二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

「松坂古書店」店主殺人事件と二つの店名の理由

▼さようなら「松坂古書店」

一昨年(2017)11月末日、秋田市で最古の歴史を有する古本屋「松坂古書店」南通り店が静かに店を閉じた。

松坂屋古書店
▲「松坂古書店」南通り店跡 2019.04

松坂古書店・みしま書房
▲平成2(1990)年

平成2(1990)年時点の店舗をあげると、すずらん通り本店・南通り店・手形東通り店・秋田ワシントンホテル(現・イーホテル秋田)2F AD店の4店。80年代には秋田大学の近くに手形山崎店も。

松坂古書店・みしま書房
▲「松坂古書店」すずらん通り本店 2004.03

70年代から足しげく通い、想い出が詰まった すずらん通り本店も、今(2019)から9年ほど前に閉店。

「松坂古書店」と「みしま書房」の看板が掲げられた外観は一見、別々の店のように見えるが、内部はつながっており(初期は別個の店)、とりわけて郷土資料が充実し、価格も良心的。思わぬ掘り出し物に遭遇する確率も高かった。

エロ系も豊富で、80年代のビニ本ブームのときは、ビニールでパッキングされた、きわどいエロ写真集が店舗の中心を大きく占めていた。

図書館でお見かけすることが多かった、古書店主人を絵に描いたように無愛想で学者肌の御主人・三島亮氏が亡くなってから、もう20数年になる。

 

▼古書店「松坂屋」店主殺人事件

松坂屋古書店▲明治38(1905)年 新聞広告

「松坂古書店」のルーツである古書店「松坂屋」は明治後半、秋田市茶町菊ノ丁(現・大町二丁目)に開業。その後、隣町の茶町扇ノ丁(現・大町三丁目)に移転。

昭和33(1958)年12月1日「松坂屋」店主・松坂壮一郎氏が、顔なじみの青年に絞殺される事件が発生。現金と貯金通帳を奪って逃亡した犯人は5日後にスピード逮捕された。

松坂屋古書店

 秋田市のド真ン中で殺人事件
 古本屋絞殺される
 物とりの線で鋭意捜査

一日午前十時ごろ秋田市茶町扇ノ丁、松坂屋古書店経営主の松坂壮一郎さん(六五)が店内のタタキにあおむけになって死んでいるのを出勤した店員が発見、秋田署に届出た。同署ではただちに現場に急行、検視の結果首に麻ヒモのようなもので絞められたあとがあるため他殺と断定、捜査を開始した。

同古書店は秋田市の中央部、市電路線に面したところで店は約十六平方メートルだが、市内でも名のきこえたしにせ。

 ‥‥後略‥‥

昭和33(1958)年12月1日付『秋田魁新報』

一方、のちに「松坂屋」店主となる三島亮氏(本名・三島亮吉 1921-1996)は、母校の秋田工業高校で教師をしていた昭和24(1949)年、GHQによるレッドパージ(赤狩り)により教職を追われ、やむなく古本屋に転身。

古本屋を始めるにあたり、三島氏が弟子入りしたのが「松坂屋」店主・松坂壮一郎氏。当初は「松坂屋」の書棚の一角に自身の蔵書を置かせて貰っていた。それから数年後「松坂屋」の隣町、茶町菊ノ丁に古書店「みしま書房」を独立開業する。

みしま書房
▲昭和34(1959)年

殺人事件後、遺族の意向を受け、師弟関係にあたり、故人と親交の深かった三島氏が松坂氏の跡を継ぎ「松坂屋」の経営者に納まることとなるが、氏は店名を変更することなく、歴史ある古書店の名を後世に残すことを決意。この時点で自身が創業した「みしま書房」と、跡を継いだ「松坂屋」の両店を経営することに。

のちに店名を「松坂屋」から「屋」を外して「松坂古書店」と改め「みしま書房」の名は主に出版社名として使われるようになる。

松坂屋古書店
▲「松坂屋」が入居していた雑居ビル

事件当時「松坂屋」が入っていた茶町扇ノ丁(現・大町三丁目)の建物は、県庁前通り(現・山王大通り)沿い、お茶の「繁田園」と「三和銀行」秋田支店(現・ミタビル)にはさまれた二階建て雑居ビル。他にふとん店と薬局が入居。

ビルの東端(上掲画像左端)、間口4.2メートル・奥行5.5メートルの小さな店舗にもかかわらず、公務員の初任給(基本給)が1万円ほどの事件当時、1日の売上げが2〜3万円に上ることもあったというほど、古本が飛ぶように売れた時代で、そのあたりの状況を知った上での犯行だった。

松坂屋古書店跡
▲「松坂屋」が入居した雑居ビル跡 2018.08

雑居ビルが解体された跡地の西側に「山一証券秋田支店」が新築移転。同社倒産後解体され、現在(2019)同地に「大和リビング」秋田営業所がある。

松坂屋古書店▲昭和33(1958)年 松坂壮一郎氏経営時代

松坂屋古書店
▲昭和32(1957)年 松坂壮一郎氏経営時代

松坂壮一郎氏は古典芸能に明るく、古書においてもそれを得意分野としていた。

▼店舗火災・市立図書館「三島文庫」出版社「みしま書房」

事件から数年後、入居する雑居ビルの解体を前にして、茶町から すずらん通りの突き当たり、洋画専門館「秋田ピカデリー劇場」前に移転。銭湯「松の湯」跡に建てられた木造二階建て雑居ビルに、当初は魚屋、薬局、古本屋が入居。

昭和58(1983)年11月26日「松坂古書店」に隣接する薬局の二階から出火、ビル二階部分を焼失。

一階店舗の書籍に加え、貴重な古文書・郷土資料など、三島氏の蔵書を含む約6千冊が消火活動により水浸しになり、一部を残してやむなく廃棄される。

永い年月をかけて収集した資料を一瞬にして失った三島氏の落胆ぶりは本当に気の毒だった。

火災をさかのぼる、同年10月3日「秋田市立中央図書館 明徳館」オープン。その開館を前にして、三島氏は蔵書から郷土資料を中心とした 4,445点を寄贈、「三島文庫」と命名される。

偶然にしては出来すぎた、絶妙なタイミングで行われた寄贈により、資料の多くが火災をまぬがれたことは不幸中の幸いであった。

「三島文庫」寄贈と火災の前年、昭和57(1982)年「秋田市文化団体連盟章」受章。

文化団体連盟章

‥‥前略‥‥

〔学芸〕三島亮さん(60歳)
郷土史関係を中心にした数々の貴重な本を出版するとともに、川柳選者としても、川柳愛好者の指導、育成に努めました。

『広報あきた』No.874- 1982-02-10 - より

川柳関連の肩書は、現代川柳作家連盟会員、川柳あすなろ会顧問、川柳研究いかり主宰、川柳波紋社主宰など。

昭和42(1967)年5月に出版した『八郎潟近世漁業史料』(半田市太郎/編) を手始めに「みしま書房」名義で始めた出版事業は、昭和50年代をピークに平成4(1992)年まで続いた。

「秋田県立図書館」で「みしま書房」を検索すると該当件数は91件に及ぶが、一部に類似名出版社の書籍が混入している模様。

松坂古書店・みしま書房
▲「松坂古書店」すずらん通り本店 2004.03

すずらん通り
▲「松坂古書店」すずらん通り本店跡 2019.05

すずらん通りの突き当たり、洋画専門館「秋田ピカデリー劇場」跡地の一角に、最近「セブン-イレブン」がオープンした。

松坂古書店
▲在りし日の「松坂古書店」南通り店 2017.07

最後に残った南通り店のオープンは昭和57(1982)年頃。建物はもともと、かつて斜め向かいにあった家電・家具月賦販売「緑屋信販」の別館「緑屋住宅設備」として建てられたもので、数年前まで二階に社交ダンスのスタジオが入っていた。

| 秋田市今昔 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すずらん通り「さんや食堂」残影

戦後まもなく開業し、秋田市すずらん通りで最も昭和の面影を残す建物であった、旧「さんや食堂」が、昨年(2017)末、解体された。

すずらん通り・さんや食堂
▲2003.11 

引き戸を開けて入ると右手に小上がり、中央がテーブル席、左手に厨房。

看板にも名前が見える、一人鍋で食べる具沢山な肉鍋定食、親子丼、天ぷらそば等々、何を食べても外れのない老舗の味。 

すずらん通り・さんや食堂
▲昭和26(1951)年 新聞広告

すずらん通り・さんや食堂
▲昭和26(1951)年 新聞広告

創業者の名字の頭文字「三」と、下の名前の頭文字「弥」をとって「さんや」と命名。 

上掲広告にあるように、すずらん通りの別名は三丁目小路、または三丁目橋小路。北側に並列する山王大通り(竿燈大通り)は古くは二丁目小路と呼ばれて、元々は一丁目小路・三丁目小路・四丁目小路と同じ道幅の狭い小路であった。

すずらん通り・さんや食堂
▲2003.11

西隣に建つ「秋田市料亭会館」の一階に「定食」の置き看板と、オレンジ色の日除けテントが見える串揚げ専門店「あげや」。当ビル内にかつて、料亭(料理屋)に川反芸妓(芸者)を手配する「秋田検番」が存在した。これが「秋田市料亭会館」の由来。

「すずらん通り」の由来、「あげや」と「秋田検番」については巻末の関連リンク先を参照のこと。

すずらん通り・さんや食堂
▲2004.01 

すずらん通り・さんや食堂
▲2004.09

すずらん通り・さんや食堂
▲2008.05

平成18(2006)年頃「秋田市料亭会館」の看板が下ろされ「あげや」跡に、仙台の風俗情報提供会社が経営する無料案内所が入居。

すずらん通り・さんや食堂
▲2008.05

すずらん通り・さんや食堂
▲2008.01

昼夜を通して営業していた「さんや食堂」も、晩年は昼のみの短時間営業となり、やがて閉店状態が続くが、平成22(2010)年、店名を「彌ひら」と改めてリニューアルオープン。

すずらん通り・さんや食堂
▲2010.09

この新店名も旧店名と同様に創業者の姓名の一部をあしらったもの。

リニューアル後、約10年ぶりに肉鍋を食べたが、先代の料理とは味も見た目も別物となっていた。

平成26(2014)年11月頃「彌ひら」(旧さんや食堂)閉店。「さんや食堂」の開業から数えて70年弱の歴史に幕を下ろし、平成29(2017)年11月解体される。

すずらん通り・さんや食堂
▲2017.11

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すずらん通り「音の店」楽器とレコードとオーディオと

音の店フジタ
▲昭和26(1951)年 新聞広告

秋田市大町「赤れんが館」南側、すずらん通り(三丁目小路)に、昭和25(1950)年創業の「音の店フジタ」は、レコードと音響機器、楽器と楽譜など、音楽に関する商品を取り揃えた「音」の専門店であった。

新聞広告にある「録音 10吋(インチ)レコード両面 吹込料共600円」の文面が気になる。

当時のSPレコード(78回転)の収録時間は10インチ(25センチ)盤で片面3~4分ほどだから、一枚につき6~8分の収録が可能。

その録音に使用した機材は、「日本電気音響」(DENON)が昭和24(1949)年に発売した「円盤式 RC-1 型録音機」に違いない。

円盤式録音機

大東亜戦争の終結を天皇陛下が伝えた玉音放送を記録したことで知られる「日本電気音響」の円盤式録音機は、戦争の影響で輸入が途絶えた円盤式録音機に代わって、昭和14(1939)年9月、日本放送協会(NHK)仕様の第1号機が完成。

その業務用録音機を携帯可能に小型化、民生用として発売したのが「円盤式 RC-1 型録音機」。ターンテーブルに乗せた10インチ録音盤を、録音用カートリッジでカッティングする方式で、ポータブル機といっても重量は15kgある。

満を持して発売された同機であったが、国産テープレコーダーの登場により、わずか一年で生産を終了してしまう。

昭和25(1950)年「東京通信工業」のちのソニーが、日本初のテープレコーダー「G型」を発売。おもに官公庁に納入されて、裁判所の法廷記録、警察の調書記録などに使用された。

G型テープレコーダー
▲「G型」テープレコーダー

国産第1号テープレコーダー「G型」の重量45kg、価格16万円。ちなみに公務員の初任給が6千円ほどの時代である。わずか数10グラムで胸ポケットにスッポリと収まり、ステレオ高音質録音が可能な現代のPCMレコーダーとくらべると隔世の感がある。

吹込に失敗すると盤を廃棄するしかない円盤式録音機に対して、磁気テープを使ったテープレコーダーは、長時間録音ができ、消去・再録も簡単な上にテープを切り貼りすることで編集も可能。おまけにコストも低いとあっては、時代後れな円盤式録音機が淘汰されるは時間の問題であった。

音の店フジタ
▲「音の店フジタ」昭和30年代中期

真空管ステレオ電気蓄音機やオルガンが所狭しと陳列された店内の壁に、「山葉ピアノ オルガン 日本楽器特約店」と記されたプレートがある。

「山葉」は当初「日本楽器製造」(現・ヤマハ)のブランド名だったが、のちにそれが社名となった。

当時のピアノは超贅沢品、昭和34(1959)年前後を例に挙げると、山葉ブランドで最も安価なアップライトピアノが26万円。公務員の初任給が1万2千円の時代で、20回分割払いの場合でも、頭金として約10万円が必要だったため、購買層は富裕層や教育機関、公共機関などに限られていたが、 高度経済成長の波に乗って一般家庭へのピアノ・エレクトーンの普及率は、昭和55(1980)年頃まで右肩上がりが続いた。

音の店フジタ
▲昭和41(1966)年 新聞広告

やがて、手狭になった すずらん通り本店から楽器部門を山王通りに移設、その後、仲小路の秋田駅前金座街西側、仙台高裁秋田支部跡地の一角に移転。「本金西武」(現・西武秋田店)が入る「秋田中央ビルディング」の工事が始まる前まで営業していた。

山王通り「音の店」楽器部の所在地は定かではないが、年代を考えると、二丁目小路(現・山王大通り)の拡幅工事にともなう移転だった可能性も。

秋田駅前

▲昭和55(1980)年 新聞広告(部分)全体図は下記関連記事に

仲小路との角地に「金萬食堂」がある金座街が現在のアゴラ広場。青丸で囲った「音の店楽器センター」は、今でいえば「西武秋田店」仲小路側出入口の付近に位置する。

「音の店楽器センター」の西隣に、当時大流行した「インベーダーハウス」がある。テーブル筐体のインベーダーゲーム機を並べ、ピコピコと電子音が流れるなか、サラリーマンや学生がゲームに熱中していた。

1975秋田駅前航空写真
▲昭和50(1975)年撮影 金座街周辺
1975map

音の店フジタ跡
▲すずらん通り「音の店フジタ」跡

レコードを買うのは秋田駅前広小路の「全音」か、同じく広小路の千秋公園入口に近い「河合楽器」と決まっていたが、80年代中頃「音の店フジタ」で何度かLPレコードを取り寄せたことがある。ちょうどレコードからコンパクトディスク(CD)へと移り変わりつつある時代だった。店を閉じたのは21世紀に入ってからだろうか。

大館市字大町にも「音の店」を名乗るレコード店「音の店 いわしや」(昭和40年創業)が存在したが、こちらは平成27(2015)年に閉店している。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷水屋と銭湯と・消える昭和

季節外れな話題だが、秋田市内で営業していた昔ながらの氷水屋が、この数年間に次々と店を閉じた。その主な理由は経営者の高齢化と後継者の不在。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

夏期以外は大判焼き・鯛焼きを商う、牛島商店街の「佐々木商店」通称・牛島のババの店。

切妻屋根の町家建築に、かき氷の氷削機および大判焼機による製造工程が外から見える出窓を設けた古典的スタイルの、大正・昭和の風情が色濃く残る店であった。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

かき氷
▲廃業後、三皇祭の日に「岡崎製氷」が店頭を借りて臨時出店 2009.07

内風呂率が低く電気冷蔵庫がまだ贅沢品だった時代、銭湯の近くで営業する氷水屋が多く、風呂上がりにかき氷で涼味を楽しむ客で繁盛した。

牛島商店街の場合、「佐々木商店」から北へ1分ほど歩いた「三皇神社里宮」の近くに「三皇の湯」、さらに3分ほど北へ進み、太平川橋を越えた左手に「牛の湯」があった。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

大町三丁目「すずらん通り」の突き当たりに近い「竹内商店」も、「佐々木商店」と同様に、店頭で製造工程を見せる出窓がある、涼しくなると大判焼・おやきを商う店だったが、この数年間はカーテンを閉ざしたまま。(2017.04 大判焼きの営業を確認、不定期開店とのこと)

昭和8年頃の地図にも名がみえる「竹内商店」はもともと菓子屋で、以前は自家製のパンなども売っていた。

「竹内商店」の斜め向かい、柳町の角地にあった銭湯「松の湯」は、古くは「柳の湯」の名で、場所柄、川反の芸者さんが常連客だったという。「松の湯」はのちに「秋田ピカデリー」南側の田中町に移転。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

すずらん通り
すずらん通り 2016.11

手前に「竹内商店」、黄色い日除けテントの「美容室イク」、その奥に「土田果物店」。これらの店も廃業して久しい。

「すずらん通り」の突き当たりには、昭和49(1974)年まで映画館「秋田ピカデリー」が存在し、川反方向から延びる「すずらん通り」はかつて、昼夜を通して人通りの多い商店街だったが、近年は古くからの店が次々に店を閉じて、ずいぶん寂しくなった。

「竹内商店」の東隣、今は空き地になっている場所に70年代まであった中華料理「王芳」は、田中町の「松の湯」北隣を経て、秋田県庁の裏側、山王四丁目に移転し、大町五丁目「第二NKビル」入口左側に大町支店をオープン。料理はボリューム満点で安く、セロリを使った炒飯が癖になる味で、水餃子とセットでよく食べたものだが、平成20(2008)年10月頃に閉店。

斉藤もちや
▲斉藤もちや 2005.07

秋田市楢山本町で昭和10(1935)年創業の老舗「斉藤もちや」。今年(2016)の春頃に廃業。

夏期はかき氷を商い、真向かいに秋田市最後の銭湯「星の湯」がある。

かき氷屋跡
▲秋元商店跡 2004.05

ここからは遠い記憶の彼方にある氷水屋。

楢山愛宕下と牛島東の境界を東西に延びる新屋敷(しんやしき)小路にあって、夏はかき氷をやっていた駄菓子屋「秋元商店」。建物の右手にかき氷の製造工程を見せたとおぼしき小窓が残る。

新屋敷小路を東に進むと金照閣踏切、振り向いて西に進み、突き当たりを左折すると、冒頭の「佐々木商店」に到る。

銭湯跡
▲愛宕湯跡 2004.05

「秋元商店」の西隣のアパートは「愛宕湯」跡。所在地名は牛島だが隣町である愛宕下の「愛宕」を冠した銭湯は、70年代後半頃に廃業。子どもの頃に通っていたなつかしい銭湯だ。

黒澤家住宅
▲「黒澤家住宅」長屋門・東根小屋町(中通三丁目)

金照寺山・一つ森公園に移築された上級武家屋敷「黒澤家住宅」が、「たまご公園」の南側、東根小屋町(現・中通三丁目)にあった時代、長屋門形式の表門の両側に店舗を増築して貸していたが、左手の駄菓子屋のような店が氷水屋をやっていた記憶がある。画像右手は「佐々木表具所」。

至近距離にあった銭湯は「黒澤家住宅」から中通小学校方向に向かい、十字路を右折した池永小路の「鶴の湯」。徒歩1分の距離。

「黒澤家住宅」跡地には今、11階建てのマンション「パークハイツ中通」が建っている。

旧黒澤家住宅(旧所在 秋田県秋田市中通三丁目) 表門 文化遺産オンライン

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |