FC2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

「ひまわり」がアゴラ広場のシンボルだった



昭和59年(1984)4月、秋田駅前「金座街」跡地に「買物広場」(アゴラ広場)とバスターミナルが誕生。そのシンボル的な存在が、太陽光自動集光伝送装置「ひまわり」であった。

広場の中央に設置された「ひまわり」は、球体に覆われた複数の特殊レンズで太陽光を集め、光ファイバーを通して地下商店街のフラワーショップに送る装置。

植物のひまわりのように自動的に太陽を追尾するレンズが太陽光の有害要素をカットし、有用な可視光線だけを地下に送るという画期的なハイテク機器で、夜間は幻想的な光を広場に放っていた。

昭和54年(1979)、慶応義塾大学理工学部教授・森敬(森ビル創業者・森泰吉郎氏の長男)が、一眼レンズのプロトタイプを試作、「森ビル」の建造に伴って浮上していた、日照権問題の対策が当初の開発目的だったという。

秋田駅前に「ひまわり」が設置された翌60年(1985)、「つくば科学万博」会場の「三菱未来館」前と「政府テーマ館」に展示されて注目を浴び、同じ年に開催された「ユニバーシアード神戸大会」の聖火「科学の火」は、「ひまわり」で集められた太陽光で点火された。

「ひまわり」はその後、森敬が起業した会社で商品化、家庭用から法人向けまで幅広いラインアップのシステムが製造され、レンズの改良を施した電源不要の太陽電池駆動式「ひまわり」の開発など、現在も進化を続けている。

設置から数年後、アゴラ広場の「ひまわり」は故障のため動きを止め、やがて撤去されてしまう。


07.04 アゴラ広場

_________

関連リンク

ラフォーレエンジニアリング株式会社
太陽光採光システム「ひまわり」製造元(森ビルグループ)

神戸の街のこんな星・中央区
現在は「神戸海洋博物館」に展示されている、つくば博の「三菱未来館」あった「ひまわり」。アゴラ広場にあったものと同タイプ。

関連記事

秋田駅前(ひみつ基地内検索)

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アゴラ広場に巨大かぼちゃ出現


08.01.23 アゴラ広場

数日前から秋田駅前アゴラ広場に、水玉模様の巨大かぼちゃのオブジェが出現し通行人の眼を惹いている。

「水玉のかぼちゃ」といえば、現代アートの重鎮、水玉の女王・草間彌生。彼女の夢のなかにあらわれた巨大かぼちゃをテーマに多くの作品が誕生した。

この巨大かぼちゃのインスタレーション、2007年10月、香港のハーバー・シティにおいて開催された個展のために制作され、会場前の広場に設置された新作で、大きさは、高さ 4.2メートル、幅5メートル、奥行き5メートルという。

草間弥生が香港に贈ったメッセージは以下の通り。
夢の中からあらわれてきた私の巨大カボチャ 大好き
さみしいときもうれいいときも いつもわたしをはげましてくれる
大きな大きな心をもって
無限に宇宙の果てまでも
「愛は常しえ」とカボチャは語りかけている。
ハーバーシティへこのカボチャを見に来てくださったみなさん
戦争や不幸やテロはやめて、みんな仲良く平和にくらしていきたい
カボチャはあなたにそうおしえている
みんなもこのカボチャにかたりかけて欲しい。
そしてたからかに人生を美しくうたいあげてね。
私もみなさんと一緒に幸い多い前途を祝福してゆこう
私の志しとあなたの志しと一緒になって
人生の歌を歌おう
そして毎日毎日をいきいきと芸術的に生き抜いていこうね
人生ばんさい            草間彌生 2007

なぜ秋田駅前に草間彌生の巨大かぼちゃが現れたのか、調べてみたら、この1月26日からキャッスルホテル二階「フォーエバー現代美術館」にて、「草間彌生展 PUMPKIN FOREVER」が開催されるとのことで、これにあわせて設置されたインスタレーションに違いない。

本来ならば個展会場間近にあるべきものだが、キャッスル周辺にそれだけのスペースが無く、やむなくここに置かれたのだろう。人通りの多い秋田駅前にあることで話題性と宣伝効果も期待できる。



かぼちゃは空洞になっていて中に入ることができるが、今は立入り禁止とペンキ塗たての紙が掲示されていて入れない。実際は塗装済みの完成品を組み立てたもの、「ペンキ塗たて」はイタズラされないための用心である。

草間彌生に関連した YouTube 動画へのリンクをいくつか下記関連リンクにまとめたので、関心のある方はご覧頂きたい。

_________

関連リンク

草間彌生オフィシャル

フォーエバー現代美術館

大型かぼちゃインスタレーション
香港ハーバー・シティ

_________

関連 YouTube 動画

Yayoi Kusama

yayoi kusama slideshow

Yayoi Kusama - Kusama's Self Obliteration (1967) Part 1
Yayoi Kusama - Kusama's Self Obliteration (1967) Part 2
Yayoi Kusama - Kusama's Self Obliteration (1967) Part 3

| 散歩写真・路上観察 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超神ネイガー&水木一郎ショー・アゴラ広場

七月三十日午後三時三十分より
秋田駅前アゴラ広場
主催・秋田西武



開演四十分前ですでにこの人だかり、アゴラ広場にこんなに人が集まっているのは今だかって見たことがない。あらためてネイガー人気の広がりと集客力を認識する。

20060730213310.jpg

ネイガーがデビューした時点で、誰がこれほどの人気者になることを想像しただろうか。秋田を活性化させようとする試みはいくつかあるが、ネイガープロジェクトがその最たるもといっても過言ではない。やっている本人たちは自分たちがやりたいことをやって楽しんでいるだけなのだが。

20060730213259.jpg

観客に大人が多いのもネイガーショーの特徴。子どもを連れてきた親のほうが夢中になっていたりするのがほほえましい。

20060730213242.jpg

秋田弁のカタリ(語り+騙り)で大人に圧倒的人気の、ダジャグ組合「ハン・カクサイ」と、右にいる不気味なのが新怪人「タグランケ」。漁師の敵・エチゼンクラゲの本体に、背中に大きなフナムシを背負い、片手の触手でシビレさせる。

20060730213231.jpg

左から「荒海丸(アラゲマル)」、ダジャグ組合の新怪人「ホイドタガレ」、「ハン・カクサイ」と捕まった司会の「トレビお姉さん」。

肩にテトラポッドをつけた「アラゲマル」は演歌が似合う海の男。新キャラ「ホイドタガレ」は鉄のアリクイのようなボディ。

20060730213219.jpg

ネイガーの弟分「超神ネイガー・ジオン」、ジオンは林業青年という設定。

20060730213204.jpg

地産地消ヒーロー「超神ネイガー」は、米を作る農業青年。

20060730213149.jpg

ネイガーと水木一郎とトレビお姉さん。

水木一郎はネイガーの主題歌とカップリングのバラード(この歌詞には泣かされる)のほかに、アニメソングの名曲「マジンガーZ」も聞かせてくれた。

-----------

関連記事

チアーズとネイガーの日曜日

関連リンク

超神ネイガー オフィシャルサイト

| 散歩写真・路上観察 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |