二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

1971 秋田にGパンの「アメリカ屋」オープン

70年代秋田のジーンズ・ブーム(1)

1960年代終盤から始まったジーンズ・ブームの波が地方都市まで到達した70年代初頭、秋田にもジーンズ専門店が続々と誕生。その先陣を切ったのが「アメリカ屋」であった。

ヤングにモテモテ「Gパン」
手軽でカッコよい

専門店もグンと増加

ジーンズブーム

若者の遊び着としておなじみのジーパンが、県内でも大流行している。「とにかく売れて。売れて」というわけで、秋田市を中心に「ジーンズ・専門店」の看板をかかげる店や「Gパン・コーナー」を設ける店が急増、業者にとってはまさにヤングさまさま。業者らによれば全国的にジーンズの第二次ブーム、本県ではワンテンポ遅れ第一次ブームの到来だという。

ジーパン流行の最初は昭和三十八年。米軍放出の中古品が、若者の間で爆発的な人気を呼び、全国に流行した。ただし、品数が限られていたほか「秋田の若者には合わなかったらしく」(業者)本県ではあまり流行しなかったとか。

しかしここ一、二年の間に再びブームが到来、県内の若者の間でもジーンズ愛好者がふえたという。二年前に専門店を開いた秋田市の“老舗”によると「最初はたいして売れなかったが、昨年夏からめちゃくちゃに売れ出した。テレビドラマやCMに登場する若者の服装や、ヤング向け週刊誌の“あおりたて”のおかげですかね」

昨年からGパン・コーナーを設けた同市のデパートも「毎日平均四十本は売れますし、ヤング向けの主力商品となりました。高校生なら一人三本は確実に持ってますよ。多い人なら七、八本はあるでしょう。第一高くても三千円どまり。手軽に買えるし長持ちはするし・・・・・・」という。

こうしたブームにあやかってか昨年暮れから秋田、大曲、大館、能代、鹿角など県内各市で続々、ジーンズ専門店が店開き。秋田市ではここ半年の間に専門店、専門コーナー合わせて十一もの“ジーパン業”が誕生した。

特に専門店となると名の通った十種類近いメーカー品のほかジャンパー、チョッキ、ベルトの三つぞろい。同じ生地(デニム)を使った帽子、バック、ブックカバー、ライターケース、サイフ、貯金箱のはてまで“完備”。ジーパンも「二歳半の幼児から身長二メートル、体重二百キロの巨人用・カラーも十種類まで取りそろえてある。

店主のAさん(二七)によると急増の秘密は「安いし、資本がいらない。背広など普通の衣料品より利幅は少ないが、若い人相手なので売り掛けもない。職人さえ置いとけばその場で手直ししてすぐにはいて帰れるし・・・・・・、とにかく確実に売れますからねえ。これ以上店が増えるとちょっと心配です」

‥‥後略‥‥

昭和48(1973)年8月11日付『秋田魁新報』より

記事にある「二年前に専門店を開いた秋田市の“老舗”」とは、中通四丁目にかつて存在した「アメリカ屋」のこと。

「アメリカ屋」といえば仙台に本社を置き、東北・北海道に展開するジーンズ・ショップを連想するだろうが、70年代はまだ、その「アメリカ屋」は「斎藤商店」(1950年創業) の名で営業しており、秋田に創業した「アメリカ屋」とは直接的な関係はないと思う。

ちなみに、台東区上野のアメ横でジーンズやアメカジを取り扱う「アメリカ屋」の創業は昭和27(1952)年。当初は米軍放出の中古ジーンズなどを販売していた。

「Gパン」という日本独自の呼称については、進駐軍兵士が普段着にジーンズを着用していたことから、米兵の俗称である「GI」から「GIパンツ」と呼ばれるようになり、それが転じて「Gパン」となったといわれ、また「ジーニング・パンツ」の略という説もある。


昭和46(1971)年9月、「秋田予備校」に近い秋田市中通四丁目(旧・中谷地町)に、ジーンズ専門店「アメリカ屋」開業。

アメリカ屋
↑ 昭和46(1971)年11月 新聞広告

冬物半額セール
Gパンお買いあげの方に
3千円のポスター贈る

アメリカ屋

若者の合言葉をご存じですか。街角での会話はすべて「アメリカ屋」のジーンズファッションのことです。

それはなぜか・・・ジーンズに関するすべてがそろっているからです。

だからこそオシャレは「アメリカ屋」のジーンズから始まるのです。

ほんの一例を紹介してみます。まずアンアン、ノンノンなどですでに紹介されている。サロペット、ダンガリーシャツ、それにバギーパンツ、カラフルな春着など、また今年の流行品ブリーチ(脱色)ジャンパー、パンツも豊富に取りそろえてお待ちいたしております。サイズも子供用は三歳から、大人用はウエスト一メートル八十センチまでどんな種類もあります。

さて「アメリカ屋」本店(秋田市中通四丁目、読売ホール裏)を初め秋田市手形入口に新設した駅前店、大館市日敷前の大館店、大曲市消防署前の大曲店では十二日から十七日までGパンのすべてを値上げ前の旧価格で販売することにしました。これは日ごろみなさまのご愛顧に感謝して「アメリカ屋」が特別奉仕するものです。若者のみなさん、ぜひこの機会を見逃さず、友だちをおさそい合わせのうえご来店ください。きっとご満足いただけることと思います。また、「アメリカ屋」ではGパン一本お買いあげの方に三千円の大型ポスターを差し上げます。

‥‥中略‥‥

ところで「アメリカ屋」各店では丈詰めなど三分間で手直しできるよう三台の電機工業ミシンがフル回転してサービスしています。したがってお買いあげと同時にはいて帰れるし、また、修理も二年間無料であるのも魅力の一つとなっています。

値段は旧価で、品質は高級舶来品。さあ、君もあなたも、キングサイズの人も、先ず、「アメリカ屋」のGパンをはいて街を歩きましょう。

昭和49(1974)年2月12日付『秋田魁新報』広告記事より

ジーンズ専門店の特徴は品揃えの豊富さと、買って数分後に裾上げができ、その場で履いて帰ることもできたところ。

広告記事のように「アメリカ屋」本店では、三台のミシンを駆使して迅速な対応をしていて、忙しいときはまだ若い店主も「昔取った杵柄」とか言いながらミシンをかけていた。

洋服店やデパートでズボンの裾上げを依頼すると、数時間後はまだしも、数日間も待たされることも珍しくはなかった時代、ジーンズ専門店のサービスは画期的なものであった。

アメリカ屋
↑ 昭和48(1973)年1月 新聞広告

アメリカ屋
↑ 昭和49(1974)12月 新聞広告

アメリカ屋

「アメリカ屋」のシンボル・イラストを、当時のクラフト紙袋風に再現。

旧時代のジーンズを象徴するカウボーイと、新世代のヤング・カルチャーを象徴するヒッピーが、時代を超えて肩をならべて唄っている。

ヒッピーのズボンは当時流行のベルボトム。膝から裾にかけてフレアするシルエットがベル(鐘)の形状に似ることから命名された。

Hippie
↑ Isle of Wight Festival 1969

1969(昭和44)年、野外ロックフェス「ワイト島音楽祭」で撮影されたヒッピーのカップル。

イングランド南岸・ワイト島に開催されたフェスには、ボブ・ディラン、バンド、リッチー・ヘヴンス、トム・パクストン等が出演、3日間で15万人の観客を集めた。

70年代に放映された、ジーンズの老舗 Levi’s のサイケデリックなテレビCM。

昭和51(1976)年の「アメリカ屋」店舗をあげると、秋田市内に中通本店、駅前店、有楽町店のほか、大曲店、大館店、本荘店の計6店。

秋田のジーンズ・ブームのパイオニアであった「アメリカ屋」が店を畳んだのは、80年代後半のことと思われる。

アメリカ屋後
「アメリカ屋」跡

かつて「アメリカ屋」が存在した場所は「歩兵十七連隊」の西端に位置し、その東隣に「歩兵十七第連隊跡」の碑、北向かいの児童公園(佐竹家臣・大和田祥胤家跡)には国学者「平田篤胤誕生地の碑」がある。

70年代「アメリカ屋」と「秋田予備校」のあいだで「おばこ食堂」が営業していた。


「アメリカ屋」跡

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 21:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雁々渡れ鍵になって渡れ

雁の渡り

秋も中旬の高い空に真雁の群がV字型の編隊を組んで、どこか憂えをおびた鳴き声とともに姿を見せると、子どもらは空を見上げて「雁々渡れ」と声を張り上げた。

雁々渡れ
大きな雁はさきに
小さな雁はあとに
仲よく渡れ

上掲の楽曲は明治時代に『小学唱歌』に採用されたもの。

小学唱歌・雁
↑ 伊沢修二 編『小学唱歌』第一巻(明治25年)より

文部官僚で近代日本における音楽教育の第一人者・伊沢修二が、古来のわらべ歌を改作し学校教育用の唱歌とした。道理できれいにまとまりすぎて、自然発生的に生まれたわらべ歌の野趣が感じられないわけだ。

左下の欄には以下のような注意書きがある。

(注意)雁ノ事ニ就キ、種々ノ問答ヲナシ、雁ハ、空ヲ翔ケル時モ、列ヲ正クシテ、亂レズ、ヨク長幼ノ序ヲ過ラヌモノト云フコトニ説キ及ボシ、兄姉ハ、弟妹ヲ愛シ、弟妹ハ、兄姉ヲ敬シ、互ニ睦シクスベク、又學校友ダチノ中ニテモ、長幼愛敬ノ道ヲ盡スベキコトヲ諭シ、此唱歌ヲ教フベシ。
教育ニ関スル勅語ニモ、「兄弟ニ友ニ」トアリ。友愛ノ、忽ニス可ラザルコトヲ知ルベシ。

伊沢修二 編『小学唱歌』第一巻(明治25年)より

『小学唱歌』では、雁々(かり かり)と訓読で唄っているが、雁々(がん がん)と唄う地方もあり、秋田では後者であった。

雁を題材にした同類のわらべ歌の一節を挙げると

竿になってわたれ 鍵になって渡れ

がん がん 棹になれ 鍵になれ

がん がん はしごに なあれ

雁々弥三郎 帯になって見せろ 襷になって見せろ(常陸)

への字になれ くの字になれ

このように雁の群がつくる隊列の面白さを表現したものが多い。

「竿・棹」は直線「鍵」は土蔵の扉などに使われるL字型の「和鍵」のこと。「帯」も直線「襷」は「たすき掛け」つまり「斜め十文字」の形。

秋田県内では次ぎのように唄われていた。

雁々(がんがん)
棹なれ 鍵なれ 奥山越えれ(仙北郡)

がんがん
棹なれ 鍵なれ(全県)

雁(がん)雁 小雁
先(さあき)の女郎 中(なあか)の姫御
後の屁ぴり雁 追(ぼ)出せ追(ぼ)出せ
鍵になれ竿になれ なあれ なあれ(由利郡)

雁雁(がんがん)
先(さきい)は女郎 中子は船子
あとになった屁すり雁
竿なれ鍵なれ
がちゃもちゃ なあれ(鹿角郡)

『東北の童謡』(日本放送出版協会 昭12年)より

鹿角の「がちゃもちゃ なあれ」は「めちゃくちゃになれ」という意味。「竿なれ鍵なれ」と唄いながらも、最後は「配列を乱してめちゃくちゃになってしまえ」と締めているのが面白い。

由利と鹿角はどちらも「女郎」を序列の先頭に置くが「女郎」を辞書で引くと

じょう‐ろ【女郎】
(1)若い女。また広く、女性をいう。浮世風呂(2)「―のお子はとかく爺親(てておや)の可愛がるものさ」
(2)遊女。世間胸算用(2)「―ぐるひ」

じょ‐ろう【女郎】
(1)身分のある女性。好色一代男(4)「さる御所方の御―様達」
(2)若い女。また、広く女性をいう。「京―」
(3)傾城(けいせい)。遊女。

め‐ろう【女郎】
(野郎(やろう)からの類推で作られた語)
(1)女の子。少女。雑談集(3)「女房の―具して西へ行きしを」
(2)女を卑しめていう語。浄瑠璃、心中天の網島「―、下にけつからう」
広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

とさまざまな意味がある。

由利に「中(なあか)の姫御」とあるので、「身分のある女性。好色一代男(4)「さる御所方の御―様達」とも解釈できるが、わらべ歌は語呂合せなどの無意味な言葉遊びも多いので、歌詞を考察すること自体がナンセンスだったりする。

自分たちが子どもの頃に唄っていたのは

雁々(がんがん)渡れ
棹なって渡れ
鍵なって渡れ

というような、古いわらべ歌と明治の唱歌がまざった歌詞だったと記憶している。

| 散歩写真・路上観察 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朽ちる青壁・室外機のある風景01

レトロ室外機
▲2003.03 川反 消失物件

秋田市川反、今はなき「祇園街」にて

60年代末から70年代にかけて設置されたと思われるクーラー用室外機。樹脂製波板の雨除けがある。

当時はまだ冷房機能だけのルームクーラーで、家庭への普及率はまだ2~5%ほど。暑い日はクーラーのある喫茶店が繁盛した。

| 散歩写真・路上観察 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駅前定点観察・変形建築「緑屋ビル」近隣

▼秋田駅前定点観察 2004-2017

今回は記事が長くなったのであらかじめ概要を説明すると、まず前半は、秋田駅前「緑屋ピル」現在の正式名称「エスポワール緑屋」の西側、広小路に面した「ゼンオンビル」旧「美光堂」の、2004年から2017年にかけて、13年間の変化を定点観察。そして後半で「緑屋ピル」と近隣の、昭和から平成まで50年間をふり返る。

秋田駅前
▲2004.02

秋田駅前「緑屋ビル」一階右手にコンビニ「サンクス」が入居。その右隣に“カメラが安い”のキャッチコピーが見える「美光堂」は、すでに廃業してシャッターを下ろしたまま。

「美光堂」の左隣「緑屋ビル」の凹んだ壁面に張り付くように、小さな店を構える「キャッスルベーカリー」は、広小路「キヤッスルホテル」の焼きたてパンとエスプレッソコーヒーを販売する人気店。

秋田駅前
▲2004.03

カメラの「美光堂」右隣、居酒屋「屋々 YA-YA」が入る「ゼンオンビル」はもともと、レコード・楽器・楽譜を取り扱う「ゼンオン秋田営業所」があったビル。60年代末から70年代にかけて足しげく通った。

70年代末頃、仲小路「角繁ビル」一階に、支店「ミュージックスポット・ゼンオン」を開設。

秋田駅前
▲2004.04

カメラの「美光堂」が取り壊されて、ビルの谷間にポッカリと空間が出現。要塞めいた壁面を露出する「緑屋ビル」一階の「サンクス」はすでに閉店している。

美光堂
▲1973(昭和48)年7月 新聞広告

中央通りにも支店を置いた「美光堂」の現像所が、秋田市泉金ノ町の経営者宅地内にあって、そこで短期間バイトしたことがある。

広告のカメラは当時の人気機種「アサヒペンタックスSP」。今は手元にないが、自分がいちばん初めに手に入れた忘れがたき一眼レフ機。

秋田駅前
▲2004.10

「美光堂」跡地に新築された「コセキビル」にレストランなどが入る。

秋田駅前
▲2006.10

「ゼンオンビル」のテナントは「屋々 YA-YA」に代わって「東洋新食堂」。

秋田駅前
▲2009.11

「コセキビル」のテナントが一新。一階にドリームリンク経営の「炭火串焼き 助六」。二階のカフェ「Kissaten」は、2009年5月末まで秋田市保戸野通町で営業していた「てぃー・たいむはオブジェのように」が名を改めて復活した店。

「キャッスルベーカリー」が店舗と共に消失。現在(2017.08)後継店「キャッスルベーカリー 城東店」が秋田市広面字宮田の特別養護老人ホーム構内で営業している。

秋田駅前
▲2017.08

そしてこちらが最新の画像。

二台の自販機が並ぶ「キャッスルベーカリー」跡地。

「炭火串焼き 助六」跡に、ドリームリンク系の「駅前ラーメン すみたに」。「ゼンオンビル」のテナントは「東洋新食堂」に代わって「酒菜の隠れ家 月あかり」。

▼増殖する変形建築「緑屋ビル」

秋田駅前・緑屋ビル
▲Google Earthより

Google Earthで俯瞰すると、上に掲載した二つの飲食ビルが、緑色の「緑屋ビル」に囲まれているのがよく分かる。

「緑屋ビル」の前身「やまじんデパート」そのまた前身の「山甚ビル」も、扇形に近い不定形な敷地に建つ変形建築ではあったが「緑屋信販」が買収後、ビル裏側(西隣)に敷地を広げ、長方形・二階建ての別館(上掲画像右手)を増築。広小路側からもビルに出入りができた別館には、家具・インテリアが展示されていた。

さらにその後「やまじんデパート」時代にビヤガーデンが開かれた屋上に階を重ね、五階建てを七階建て?に増築したのが「MIDORIYA 家具インテリア」の箱文字看板が見える上階の突起部分。

このように増殖を重ねた末、まるで要塞のような変形ビルが完成。駅前再開発事業で金座街跡地にアゴラ広場が完工した前後に現在の外観となり、廃止された広小路側出入口につづく長方形二階建ての別館部分の多くが貸店舗となる。

1991年頃の西側別館のテナントは「アゴラ歯科」「サロンドマキシム」「アメリカンビリヤード」「シンデレラ」。

現在「緑屋ビル」の正式名称を「エスポワール緑屋」というが、ビル名にこの表記が見られるようになるのは1990年前後からで、最初はテナントが入る西側別館だけを「エスポワール緑屋」と称したらしい。


▲Google Earthより via GIPHY

緑屋ビル
▲ 2016.06 アゴラ広場から「緑屋ビル」を望む

 

▼アーケードのある駅前商店街 1979

秋田駅前広小路
▲1980年秋田市発行『秋田 わが街と人と』より

秋田駅前から「電巧堂」「マルサン」「長崎屋」など、今は消えた大型店舗の看板がつらなる昭和の広小路を望む。

秋田駅前広小路

雪の降るなか、ねんねこ(赤ん坊をおんぶする時に着る綿入り袢纏)を着て、買い物袋を提げた母親の姿が時代を感じさせる。「ジャスコ秋田店」(なかよしビル)で買いものをして、これからバスで帰路につくのか、ジャスコ前の横断歩道をバスターミナルへと向かっている。

駅前アーケードに目をうつすと、手前から「美光堂」「ゼンオン」そして「クレジットの緑屋」の看板が見える「緑屋ビル」広小路側出入口。

確認できるその他の看板は、金座街西角の「メンズショップ かめや本店」「VAN ハウス」とつづき、その向こうに、赤地に四つ葉のクローバーを配した「電巧堂」(現デンコードー)の大きな屋上看板。

60年代から70年代にかけて、アイビー・ルックで一世を風靡したファッション・ブランド VANの専門店「VANハウス」は、隣接する洋服店「かめや」が経営。70年代初頭「VANハウス」で奮発して購入した濃紺のダッフルコートは、さすがに品質が良く、永い年月を経て親類の子どもへのお下がり品となった。

1984(昭和59)年3月「緑屋ビル」前のアーケードが積雪の影響により、長さ40メートルにわたって倒壊、通行していた卒業式帰りの高校生4人が下敷きになり、重軽傷を負う惨事が発生。事故からさかのぼること10年ほど前「緑屋ビル」の出入に支障をきたすことを理由に、支柱を切断した行為が倒壊の原因と推定された。

秋田駅前
▲2014.08

上掲写真から34年後の秋田駅前広小路。ねんねこ姿のお母さんが渡っていた横断歩道はスクランブル交差点となった。

秋田駅前
▲2012.06 アゴラ広場前・広小路より

画像右手「秋田チケット」などのテナントが入る部分が、かつての「緑屋ビル」広小路側出入口。

70年代後半に「緑屋ビル」が西側に別館を増築する前、広小路に面したこの場所に、女優・浅利香津代の生家「浅利旅館兼食堂」があった。旅館を廃業したあとであったか、晩年は一階部分をSONYの電化製品を主に販売する「ソニーショップ・ミュージックエース駅前店」に貸していた。


▼駅前「緑屋」盛衰・昭和から平成へ

緑屋ビル
▲1972(昭和47)年 新聞広告より

秋田駅前「緑屋」オープン時の新聞広告のイラストに一部彩色。

増設される前の非常にシンプルな外観だが、前身の「やまじんデパート」時代にはなかった屋上看板が新設されている。その看板に見える四つ葉のクローバーをデザインしたロゴマークが「電巧堂」のものに少し似ている。

クレジット販売の「緑屋信販」が南通りから秋田駅前に進出した当時の営業品目をあげると、主力の家具・インテリア・電化製品を中心に、スポーツレジャー用品・ファッション用品・貴金属・カメラ・時計・メガネ・レコード・楽器・住宅設備用品、等々と食料品以外の生活用品を場広く取り揃えていた。

70年代後半、県内8ヶ所に支店を展開、従業員約200人、年商約40億円規模の優良企業に成長をとげるが、あいつぐ県外大手量販店の進出が影響して、次第に事業規模を縮小していく。

1984(昭和59)年、大手量販店に対抗するため、YESブランドの「そうご電器」とフランチャイズ契約を結び、家電部門の業務提携を開始。一階から三階フロアを「緑屋そうご電器」が占め、四階以上を自社の家具コーナーとした。

こうして秋田駅前を舞台に「緑屋そうご電器」と至近距離に先にオープンした「電巧堂」とのあいだに、折り込みチラシを主要武器にした家電戦争が始まり、その流れ弾が個人経営による街の電気屋さんのシェアを奪っていった。

1989(平成1)年「そうご電器」とのフランチャイズ契約更新の交渉が決裂し、同年8月「緑屋そうご電器」を閉店するが、家電売場は継続。「そうご電器」は同年、広小路の「三浦書店」とフランチャイズ契約を結ぶが、そのお話しはいずれまた。

その後、家電と家具の専門店「緑屋」一階に、CD・レコード・ビデオを豊富に揃えた、レンタル・レコードショップ「グリーンパーク」を新設。県内最大規模のレンタル・レコード店だった。

90年代初頭、消防法の改正によりスブリンクラーの設置が義務づけられたことを契機にに、秋田駅前北地区再開発事業を念頭にビルの新築を計画。

地下一階、地上八階建て、地下から三階までをテナント用スペース、四階以上を自社の家具売り場とする計画であったが、バブル崩壊後の不況も影響し、計画は立ち消えとなる。

緑屋ビル
▲1990年頃

カラフルにライティングされた「緑屋」の壁面に、広告文を記した懸垂幕が確認できる。

右手の袖看板は「家具&電器」その下が「レンタルショップ グリーンパーク」。階上レンタルスペースのネオンは「富士通」と「TDK」。

緑屋ビル
▲2004.12

時代は飛んで2004年。未使用スペースが多くを占める「緑屋ビル」。カラフルに駅前を彩っていた照明も消えて久しい。

2003年、市内の広告代理店「アクティブイエロー」が、壁面に「アクティブビジョン」と称した大型屋外ビジョンを設置、音声付きの広告を流し始め、7年間ほど運営したあとに廃止。

緑屋ビル
▲2014.09

アサヒビールの看板に覆われて隠れていた増築部分壁面の「緑屋」ネオンサインが久々に顔を見せた。

秋田駅前に五階建ての「やまじんビル」(やまじんデパート)がオープンして約50年、経営が傾いたそのビルを買収した「緑屋信販」が駅前に進出して45年。

未使用スペースが大半を占めるなか、2017年8月現在、ビル内で「緑屋」が経営するのは、ゲームコーナーのあるリサイクルショップ 「グリーンライフ」と、ビリヤード・雀卓・卓球台が並ぶ「遊間専科アソヴェ」。店内改装のため「グリーンライフ」が2017年9月中旬から一時休業とのこと。

テナントの飲食店は「まぐろ居酒屋さかなや道場」「秋田きりたんぽ屋」「柚柚」など。

2017年5月、ビル内で最もにぎわっていた「アニメイト秋田店」が「フォンテAKITA」(旧・イトーヨーカドー秋田店)地階に移転。

支店については、90年代なかば、四ツ小屋にオープンした郊外型大型家具店「緑屋」南店が2010年頃に店をたたみ、大仙市花館に唯一残っていた支店・家具の「緑屋」大曲店の前を、2年ほど前に通過したときは閉店セールの最中であった。

「山甚ビル」「やまじんデパート」「緑屋信販」のことはまた日を改めて。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT