二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

小鳥のおみくじ芸・伝統の見世物

千秋公園のお花見の露店だったろうか、子どもの頃、小鳥使いのおじさんがあやつる「小鳥のおみくじ芸」を見た。

舞台はミニチュアの神社。硬貨をくちばしで受けとった小鳥が参道を進み、さい銭箱にお金を落とし、お宮の鈴を鳴らして扉を開けて中に入り、おみくじをくわえて出てくる。足でつかんだおみくじをくちばしで開封して一仕事終えた小鳥は、おじさんの手から、ご褒美の餌をもらって鳥カゴにもどる。そのかわいらしい一連の仕草に目が釘付けになった。


『ヤマガラの芸』(小山幸子著 法政大学出版局 1999)より

学習能力が高いヤマガラを飼い慣らし、芸を仕込み見世物とする「ヤマガラの芸」は江戸時代にはじまったという。芸の種類は「鐘つき」「つるべ上げ」「那須の与一」「かるたとり」「つな渡り」などさまざま、最後まで残っていた「おみくじ引き」は、昭和に入ってから流行したものらしい。

 明治10年代に来日、大森貝塚を発掘したことで高名な、アメリカの動物学者エドワード・S・モースは、浅草でヤマガラの見世物を見物、そのスケッチを著書に残している。そのなかから三点を引用。


『日本その日その日 3』 (エドワード・S・モース著 石川欣一訳 平凡社東洋文庫)より(以下同)

鈴を鳴らし、さい銭箱にお金を入れる「お宮参り」。



太鼓や三味線をつつき、鈴を振り廻す「楽器演奏」。



弓を射て扇の的を落とす「那須の与一」。
金沢なる浅野川の磧(かわら)は、宵々ごとに納涼の人出のために熱了せられぬ。この節を機として、諸国より入り込みたる野師らは、磧も狭しと見世物小屋を掛け聯(つら)ねて、猿芝居(さるしばい)、娘軽業(かるわざ)、山雀(やまがら)の芸当、剣の刃渡り、活(い)き人形、名所の覗(のぞ)き機関(からくり)、電気手品、盲人相撲(めくらずもう)、評判の大蛇(だいじゃ)、天狗(てんぐ)の骸骨(がいこつ)、手なし娘、子供の玉乗りなどいちいち数うるに遑(いとま)あらず。
泉鏡花『義血侠血』(明治27初出)より
※「野師」=「香具師(やし)」=「テキ屋」


『浅草公園 花やしき』(大正期)

牡丹と菊細工を主とした花園(植物園)として嘉永6年(1853)に誕生した、日本最古の遊園地とされる浅草「花やしき」。明治初年から遊戯施設が置かれ、珍獣・猛獣が飼育された「花やしき」でも「ヤマガラの芸」が評判を呼ぶ。


『浅草公園 花やしき引札』より「山がら奇芸」

「鐘つき」「那須の与市扇の的」「宮参り」「競馬の場」などの演目のなかに、「占考場」と名付けられた、紙のおみくじではなく、筮竹(ぜいちく)を使った「うらない」芸が描かれている。


昭和30年撮影・ヤマガラのおみくじ

二番目の動画でヤマガラは、参道の前で幟旗(のぼりばた)を掲揚してからお宮に向かっている。


ヤマガラの芸ーその4 おみくじ芸

こちらはヤマガラの「おみくじ芸」の再現。

動画主のコメントに
芸を仕込むのに1年かかりました。ヤマガラに芸を教える事は、現在は法律に触れるかも知れません。しかしこの芸を教える過程を通じ、私はヤマガラが持つ特異的な動作や本能を学びました。芸を完成させるのに約一年かかりましたが、その分、愛情も深まりました。そして今頃は、私の田舎で元気に飛び回っていることでしょう。
とあるように、現在は鳥獣保護法により和鳥類の捕獲・飼育が禁止されたこともあって、 日本独自の文化であるヤマガラの芸はすたれ、その姿を記憶する者も少なくなってしまった。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 木内デパート展望塔・巫女人形おみくじ自販機

関連リンク

浅草花やしき




ヤマガラの芸 文化史と行動学の視点からヤマガラの芸 文化史と行動学の視点から
(1999/09)
小山 幸子

商品詳細を見る




| 興行・見世物・映画 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米国からやってきた凄い玉・スーパーボール

昭和41年、少年たちのあいだに“凄いボール”の噂が駆けめぐった。

地面に叩きつけた小さなボールが、大きくバウンドして三階建てのビルを軽く超えたとか、とにかく噂の方が先行していて、その現物を手にしたのは、それからしばらくしてからのことだったと思う。

カリフォルニアの科学者 ノーマン・スティングレーが発明したゴム製ボールを、玩具メーカー Wham-O社が改良を加え、スーパーボールの名で発売したのが1965年(昭和40年)。



少年少女たちのあいだで熱狂的に受け入れられたスーパーボールはやがて大人をもとりこにし、その年のクリスマスまでに約700万個が販売される大ヒット商品に。のちにその玩具の名から、アメリカンフットボールの対抗戦である“スーパーボウル”のネーミングも生まれる。


Wham-O社・創業者リチャード・ナー氏

Wham-O社はスーパーボールのほかに、フラフープとフリスビーディスクを製造したことで有名な、米国を代表する玩具メーカー 。

発売当初の TVCM

スーパーボールの素材は、タイヤなどに使用されるポリブタジエンラバーという合成ゴム。反発弾性にすぐれた特性を活かし、ゴルフボールの核としても使われている。

米国の大ヒットから間もなく、Wham-O社のスーパーボールは、日本にも輸入され、本国と同様に人気玩具に。

ラーメン一杯が80円(東京都内)の時代、正規輸入品の価格は一個100円から180円ほどと、子どもにとっては比較的高価な玩具だったスーパーボール。その特性がわざわいし、ようやく手に入れたのもつかのま、すぐに紛失して泣きをみることも。

その頃にはすでに、国産の安価な類似品が流通していたが、本家と比較すると反発力の劣るものが少なくはなかった。


新聞広告 昭和41年

キャラメルに封入されたカードを集めて応募するグリコの景品。

地味な単色がカラフルになり、バリエーションが増えてから、ガチャガチャ(カプセル・トイ)の商品としても使われ、やがてテキ屋(露天商)の定番商品に。

昭和40年代初頭のつかのま、世代を熱狂させた往年のハイテク玩具も、今ではありふれて安価な駄玩具。当時の子どもらが、お祭りの露店にあふれるスーパーボールを目撃したならば、目を丸くして驚くことだろう。


スーパーボールすくい

昭和30年代からゴム風船などを製造する、エスエージーバルーンズ株式会社(旧・伸栄ゴム)は、早くからスーパーボールを手がけたメーカー。現在もスーパーボールのほかに、バルーンペット(お散歩バルーン)など、テキ屋向けのネタを多く取り扱っている。

スーパーボールで思いだされるのが、数年前にネット上で話題になった、ソニーのハイビジョン液晶テレビ BRAVIA の TVCM(国内未放送)。

サンフランシスコの一地区を閉鎖し、空気銃から一気に打ち出された、色とりどりのスーパーボールがストリートを乱舞する光景をとらえた幻想的な映像は一見の価値あり。

Sony Bravia

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 フラフープでふぅらふら

なつかしの遊び(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

Wham-O, Inc.

The Original Wham-O (R) Super Ball (R) - - The "Most Amazing Ball Ever Created By Science."

The World's Largest Bouncy Ball Archive.
スーパーボール・コレクション

S.A.G. BALLOONS
エスエージーバルーンズ株式会社(旧・伸栄ゴム)

★event-goods.jp★スーパーボール関連グッズ
イベント用スーパーボール販売

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜桜に夜店の明かり赤々と

09.04 千秋公園 観桜会にて















_________

関連記事

露店(ひみつ基地内タグ検索)

| 祭り・民俗・歳時記 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

露店にミドリガメがいた昭和40年代

祭りに花を添える露店も、最近は消えモノ(食べ物)が大半を占め面白味に欠けるが、県内有数の露店が並ぶ土崎の祭りとなれば、カブトムシやクワガタなど昆虫をあつかう露店や、「ミドリガメすくい」の露店など、珍しいネタに遭遇する確率も高い。



一回200円で「金魚すくい」と同様の針金付きモナカでミドリガメをすくう、非常に難易度の高いというか、まず取ることのできない、いかにもテキ屋的な遊びである。

それにも関わらず、小さなミドリガメの愛らしさに、挑戦する子どもがあとを絶たない盛況で、テキ屋の兄ちゃんはかなり稼いでいた。

昭和40年代初頭、ミドリガメがブームになり、祭りや花見の露店でも売られようになる。「ミドリガメすくい」より、こちらのほうが良心的ではある。

そのブームに火をつけたのは「森永製菓」。昭和41年(1966)、スキップチョコレートまたはチョコボールの空箱100円分を送ると抽選で「かわいいアマゾンの緑ガメが毎週3000名に当たる」キャンペーンを大々的に実施したところ、全国から応募が殺到、合計15,000匹におよぶミドリガメがプラスチック製の石鹸箱に入れられて全国に発送された。


1966 『週刊マーガレット』より

チョコボールに描かれたキャラクターは、森永が提供していたアニメ「宇宙少年ソラン」に登場する宇宙リス「チャッピー」。
★世界でも珍しい 愛玩用のカメさん。大きさは4センチから5センチ。 コウラは美しい緑色。アマゾンやミシシッピーから海を越えて…到着!
●当選した方にはカメさんを(株)東京水族館から責任を持ってお宅へ直送いたします。
実際にはアマゾンにミドリガメは生息せず、ミドリガメとして流通している幼体が緑色の甲羅を持つカメは、アカミミガメ属のアカミミガメ,クジャクガメなど複数。そのなかでも最も多く流通している、ミシシッピ・アカミミガメの幼体は、ルイジアナ州の大規模養殖場から、今でも年間約100万匹が輸入されているという。

ミドリガメの鮮やかな緑色の甲羅は成長するにつれ褐色に変化、5センチに満たない体長もやがて30センチほどに成長し、幼い頃の面影はなくなる。

小さな水槽に収まりきれないほどの大きさになり、もてあました飼い主が、池沼や川に放したもの、売れ残って業者が捨てたものが野生化して定着、アカミミガメと比べると繁殖力の劣る在来種にとって脅威となり、生態系を破壊しかねない厄介な存在になっているのである。

ミドリガメに罪はないが、「森永製菓」が火を付けたミドリガメブームは、図らずも生態系破壊への端緒となってしまった。

チョコレートのテレビCMに映る、愛らしい姿で子どもたちを魅了したミドリガメ。当時はそれが成長して色も変わり、あんなに大きくなるとは夢にも思わなかった。

_________

関連記事

テキ屋(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

ミシシッピアカミミガメ - ウィキペディア(Wikipedia)



| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 10:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT