fc2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

ブログ内検索(トップページ固定)

| 未分類 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

井戸のある町内会館・秋田市下米町二丁目

下米町二丁目町内会館
▲下米町二丁目 2019.06

秋田市大町二丁目、旧町名でいうと秋田市下米町二丁目に、ちょっと風変わりな町内会館がある。

下米町二丁目町内会館

間口が狭く奥行きが深い敷地に建てられた、会館前の空き地のど真ん中に、通行をさえぎるように、コンクリート製で円筒形の物体が地上に突出している。

コンクリートに小さく開いた穴から中を覗くと、水がたまっているのが見える。どうやら封じられた井戸のようだ。

旧秋田市内の平地は飲料水に適した地下水が少なく、明治末に水道が引かれるまで、大町周辺では旭川の河川水を飲料水にしていた。この井戸はもっぱら洗濯などの生活用水に利用されたものだろう。旭川の飲料水については下記関連記事を参照のこと。

それにしても、いちじるしく通行の邪魔になる物体で、例えば竿燈の打ち上げが終わった夜間など、これにつまずいた経験がある人も少なからず存在するのではないだろうか。

下米町二丁目町内会館

町内会館に掲げられた看板に刻まれた館名は「下米二安藤公民館」と、これもまた異質。

それでは、井戸跡と館名の謎を探るため、場所の記憶を紐解いてみよう。

当町内会館が開かれたのは、昭和48(1973)年末。神社を兼ねた近隣の町内会館と比較すると歴史が浅い。

館名の「下米二安藤公民館」に名が残るように、この地は元々、安藤家の敷地で、今に残されている封印された井戸は、同家の坪庭に存在したものであった。

その家に住んでいた安藤サダさんが、昭和48(1973)年春に81歳で逝去。

一人息子を戦争で亡くし、30年近く一人暮しだった安藤さんの葬儀に遠方から訪れた親戚が、長いあいだ故人を支え、世話になった町内に、土地・建物の寄贈を申し出る。

江戸中期から竿燈に参加している米町四町(上米町一丁目・上米町二丁目、下米町一丁目・下米町二丁目)のうち、神社があるのは上米町二丁目と下米町一丁目。

秋田市米町

それらの神社は町内会館(集会所)を兼ね、夏は町紋入りの竿燈提灯が飾られ、町内の竿燈会事務所となるが、神社が無い下米町二丁目の場合、主に町内会長宅を工面して集会所としていたため、土地の寄贈は渡りに船だった。

しかし、不動産の贈与となるとそう簡単には物事が進まない。秋田市の中心地で、170平方メートルの敷地となれば、それなりの高額な贈与税が発生する。

そこで考えられたのは、相続権者が一旦相続した土地を秋田市に寄贈した上で、市が町内会に形式的に貸与するというもの。市有地となると、土地に関わる税金は一切不要となる。

こうして身寄りの無い安藤さんの相続人を探す戸籍追跡調査が始まる。町内の有志が東奔西走、県内外に散らばる相続権者10人を見つけ出し、全員から町内へ寄贈する件について快諾を得た。

建設のための寄付金を募り、町内の職人たちが手弁当で参加して、昭和48(1973)年末、8畳3間 40人収容の町内会館が竣工。

相続権者たちが寄贈する条件のひとつに「安藤家の表示を永久に残すこと」とあったことから、館名を「下米二安藤公民館」と命名。

さて、気になるのは井戸のこと。

まず前提として、水神が宿るといわれる井戸を粗末にすると障りがあるとされ、井戸をを封じたり埋め戻すときは、 “水神上げ”という神事(お祓い)を執り行う慣例がある。

井戸を埋め戻さず、封じたまま残した理由は不明だが、この地に安藤家が存在したことを記憶し、後世に伝えるモニュメント(記念碑)として、あえて残したのではないだろうか。

「下米二安藤公民館」の入口に、教育委員会が設置した「旧下米町」の文化財標柱が建てられている。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田市大町「フェニックスビル」のひみつ

秋田市大町五丁目の飲食店ビル「フェニックスビル」をGoogleマップの3Dモードで鳥観すると、屋上が大きく傾斜しているのが目に留まる。ビル後方の不自然な傾きは一体何のためだろうか。

フェニックスビル
▲Google マップ 3Dモード

実はこの建物、昔は年間を通してスキーの練習が出来る、人工雪による室内スキー場であった。・・・・・・というホラ話はさておき、そのひみつを探るため、ビルが建てられた1970年代初頭までタイムトリップしてみよう。

▼1973「フェニックススポーツガーデン」オープン

フェニックススポーツガーデン
▲「フェニックス スポーツガーデン」外観パース(完成イメージ図)

現在と違ってファサードがガラス張りだ。

1973(昭和48)年2月1日、ゴルフ専門のスポーツクラブ「フェニックス スポーツガーデン」オープン。

フェニックススポーツガーデン
▲1973(昭和48)年 新聞広告

フェニックススポーツガーデン

1 F
PARKING SAUNA

●駐車場
くるまでおいでになっても安心!
●サウナ
北欧を思わせる木目バリのサウナ、ジュータンを敷きつめユッタリとしたインテリアのレストルームにあなたの健康とくつろぎをお約束します。

2F
ALL SEASON GOLF
SALON PHOENIX
SHOPPING

●コンピュターゴルフ(3打席)
コンピュターが一瞬にポールの速度、方向、飛距離を計算、自動的にフィルムを前進にさせます。パッティング、アプローチ・コーナーとの組み合せで実戦さながらの臨場感が満喫できます。
●パッティング・アプローチ・コーナー
18ヤードのグリーン、バンカーショット、アプローチ、パターの練習はダウン・ハンディには不可欠です。
●サロン・フェニックス
香りの高いコーヒー・そしてあなたをリラックスさせる洋酒。
軽やかに流れる音に耳をかたむけながら、ゆっくりした気分をお楽しみください。
●ショッピング・コーナー
えりすぐったスポーツ・ゴルフ用品。
他店にみられない輸入雑貨の数々。

3F
INDOOR GOLF
SPECIAL TRAINING

●インドアゴルフ練習場(6打席)
冷暖房完備の40ヤード打放し練習場です。
シーズンオフがありません。ダウンハンディにはインドアでの打込みが必要です。
●特訓コーナー
フォームづくりには特訓コーナーで数多く打ちこんで下さい。

会員制入会金
個人10万円 法人20万円
サウナ 会員300円 一般500円
コンピュータゴルフ 会員700円 一般1000円

冒頭画像の「フェニックスビル」の屋根に見られる傾斜は、かつて最上階に存在した、40ヤード・インドアゴルフ練習場、いわゆる“打ちっ放し練習場”の傾斜であった。

スクリーンに投影された実写のゴルフコースに向かってプレイするコンピュータゴルフ場は、大町三丁目の「協働社ビル」(現・協働ビル) 内で、すでに営業していたが、駐車場・サウナ・サロンを併設した総合施設は県内初であった。

市内10数社の企業が出資し、事業費1億5千万円で、株式会社「フェニックス スポーツガーデン」を設立。

「秋田商工会議所」第14代会頭・松本修二氏が代表取締役に就任。取締役の顔ぶれ(企業名)を少しばかり上げると「辻兵」「金萬」「山二」「新政酒造」「那波商店」「船木雄蔵商店」など。

ゴルフブームとスポーツクラブブームの波に乗って、華々しくオープンした「フェニックス スポーツガーデン」であったが、開業した1973(昭和48)年の第1次オイルショックの発生と,それにつづく低経済成長がレジャー産業にも影を落とし、客足が遠のいた同社は数年後に解散。フェニックス(不死鳥)とネーミングされたスポーツクラブは短命に終わった。

「フェニックス スポーツガーデン」発足から間もない1973(昭和48)年7月、秋田市山王五丁目に「東洋ゴルフガーデン」オープン。

「フェニックス スポーツガーデン」と同様に、コンピューターゴルフ・レストラン・サウナ・駐車場を併設(“打ちっ放し練習場”は無し)した4階建ての「東洋ゴルフガーデン」は、約2億円を投資して建設した当施設の経営不振が原因で、市内を中心にレストランとレジャー関連事業を展開していた「東洋グループ」が破産。

「東洋ゴルフガーデン」については以下の関連記事リンク先に画像を掲載しているので参照されたい。

フェニックスビル
▲フェニックスビル 2014.11

「フェニックス スポーツガーデン」廃業後、3階建てビルを4階建て飲食店ビルに大改造し「フェニックスビル」と名を改めて再オープン。

その後、外光を採り入れていたファサードのガラス張り部分が壁面で覆われて今に到る。

看板類がやけにチープで、建設当時とは随分と外観が変わってしまったが、冒頭のGoogle マップ画像のように、上空から鳥瞰すると往時の面影が残っている。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェニックスビル前・福音モニュメント・定点観察

川反通りの裏通り、水商売の飲食店ビルが多い秋田市大町五丁目の「フェニックスビル」の前に、今(2021)から10数年前まで、とても印象的な造形のモニュメントが設置されていた。

フェニックスビル
▲2007.05

フェニックスビル

フェニックスビル

赤御影石造りの中央に配置された椅子状の褐色石を、大きな両手で包み込むような造形のモニュメントの前に置かれた石碑には、新約聖書・マタイの福音書11章28節の意訳文が刻まれ、当時のビルオーナーとおぼしき署名に続き「God bless(神のご加護を)2001」と結ばれていた。 

バーやキャバレーも、生活に疲れた人たちに安らぎを与える場であり、そこで働く人たちは、ある意味で神聖なる職業と言えなくもない。モニュメントの設置者が膨大な聖書の中からこの一節を選んだのも、ビルに入居する店が安らげる癒やしの場になれば、という思いがあったのだろう。

中央の椅子に座ってみたいが人目が気になるな、などと思っているうちに、オーナーが変更されたのか、2013(平成25)年頃、モニュメントはすっかりと撤去されて、その跡地には自販機が置かれていた。

フェニックスビル
▲2013.04

フェニックスビル
▲2013.12

2013(平成25)年、モニュメント跡に新設された小屋に、居酒屋「陣鳥」オープン。屋台風の店ではテイクアウトの焼鳥・タコ焼きが販売され、アルコール類のほか、ラーメン、カレーなどが提供されている。

フェニックスビル
▲2017.03

フェニックスビル
▲2017.08

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT