FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

土手長町官庁街の中心地・秋田県庁舎

明治四年の廃藩置県で秋田県が誕生、久保田城(現・千秋公園)本丸御殿をそのまま使用して、明治五年に開庁した県庁は数カ所を移転後、明治十三年、南秋田郡土手長町中丁に擬洋風建築の新庁舎を落成、同年四月十七日開庁。


二丁目橋と秋田県庁舎・明治十三年開庁

欧米の建築を日本の職人たちが見よう見まねで造った、明治初期の建築物を「擬洋風建築」という。擬い物(まがいもの)であるため「擬洋風建築」と名づけられた。

敷地約六二七三坪、建坪約四四九坪、木造二階建、瓦葺、正面にバルコニーを巡らし、中央玄関部および左右対称の両翼を突出させたE形、中央上部の破風に、姫松材・漆塗金箔仕上げ、直径三尺の菊花御紋章を掲げた。

当時の官庁建築に多くみられた、このような擬洋風建築は、工部省営繕課の主導で明治初期に建てられた中央官庁を典型として、県庁・学校・役場など、同様な様式の建物が全国に波及してゆく。

現存する明治初期の擬洋風建築のなかで、旧秋田県庁舎とよく似ているのは、愛知県犬山市の「博物館明治村」に移築保存されている旧三重県庁舎。(下記関連リンク参照のこと)


二丁目橋と秋田県庁舎・明治末期

当時の二丁目小路(現・山王大通り)の道幅は、並行する一丁目小路や三丁目小路(すずらん通り)と変わらない。鉄柵のある二丁目橋の向側に藩政期からの土手が残る。


二丁目橋のたもと、県庁前の掲示板

ドイツ人建築家・ブルーノ・タウトが、昭和十年五月、秋田市を訪問したとき、日本の風土に異質な洋館をけなしたタウトに珍しく、裏日本への旅のなかで唯一、秋田県庁の洋風建築をほめている。
この町は全体がどこか文化的であり、ヨーロッパ的なもの、ハイカラなものももちろんある。しかしそれはつつしみ深く素朴で、ハイカラ精神にふさわしいものはまだ取り込まれていないし、幸運なことにモダン建築もまだだ。明治時代の建築がおもしろく、それは実際の様式のなかでも素朴である。もっとも興味深かったのものは、両翼に開放的な玄関ホールのあるイギリスコロニアル様式の県庁であった。
ブルーノ・タウト『日本美の再発見』より
老朽化した県庁の改築にあたって、当時の主流であった鉄筋コンクリート耐火建築にする意見もあったが、時の児玉政介知事は「秋田杉の表徴的建物を!」と、木造建築にこだわり、昭和十三年、木造二階建ての新庁舎落成。


秋田県庁舎・昭和十三年改築
左手に時計台がある県会議事堂

昭和二十三年二月、約七十年の間、県庁舎に掲げられていた菊花御紋章、時流にのまれ取り外される。

昭和三十二年八月、庁舎の三分の二を焼失。

昭和三十四年十二月、田圃が広がる秋田市川尻字八十刈(現・山王)に新庁舎落成。山王地区が官庁街となる端緒となった。

昭和三十五年、旧県庁跡地の一角に「秋田産業会館」竣工。平成一年にオープンしたアトリオンに受け継がれ、産業会館は別館として残ったが、老朽化に加え再開発用地であったことから取壊され、跡地はBMX、スケボー、ローラースケートの練習場に。


県庁舎および産業会館跡地


二丁目橋と県庁舎および産業会館跡地


大きな地図で見る
旧秋田県庁界隈

県庁が山王に移転した後、土手長町通りのうち、旧県庁前のみが拡幅されたため、先代までの県庁舎の一部は現在道路になっている。

_________


関連記事

土手長町(ひみつ基地内タグ検索)

二〇世紀ひみつ基地 産館ホールへ行こう

二〇世紀ひみつ基地 通町橋から秋田市役所を望む

関連リンク

近代建築散策:旧三重県庁舎
近代建築散策:旧東山梨郡役所

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶町の老舗・三傳


三浦傳六商店・茶町菊ノ丁

明治末から大正期の撮影と思われる、旧茶町菊ノ丁、現在の大町二丁目、ニューシティービル裏の一角に存在した、秋田の典型的な切妻の町家「三傳本店」。

破風下の三段化粧梁、二階左手に施された「うだつ」が、ひときわ眼を惹く立派な造りで、屋根には防火のための天水瓶が上がっている。

弘化四年(1847)、茶町菊ノ丁に茶紙荒物商として創業。現在は新屋に本拠を移し、総合商社として営業をつづけている。

外町を焼き尽くした明治十九年の大火・俵屋火事で類焼、再建した店も、明治三十八年、大町二丁目と茶町菊ノ丁のほとんどを焼く大火で焼失するが、このときは土崎湊上酒田町の支店(明治二十年開業)をそっくり菊ノ丁に移すことで、いち早く店を開くことができた。これが画像の店舗。


書籍広告 左・明治二十年 右・大正十一年

数字の「五」をデザイン化した鼓型の家印は「五体に通じて動かざること山のごとし」という意味があるという。

営業品目をみると、茶・紙・砂糖・畳表・小間物など、この時代になっても、藩政期に茶町で専売を許可された商品がそのまま受け継がれているのが面白い。自動車を取り扱う以前、昭和初期までの主力商品は砂糖であった。


Fig. 331 Front to Fig. 332
Bruno  Taut『Houses and People of Japan』(1937・初版) より

上の画像は、建築家・ブルーノ・タウトが昭和十年五月に秋田市を訪れ、版画家・勝平得之の案内で市内の建築物を見て回った際、タウトの助手兼通訳を務めていた上野伊三郎が撮影したもの。

この時点で「三傳本店」は東隣の上肴町、「仏壇の升谷」の向かいに移転し、画像の物件は同族会社である「三浦屋」が利用していた。


Fig. 293 Front to Fig. 294
Bruno  Taut『Houses and People of Japan』(1958・再版) より

こちらは戦後に勝平得之が撮影した「三浦屋」(旧三傳本店)。このときすでに「三浦屋」は廃業し同社経営の「秋田合同倉庫」となっている。

現在の「三傳商事」の営業品目は、紙・包装資材・生活雑貨・食品・建材・石油など。そのほか「秋田日産自動車」をはじめとする関連グループ企業も数多い。

_________

関連リンク

三傳商事株式会社

関連記事

茶町(ひみつ基地内タグ検索)

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タウトの観た秋田市・茶町菊ノ町・上肴町

建築家・ブルーノ・タウトが昭和十年五月に秋田市を訪れ、版画家・勝平得之の案内で市内の建築物を見て回った際、タウトの助手を務めていた上野伊三郎が撮影した写真の一部が、タウトの著書『Houses and People of Japan』(日本の家屋と生活)に記録されている。


Fig. 149 A Merchant House at Akita
『Houses and People of Japan』(1937・初版) より

ニューシティビルの裏にあたる茶町菊ノ丁から上肴町を望んでいる。

手前の「片屋商店」は、軒の出が深い妻入造りで、切妻屋根の笠木が大きく張り出した、秋田の典型的町家。一丁目小路をはさんだ民家風の平屋が「加賀屋質店(加賀富)」。その奥の二階建てが「竹小旅館」と思われる。



手前に今も残る「旧片屋商店」。「加賀屋質店」の場所は戦後になって「合同タクシー」営業所、現在は真光系新興宗教団体の秋田支部。

藩政期に茶、紙などの独占販売を許された「茶町」の最北端に位置する「片屋商店」が扱っていた商品は、和洋紙と印刷用品など。タウトの写真にもわずかにみえている二階建て(現在は理髪店)では「明治活版所」という印刷所も経営しており、「魁新報」の前身「遐邇新聞」も一時期この場所にあったようだ。


大正二年 書籍広告


04.12 旧片谷商店

貸店舗に改装され看板に覆われたものの、外観は往年のたたずまいを残している。裏側に建っていた二棟の土蔵は解体されて、現在は店舗と駐車場になっている。


Fig. 130 Houses with Deep Eaves at Akita
『Houses and People of Japan』(1958・再版) より

左に「茶町菊ノ丁の表示板がみえる「片屋商店」。右が一丁目小路の「加賀屋質店」の土蔵。こちらの写真は、『Houses and People of Japan』初版で使用した写真類を戦災で失ったため、戦後に勝平得之が撮影したものを掲載したという。


05.07

質店の土蔵は現在、薬品店の店舗として利用されている。

_________

関連記事

タウトの宿・旧金谷旅館

ブルーノ・タウト(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

建築家ブルーノ・タウト - ドイツニュースダイジェスト

ブルーノ・タウト - Wikipedia


| 秋田市今昔 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

醤油の「田中屋」とライブハウス「田中屋」のこと


大町三丁目「田中屋」大正期か?

秋田市大町三丁目にあった「田中屋」は、元禄五年(1692)創業という歴史のある老舗の醤油醸造販売店で、醤油のほかに味噌、酢、漬物なども製造し、戦前は県内を始め東京、青森、北海道、朝鮮までも販路を広げていた。

創業時の建物は明治十九年の俵屋大火で焼失したが、じきに旧状に復元。秋田の町家の特徴である切妻屋根をかけた妻入の町家は、今ならば間違いなく文化財クラスの保存対象建築である。

玄関の暖簾にみえる「○に太の商号」は、代々襲名された田中太吉の名前から。立派な屋根付きの「志やうゆ・醤油」の看板は天保五年(1834)製。当時秋田に住み寺社の彫刻で名人として知られた池長の作で、揮毫は秋田の豪商・長谷川勘兵衛。ブルーノータウトが絶賛したという名物看板で、現在は県立博物館に収蔵。切妻の屋根には防火用の天水桶(てんすいおけ)がある。


「田中屋」看板


明治三十五年・書籍広告


明治四十二年・新聞広告

「田中屋」の建物が解体されたのが昭和四十五年頃、その跡地に、昭和四十七年(1972)、協働社の浅利社長が協働社大町ビル(現・協働大町ビル)をオープンさせる。


協働大町ビル 2007

オープン当時、一階の突き当たりには、暴力団の経営と噂されていたディスコ「夜光虫」が怪しい光を放っていた。一階で覚えているのは「夜光虫」のほかに、「喫茶エルザ」「藤原書店」、そして、旧「田中屋」の経営する、ライブハウス「田中屋」。「田中屋」は秋田に於けるライブハウスの草分け的存在であった。

昭和五十四年(1979)三月、二日間にわたり、友川かずき(現・友川カズキ)がライブを行い、その音源を元に、初のライブ盤「犬 友川かずき秋田コンサートライブ」が制作され、七月にキングレコード(ベルウッドレーベル)からリリースされた。生々しく濃厚なライブ感をともなったこのレコードをベスト盤と評価するファンが多い。

盲目のシンガーソングライター・長谷川きよしが全国のライブハウスで録音した音をまとめて、昭和五十五年(1980)リリースした二枚組アルバム「風織るまちを過ぎて」の冒頭にも、「田中屋」でのライブ音源が使われている。



大きな地図で見る
「田中屋」跡

_________

関連記事

町家(ひみつ基地内検索)

友川カズキ(ひみつ基地内タグ検索)

ブルーノ・タウト(ひみつ基地内検索)

関連リンク

協働大町ビル

| 秋田市今昔 | 22:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧金子家住宅・町家

20050730151824.jpg
秋田市大町一丁目
切妻・妻入り造り
市有形文化財

江戸時代のメインストリートである羽州街道に沿い、商業の中心地であった大町に残る町家・金子家は、安政元年(1854)に質屋兼古着屋を始め、明治四年(1871)に呉服卸売商を創業して以来、昭和五十七年(1982)までこの地で呉服商を営んできた。主家は明治十九年(1886)の俵屋火事で土蔵を残して焼失、再建は明治二十年頃と言われている。

平成八年(1996)秋田市に売却され、九年には江戸後期の町家の特徴を残す貴重な建物として、秋田市指定有形文化財に指定された。

築後百十余年の年月、風雪に耐えた建物は老朽化が激しく、店舗兼住宅として長く使われていたため、使いやすいように改築された部分も多く、土蔵は昭和五十九年の日本海中部地震によって大きく破損されていたため、市では平成十三年(2001)から四カ年計画で復元整備工事を行い昨年完工、土間の三和土(たたき)の乾燥を待って、七月二十八日から一般公開している。

20050730151806.jpg
復元前

建物の右手部分は潰され、金子商店のモルタル造りの建物が建ち、廃業後は駐車場になっていた。

20050730151729.jpg
通り土間

玄関を入ると右手に店があり、長い通り土間が奥の土蔵まで続く。

20050730151745.jpg


20050730151704.jpg
土蔵(内蔵)

通り土間を進むと突当りに広い土間があり、黒漆喰で仕上げられた大きな土蔵が現れる。
幕末期に造られ、明治十九年の大火・俵屋火事で焼け残ったという土蔵は、主に商品を保管し、通り土間を通って搬入、搬出された。

20050730151608.jpg
天水甕(てんすいがめ)
実際に使用され保存されていた甕を展示している

屋上の防火用の天水甕は秋田の町家の特徴のひとつ。
現在は二個の甕が復元されているが、当初は六個配置されていたのを、昭和三十三年ころ、屋根の葺き替えの際に整理して二個にしたという。その後、甕が破損し、しばらくは台が一つだけ残っていた。

日本を愛し日本美を世界に紹介したドイツ人建築家・ブルーノ・タウトは、秋田の町家の屋上に置かれた雨水を溜める器に注目した。著作「Houses and People of Japan」(1958・再版)では、金子家の天水甕が紹介されている。

20050730151635.jpg
Fig. 375 Water Vessel on Top of the Roof at Akita
「Houses and People of Japan」(1958・再版) より

屋根の葺き替え後、昭和三十年代の写真、二つの台と一つの甕が見える。
解説にも本文にも建物の名称は載っていないが、間違いなく金子家のものだ。

ただし天水甕が写った写真は初版には載っていない。
1937年刊行の「Houses and People of Japan」初版には、天水甕を紹介する図版として、勝平得之の版画「五月の街」から、手形田中町、橋本酒造店の屋上の天水甕をトリミングしたモノクロ写真が掲載されている。

20050730151530.jpg
勝平得之「五月の街」昭和十年(部分)

しかし、初版で使用された挿図の原版が戦災で失われたため、タウトが没してから二十年後に刊行された再版本には、勝平得之が新たに撮影した秋田の写真が数枚使われているのだ。金子家の写真も勝平が写したもの。だから市が作製した資料に「ブルーノ・タウト氏によって世界に紹介された旧金子家住宅」とあるのは、厳密にいうと正確ではない。再版本の図版に関しては、すでに亡くなっていたタウトは一切関わっていないのだから。

タウトが勝平得之の案内で秋田の建物を取材したのは昭和十年五月のこと。当時はまだ多くの町家の屋上に天水甕が存在しタウトの目を惹いたことだろう。大町から通町周辺も歩いているので、六個上がっていたという金子家の天水甕も目にしたと思われる。

旧金子家住宅 周辺地図
ねぶり流し館となり
八月二十一日まで観覧無料

関連記事
タウトの宿・旧金谷旅館
光と闇を結ぶ「通町橋」(野口周次郎酒造・天水甕の木枠)
「菊谷小路」という不可解(菊屋酒店の天水甕)

| 秋田市今昔 | 21:30 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT