二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

雪車の芸者さん・冬の秋田風俗


大正時代の絵葉書から

これからお座敷に出かけるところだろうか、雪車(そり)に乗る川反の芸者さんと、雪駄を手にした印半纏姿の車夫。

秋田の人力車夫たちは降雪期になると雪車を押して客を運んだ。これはいわゆる「箱橇」(はこぞり)のことだが、戦前の記録をみると、「雪車」と書いて「そり」と読ませている。

家庭用の箱橇と違う点は、乗り込みやすいように前方が開閉式なっており、人力車のように風雪を避ける幌が取り付けられていること。体を覆う毛布も用意されていた。


○箱橇にも色々ある。まづ人力車に代る客用箱橇は雪国の駅々で客を待っている。箱の入口は半開きとなって、乗るのに都合よく出来ている。雪の降る日は幌をかける様になっているから、戦後派達のアベックにはこれが好まれる。引張る人力車と違い、氷る雪上を滑るのであるから速力も早く、これを押す車夫も亦楽である。箱を黒漆で塗った真鍮の金具付の豪華な橇は町医者の乗物である。火急を要するものは二人引と言うのがある。犬橇はもうみられないが、各家庭には、乳母車代用の箱橇がある。子供達は雪帽子(ボッチ)をかぶり雪靴(ヘトロ)をはき、玩具の様な箱橇を押して雪の中をかけ廻る。『橇に眼(マナ)コない馬(ンマ)コならよけて行け』と童謡を歌い乍らせまい雪路を我物顔に遊ぶので、人々はこの小さい暴君のために路をさけ譲歩せざるを得ないのである。
勝平得之「画文集」・文化出版より

大正時代の絵葉書から

秋田倶楽部(後の「あきたくらぶ」)の池に架かる橋を、雪車に乗って倶楽部本館へと向かう芸者さん。車夫は洋服に帽子をかぶっている。後ろにみえる建物は、数年前まで存在した倶楽部別館で、本館跡に戦後建設されたのがアキタニューグランドホテル。今の「ホテル グランティア」と「華の湯」の一帯。


書籍広告・明治四十年

大正七年の魁新報によれば、秋田市内における人力雪車の挽子(車夫)数は、まだ秋田市に属していない牛島町の同業者を含めて約二百七十名。料金は悪路と夜間は二割増しとなるが、規定料金を守らず不当な料金を要求する業者がいることが問題にされている。


大正時代の絵葉書から

こちらは北海道は小樽の、人力車の車輪を外して橇を取り付けたようなスタイルの雪橇。秋田では「押す橇」なのに対して「引く橇」であるのが興味深い。橇の場合、押す方が効率的だと思うが、同じ雪国でも“所変われば品変わる”である。

_________

関連記事

あきたくらぶ(ひみつ基地内タグ検索)

二〇世紀ひみつ基地 雪道には馬橇が走り

二〇世紀ひみつ基地 川反五丁目雪景

二〇世紀ひみつ基地 皇室御用達の宿・アキタニューグランドホテル

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皇室御用達の宿・アキタニューグランドホテル

20070923201916.gif
1965 書籍広告

秋田市における皇族のご宿泊先といえば、長町(中通り五丁目)の「アキタニューグランドホテル」が定番だった。このホテルは昭和36年(1961)の秋田国体に両陛下をお迎えするために、各界の要望で老舗料亭「あきたくらぶ」の敷地内に建てられた、秋田県内初の鉄筋コンクリート仕様の近代的ホテルだった。

20070923201906.gif
1981 書籍広告

かつては一般庶民の近づきがたいオーラを放つ高級ホテルであり、そこに宿泊することがステータスとなった「アキタニューグランドホテル」であったが、やがて経営不振がつづくようになり、平成15年(2003)、「あきたくらぶ」とともに倒産。

20070923201855.jpg
2004.04 閉鎖されたホテル

左の五階建て部分が創業時からのもので、手前が露天駐車場になる前は、レストラン「グリル・アキタクラブ」があった。

20070923201841.jpg
2004.08 旧館解体中

平成17年(2005)、「アキタニューグランドホテル」および「あきたくらぶ」跡地に、ルートインジャパン経営の「ホテル グランティア」と、温浴施設「華の湯」がオープンする。

十一階建てのニューグランドホテル新館は改装して新ホテルに活用された。ここは終戦後、進駐軍のための慰安所が置かれた場所でもある。


大きな地図で見る
旧「あきたくらぶ」旧「アキタニューグランドホテル」周辺

_________

関連記事

今は幻の「殻堀橋」
幻の仁別川の流れを辿る

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 22:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻の仁別川の流れを辿る

佐竹氏転封以前、仁別川(旧旭川)の流れは、神明山(千秋公園台地)の西裾をすれすれに流れていた。手形鉄橋付近を起点とし、通町橋から五丁目橋までは直進する現在の旭川の一部は、堀替えによる人工の運河ということになる。

久保田城築城と同時に着工し、約十六年の歳月を要したといわれる、初代藩主佐竹義宣による旭川堀替の大工事は、仁別川の流れを堀替えて西方に移して現在の河道とし、川を境に西側を町人の町(外町・トマチ)、東側を侍の町(内町・ウチマチ)とした。

堀替で出た大量の土砂で、運河の東側(土手長町)に土手を築き防禦とし、東側に残った古川を整備して、久保田城を取り囲む外堀とした。堀替でできた運河もまた、土手を備えた外堀であった。

20051015160114.gif
仁別川(旧旭川)想像図

左端の手形鉄橋付近から、川反五丁目橋(横町橋)までのピンクでマーキングしたラインが、かつての仁別川(旧旭川)のおおよその流れ。「中島」という地名は、古川と新川の間にはさまれた「中ノ島」が由来。

20051015160059.gif
久保田城(千秋公園)西側・明治元年

水色が仁別川の流れを改修して造られた思われる堀。

20051015160034.jpg
穴門の堀・北端から南を望む

左に和洋高校、左手には古川堀反通り、正面に木内デパートとキャッスルホテルが並ぶ広小路。この堀が一ヶ所だけ今に残された仁別川の跡。

20050825230804.jpg
千秋公園外堀・明治末 クリックで拡大
古き仁別川を利用して造られた外堀

左手の堀が上の画像の「穴門の堀」、左寄りの土橋のあたりから左手を向き撮影している。その土橋から右手の堀は戦前から戦後にかけて埋立てられた。

20051015160003.jpg
上長町(古川町)・木内デパートの小路

仁別川の流れは広小路を横断して、木内デパートのあたりを南下していたため、古くは木内デパート西側から南に延びる通りに沿った町を古川町と呼んだ。

20051015155951.jpg
中央通り側から中長町、下長町(古川町)を望む

周辺はかつては中級武士の町、明治以降は開業医が多い静かな住宅街だったが、今ではマンションとホテルが立ち並ぶ町になった。

穴門の堀から古川町を南下した仁別川は、「旧あきたくらぶ」の敷地を通って五丁目橋付近に至り、現在の旭川に流れていたと推定される。

藩政期、「旧あきたくらぶ」の場所には藩営の米蔵があり、蔵の北側をとりまく堀は旭川に通じていた。この堀を「殻堀(からほり)」と称し、米は仙北方面から雄物川を舟で運ばれ、旭川に入り、殻堀の米蔵に荷を下ろした。この「殻堀」も仁別川を利用して造られたものとされている。

20051015155853.gif
水路・明治元年

赤色が藩営の米蔵があった場所。その北側(左)が殻堀(仁別川の名残)。
水色でマーキングした南北に延びる細い水路は、河道の切替え後、古川の一部を排水溝として残したものらしい。

20051015155810.jpg
「旧あきたくらぶ」日本庭園の池 明治期

旧ニューグランドホテルの方向から、川反方面(西側)を眺めている。
この大きな池こそが、藩営の米蔵の北側にあった殻堀の跡、つまり仁別川の名残だ。

20051015155741.gif
「旧あきたくらぶ」周辺地図 明治末期

大ざっぱな地図だが当時の池の大きさが想像できる。

この大きな池はニューグランドホテル建築の際に大幅に埋立てられ、わずかにその面影を残していたが、「あきたくらぶ」と「ニューグランドホイル」の倒産にともない、完全に消え、跡地はルートインジャパン経営のホテルと、温浴施設「華の湯」が建っている。

20051015155635.jpg
「旧あきたくらぶ」仁別川・名残の池

倒産して数ヶ月後の撮影、荒れ果てた庭園は、かつて名園と謳われた面影もない。

関連記事
今は幻の「殻堀橋」
公園外濠ノ景・風景を読む

| 秋田市今昔 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今は幻の「殻堀橋」

20050618150955.jpg
「長町通り」大正始めころ

「長町通り」とは、川反五丁目橋から通町橋まで、旭川の東を通る土手長町通りのこと。左手には外町と内町を隔てる土手が旭川沿いに連なり、木橋の欄干には「からほり橋」「明治四二年八月・・」の文字が記されている。

撮影地点は、有楽町から五丁目橋を左手に見て、土手長町通りを北に少し進んだ「旧あきたくらぶ」のあたり。ここに橋があったなんて、今となっては信じられない。

藩政期、後の「あきたくらぶ」の地には藩営の米蔵があり、蔵の北側をとりまく堀は旭川に通じていた。この堀を「殻堀(からほり)」という。米は仙北方面から雄物川を舟で運ばれ、旭川に入り、殻堀の米蔵に荷を下ろした。その当時、土手長町は殻堀と土手で切断され、直進することができなかった。

明治四十二年(1879)、堀の両側から土をもって橋を掛けたのが「殻堀橋」。堀の水はしだいに枯れ、大正のころは小さなドブ川になっていたという。昭和七年(1932)、コンクリート橋に掛け替えられるが、戦中には堀を埋立て「殻堀橋」は撤去される。

20050618151024.gif
「からほり橋」周辺
左図・明治元年(黒い太線は土手) 右図・大正期

五丁目橋(横町橋)と四丁目橋に挟まれた赤くマーキングした地点が「殻堀橋」、黄色が「藩の米蔵」があった場所。明治元年の殻堀には小さな橋が架かっている。藩の米蔵を囲んでいた殻堀は、「あきたくらぶ」の日本庭園の池として生き残ったが、戦後、ニューグランドホテルを建てるために大幅に縮小されてしまう。

20050618151009.jpg
部分拡大

左手の土手は初代藩主佐竹義宣が、久保田城下町づくりの時、築いたもので、松と桜が植えられ、北は中島から南は亀ノ丁西土手町(有楽町)まで延々と続いていたが、戦中戦後に削られ、現在のように旭川べりまで道が広げられた。

右手のきれいに刈り込まれたイチョウの木は、ニューグランドホテルの場所にあった、医師で書家の赤星藍城(らんじょう・安政四~昭和十二年)家のもので、藍城は、その書斎を「十声楼」と名付けている。その由来は、「殻堀橋」をカラコロと渡る下駄の音、「あきたくらぶ」の弦歌、旭川に櫓を漕ぐ音、つるべ井戸の音など、十種類の音がこの家に聞こえたためという。なんとも風情のある命名で、ほとんど騒音しか聞こえない現代とは隔世の感がある。

20050618151614.jpg
現在の同地点

「あきたくらぶ」と「ニューグランドホテル」は倒産し、跡地にはルートインジャパン経営のホテルと、温浴施設「華の湯」が本年五月オープン。かつての堀川の名残であった池を配して、名園と謳われた「くらぶ」の庭園や、長い土塀は取り壊され、すっかり景色が変わってしまった。


大きな地図で見る
殻堀橋跡

| 秋田市今昔 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |