二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

笹巻きを食う・旧暦五月五日

秋田では旧暦の五月五日を端午の節句として笹巻きをつくる。今年は六月十九日が旧暦の五月五日。

子供のころ、隈笹(クマザサ)の若葉が適度な大きさに育つこの時期になると、父と一緒に生家に近い金照寺山に、笹巻きに使う隈笹を採りに出かけるのが恒例の行事だった。

「ちまき笹」の通称がある隈笹の若葉は、香りが良く、柔らかくて加工しやすい。母は一晩水に浸してザルで水を切ったもち米を、器用に二枚の笹の葉で包み、イグサで結び茹であげる。



20070619143024.jpg

写真は、通町「せきや」で「大久保笹巻き」の名で販売している、小ぶりで扁平気味の笹巻き。関谷さんは大久保出身の、元々は荷物を背負い行商したガンガン部隊だから、大久保特有のつくりかたなのかもしれない。

20070619143011.jpg

結ぶイグサと笹の移り香が、ほのかに漂うもち米に、青きな粉をまぶして食べる笹巻きは、初夏の郷愁の風味。

チマキとは本来、茅(チガヤ)の葉で包んだことからの名だが、その形は地方によって様々で、米を包む材料も、竹の皮、笹、薦(コモ)、菖蒲などが使われ、それぞれの名で呼ばれていて、秋田県内でも、もち米粉とうるち米粉を混ぜ水でこねて、笹団子をつくる地域もある。

「笹巻き」のほかに、「菱巻き」、「角巻き」、「三角巻き」などと呼ばれ、包み方、形態の違いがみられる。二枚の笹を使う例が多いが、由利地域では三枚の葉で、先のとがった形につくる。

もち米を笹の葉で巻いて茹でる製法は、秋田・山形・新潟など、主に日本海側に分布し、その伝播は北前船によるものといわれ、笹の殺菌効果により保存が利く笹巻きは、携帯保存食としても重宝された。

20070619142959.jpg
勝平得之「ささまき」昭和十七年

五月五日、端午の節句には、疫病よけとして菖蒲・ヨモギを軒にさして邪気を払い、チマキや柏餅を神棚に供え、菖蒲湯をたて身を清める。今では失われかけた伝統だが、これは中国から伝わったの端午の行事と、日本古来の習俗が複合したもの。

つくった笹巻きは、勝平の版画にあるように、吊るして保存したものだが、もともとは軒に吊るして魔除けとしたものという。

-----------

関連リンク

笹巻きレシピ(秋田由利地域)
三枚の笹で包む先のとがった由利地域の巻き方

乾燥笹の葉販売と笹巻きの作り方(山形)

笹巻き・島根県雲南市

| 食材・食文化 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土用の丑の日・「せきや」の鰻



今年の「夏の土用の丑の日」は七月二十三日。通町「せきや」でも、二十二日から恒例の鰻の蒲焼きの販売が行われ、あたりには香ばしい煙が漂い、焼きたてを買い求める客の行列ができていた。この二日間のために用意した鰻は3トンという。

20060723205837.jpg

同じ通町に最近、鰻屋がオープンしたが、「せきや」相手ではとても勝負にならない。

鰻がスタミナ補給に有効なことは、古くから知られていたらしく、万葉集には大伴家持が夏痩せの友人に鰻をすすめる歌が収められている。

20060723205813.jpg


訳・石麻呂さん、あなたに一つご忠告進ぜよう。夏痩せに効くというものだ、鰻を取ってお食べなさい。

土用の丑の日に鰻をたべる習慣は、かの「エレキテル」の実験でおなじみの、江戸中期の学者、平賀源内が知り合いの鰻屋に、夏は鰻が売れないと泣きつかれ、「丑の日に「う」の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と紙に書いて店先に貼ることを勧めたところ大繁盛、他の店でも真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる習慣が定着したというが、諸説があり定かではない。

-----------

関連記事

せきや・秋田市通町
せきやの「たこあげくん」

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼくのえ日き じどう車のおすし

二月二五日(土よう日) 晴れ

夕がた 母さんといっしょに とおり町の せきや いったら
じどう車のもようの ふとまきずしがあったので かってもらいました。

20060225181608.jpg

まどがキュウリで ライトがニンジンです。
ほかには 花のもようのもありました。

みせの中には ひなまつりの おすしが かざられていました。

20060225181553.jpg


--------------

関連記事
せきやの「たこあげくん」
せきや・秋田市通町

| 食材・食文化 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

せきやの「たこあげくん」

20050917131325.jpg
たこあげくん・三個パック 240円

旬のイイダコまるごと一匹を使い油でカラッと揚げた、たこやきならぬ「たこあげくん」は、秋田市保戸野通町「せきや」総菜コーナーの人気商品。直径約5.5cmのボリュームは食べごたえがある。

20050917131257.jpg

外はカラッと中はしっとりとして野菜たっぷり、タコの歯ごたえも良く、これを食べたあとでは、フツーのたこやきでは物足りなくなるのだ。

イイダコの季節以外は、大きめのタコ足が入ったものになるが、大きさは同じで値段は安くなる。

-----------

関連記事

せきや・秋田市通町

| 食材・食文化 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT