二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

川反珍景・エルブランコビル探検・美階段


2012.10

川反五丁目の「やわらぎビル」改め「エルブランコビル」の改装工事がようやく終わり、先ごろオープンを迎えた。2012年10月19日現在の入居はまだ3店。

関連記事
二〇世紀ひみつ基地 川反珍景・飲食店ビルの金の馬 銀の馬
二〇世紀ひみつ基地 川反のポストモダン建築「やわらぎビル」&「ソワレドビル2」



頭上に「金の馬・銀の馬」が守るエントランス。



一階部分のテーマはアール・ヌーヴォー。

廊下にはミュシャのポスター作品が並び、照明もヌーヴォー調。



その他、ムービー・スターの写真が飾られた階、中国の現代画家ティン・シャオ・クァンの作品がある階など、それぞれのテーマに沿った照明を装置して趣向を凝らしている。




ルイ・イカール作「スイート・ミステリー」






ティン・シャオ・クァン作





見下ろすと、モダン・パターンが現れる「非曲線螺旋階段」に目がくらむ。



見上げれば、間接照明による立方体の陰影が美しい「非曲線螺旋階段」。階段マニアは必見。





_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 川反珍景・飲食店ビルの金の馬 銀の馬
二〇世紀ひみつ基地 川反のポストモダン建築「やわらぎビル」&「ソワレドビル2」

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新秋田県立美術館「秋雨の水庭」エリアなかいち


2012.10







エリアなかいち内「新秋田県立美術館」の水庭に、庇(ひさし)から落ちた雨だれが水紋を描く。

雨の日は水紋が現れるように計算した設計なのだろう。

秋の空のこと、間もなく雨が止み、青空が顔をのぞかせたが、雨だれはしばらく落ち続けた。

その水紋に日本庭園の枯山水の波紋を連想した。設計者・安藤忠雄はそれを意識したのかもしれない。


龍吟庵 東庭(赤砂の枯山水)枯山水 - Wikipediaより借用

京都市東山、龍吟庵(りょうぎんあん)東庭。作庭・重森三玲(しげもりみれい)。

水を使わずに山水(自然)を表現する枯山水。水を張った水面に山水(自然)を映す水庭。

時間が停止した枯山水は静寂の絵画。自然を反映して刻々と変化する水庭は動的な映像。

「静」のなかに「動」を観ずる枯山水。「動」のなかに「静」を観ずる水庭。

静中に動あり、動中に静あり。

表現方法は対極にありながらも、二つの「庭」に共通の精神を感じた。


エリアなかいち



_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 三角形と水庭のある美術館・新秋田県立美術館
二〇世紀ひみつ基地 鏡面の秋空「エリアなかいち」新県立美術館

「エリアなかいち」二〇世紀ひみつ基地内検索

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三角形と水庭のある美術館・新秋田県立美術館

新「秋田県立美術館」(平野政吉コレクション) 秋田市中通一丁目(日赤・婦人会館跡地)再開発地区「エリアなかいち」内 設計・安藤忠雄 地上3階、地下1階、鉄筋コンクリート造り、延べ床面積3739平方メートル 2012年7月21日、暫定オープン

建材から放散し美術品に影響を与える化学物質の濃度が落ちつく、2013年秋、正式オープン予定。

大壁画「秋田の行事」の他、主な収蔵品を描いた藤田嗣治の名を美術館の通称に入れるべく、交渉を重ねたものの、藤田側の了承を得ることができずに断念。平野政吉(パトロン)と藤田嗣治のあいだに生じた確執からはじまったわだかまりが、いまだに尾を引いていることが明らかとなった。


三角形吹き抜けのエントランスホールの天井に穿たれた、自然光とLED電球を光源ととする照明装置が、安藤建築の特徴であるコンクリート打ち放しの空間に光と影を演出。

旧県立美術館の三角屋根に対応して、俯瞰すると建物自体が三角形。内部にも至る所に三角形がモチーフとして使われている。

コンクリート打ち放しの三角形空間に、ゆるやかなカーブを描く螺旋階段。三角形と壁面および階段の直角パターンが一定のリズムを刻み、螺旋階段の曲線が旋律を奏でる。演奏者は螺旋を昇降する通行人。

無機質でモノクロームなコンクリート空間を通過して、二階のミュージアムラウンジに入ると、大きく開かれた窓から目に飛びこんでくる水と緑のパノラマに息を呑む。


▲画像クリックで拡大

水が張られた水庭越しに、広場と広小路を隔てた千秋公園を望む。


水庭とお堀の連続性

人工物と自然との間(あわい)を結ぶ媒介装置としての水庭の、鏡のように景観を映しながら静かに波打つ水面は、天候と時の流れによって、その表情を変える。

広小路が中心商店街であった時代、新県立美術館前の広場付近に存在した「セントラルデパート」や「長崎屋」(パレットビル)の上階にあったレストラン、「イワマ靴店」三階の喫茶店などから、千秋公園を眺望した遠い日の記憶が一瞬脳裏に浮かんだ。

 

やがて旧館より移される藤田嗣治の作品は自分の好みに合わず、「秋田の行事」も一度見たらもう結構だが、建造物としての「新県立美術館」には、何度も足を運びたくなるような深い魅力を感じた。

オーソドックスな方形構造物にくらべて、三角形をモチーフにした「新県立図書館」のような変形構造物は、随所にデットスペース、つまり利用価値のない無駄な空間を生み、それだけ全体の展示スペースが狭まる。

しかし、建築物を面白くしているのは他ならぬ、その「無駄」であり「遊び」。それらの要素を取りさったならば、凡庸でつまらない建物になってしまう。


旧県立美術館を望む

やはり、旧県立美術館は、新美術館に移行後も残すべき建造物だ。

安藤氏の選定により配置された、イタリアのインテリアブランド Cassina(カッシーナ)製ソファー。


竿燈妙技会の日

▲大壁画「秋田の行事」を旧美術館から搬送するための窓。搬送後はふさがれる。


大きな地図で見る 

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一人ぼっちは絵描きになる・友川カズキ展


「空をつかむ」kazuki tomokawa

2012年4月の約1ヶ月間、仙台市青葉区のギャラリー・ターンアラウンドにて「友川カズキ絵画展」開催。会期中に友川主演のドキュメンタリー映画「花々の過失」上映のほか、展覧会最終日にライブもあり。

4月中旬はイギリス遠征。グラスゴーにて「花々の過失」上映会とライブにつづき、ロンドンでもライブを開催。


友川カズキ 一人ぼっちは絵描きになる

友川がライブのMCでほめていたという、ファン製作の動画。

_________

関連リンク

仙台 友川カズキ展実行委員会
ギャラリー ターンアラウンド(タナラン)

友川カズキ :: KAZUKI TOMOKAWA

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 どこにもない絵・友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキはコトバを越える
二〇世紀ひみつ基地 秋田の犬、EUで吠える
二〇世紀ひみつ基地 広小路に「ヤング広場」オープン・1972
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキと能代バスケット
二〇世紀ひみつ基地 映像作家ヴィンセント・ムーン、友川カズキに迫る
二〇世紀ひみつ基地 ホームコメディの主題歌は「生きてるって云ってみろ」
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキ主演映画・ベスト音楽映像賞受賞!
二〇世紀ひみつ基地 稀代の表現者ちあきなおみ&友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 ドキュメント映画『花々の過失』予告編・友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキ『花々の過失』秋田上映&ライブ決定
二〇世紀ひみつ基地 おい、俺を撃つなよ!・金八先生と友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 黄泉に沈んだ『うれしいひなまつり』友川カズキ
二〇世紀ひみつ基地 友川カズキ「生きてるって言ってみろ」Tシャツの着こなし方

| 読む・観る・聴く | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT