二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

八幡神社から「エリアなかいち」まで・広小路公園前角地の百余年

▼佐竹氏の氏神を八幡山から広小路に遷す


大正初期「弥高神社」(旧・八幡神社)

社殿の右手(北側)に広小路が東西に延び、鳥居は東を向く。堰が流れる道端(右下)に明治末期に設置された水道共用栓。現在の住所でいえば秋田市中通1丁目4番地、旧・東根小屋町と広小路が交わる丁字路に存在した「弥高(いやたか)神社」である。

少し複雑な当神社の歴史をさかのぼると・・・。

藩政時代は家老クラスの重臣が居住した中通地区、佐竹氏家老・石塚氏邸跡に、明治5年、旧城地・八幡山(現・明徳小学校の地)から、佐竹氏の守護神「大八幡宮」および「正八幡宮」(小八幡宮とも記述される)を遷(うつ)して合祀、名称を「八幡神社」とする。



「秋田城郭市内全図」明治元年現在

ピンクでマーキングした部分が石塚氏の屋敷。その南側一帯に藩校「明徳館」。通りを隔てたその東側に日本画家・寺崎広業の実家がある。点線で囲まれた区画に記された「師範学校」「裁判所」などは明治元年以降に創設された施設。

明治11年、「八幡神社」に隣接して、初代藩主・佐竹義宣を祀(まつ)る「秋田神社」を創建。同32年、「秋田神社」を旧城地(千秋公園)本丸に遷す。旧藩士たちにとって、城址・千秋公園への移転はかねてよりの念願であった。

明治40年、「八幡神社」を千秋公園本丸に遷し「秋田神社」と合祀、「八幡秋田神社」と改称、かつては武士の町・内町の総鎮守となる。

▼「八幡神社」跡に「弥高神社」創建


明治42年 千秋公園中土橋より広小路「弥高神社」(旧・八幡神社)を望む

上記画像についての詳細は下記リンク先を参照のこと。
二〇世紀ひみつ基地 国民新聞遊覧団来秋す・明治四十二年

明治42年、もぬけの殻となった旧「八幡神社」社殿に、八橋の日吉(ひえ)八幡神社境内から、国学者・平田篤胤を祀(まつ)る「平田神社」を遷し、思想家・佐藤信淵を合祀して「弥高神社」を創建。大正5年、千秋公園の現在地に遷す。

▼「弥高神社」跡に「秋田県立図書館」新館落成

千秋公園二の丸に移転した「弥高神社」の跡地に、大正7年、「秋田県立図書館」新館、正式名称「大正天皇御即位記念図書館」開館。


千秋公園より「秋田県立図書館」を望む


秋田県立図書館

入口は東向き、下部中央に水道共用栓。

昭和36年(1961)、下中城町に「秋田県立図書館」新館落成、東根小屋町から移転開館。「秋田県民会館」に隣接した先代の「秋田県立図書館」は現在、生涯学習センター分館「ジョイナス」となっている。

▼図書館跡地に「日本生命ビル」「セントラルデパート」そして「エリアなかいち」

景気が右肩上がりをつづけていた昭和42年(1967)、広小路の「秋田県立図書館」跡地東側に「日本生命秋田ビル」竣工。テナントとして一・二階に「カワイ楽器」が入居。続いてその西側に「セントラルデパート」オープン。


1973.06 県民会館の土手より広小路を望む

左から「日本生命秋田ビル・カワイ楽器」「セントラルデパート」「古沢ビル・長崎屋」「モリタカバン」「イワマ靴店」。


2006.11「日本生命秋田ビル・カワイ楽器」(移転後)

秋田駅前の「全音」とともに、楽器・楽譜販売のほかレコードショップとしてにぎわった「カワイ楽器」は、再開発を前にして中央通りに移転。


2009.06 日本生命秋田ビル・セントラルデパート跡駐車場・古沢ビル

平成22年(2010)秋田市中通一丁目地区(日赤・婦人会館跡地)市街地再開発事業のため「日本生命秋田ビル」解体。平成24年(2012)4月のオープンをめどに「エリアなかいち」の建設がはじまるが、東日本大震災の影響による資材不足で工事が遅れ、オープンは7月まで延期された。


2012.06 日本生命秋田ビル跡「秋田市にぎわい交流館」右手に「新県立美術館」

「日本生命秋田ビル」跡地に姿を現した「秋田市にぎわい交流館AU(あう)」。


2012.06


2012.06


2012.05 千秋公園中土橋より「エリアなかいち」を望む

最後にもういちど、広小路・千秋公園前丁字路角地の百余年をふり返る。


明治42年 千秋公園中土橋より広小路「弥高神社」(旧・八幡神社)を望む


千秋公園より「秋田県立図書館」を望む


2009.06 日本生命秋田ビル・セントラルデパート跡駐車場・古沢ビル


2012.06 「秋田市にぎわい交流館AU(あう)」


大きな地図で見る
八幡神社→弥高神社→県立図書館→日本生命ビル→秋田市にぎわい交流館AU

▼附録「明治天皇聖蹟」由来

明治14年9月、明治天皇御巡幸の際、「八幡神社」が御小休所に指定され、旗指物を背負った騎馬五十騎によるパフォーマンスおよび、騎馬二十騎が源氏・平家に別れて対決する打毬(うちまり)を天覧に供す。

平安時代から伝わる「打毬」は現代のポロに似た競技。江戸時代は武士の鍛錬を兼ねた遊戯となり、現在も宮内庁のほか数ヶ所に伝承されている。下記リンク先の動画は青森の八戸三社大祭で毎年開催される加賀美流騎馬打毬。

八戸三社大祭・加賀美流騎馬打毬 - YouTube


2010.09 旧「秋田婦人会館」前庭

昭和5年、明治天皇御巡幸50年を記念して、旧「八幡神社」南側に「明治天皇聖蹟」碑を建立。題字の揮毫は赤星藍城と推定されている。明治14年の御巡幸のとき御小休所となった「八幡神社」は千秋公園に移転し、その跡地は「秋田県立図書館」になっていた。戦後「明治天皇聖蹟」碑の西側に「秋田婦人会館」(児童会館および福祉会館を併設)が建つ。


2012.06「秋田市にぎわい交流館AU(あう)」東側

再開発工事も完了して、以前より少し南側に再建された「明治天皇聖蹟」碑は、きれいに洗浄され、地区内に存在した「久保田藩學明徳館址」碑と肩をならべて建っている。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 日赤・婦人会館跡地「エリアなかいち」間もなくオープン
二〇世紀ひみつ基地 中通一丁目再開発地区盛衰・1970→2012・エリアなかいち
二〇世紀ひみつ基地 2012.06.29「エリアなかいち」竣工

二〇世紀ひみつ基地 国民新聞遊覧団来秋す・明治四十二年
二〇世紀ひみつ基地 県立秋田図書館・広小路
二〇世紀ひみつ基地 県民会館の土手から広小路を望む・大正期
二〇世紀ひみつ基地 大正期の中土橋・千秋公園入口
二〇世紀ひみつ基地 共用栓のある風景・大町三丁目通り

二〇世紀ひみつ基地 広小路に「秋田プラザ」オープン・1970
二〇世紀ひみつ基地 県民会館の土手から広小路を望む・1971
二〇世紀ひみつ基地 植木市とセントラルデパート・1972
二〇世紀ひみつ基地 広小路が中心商店街だった時代・1973
二〇世紀ひみつ基地 広小路ホコ天時代・70年代初頭
二〇世紀ひみつ基地 広小路空中散歩・1975・2007
二〇世紀ひみつ基地 カワイ楽器でギターを買った日・広小路

二〇世紀ひみつ基地 千秋公園に謎の銅像・明治三十四年
二〇世紀ひみつ基地 八幡秋田神社焼失す
二〇世紀ひみつ基地 再建の槌音・ 八幡秋田神社
二〇世紀ひみつ基地 再建なる八幡秋田神社・千秋公園本丸

関連リンク

秋田市−都市整備部まちづくり整備室−秋田市にぎわい交流館
秋田県立美術館 - 平成25年秋 本オープン予定
秋田市 エリアなかいち

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中通一丁目再開発地区盛衰・1970→2012・エリアなかいち

日赤・婦人会館跡地、中通一丁目再開発地区に2012年7月オープンする「エリアなかいち」の、広小路に面するストリートの盛衰を、過去記事の画像もとりまぜてまとめてみた。


1970「長崎屋」広告より

画像右上は、最上階から千秋公園を展望する「ファミリーレストランすずや」。


1971 県民会館の土手より広小路を望む



広小路が歩行者天国になった日曜日に撮影。貸ボートが遊ぶ穴門堀の向こう、左から、「長崎屋」「モリタカバン」「イワマ靴店」「モードササキ」「オノ時計店(工事中)」「ヒラノビル」、道をはさんで「秋田プラザ・第一ホテル」。

「ヒラノビル」の南側(裏側)「第一ホテル」向かいに、うなぎの「横田屋」が経営する「桃園ビル」が建ち、その北側の「秋田保健所」跡地に、1974年(S49)「秋田県交通災害センター」開院。仲小路を隔てた「秋田赤十字病院」と渡り廊下で結ぶ。


1973.06 県民会館の土手より広小路を望む

左から「日本生命秋田ビル・カワイ楽器」「セントラルデパート」「長崎屋・古沢ビル」「モリタカバン」「イワマ靴店(後にミスド)」。



初代アーケード下の歩道に延々とつづく人の流れ。平日も人通りが多く、休日ともなれば歩くだけで疲れるほどのにぎわいだった。

高度経済成長の波に乗った60年代から70年代にかけて、中央通り・広小路を中心にビル建設ラッシュとなり、新店舗が続々とオープンする。一部店舗については末尾の関連記事を参照のこと。

1965年(S40)協同組合「秋田セントラルデパート」オープン。
1969年(S44)「古沢ビルディング」竣工、秋田初の中央資本によるデパート「長崎屋秋田店」オープン。
1970年(S45)秋田地方裁判所跡地に「秋田第一ホテル・秋田プラザ」(現・キャッスルホテル)オープン。
1981年(S56)売り上げの低迷により「長崎屋秋田店」撤退。
1983年(S58)「長崎屋秋田店」跡に若者向け専門店「スタジオパレット」オープン。
1994年(H6)「秋田セントラルデパート」解体、跡地は駐車場に。

2003年(H15)からはじまった秋田中央道路(地下道)出口の工事にともない「古沢ビル」以西の建物が解体される。


2003.09

お堀の水を抜いて秋田中央道路(地下道)の工事中。「古沢ビル」西隣で「モリタカバン」解体中。

「セントラルデパート」跡地は駐車場。

「古沢ビル」のテナントは「カラオケゆー坊」「リーチ麻雀 遊楽」「ヤマハ音楽教室」など。




2006.11

一階テナント「ICI石井スポーツ秋田広小路店」


2010.10

一階テナント「ひろこうじレンズセンター」。屋上看板塔、ネットで覆われる。


2010.11 千秋公園・中土橋より


2010.11 日本生命ビル解体中


2010.11


2010.11


2010.11 古沢ビル解体中


2010.11 西根小屋町より広小路を望む

右手に古沢ビル


2011.01


2011.04

再開発エリアのなかで残った建物は、中央通り側・南東角地に位置する、比較的最近建てられた「秋田センタービル」のみ。


2012.05 県民会館の土手より「エリアなかいち」を望む

そしてもういちど、秋田の中心商店街として輝いていた70年代の広小路を。


1973.06 県民会館の土手より広小路を望む

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 県民会館の土手から広小路を望む・大正期

二〇世紀ひみつ基地 広小路に「秋田プラザ」オープン・1970
二〇世紀ひみつ基地 県民会館の土手から広小路を望む・1971
二〇世紀ひみつ基地 植木市とセントラルデパート・1972
二〇世紀ひみつ基地 広小路が中心商店街だった時代・1973
二〇世紀ひみつ基地 広小路ホコ天時代・70年代初頭
二〇世紀ひみつ基地 広小路空中散歩・1975・2007
二〇世紀ひみつ基地 鳩小屋のある街角 広小路「ヒラノビル」のこと
二〇世紀ひみつ基地 カワイ楽器でギターを買った日・広小路
二〇世紀ひみつ基地 中土橋より広小路を望む夏の宵

二〇世紀ひみつ基地 お堀の下を歩く・秋田中央道路

二〇世紀ひみつ基地 日赤・婦人会館跡地「エリアなかいち」間もなくオープン

関連リンク

秋田市−都市整備部まちづくり整備室−秋田市にぎわい交流館
秋田県立美術館 - 平成25年秋 本オープン予定
秋田市 エリアなかいち

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1980「イトーヨーカドー秋田店」開店の日

さようならイトーヨーカドー(その1)


1980.11.22

昭和30年代、広小路の「木内デパート」が上げるアドバルーンを遠くから眺めるたびにワクワクしていた。市内中心部で最後にアドバルーンを見上げたのはいつだったか・・・。

昭和55年(1980)11月22日、秋田駅前に「イトーヨーカ堂秋田店」(イトーヨーカドー)を核テナントとする「秋田ショッピングセンター」オープン。ビルが建設されるまで同地区の商店街で営業していた地権者を中心に地元テナント80店が入居。西側の「東北電力」跡地に公営駐車場も同時オープンした。

オープン当日の「秋田ショッピングセンター」前には未明から客が並びはじめ、開店前には約2千人が行列、一日の来客数約6万人を記録。初日のイベントは、店頭にて秋大吹奏楽部による「ヨークブラスバンド音楽会」、7階広場にて「五十嵐夕紀 歌とサイン会」など。

「イトーヨーカドー」オープンに合わせて、広小路の地元企業「協働社」では五割~七割引セールを開催。同じく広小路の「ショッピングハウス・セントラル」(セントラルデパート)は全面改装、西武系パルコのノウハウを導入して高級化をアピール。

秋田駅前に立地する「ジャスコ秋田店」(現・秋田フォーラス)は全館を大改装。社員が市内を戸別訪問して豪華チラシを配布するローラー作戦を展開。「イトーヨーカドー」オープンの日には、7階催事場において人気アイドル「大場久美子 集いとサイン会」と、巨人軍の中畑選手・新浦投手・角投手を迎えて「ガンバレヤングジャイアンツ 激励サイン会」を開催するなど最も積極的に対抗した。

翌昭和56年(1981)、大町に「ダイエー秋田店」(秋田ニューシティビル)進出。

同昭和56年(1981)、相次ぐ大手スーパー進出の影響を受けて、広小路に昭和44年(1969)にオープンした、秋田初の中央資本によるスーパーマーケットチェーン「長崎屋」(古沢ビルディング)が一旦閉店。

昭和59年(1984)、秋田駅前に地元デパート「本金」と「西武百貨店」が合併した「本金西武」オープン。

平成12年(2000)、秋田駅東西連絡自由通路「ぽぽろーど」開通にともない「秋田ショッピングセンター」2階部分に直通出入口が開設される。


2004.10


2009.02


2010.08

平成22年(2010)10月、「イトーヨーカドー秋田店」閉店。


看板の残像が残る旧「イトーヨーカドー秋田店」

平成22年(2010)12月、「秋田ショッピングセンター」を「フォンテAKITA」と改称してプレオープン。核テナントは地下一階のスーパーマーケット「ザ・ガーデン 自由が丘 SEIBU」。まだプレオープンとはいえ、「イトーヨーカドー」の抜けたビルは地下を除いて閑散としている。


2010.12

広い無料駐車場を備えた郊外型のスーパーが主流となった今、気がつけば駅前から広小路を通って大町に到る中心部から「ダイエー秋田店」「ジャスコ秋田店」「イトーヨーカドー秋田店」など中央資本の大型スーパーが消え、残すは百貨店系の「西武秋田店」(旧・本金西武)のみとなっていた。

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 秋田駅前商店街とヨーカドー変遷

二〇世紀ひみつ基地 広小路が中心商店街だった時代・1973

関連リンク

フォンテAKITA

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:00 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

広小路ホコ天時代・70年代初頭


72.05 秋田市広小路・ホコテンにて

昭和47年(1972)5月の休日、秋田市広小路・歩行者天国でのスナップ。背景の「秋田セントラルデパート」前に「天津甘栗」の売店がみえる。この売店の左にスタンド形式の小さなラーメン店が隣接していたと思う。

東京(銀座・新宿・池袋・浅草)で初めて歩行者天国が実施されたのは昭和45年(1970)年8月。同年の11月3日(文化の日)には、秋田市広小路において第1回歩行者天国が実施され、延べ5万人の人出が記録された。



広小路を買い物道路に
◇三日から毎週日曜・祝日

県内初のお買い物道路が秋田市に誕生することになりました。お買い物道路に指定されるのは、広小路木内駐車場前から三伝ガソリンスタンド前まで、今月3日の"文化の日"から毎日曜と祝祭日に車の通行が止められ、広々とした道路を歩けるようになります。

お買い物道路や歩行者天国の指定は、最近における自動車の増加に伴ない、人間軽視の傾向がみられることから各都市で実施、効果をあげているもの。秋田市の場合も日曜、祝祭日は、広小路両側歩道が歩行者でひしめき合い、混乱を招いていることから、秋田警察署、市、その他関係団体が協議して、広小路から車を追放、市民が安心して散策、買い物ができるようにするものです。このほど指定されるお買い物道路は、広小路木内駐車場前から三伝ガソリンスタンド前までの延長四百五十メートルで、今月三日の"文化の日"から十二月末日までの毎週日曜日と祝祭日午前十一時から午後四時までです。みなさんも県内初のお買物い道路を散策、お楽しみください 。なお、初日は雨天の場合中止されます。
「広報あきた」No.468 より

「三伝ガソリンスタンド」が営業していたのは、電巧堂の斜め向かい、「大手門の堀」の東端、今はポケットパークになっている場所。「秋田市の場合も日曜、祝祭日は、広小路両側歩道が歩行者でひしめき合い・・・」との記述に当時の広小路のにぎわいぶりをうかがい知ることができる。


フォークダンスの集い(サンキスト協賛)

当初は日曜、祭日ごとに広小路を開放して実施する計画であったが、歩行者天国のあおりを受けた周辺地区の交通渋滞が深刻となり、隔週の実施を経て、わずか数年で廃止されることになる。高度経済成長の波に乗り、乗用車の普及率が右肩上がりに急速に増加していった時代だった。

_________

関連記事

植木市とセントラルデパート・1972

広小路が中心商店街だった時代・1973

広小路(ひみつ基地内検索)

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT