二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

AKITAカジュアルア-ツフェスタ2007・美術部門

AKITAカジュアルア-ツフェスタ2007
ストリートライブアーツ
秋田市仲小路通り
07年8月14日~8月15日












ハン・カクサイ

水曜はABSラジオの中継車に乗って、レポーターとして県内をまわるハン様、マスクは暑くて大変だなぁ。えっ、これが素顔だって?







_________

関連記事

AKITAカジュアルアーツフェスタ2006

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暗黒のネイガー登場・超神ネイガーショー

07.04.30
秋田ニューシティー

黄金週間のネイガーショーの目玉に、なにやらブラックな新キャラが登場するとの噂。

いつものように、だじゃく組合行動班長ハン・カクサイ様による抱腹絶倒の漫談で幕が開き、ホジーネも加わり、大阪からネイガーショー観戦のために、はるばる来秋した客などをステージに上げて客いぢりなど。

その後、いつものとおりネイガーが登場、だじゃく組合をいぢめて退散させる。ネイガーが見栄を切って退場し、再度ハン様一行が登場するが、ホジーネは、山から拾ってきた毛の生えた黒い物体を大切に抱えている。

20070501224809.jpg
ホジーネとハン様

その黒いタマゴのような物体から、地の底から響くようなおぞましき音が鳴りわたり、やがて誕生したのが、ネイガーそっくりの裏ネイガー・クレイガー。

裏秋田という、ダークサイドからやって来たクレイガー、これが、やたらに強くてクールな奴。今までのだじゃく組合系の敵役とは一線を画した究極の悪役である。

20070501224823.jpg
クレイガーv.s.ネイガー

その圧倒的パワーの前に、ネイガーも加勢に加わるネイガージオンさえも倒されてしまい、みじめな敗北を喫したネイガーたちは、再起を誓い去ってゆく、という今だかつてない「次回に続く」的な展開。最後にはふたたびハン様の登場で幕を下ろすのも始めて見た。

最強のアンチヒーロー・クレイガーの登場は、NHKの正月特番でその片りんをみせた、ネイガーのバージョンアップ版・黄金のネイガー誕生への伏線なのだろう。

-----------

関連リンク

超神ネイガー公式ウェブサイト
超神ネイガー・Wikipedia

関連記事

チアーズとネイガーの日曜日
超神ネイガー&水木一郎ショー・アゴラ広場
ハン・カクサイの電波ダジャック!
竿燈マン現る・超神ネイガーショー
お色気大作戦・超神ネイガーショー
八橋名物「留り木」売店
帰ってくる「電波ダジャック」

| 散歩写真・路上観察 | 23:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってくる「電波ダジャック」



ABSラジオ、3月18日(日)午後1時から、超神ネイガーラジオ「ハン・カクサイの電波ダジャック!」生放送2時間スペシャル放送!

ABSのホジナシ電波が届がねぇ地方に住む秋田出身の田舎者がださも、放送終わってがらネットで聞がへでけるんだど。「予定」ってなが、なんだが怪しいどもな。しかし、真っ昼間からこんたら電波流してもいんだがABS。

-----------

関連リンク

ABS超神ネイガーラジオ「電波ダジャック」
超神ネイガー公式ウェブサイト
超神ネイガー・Wikipedia

関連記事

チアーズとネイガーの日曜日
超神ネイガー&水木一郎ショー・アゴラ広場
ハン・カクサイの電波ダジャック!
竿燈マン現る・超神ネイガーショー
お色気大作戦・超神ネイガーショー

| 未分類 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八橋名物「留り木」売店


秋田駅前「留り木」

ネイガープロジェクトのヒロイン・ネイガーマイを演ずる、秋田市出身の元女子プロレスラー・宮本晶(旧姓福岡)の嫁ぎ先として知られる、秋田駅前の焼肉屋「留り木」。

「留り木」といえば、八橋運動公園の県立体育館の下、今は砂場と遊具があるあたりにかつて存在した「留り木」売店のことをなつかしく思いだされる方も多いと思う。


大きな地図で見る
留り木売店があった場所

夏休み中は八橋市民プールで泳いだあとの定番コース、スポーツ大会など催物があるたびに、おにぎり、弁当、おでん、お菓子などを買い求める客でごった返した売店のかたわらには、店主が作ったミニ動物園めいた大きな鳥小屋があって、飼われているさまざまな鳥たちを眺めるのも楽しみのひとつだった。鳥の止まる横木「止まり木」が「留り木」という店名の由来だろう。

常設の売店ができる前は、高校野球などスポーツ大会があるたびに、仮設のリヤカー屋台を出していて、安くて旨いザッパ汁が人気メニューだった屋台には、いつも行列ができていたという。

八橋名物となっていた売店も、県立体育館が落成した昭和四十三年頃、市から立退き命令が下されるが抵抗して居座りつづけ、それから約五年後、惜しまれつつ閉店する。

20070218171125.jpg
一番町「留り木」本店

一番町(南通り)で深夜まで営業する「おにぎりの店」として有名な食事処だった「留り木」本店は、川反帰りの酔客や、仕事上がりのホステスたちがよく立ち寄る店で、その欄間には、高額紙幣を並べて入れた額がいくつか飾られていた。それらは川反が景気が良かったキャバレー全盛のころ、ホステスたちが自分の源氏名をしたためて、縁起をかついでこの店に奉納するのがブームになったときの名残だったという。

この店常連だったころ、八橋の売店でも見かけたオヤジさんはまだ健在で、帰りがけに呼び止められ「これ持っていげ」と、折り詰めの「鶏めし弁当」をよく頂いたものだ。あのとき小学生だった男の子が、今の店主だろうか。

弁当や経木で包まれたおにぎりの包装紙には、さるかに合戦の絵が印刷されていたと記憶していたが、あるとき思いがけずその包装紙に再会する。「秋田市一番町通り 秋田おにぎり本舗 留り木」の文字もそのままに、当時の包装紙を拡大して看板に仕立てたものが、駅前の店舗にいつのまにか掲げられていたのだ。

20070218171055.jpg
横長看板を二段に分割合成

一番町の「留り木」が南通りの道路拡張により閉店して、かなりの年月を経て駅前店がオープンしたと思う。


「留り木」

-----------

関連記事

お色気大作戦・超神ネイガーショー

関連リンク

焼肉・ラーメン 留り木 秋田タウンMyPage

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT