二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

ちん餅・師走の風物詩

 ちん餅
昭和34(1959)年師走 新聞広告

現在の大町三丁目に店舗があった、宝永2(1705)年創業の元祖秋田諸越本舗「杉山寿山堂」による「ちん餅」の広告。

「ちん餅」という言葉にピンとこない人も多いと思うが、「ちん」とは「賃金・工賃」の「賃」で、おもに正月用の餅を工賃を払って餅屋や米屋、菓子屋に搗いて貰うことをいう。

江戸時代に江戸から始まった言葉らしく、古くは臼・杵をかついで市中を回り、注文された家の前で、餅搗唄にあわせて餅を搗く職人も存在した。

ちん餅
『縁組連理鯰』より

天明1(1781)年刊『縁組連理鯰』から、「ちんもち」の看板が見える餅菓子屋の挿絵。暖簾に「突」の字、中央奥に米俵と米を水に浸す桶、左手にせいろで米を蒸す男、右手の棚には商品が並べられている。

我が家で「ちん餅」を注文していたのは、大福餅とかき氷が名物の楢山本町(通称・楢山表町)「斎藤もちや」。

暮れも押し詰まった29日頃、父が自転車で「ちん餅」(鏡餅・のし餅)を運んで来ると、正月を迎える師走気分が一気に高まった。

まだ柔らかさが残る搗き立ての「のし餅」は、新聞紙を敷いたちゃぶ台にのせられ、包丁にくっつかないように片栗粉がまぶされて、長方形に切りそろえられる。それをつまみ食いするのが毎年の楽しみだった。

昭和40年代後期、殺菌真空包装の「切り餅」が発売され、未開封で一年間という長期保存が可能になったが、加熱処理することにより、搗き立ての味がそこなわれる欠点があった。

昭和50年代に入って、無臭・無毒の脱酸素剤が発売され、食品の流通に革命を起す。パッケージ内の酸素を吸収し、食品のカビ発生や風味の低下を防ぐ脱酸素剤の登場によって、新鮮な状態の「切り餅」を長期保存することが可能になり、餅屋に注文する「ちん餅」の需要は徐々に低下してゆく。

鈴為餅屋
鈴為餅屋 2015.12

南通みその町の「鈴為(すずため)餅屋」も、師走は「ちん餅」で忙しく、名物の「ミルク焼」はお休になる。

| 食材・食文化 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♪サッと出た「佐川の甘納豆」

1957
昭和32(1957)年

かつてはおやつの定番だった「佐川の甘納豆」。昭和の時代、秋田で佐川といえば甘納豆の代名詞だった。

昭和8(1933)年、秋田市保戸野上通町に創業。場所は菓子司「勝月」の東隣で、現在は駐車場になっている。

 昭和26(1951)年、甘納豆増産のため、土崎港清水町に日産1.5トン規模の工場を建設。秋田県内および庄内地区を販路とした。

佐川の甘納豆
土崎工場

佐川の甘納豆
昭和44(1969)年

右下に「¥100」の文字が見える。ちなみに当時のラーメン一杯は150円(東京)、銭湯35円。

佐川の甘納豆
昭和46(1971)年

男子と女子が手をつなぐマスコット・キャラクターがなつかしい。

佐川の甘納豆
昭和47(1972)

通町のスーパー「佐川食品」では惣菜なども製造販売。

佐川の甘納豆
昭和47(1972)年師走

「♪サッと出た佐川の甘納豆」は当時のコマーシャルソング。

佐川の甘納豆
昭和56(1981)年

この当時はスーパーマーケットを通町と楢山で展開していた。

最盛期は日産1トンを超えた「佐川の甘納豆」であったが、菓子類の多様化と嗜好の変化により徐々に生産量を減らし、やがて店頭から姿を消した。

荒井の甘納豆
昭和49(1974)年

こちらは、佐川より小規模だが、同時代に土崎港にあった荒井商店の「あらいの甘納豆」の広告。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田の「都まんじゅう」金萬を東京人が喰う滑稽

キミは秋田銘菓『金萬』を知っているか!? 食べだしたら28個食べるまで止まらない

秋田といえば、キリタンポやあきたこまち、なまはげ、かまくら、稲庭うどん、横手やきそばなどがイメージとして頭に浮かぶ。しかし、真の秋田っ子は別のものが頭に浮かぶ。それが、秋田銘菓『金萬』(きんまん)である。

『金萬』は30年以上前から秋田銘菓として存在し、以前から多くの人たちが秋田土産として持ち帰ったといわれている。現在も秋田新幹線内で売られているので、秋田に行ったことがない人でも知っている人がいるかもしれない。そんな『金萬』の美味しい食べ方をご存じだろうか?

‥‥中略‥‥

ちなみに『金萬』はテレビCMが非常にユニークだといわれており、秋田県では好評を得ている。年齢が30歳以上の人たちは元祖『金萬』のCMの記憶があるはずだ。数バージョンのCMが存在するが、なぜかほとんどのCMに「28個食べました」というコメントが入っている。なぜ28個なのかは不明である。

秋田県生まれの人に『金萬』について語ってもらったところ、「子どものころはあまり好きじゃなかったのですが、オトナになってからはお茶とかコーヒーに合うのでたまーに食べるようになりましたね。いま東京に住んでるんでなかなか買えませんが(笑)」と話していた。


もともとは東京名物「都まんじゅう」が起源であり、現在の東京でも実演販売による出来たてホヤホヤのものが手に入る「都まん系」の一種「秋田銘菓・金萬」の、味が劣る真空パック商品を東京人が食べるという、本末転倒な記事がなんだか可笑しい。

この記事に対する Twitter の反応は、「食べたい」という感想や、金萬を懐かしむ秋田出身者の声にまじって、「ただの都まんじゅうじゃん。30年以上前から都まんじゅう食べてたって。パクリ?」「札幌のとうまんに似ている」「京都のロンドン焼きそっくりやん」「あっ京まんじゅう!」「高知の「都まん」にしか見えない!」「都まんじゅうだね。クローンが一杯いるのか」「これカステラ饅頭じゃん。どっちが先なんだ?」といったつぶやきも。

「金萬」の起源および歴史と「28個食べました」が有名な、なつかしのCM動画は以下リンク先に。

秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!


_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 金萬は秋田名物ではなかった!?
二〇世紀ひみつ基地 金萬は浅草から…
二〇世紀ひみつ基地 金萬のルーツはどこに
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」から「銀萬」新発売!
二〇世紀ひみつ基地 「金萬」からアイスクリーム新発売!
二〇世紀ひみつ基地 秋田銘菓?「金萬」製造ロボットを見学しよう!

関連リンク

キミは秋田銘菓『金萬』を知っているか!? 食べだしたら28個食べるまで止まらない | ロケットニュース24

| 食材・食文化 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土崎港「B級的昭和レトロ自販機」佐原商店


2011.07

土崎港に昭和33年創業の船舶食糧商「佐原商店」。

船舶食糧商とは、おもに外航船の食糧を中心に、船舶用品・部品などのほか、違法なブツ以外ならば注文次第でなんでも納入する、専門用語で「船食」と呼ばれる商売。依頼があれば、交通機関のチケットや旅館の手配、外国人でも安心して飲める飲食店の紹介などもしてくれる、船乗りにとって頼りがいのある、港の“なんでも屋”さん。



その「佐原商店」の言わずと知れた名物が、ハンバーガーと麺類を販売する二台の昭和レトロ自販機。どちらか一種・一台の設置はさほど珍しくないが、二種を併設するコーナーは全国的にも少ない。ハンバーガー(テリヤキ・チーズ)、そば・うどん各200円。麺類の味に定評あり。




'0909 懐かしB級巡り 31 秋田県秋田市 佐原商店1 うどん・そば自販機




'0909 懐かしB級巡り 32 秋田県秋田市 佐原商店2 ハンバーガー自販機



店舗の脇に手洗いシンクとテーブルを設置、天井からトウガラシのビンがぶらさがる。

全国のレトロ自販機を網羅し、上掲の動画を撮影した、有名サイト「グーテンバーガー~味わいの自販機コーナー~懐かし自販機」によれば、ハンバーガー自販機の全国残存数は合計20台に満たないというが、秋田市内には「佐原商店」のほかに、「秋田市立体育館」「秋田県立スケート場」と、合計三台が現存している。


大きな地図で見る







| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT