余年の年月、風雪に耐えた建物は老朽化が激しく、店舗兼住宅として長く使われていたため、使いやすいように改築された部分も多く、土蔵は昭和五十九年の日本海中部地震によって大きく破損されていたため、市では平成十三年(2001)から四カ年計画で復元整備工事を行い昨年完工、土間の三和土(たたき)の乾燥を待って、七月二十八日から一般公開している。

20050730151806.jpg
復元前

建物の右手部分は潰され、金子商店のモルタル造りの建物が建ち、廃業後は駐車場になっていた。

20050730151729.jpg
通り土間

玄関を入ると右手に店があり、長い通り土間が奥の土蔵まで続く。

20050730151745.jpg


20050730151704.jpg
土蔵(内蔵)

通り土間を進むと突当りに広い土間があり、黒漆喰で仕上げられた大きな土蔵が現れる。
幕末期に造られ、明治十九年の大火・俵屋火事で焼け残ったという土蔵は、主に商品を保管し、通り土間を通って搬入、搬出された。

20050730151608.jpg
天水甕(てんすいがめ)
実際に使用され保存されていた甕を展示している

屋上の防火用の天水甕は秋田の町家の特徴のひとつ。
現在は二個の甕が復元されているが、当初は六個配置されていたのを、昭和三十三年ころ、屋根の葺き替えの際に整理して二個にしたという。その後、甕が破損し、しばらくは台が一つだけ残っていた。

日本を愛し日本美を世界に紹介したドイツ人建築家・ブルーノ・タウトは、秋田の町家の屋上に置かれた雨水を溜める器に注目した。著作「Houses and People of Japan」(1958・再版)では、金子家の天水甕が紹介されている。

20050730151635.jpg
Fig. 375 Water Vessel on Top of the Roof at Akita
「Houses and People of Japan」(1958・再版) より

屋根の葺き替え後、昭和三十年代の写真、二つの台と一つの甕が見える。
解説にも本文にも建物の名称は載っていないが、間違いなく金子家のものだ。

ただし天水甕が写った写真は初版には載っていない。
1937年刊行の「Houses and People of Japan」初版には、天水甕を紹介する図版として、勝平得之の版画「五月の街」から、手形田中町、橋本酒造店の屋上の天水甕をトリミングしたモノクロ写真が掲載されている。

20050730151530.jpg
勝平得之「五月の街」昭和十年(部分)

しかし、初版で使用された挿図の原版が戦災で失われたため、タウトが没してから二十年後に刊行された再版本には、勝平得之が新たに撮影した秋田の写真が数枚使われているのだ。金子家の写真も勝平が写したもの。だから市が作製した資料に「ブルーノ・タウト氏によって世界に紹介された旧金子家住宅」とあるのは、厳密にいうと正確ではない。再版本の図版に関しては、すでに亡くなっていたタウトは一切関わっていないのだから。

タウトが勝平得之の案内で秋田の建物を取材したのは昭和十年五月のこと。当時はまだ多くの町家の屋上に天水甕が存在しタウトの目を惹いたことだろう。大町から通町周辺も歩いているので、六個上がっていたという金子家の天水甕も目にしたと思われる。

旧金子家住宅 周辺地図
ねぶり流し館となり
八月二十一日まで観覧無料

関連記事
タウトの宿・旧金谷旅館
光と闇を結ぶ「通町橋」(野口周次郎酒造・天水甕の木枠)
「菊谷小路」という不可解(菊屋酒店の天水甕)

| 秋田市今昔 | 21:30 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

タウトの宿・旧金谷旅館

20050213001613.jpg
旧金谷旅館
秋田市保戸野通町「高砂堂」裏、旭川沿い。
開業は明治期。旅館は廃業し所有者も変わった。

日本を愛し日本美を世界に紹介したドイツ人建築家・ブルーノ・タウト。
昭和十年五月、秋田駅に降り立ったタウトと日本人助手は、駅長の薦めで当時市内では一番有名だった「石橋旅館」に宿泊するが、豪華絢爛な日光東照宮を嫌い、簡素な桂離宮を好んだタウトは、この旅館を「大名風ではあるが、やはり垢抜けのしないイカモノだ」と、あまりお気に召さない。

廊下に飾られていた勝平得之の小さな版画を見て、助手の上野君は勝平氏に秋田の案内を頼んでみようと提案、市内の町家、郊外の農家などを案内され、「秋田にはまだ非常に美しい型の家が保存されている」「秋田はまことに北日本の京都だ」と絶賛している。

「石橋旅館」には大臣一行が宿泊し満室になるとのことで、タウトらは勝平氏が紹介してくれた「金谷旅館」に移った。タウトが泊まった部屋は、裏手にみえる三階の一間。

この宿は前の旅館にくらべるとずっと質素であるが、非常に親切な、居心地のよいサービスをしてくれるし、また値段も恰好である。
------------
清楚な感じの若い女中さんは、夏よりも冬のほうがずっとよろしゅうございます、といった。だから冬になったにもう一度秋田を訪れようと思っている。
『日本美の再発見』より

タウトは翌年の二月にもここに宿泊している。旅館もさることながら、オトキさんという若い女中さんが大層気に入ったようだ。しかし、階下から漂ってくる厠の香りには閉口している。旅館の一階には、タウトも入浴した、銭湯「杉の湯」が最近まで営業していた。

_________

関連リンク

建築家ブルーノ・タウト - ドイツニュースダイジェスト

ブルーノ・タウト - Wikipedia



| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |