FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

「お菓子のくらたビル」に「竹半スポーツ」移転

お菓子のくらた・竹半スポーツ
▲2015.01

2014年2月に閉店した「お菓子のくらたビル」に、サンパティオ大町の「竹半スポーツ」本店が規模を縮小して移転、オープンは1月15日の予定。

※2018.07追記
「竹半スポーツ」は2018年5月中旬に閉店。同年8月アトリオン地下一階に転移しリニューアルオープンとのこと。

※2020.07追記
2020年7月「竹半スポーツ」はアトリオン地下一階から、保戸野すわ町の菊谷小路に再移転。保戸野小学校に近い廃業した老舗文具店「のてや」旧店舗に移転する。

竹半スポーツ
▲サンパティオ大町・竹半スポーツ 2015.01

サンパティオ大町
▲サンパティオ大町 2008.05

左手に施設内最大面積の「竹半スポーツ」。

1997年3月、「秋田魁新報社」跡地に「サンパティオ大町」オープン。運営する「秋田パティオ協同組合」の初代理事長は、当時「竹半スポーツ」代表取締役であった竹屋直太郎氏。氏はこの地の再開発に心血を注いでいただけに、撤退するとは思ってもみなかった。

お菓子のくらた
▲婦人会館・日赤跡地 2003.07

1970(昭和45)年4月、湯沢市の老舗菓子店「くらた」が仲小路に秋田店を開設。

1977(昭和52)年10月「お菓子のくらたビル」オープン。
一階・菓子店舗、二階・パーラー、三階・洋菓子工場、四階・パン工場、五階・社員寮。

新たにパン・デニッシュ・ドーナツの製造販売を初め、二階にパーラーを新設。

北・西方向に大きく開いたガラス張りのパーラーは、焼きたてのパン類、抹茶・玉露に和菓子のセットやランチも提供し、主に女性客でにぎわっていた。

お菓子のくらた

▲90年代初頭

1998年、秋田赤十字病院が秋田市上北手に移転。以降、売上げが激減、パーラーも一時閉鎖。隣に明徳館ビルがオープンした機会に再開するが長続きせず。

お菓子のくらた
▲2005.03

店舗前の電話ボックスは最近撤去された。

2012年7月、婦人会館・日赤跡地に「エリアなかいち」がオープンするも、期待した売上げは微増にとどまり、開店から約44年、2014年2月に閉店する。

現在(2015.01)お菓子の「くらた」は、県内で11店舗を経営、その内、秋田市内に4店舗がある。

エリアなかいち
▲エリアなかいちより 2012.07

お菓子のくらた
▲エリアなかいちより仲小路を望む 2012.10


お菓子のくらたビル

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

踊るあやたん蔵出し画像&あやたん時計


05.09


05.09

ハードディスクを整理していたらこんな写真が出てきた。

サンパティオ大町の中庭を会場に、土曜日のたそがれどきに始まるトワイライトリレーコンサートの一コマ。

リレーコンサートの最終日にあたる 2005年9月10日、午後7時過ぎ、水玉模様の衣装で華麗にフラメンコを舞う、妙なオーラを放つ女性に目が惹きつけられたが、それが当時 ABS 秋田放送に在籍していた伊藤綾子アナだとは、彼女がフラメンコを趣味としていることをまだ知らなかったので、その場では不覚にも気がつかなかった。

学生時代に習い始めたというスパニッシュダンス歴は長く、昨年(2009)は フラメンコの DVD をリリース。

今春(2010)から「伊藤綾子時計 ~Ayako Ito Clock~」という、あやたんヲタが喜びそうな iPhone 用アプリを配信中。





そんな彼女も早いもので三十路直前、もうすぐフリーになって三周年を迎える。

_________

関連リンク

[女神のOffトーク]伊藤綾子、靴底減りまくる秋田美人:芸能:スポーツ報知

iTunes App Store: iPhone、iPod touch、iPad 対応 伊藤綾子時計 ~Ayako Ito Clock~

キャスターブログ |日テレ news every.-「ミンナが、生きやすく」-

関連記事

伊藤綾子 -ひみつ基地内検索

| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バニーヒップスとアイドル歌謡の宵 ’09

トワイライトリレーコンサート最終日
サンパティオ大町・中庭
2009.09.12

サンパティオ大町の中庭を会場に、6月から9月の土曜の夕方に開催されるトワイライトリレーコンサートも今宵が最終日。

長袖を着ていても肌寒さを感じる雨模様の天候が影響し、テントが張られた中庭に集まった観客は例年よりもだいぶ少ないが、コンサート中は雨も落ちることもなく、いよいよ終盤にさしかかり、この数年トリをつとめる「バニーヒップス with ワンダーランド」の登場。



通常は R&B、ディスコ・クラシックをレパートリーとするユニットだが、年に一度のリレーコンサートだけは客層にあわせて“昭和アイドル歌謡”を特別編成で歌うのが最近の恒例となっている。

「紅白歌合戦」がテーマというスパンコールがまぶしいコスチュームで、ハーモニーが冴える楽曲を聞かせ、軽妙なMCが笑いを誘う、充実のエンターテイナーぶりが観客を魅了する。








♪あなた~を待つの~ テニスコ~ト~

天地真理の「恋する夏の日」を楽しそうに歌うバニーさん。






バニーヒップス with ワンダーランド/センチメンタル・ジャーニー
2007.09 トワイライトリレーコンサートより



ディスコ・クラシックの名曲を歌う COOL! なバニーさん

_________

関連リンク

Groovin' Bunny Hips!

We Are Bunny Hips!

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 昭和アイドル歌謡オンパレードの宵

二〇世紀ひみつ基地 バニーヒップスのアイドル歌謡を聴く宵祭りの夜

| 散歩写真・路上観察 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花に水、心に音の夜音会


09.06.20

6月21日の夏至を前にして、急に蒸し暑くなった20日土曜日の夕方、サン・パティオ大町の中庭で、毎年恒例のトワイライトリレーコンサートがスタート。いまでは大町の夏の風物詩として定着したこの企画がはじまって、今年で10年目だという。

夜風の吹き抜ける、たそがれ時の中庭に流れる、チアーズの歌心あふれる歌声と演奏が、枯れた花に水を注ぐように心地よく心をうるおす。



毎年楽しみなトワイライトリレーコンサートの初日だけれど、ここ数年、チアーズがオープニングを飾るため、初日でその楽しみの大半が終わってしまう。

_________

関連リンク

サン・パティオホームページ

チアーズ オフィシャルサイト

関連記事

サンパティオ大町(ひみつ基地内タグ検索)

| 散歩写真・路上観察 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第一回「川反秋の夜祭り」点描

第一回「川反秋の夜祭り」
2008年10月3日・4日
於・川反三丁目、四丁目、旭川
主催・秋田川反げんき合同会社、川反外町振興会
イベント・竿燈、土崎湊ばやし、西馬音内盆踊り、旭川カヌー体験、ヤートセ秋田まつり、ファイヤーダンスなど

川反通りを夕方から歩行者天国にして先週の金曜と土曜に開催された「川反秋の夜祭り」の断片。


那波家の水汲み場

那波家の水汲み場から川反のネオンが映える旭川を下る夜のカヌークルージング。


三丁目橋


三丁目橋





竿燈は地元町内の川反五丁目から二本、21フロンティア秋田が一本の出竿。川五(川反五丁目)には下米町一丁目の差し手も参加していた。安定した川五に比べ、新興団体である21フロンティア秋田は竿を倒しロウソクを消す場面が多く技量の差が歴然。


土崎湊ばやし








川反に響く湊ばやしが胸に染みる。湊おなご衆の秋田音頭などの他に、湊ばやしとファイヤーダンスのコラボレーションも。




最近あちこちのイベントに出没している、ポリネシア系のファイヤー・スティックの他に、ニュージーランドのマオリ族が起源のファイアー・ポイ(鎖の先に火玉を付ける)などを操るファイヤーダンスチーム。秋田工業高校前「あきこうまえ茶屋」を引き継いだバックパッカー青年もメンバーに加わっている。

日本で最近人気に火がつき始めたファイヤーパフォーマンスは、レイブ( RAVE・野外音楽パーティー)カルチャーとともに流入したもの。サイケデリック・トランス系のレイブ・パーティで演じられることが多く、ネオ・ヒッピー的というか、一種独特なムードのパフォーマンスは好き嫌いが分かれるところだが、アフリカの打楽器・ジャンベなどのプリミティブなリズムに乗せて炎と一体になって舞う姿は、人間の根源の部分に響き、魂を熱く振るわせる。

以下3枚は9月に大町で開催された「第1回ダンスミュージックリミックス」より。クライマックスのファイヤーダンスの時間になると、会場は妖しげなムード漂う小規模レイブ・パーティの様相を呈した。




第1回ダンスミュージックリミックス
2008年09月14日
サンパティオ大町にて

海外でのレイブ・パーティーはドラッグの蔓延場所。日本においても、今年の8月に群馬県みなかみ町で開かれた400人規模のレイブ・パーティーで、参加した女性が薬物中毒により死亡、大麻・MDMA の所持・服用の現行犯などで8人が逮捕。10月に入って岐阜県のキャンプ場でのレイブでも、同様に3人が逮捕されている。

このような例は稀なことで、ほとんどが「葉っぱ」に頼らないナチュラル・ハイを目指していると信じたいが、トランス(恍惚)を求めるレイブ・パーティーにはこんな危うさもつきまとう。そんな雰囲気もまたレイブ好きにとっては魅力なのだろうが。


閑話休題

警察がうるさいため以前のようにしつこくはないが、黒服の客引きがまたぞろ目立ち、少ない客をめぐる静かな争奪戦を繰り広げている、人通りの減った最近の川反通り。

毎日がお祭りのようなにぎやかさであった、かつての川反を知るものにとっては、不況の濃い闇に明かりを灯そうとする、ときならぬ夜祭りのひとときは、嬉しくも哀しい。



| 祭り・民俗・歳時記 | 23:00 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT