二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

昭和残影・色と音と光の専門店「デンキヤ」秋田市中央通り

デンキヤ
▲旧「デンキヤ」ビル 2015.06

秋田市中通三丁目、中央通りに面した旧「デンキヤ」ビルが、竣工から約50年経過した2019(令和1)年6月に解体された。

デンキヤ

デンキヤ
▲2019.05

デンキヤ
▲1970(昭和45)年6月 新聞広告

1970(昭和45)年6月17日、家電販売店「デンキヤ」オープン。

電気屋に「デンキヤ」とは、なんともストレートなネーミングだが、印象的で覚えやすい良い店名だと思う。

同店を経営したのは、山王大通りに本社を置く、三菱電機代理店「菱明三菱電機機器販売」。

菱明三菱電機機器販売
▲菱明電機機器販売株式会社 2017.07

デンキヤ
▲1970(昭和45)年8月 新聞広告

「お買いあげ10,000円以上の方を北島三郎ショー ご招待」サブちゃんはまだ30代前半。

17形(17インチ)カラーテレビの現金正価(現金一括払いで購入した場合の希望小売価格)が 157,000円(デンキヤ価格122,000円)15形で現金正価 129,000円(デンキヤ価格98,000円)と、公務員の初任給(基本給)が36,000円ほど時代、おいそれとは手が出せない高額商品。そのため分割払いで購入するのが普通だった。

三菱カラーテレビ高雄▲1970(昭和45)年

同じ1970(昭和45)年の三菱カラーテレビ「高雄」19形の現金正価は197,000円。

1969(昭和44)年末時点の秋田県内の白黒テレビ普及率が89.9%なのに対して、カラーテレビ普及率はまだ14.2%。

70年代、カラーテレビの普及率は年ごとに倍増、量産が進むにつれ価格は下がりつづけた。

デンキヤ
▲1970(昭和45)年10月 新聞広告

秋田で初めてのスピーカー制作コンクール

パイオニアスピーカー PIM-16A(ロクハン)を¥1,700を特別価格¥1,000でおわけします。作り方はあなたの自由です。ユニークで優秀な音のスピーカーシステムに完成させてください。お寄せ頂いたスピーカーは全部メーカー専門工場で測定し、順位を決め後日表彰、豪華賞品を差しあげます。

パイオニアの名器、16cm フルレンジ スピーカーユニット PIM-16A を使った、自作派オーディオマニアをターゲットにした、スピーカーシステム制作コンクール。パイオニアの主催で全国で開催された。

デンキヤ▲1972(昭和47)年6月 新聞広告

2年前の1970(昭和45)年の広告と比べると、三菱17形カラーテレビの現金正価が 157,000円(デンキヤ価格122,000円)だったのが、現金正価126,000円(デンキヤ価格98,000円)と実売価格で10万円を切っている。

さらに、10万円以上のカラーテレビを買うと古いテレビを25,000円で下取りするサービスも。

そのほか、三菱カラーテレビ「高雄」20形が現金正価149,000円(デンキヤ価格124,000円)。三菱14形ポータブルカラーテレビの現金正価89,800円(デンキヤ価格76,000円)。白黒テレビで最も安いのは、ビクター12形白黒テレビ 定価29,000円(デンキヤ価格22,000円)。

デンキヤ
▲1974(昭和49)年1月 新聞広告

菱明OA電算事業部
▲1983(昭和58)年12月 新聞広告

1983(昭和58)年12月、廃業した「デンキヤ」跡に「菱明三菱電機機器販売」OA電算事業部が新事務所「コンピュータ」を開設、一階に各社オフィスコンピューター等を展示するショールームを置く。

三菱MULTI16▲1983(昭和58)年 雑誌広告より

●16ビット●日本語●オンライン
三菱パーソナルパソコン
MULTI16

8インチモデル

MP-1622
モノクロディスプレイ、主記録装置192KB
標準フロッピーディスク2台、標準キーボード
93万円(標準価格)

MP-1625
カラーディスプレイ、主記録装置256KB
標準フロッピーディスク2台、標準キーボード
113万円(標準価格)

「デンキヤ」跡に「コンピュータ」が開設された年、三菱から発売されていたパソコンMULTI16シリーズ。パーソナルパソコンとあるが、個人向けではなく、主に業務用に使われた。

8インチ8色カラーディスプレイ・メモリ256KB・8インチ2Dフロッピーディスク×2で113万円。ハードディスクは内蔵されず、オプションで追加できる外付ハードディスクの容量は20MBで、価格は30万円ほど。

同年のMULTI16シリーズで最も安価なMP-1601Sは、5インチモノクロディスプレイ・メモリ128KB・5.25インチ2Dフロッピーディスク×1で53万円。

8インチは小型タブレットサイズ、5インチといえば、小さめのスマホのサイズだ。

デンキヤ
▲2018.09

「コンピュータ」時代にビルの側面に掲示された「三菱コンピュータ」の文字は、西隣にビルが建ったことで隠れてしまったが、ビルの狭間に注目すると、三菱の赤いロゴマーク・スリーダイヤがチラリと顔をのぞかせている。 

デンキヤ
▲2004.02

「コンピュータ」撤退後、2000年初頭、一階にコンビニ「ローソン」が短期間入居。

上掲画像、旧「デンキヤ」ビルの小路を隔てた東隣に見える呉服店、旧「きもの有坂」ビルも2018(平成30)年に解体されて、今は駐車場になっている。


▲家電販売店「デンキヤ」跡

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015「二〇世紀ひみつ基地」PVトップ100

2015年「二〇世紀ひみつ基地」PV(ページビュー)トップ100

集計期間 2015.01.01~2015.12.29

今年も「覚醒剤「ヒロポン」の時代」が、12855PVで断然のトップ。マスメディアで話題に上がるたびにPVが上がる。

2015年3月6日、NHK地上波で『ドキュメント72時間「秋田・真冬の自販機の前で」』が全国放送された影響で、「土崎港「B級的昭和レトロ自販機」佐原商店」が上位にランキング。

レトロ自販機

取材時に壊れてお湯があふれていた、うどん・そば自販機は放送に合わせてリニューアル。放送後、各地から物好きが集まり一時は行列ができる異常事態に、それまで気軽に利用していた常連は足が遠のく。

2015年12月29日に人気作品9本を一挙に放送した『朝までドキュメント72時間』では「もう一度見たい72時間」の第1位に輝く。

土崎湊祭り
港自販良いダシ(山車)曳(ひ)き出す そば うどん
平成二十七年 土崎湊祭り・見返し

| 未分類 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHK BSプレミアム「金照寺山からの風景」再放送

NHK BSプレミアムで 2014年7月初旬に放送された 日本縦断「こころ旅」秋田編の、346日目秋田県秋田市「金照寺山からの風景」の放送後、当ブログの関連記事へのアクセス数が3,000件以上を記録、全国放送の影響力を思い知らされた。

その回を含む秋田編が 2014年9月3日(水)9月5日(金)に再放送される。

NHK BSプレミアム 午後0:00~0:58
秋田の旅
1日目&2日目 9月3日(水)
3日目&4日目 9月5日(金)

「金照寺山からの風景」は2日目 9月3日の放送と思われる。詳しい日程は公式サイトで確認の程を。 

日本縦断「こころ旅」は、視聴者から寄せられた「こころに残る風景」を、火野正平が自転車で訪ねる旅番組。

今から40年前、東京から秋田市立南中学校へ転校、数年間を秋田で過ごした手紙の主の「こころの風景」は、金照寺山頂上(七ツ森)からの眺め。

日本縦断「こころ旅」金照寺山

NHK「にっぽん縦断 こころ旅」金照寺山からの風景

 

 



いつも子どもの遊ぶ声が聞こえ、デートスポットとしても知られた七ツ森。しかし、現在は周囲の樹木が大きく成長して視界をさえぎり、遠い記憶の片隅に残る、市街地や山並みの眺望は失われ、遊ぶ子どもの姿も無い。

往年の七ツ森を知るものにとっては、時の流れの無常を実感させ、視聴後にやるせなさが残る放送であったが、投稿者も同じ思いで画面を見つめたのではないだろうか。

日本縦断「こころ旅」金照寺山

日本縦断「こころ旅」金照寺山
川反四丁目橋を東へ
 

四丁目橋に夜のとばりが落ちる頃

日本縦断「こころ旅」金照寺山

日本縦断「こころ旅」金照寺山
明田地下道付近 右折すると大堰端

南中の女子二人に金照寺山の場所を尋ねるが、知らないという返事。今では裏山を開発した「一つ森公園」が有名で、近くに住んでいても、七ツ森(金照寺山)を知らない人が多い。

日本縦断「こころ旅」金照寺山
大堰端を南進
 

「大堰端暗渠」を歩く・藩政期から現代まで

日本縦断「こころ旅」金照寺山
理髪館と石敢當のあるY字路

理髪館のあるY字路

 

 

 


Y字路に謎の石柱・石敢當

 

 

 

Y字路の左側に進んで道を迷いながら、ようやく登り口に到達。

日本縦断「こころ旅」金照寺山

左折すると登山道 右手に「真如苑秋田支部」(金照閣跡)
 

千秋学園・・・金照閣そして・・・金照寺山麓今昔

 

 



日本縦断「こころ旅」金照寺山
温泉坂

日本縦断「こころ旅」金照寺山
七ツ森登り口

日本縦断「こころ旅」金照寺山
七ツ森より東を望む

日本縦断「こころ旅」金照寺山
七ツ森より南を望む

日本縦断「こころ旅」金照寺山

金照寺山・七ツ森
七つ森 昭和40年代中期 二〇世紀版「金照寺山」案内記より

老人が腰を下ろす東屋の場所は今と変わらない。

金照寺山・七ツ森
七つ森 昭和40年代中期 二〇世紀版「金照寺山」案内記より

 

二〇世紀版「金照寺山」案内記

 

 

 

 

ドトリバ踏切のひみつ・金照寺山麓

 

 

 

 

金照寺山「三十三観音巡礼」札打ちの山

 

 

 

 

僕らの奇妙な宇宙船・金照寺山に謎の塔

 

 

 

 

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和の名曲「自動車ショー歌」をCoba-Uがリメイク


Drive Japan応援ソング 「Coba-UのDrive Heart」

クルマ離れが進む若者にもっとクルマを好きになってもらおうとの趣旨で、国内自動車メーカー8社により結成された共同プロジェクト「Drive Japan」を応援するために制作されたメッセージソング「Coba-UのDrive Heart」は、小林旭の往年の名曲にして迷曲「自動車ショー歌」をエレクトロポップにリメイクした平成の「自動車ショー歌」。

唄うは自称レゲエ・ ドール(レゲエ+アイドル)Coba-U(コバユー)。オリジナル曲と同様に各社の車名がダジャレで織り込まれている。




「自動車ショー歌」小林旭

さすが昭和ナンセンスソングの名盤!。語尾をしゃくりあげて唄う高音のアキラ節がシビレる!。それに加えて歌詞と映像・画像をシンクロさせた動画編集がお見事。

作詞・星野哲郎、作曲・叶弦大。ちなみに、小林旭の代表曲「昔の名前で出ています」も星野・叶コンビによる楽曲。

昭和39年(1964)10月リリースするも、一番の最終フレーズ「ここらで一発シトロエン」が、民放連が定めた要注意歌謡曲指定制度基準のエロ・グロ条項に抵触し、放送禁止処分。間もなく歌詞を「ここらで止めてもいいコロナ」に書き替えてレ再レコーディング、再発売。

たちまち大ヒットするも、ブランド名・製品名が羅列されているため、NHK ではもちろん放送禁止(のちに一部で解禁)。民放でも自動車メーカーが番組スポンサーの場合、字幕スーパーを流さないこともあったという、ちょっびり不遇な楽曲であった。

_________

関連リンク

Drive Heart | Drive Japan

Coba-U Official Site |コバユー オフィシャルサイト

| 読む・観る・聴く | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT