二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

米国からやってきた凄い玉・スーパーボール

昭和41年、少年たちのあいだに“凄いボール”の噂が駆けめぐった。

地面に叩きつけた小さなボールが、大きくバウンドして三階建てのビルを軽く超えたとか、とにかく噂の方が先行していて、その現物を手にしたのは、それからしばらくしてからのことだったと思う。

カリフォルニアの科学者 ノーマン・スティングレーが発明したゴム製ボールを、玩具メーカー Wham-O社が改良を加え、スーパーボールの名で発売したのが1965年(昭和40年)。



少年少女たちのあいだで熱狂的に受け入れられたスーパーボールはやがて大人をもとりこにし、その年のクリスマスまでに約700万個が販売される大ヒット商品に。のちにその玩具の名から、アメリカンフットボールの対抗戦である“スーパーボウル”のネーミングも生まれる。


Wham-O社・創業者リチャード・ナー氏

Wham-O社はスーパーボールのほかに、フラフープとフリスビーディスクを製造したことで有名な、米国を代表する玩具メーカー 。

発売当初の TVCM

スーパーボールの素材は、タイヤなどに使用されるポリブタジエンラバーという合成ゴム。反発弾性にすぐれた特性を活かし、ゴルフボールの核としても使われている。

米国の大ヒットから間もなく、Wham-O社のスーパーボールは、日本にも輸入され、本国と同様に人気玩具に。

ラーメン一杯が80円(東京都内)の時代、正規輸入品の価格は一個100円から180円ほどと、子どもにとっては比較的高価な玩具だったスーパーボール。その特性がわざわいし、ようやく手に入れたのもつかのま、すぐに紛失して泣きをみることも。

その頃にはすでに、国産の安価な類似品が流通していたが、本家と比較すると反発力の劣るものが少なくはなかった。


新聞広告 昭和41年

キャラメルに封入されたカードを集めて応募するグリコの景品。

地味な単色がカラフルになり、バリエーションが増えてから、ガチャガチャ(カプセル・トイ)の商品としても使われ、やがてテキ屋(露天商)の定番商品に。

昭和40年代初頭のつかのま、世代を熱狂させた往年のハイテク玩具も、今ではありふれて安価な駄玩具。当時の子どもらが、お祭りの露店にあふれるスーパーボールを目撃したならば、目を丸くして驚くことだろう。


スーパーボールすくい

昭和30年代からゴム風船などを製造する、エスエージーバルーンズ株式会社(旧・伸栄ゴム)は、早くからスーパーボールを手がけたメーカー。現在もスーパーボールのほかに、バルーンペット(お散歩バルーン)など、テキ屋向けのネタを多く取り扱っている。

スーパーボールで思いだされるのが、数年前にネット上で話題になった、ソニーのハイビジョン液晶テレビ BRAVIA の TVCM(国内未放送)。

サンフランシスコの一地区を閉鎖し、空気銃から一気に打ち出された、色とりどりのスーパーボールがストリートを乱舞する光景をとらえた幻想的な映像は一見の価値あり。

Sony Bravia

_________

関連記事

二〇世紀ひみつ基地 フラフープでふぅらふら

なつかしの遊び(ひみつ基地内タグ検索)

関連リンク

Wham-O, Inc.

The Original Wham-O (R) Super Ball (R) - - The "Most Amazing Ball Ever Created By Science."

The World's Largest Bouncy Ball Archive.
スーパーボール・コレクション

S.A.G. BALLOONS
エスエージーバルーンズ株式会社(旧・伸栄ゴム)

★event-goods.jp★スーパーボール関連グッズ
イベント用スーパーボール販売

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江戸風流・紋切型を遊ぶ

折りたたんだ紙にハサミでデタラメに切り込みを入れて開くと、花模様めいた幾何学模様が出現し、さらに折り目を増やして切ると模様は複雑さを増してゆく。子どもの頃、誰もが遊んだ切り紙の面白さは、広げてみるまで結果がわからないこと。広げるまでのときめきと広げた瞬間の驚き。




●神仏とともにあった切り紙

日本の切り紙は古くから祭祀に用いられてきた。七五三縄(しめなわ)に下げる紙垂(かみしで)、神霊の依代(よりしろ)となる御幣(ごへい)、正月迎えの御飾り等々、神道・修験道などで祭祀の場を彩る切り紙として神仏と共にあった。


与次郎稲荷・千秋公園本丸


八橋日吉八幡神社秋季大祭・御旅所の標(しめ)縄


左・南方町 石神社「宇賀魂神」 右・志津川町 都倉神社「えびす飾り」
『祈りのかたち-宮城の正月飾り』宮城県神社庁発行 より


●江戸の紋切遊びとステレオタイプ

江戸の後期になると「紋切遊び」なるものが庶民の間に流行する。正方形の紙を折り、雛形に沿って切り抜いて広げると、美しい「紋」が出現する。その雛形を「紋切型」(もんきりがた)という。

寺子屋の教科書にも採用された「紋切遊び」の雛形を集めた書籍が、江戸末期から明治期に多く出版され、お祭りの露店でも戦前まで雛形が売られていたという。


「模様紋帳諸職雛形』明治四十五年発行より

江戸の職人により考案された「紋切型」から、「決まり切って堅苦しく面白みのないステレオタイプな思考・事物・物言い」と、否定的に使われる「紋切型」という言葉が生まれる。

明治期に出版された紋切型の雛形集に『教育必用紋切形ぬゐ紋図解・小笠原行儀作法』という書籍がある。「紋切型」な礼儀作法を教える「小笠原流」が「紋切型」を子どもの教育の一環として教えていたということが面白い。

現代では否定的に使われる「紋切型」という言葉を「伝統文化」と言い換えても良い。毎年くり返され、受け継がれてきた、四季の行事、祭り、歳時記、季語など、うるわしき伝統文化のカタチは「紋切型」そのもののではある。「紋切型」をモノの基本・定型ととらえれば、それもまんざら捨てた言葉ではない。

「紋切型」という定型を守ることも重要だが、「紋切遊び」を続けているとオリジナルなデザインに挑戦したくなる。つまり「型破り」である。しかし、そう簡単に江戸の紋を越える、美しく斬新なパターンができるものではない。


●よみがえった紋切遊び

「紋切遊び」の型紙と和紙色紙をセットにした書籍が出版され、ちょっとしたブームになっていることを知ったのは、数ヶ月前、ジュンク堂でやっていた出版社・エクスプランテのフェアでのこと。



造形作家・下中菜穂さんは、忘れられていた江戸の「紋切遊び」を発掘し、江戸の粋な意匠がちりばめられた『シリーズかたち・紋切り型』を出版。国内外でワークショップや展覧会を開催している。






●「はつゆき」を遊ぶ

エクスプランテでは、江戸時代に雪の結晶を図案化して流行した「はつゆき」模様を、身近にある紙で紋切して、メッセージを添えて送ってもらい展示する「アートイベント〈はつゆきプロジェクト〉」を実施しており、作り方や型紙は以下関連リンクから入手できる。

自分も「はつゆき」を切ってみた。



シンプルでありながら味わい深い「はつゆき」のカタチに加え、折りたたんで切ることにより、放射状に残る折り目が平坦な紙に陰影を刻み、特有の表情を添えている。これもまた「紋切遊び」ならではの面白さ。

_________

関連リンク

アートイベント〈はつゆきプロジェクト〉

もの部ログ〈はつゆきプロジェクト事務局〉

エクスプランテ

紋切

紋きり遊びを楽しもう

_________

切り紙・もんきりあそび切り紙・もんきりあそび
(2007/09)
下中 菜穂

商品詳細を見る


| 読む・観る・聴く | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラフープでふぅらふら

昭和三十年代、世界的な大ブームを巻き起こしたフラフープ。その名は、輪のなかに体を入れ、フラダンスのように腰をグラインドさせることからきている。

フラフープの起源はオーストラリア原住民が遊んでいた木製の輪だという。昭和三十三年(1958)、それにヒントを得たアメリカのおもちゃ会社が、硬質プラスチックのチューブを使い製品化したところ、発売四ヶ月で二千五百万本を売上げる大ヒット。

欧米を席巻したフラフープは、その年の秋には日本上陸を果たす。
十月十七日、フラフープ試演会が帝国ホテルで開かれ、翌十八日、都内各デパートから一斉発売。

積水化学の硬質ポリエチレン管を、アメリカの製造元が加工し、貿易会社が総販売代理店となって売りだしたもので、90cmサイズ・一本二百七十円、子ども用は二百円。ラーメン一杯四十円(都内)の時代、決して安い買い物ではなかったが、日本でも爆発的なブームとなり、デパートの前には、早朝からフラフープを求める長い行列ができた。

20060325232006.jpg
西銀座デパートでのフラフープコンテスト 

発売当初の日産は二万数千本で、生産が需要に追いつかない。製品が手に入らない小売店では、ポリエチレホースをつないで輪にしたり、水道管に使う塩化ビニールの管を利用して売ったという。

やがて、おそらくは大概が不正規製品と思われるが、国内メーカーでも生産を開始。硬質ポリエチレンのチューブを輪にして色を塗るだけ、原料費九十円、小売り二百七十円前後だから笑いが止まらない。メーカーには現金を持った問屋が日参し、出来た尻から運びだす。

20060325231951.gif

フラフープが秋田市に入ってきたのが十一月八日ころ、数日前からから予約しないと買えず、デパートには一日百件におよぶ問い合わせ電話が鳴り、市内だけで一日二、三千本は売れたという。職場単位でのまとめ買いも多く、昼休みにはフラフープを回すサラリーマンやOLの姿がみられた。

20060325231934.gif
なんと秋田市茨島にも製造工場があった

老若男女がフラフープに興じて腰をゆらし、ストリッパーはステージ上でフラフープを披露。はてには歌舞伎役者がフラフープを回しながら花道を退場し、文楽人形にミニチュアのフラフープを回させたりと、まさに国民的なフィーバー状態。

そんな中、都内でフラフープに熱中していた十五歳の少年が、突然胃の激痛を訴えて病院に運ばれ、緊急手術。少年はもともと胃潰瘍を患っており、フラフープで遊んでいるうちに、腹圧で患部(胃)が破れてしまったという。

その後も同様な健康被害があいつぎ、秋田市でも、十二月一日、上米町のM君(七歳)が自宅付近でフラフープ遊びをしているうちに急に苦しみだし、病院に運ばれ一時間後に死亡。

診察した医師によれば、「死因は心臓マヒだが、顔にむくみがあり、腹部が張っていたので腎臓も悪かったと思う。フラフープと直接結びつけることはできないが、過労から隠れていた病気が出てくることは十分考えられる」とのこと。

さらにはフラフープに夢中になっているうちに、車にはねられる事故、フラフープの継ぎ目がはずれて眼を突く事故などがかさなり、警察庁保安局は、路上のフラフープを禁止したいとの勧告、各教育委員会では学校に警告を出し指導に乗りだした。ちなみに秋田県教育委員会でも、十一月下旬「学校への持ち込み禁止」令をだしている。

このような事故や健康被害はフラフープの普及率の高さを物語るものであり、フラフープそのものには罪はないのだが、「フラフープをやり過ぎると腸捻転になる」という根も葉もないデマも流され、全国を席巻したフラフープブームは急速に沈静化し、メーカーと問屋には在庫の山が残されることになった。

単純な遊びのためにあきられるのが早かったのも原因だが、東京方面では、約五週間、秋田では約四週間という異例の短さのフラフープブームだった。短く熱狂的なブームのあとの急速な沈静化というパターンは海外においても変わらない。

20060325231913.gif

フラフープに穴を開け水を通して噴水にする、在庫の山をかかえたメーカーはこんな商品を売り出した。自宅で死蔵されているフラフープも別売りのフープチーズを買って加工すれば、たちまちフープシャワーに。こんなもん売れるわけがない。

ブーム最盛期のはっきりとした記憶は無いのだが、家には数本のフラフープがあって、たまに姉たちが遊んでいた。児童公園のかたすみの花壇には、切り離されてカラフルなフラフープが、柵として再利用されて余生を送っていたのを思いだす。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

達三少年のスケート遊び

石川達三が秋田市楢山裏町時代を回想した随筆には、冬の暮らしに関する記述が多い。物心のつき始める三歳から七歳まで秋田市で暮らし、その後は雪の積もらない東京に出ているため、幼いころの雪国での生活はとくに印象深く心に刻まれたのではないだろうか。

達三少年たちは、雪道に「氷の道」(スケートリンク)をつくって遊んでいる。

 雪道を踏みかためて、私たちは毎日すべっていた。小学校の五年ぐらいになるとスケートをはき、もっと小さい子は(まくりがね)という、もっと安全な道具。そして私たちは(どう)と言って極く安全な、女の子でもはけるような物ですべっていた。
 自分たちのいつも遊ぶ場所を、五十メートルばかり踏み固め、夕方水をまいて夜のうちに凍らせておくと、翌日は水盤のようになっていて、いくらでも滑れる。この氷の道はほとんど融けることがなかった。新しい雪が降ると、また子供たちが整備作業にはたらく。そういう時はみんな気がそろって、せっせと労働をしたものだった。通りがかりの大人たちが足を滑らせて、(こんなにして、危ないじやないか)といって怒った。怒られても、だからと言って吾々の遊び場を失うわけには行かない。‥‥後略‥‥

大正初期の秋田市、道路が子どもらが心置きなく遊べる場所だった、幸福な時代の一コマ。

「スケート」は、下駄にスケートの刃を取り付けた「軍艦」などと呼ばれた「下駄スケート」のことだろう。そのほか、下駄に太めの鉄板を埋めこんだもの、さらに二本の鉄板を埋めこんで安定感を増したものなどがあった。

20060130212634.jpg
下駄スケート

さて、裏町と同様に表町(ト一屋楢山店の通り)にも、その町内の子どもらが「氷の道」をつくっていたのだが、ある日、裏町の少年たちが相談して、表町の「氷の道を壊す」という計画を実行する。

 計画は極秘だった。夕飯のあと、日が暮れてから町角に集れ。誰にも言うな。金槌を持って来い。‥‥というのだった。囲炉裏のそばで鍋をかこんで、父と母と兄たちと、あたたかい食事をすませてから、私はそっと家を出た。二人の兄が一緒であったかどうか、記憶にはない。集ったのは七八人だった。声を忍んで、私たちは路地をぬけて行った。表町の商店街も冬の夜ははやく大戸をおろして、人通りもなく、灯影もすくなかった。
 私たちは適当な間隔をおいて氷の道の上にうずくまり、持ってきた金槌で氷に穴をあげた。早く、早く、人に見つからないように。‥‥‥金槌のうしろの釘抜きが尖っているので、氷を割るにはその方が都合がよかった。そのとき私は罪を意識した。自分がいま悪事をはたらいているのだということを、はっきりと意識した。おそらく私の生涯に於て、自分の罪を意識したのはこの時が最初であった。‥‥後略‥‥

石川達三「私ひとりの私」文藝春秋社 より


20060130212653.jpg
楢山裏町・石川達三の旧家近く

似たようなことがあった。
自分の生まれた楢山の町内は学区の境界にあって、となりの町内の子どもたちは違う小学校に通っていた。そのせいか対抗意識のようなものがあり、何かある度にいがみ合い、喧嘩に発展することはなくとも非常に険悪な仲だった。

町内の境界にあった原っぱ(児童公園)は、どちらの町内の子どもたちも遊ぶ共有の場だった。冬休みの天気のよい日、大人たちも加わって、そこに巨大なトンネル形カマクラをつくった。最初はカマクラをつくるつもりが、調子に乗ってでき上がったら、迷路のような長いトンネルになったのだ。

日の暮れるころには完成し、「明日ゆっくり遊ぶべ」と家に帰り、翌朝、公園に行ってみると、一日がかりでつくった雪のトンネルが、めちゃくちゃにされていた。「やられだ!」「昨日、遠くから、となりのヤヅらがずっと見でだべ。あれがだの仕業だ‥‥」。となりの町内の子どもたちが、夜のうちに壊したのだ。

目には目を、歯には歯を、隣りの町内の連中が、公園に大きな「雪の迷路」をつくったときは、夜になって壊してやったのだが、そのとき公園には一人の見張りがついていた。そいつが仲間を呼びに行こうと走りだしたところを捕まえ、無事に作戦を成功させる。

達三の住んだ裏町と表町は、どちらも築山小学校の学区であり、そんなに険悪な仲だったとは考えにくい。ただ「表町」「裏町」という町名が気になるところで、表町の子どもたちは、裏町のことを見下していて、それが確執になっていたのかもしれない。


関連記事
石川達三と冬の落とし穴
楢山の裏町という小路

| 秋田市今昔 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT