fc2ブログ

二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

1984 秋田駅前「エスポワール緑屋」オープン

緑屋ビル
▲2020.05

2020(令和2)年2月、秋田駅前「緑屋ビル」の土地・建物が「緑屋」創業家の手を離れ、東京の不動産・建設業「ベストウェイ」に売却された。

1968(昭和43)年「やまじんビル」としてオープン、1972(昭和47)年に家具・家電月賦販売の「緑屋」へと売却され、その後、裏側へ上階へと増殖を重ねた変形建築「緑屋ビル」と周辺の変遷については、下記関連記事を参照のこと。

さて、今回の話題は「緑屋ビル」の増築部分に誕生した「エスポワール緑屋」について。

エスポワール緑屋
▲「緑屋ビル」と手前に「金萬駐車場」左に「アゴラ広場」

エスポワール緑屋

緑色にペインティングされた「緑屋ビル」の裏手(西側)長屋状の建物が増築部分。当初は家具類が所狭しと陳列され、広小路側にも出入口があって、正面出入口へと通り抜けることができた。

1983(昭和58)年、増築部分の西側に軒を連ねていた、1948(昭和23)年からつづく商店街「金座街」が解体され、その跡地に1984(昭和59)年4月、買物広場(アゴラ広場)とバス停広場が竣工する。上掲画像、碁盤目状レンガ色部分がアゴラ広場。

アゴラ広場のオープンに合わせて「緑屋ビル」増築部分を改築してテナントを募り、1984(昭和59)年6月24日、ファッションコミュニティ「エスポワール緑屋」としてリニューアルオープン。エスポワールはフランス語で“希望・期待”を意味する。

エスポワール緑屋
▲新聞広告

エスポワール緑屋
▲新聞広告

ファッションコミュニティ「エスポワール緑屋」
本日朝10時、衝撃的にオープン

きょう、あなたはスポーツですか?
それとも・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
エスポワールでお会いしますか。

インショップでお買い上げに、ジロー特製手づくりフランスパンをプレゼント。

ごあいさつ
オープンを断念せざるを得ないような、何度かの危機に直面しましたが、大勢の皆様の励ましの言葉を頼りに開店にこぎつけました。本当にありがとうございました。難産の子は育つ・・・・・・を信じて、数年後にやってくるより大きな北地区開発へ向けて、今日から再びスタートを切ります。よろしくご声援下さい。
緑屋株式会社 代表取締役社長・小松完治

「緑屋ビル」の増築部分は秋田駅前中央地区再開発区域との境界にあって、目隠しになっていた金座街の木造建築が解体されると、薄汚いトタン張りの壁面が現れる。そのままでは景観を損ね、せっかくの再開発も台無し。

「緑屋」増築部分のリニューアルに際して、再開発組合から「緑屋」に対して、それなりの助成金が支払われてしかるべき事案ではあるが、上掲の挨拶文にある「エスポワール緑屋」の “オープンを断念せざるを得ないような、何度かの危機” とは、再開発組合と「緑屋」との、リニューアルにまつわるいざこざが要因だったのかも知れない。

同じく挨拶文に “数年後にやってくるより大きな北地区開発へ向けて、今日から再びスタートを切ります” とあるように、「緑屋ビル」を解体し、単独で地下1階、地上8階建てビルを新築する予定だったが計画は頓挫。同じくビル建設を計画していた、隣接する金萬グループの土地(現・金萬駐車場)とともに、秋田駅前北地区再開発計画はストップしてしまう。

エスポワール緑屋
▲「エスポワール緑屋」テナント

70〜80年代の不良少年・少女が憧れた、ドクロマークでおなじみ、原宿発の50'sファッション・ブランド「クリームソーダ」が入居している。

クリームソーダ

“原宿を創った男” と称される「クリームソーダ」創始者の山崎眞行(1945〜2013)は、原宿ストリートカルチャー創世記の中心人物。原宿キャットストリートに建造したビル・ピンクドラゴンは若年層を中心に、修学旅行の中・高生らでにぎわい、1日で1千万円を売り上げたという。

昭和56(1981)年「クリームソーダ」のスタッフで結成されたロカビリーバンド・ブラック・キャッツがメジャーデビュー。デビュー後も変わらず店員として働いていたため、メンバーに会うことを目的に、各地からファンが集まった。

1985(昭和60)年に出版された山崎氏のサクセスストーリー『原宿ゴールドラッシュ』(森永博志著) を原作とした東映映画『ゴールドラッシュ』が、大友康平の主演で1990(平成2)年に公開された。

下記関連リンク先のYouTubeで、全盛期の店内などの映像が視聴できるので、興味のある方はどうぞ。


ファッションコミュニティというキャッチフレーズの通り、初期は洋服店が占めていたが長続きせず、のちにカルチャー系や飲食店など、さまざまな業種が入居。

  • 「エスポワール緑屋」オープン以降に入居したテナントの一部
  • 1984(昭和59)年12月 中古レコード・輸入レコード「ジェームス」(2F)
  • 1988(昭和63)年8月 ビリヤード「マンハッタンクラブ」駅前店 (2F)
  • 1991(平成3)年頃「アゴラ歯科」「サロンドマキシム」「アメリカンビリヤード」「シンデレラ」
  • 1997年以降
  • 駅前留学「NOVA」
  • Hip-hop ware & Street ware「M・T・J」
  • 「秋田チケット」
  • Cafe&Bar「Popcorn」
  • フリー麻雀「ロンロン」
  • 炭火串焼 「げんき屋」

エスポワール緑屋
▲2013.06

エスポワール緑屋
▲2022.02

エスポワール緑屋
▲2014.10

小さな階段の向こう、少し高くなっているスペースが「緑屋ビル」の増築部分、つまりかつての「エスポワール緑屋」。突き当たりの階段を上ると、撮影時点、ビリヤード台・全自動雀卓・卓球台がある「遊間専科アソヴェ」(緑屋直営) があったが売却後に封鎖。上掲画像に写るリサイクルショップ「グリーンライフ」は現在(2022年)も営業している。

エスポワール緑屋
▲2004.03 「エスポワール緑屋」広小路側

広小路側に金座街と隣接して、かつて存在した「浅利旅館・浅利食堂」の跡地に「緑屋ビル」が増築され、さらに改築後「エスポワール緑屋」に。東隣には「ゼンオンビル」「美光堂」と並ぶ。

上掲画像撮影時点で、のちに「秋田チケット」が入るスペースに、駅前留学「NOVA」の看板。その左隣の看板は、Hip-hop ware & Street ware「M・T・J」。

エスポワール緑屋
▲2012.06

エスポワール緑屋
▲2012.09

エスポワール緑屋
▲2014.11

上掲画像、看板が見える「フリー麻雀ロンロン 」は、2015(平成27)年、新国道沿いの泉南一丁目に移転。

エスポワール緑屋
▲2016.06

エスポワール緑屋
▲2021.04 右端に2階に続く出入口 現在は閉鎖

エスポワール緑屋
▲2021.07

エスポワール緑屋
▲2020.02

エスポワール緑屋
▲2020.10

エスポワール緑屋
▲2020.10

エスポワール緑屋
▲2022.05

2021(令和3)年9月、上掲画像右手、金券の老舗「秋田チケット」駅前店が閉店、駅裏のアルヴェ店に統合。

「緑屋ビル」増築部分に「エスポワール緑屋」がオープンして40年弱。現在(2022)は数店の飲食店のみとなった。

ちなみに「緑屋ビル」本体部分のテナントは以下の通り
1F リサイクルショップ「グリーンガーデン」「秋田きりたんぽ屋」「さかなや道場」(河辺ドライブイン 秋田駅前店併設) 
2F 個室居酒屋「秋田の蔵」×「肉バル SHINGETSU
3F 「カラオケ まねきねこ 」秋田駅前店

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駅前パーラー「パルルやちよ」昭和喫茶残影

▼パーラー「パルルやちよ」閉店の日

2020(令和2)年6月「フォンテAKITA」7階、かつてのレストラン街に唯一残っていた飲食店「パルルやちよ」が店を閉じた。

「フォンテAKITA」とは「イトーヨーカドー」秋田店を核テナントとして、1980(昭和55)年11月にオープンした「秋田ショッピングセンター」の新名称。

さよなら「パルルやちよ」フォンテ7階、閉店惜しみ行列

 秋田市中通のフォンテAKITA7階の喫茶店「パルルやちよ」が25日、閉店した。1980年のイトーヨーカドー秋田店(当時)開店時から多くの市民に親しまれた。閉店前の数日は知らせを聞いた客が訪れ、開店直後から列ができることもあった。

 パルルやちよでは、パフェが人気を集めたほか、ハヤシライスなどの洋食を提供。かつて7階はレストランなどが集まっていたが、近年は徐々に店舗がなくなり、唯一の飲食店となっていた。

 店の前には閉店数日前からお知らせが掲示され、経営者の健康上の理由で店を閉めることが記されていた。1970年から2013年まで近くで経営していた姉妹店「喫茶やちよ」を含め、「50年間ありがとう」とのメッセージが添えられていた。

 閉店の知らせを聞いた人々が連日訪れ、開店直後には店の前に列ができる日もあった。会員制交流サイト(SNS)では「名店が姿を消す」「さみしい」「パフェおいしかったな」といった投稿が相次ぎ、閉店を惜しんだ。

‥‥後略‥‥

2020年6月27日 さきがけonTheWeb より 

閉店日の夕刻、早めに営業を終えたため、最後の晩餐が叶わず、灯りの消えた店内を眺めて、別れを惜しむ人たちを見かけた。

パルルやちよ
▲2020.06 閉店の日

パルルやちよ
▲2020.06 閉店の日

パルルやちよ
▲2020.06

閉店のお知らせ

50年間一緒にいてくれてありがとう!

いつもバルルやちよをご利用いただき
ありがとうございます。

まことに勝手ながら
6月25日(木)をもちまして閉店することになりました。

日々皆様より頂く温かいお言葉に励まされ、
50年という長い間続けて参りましたが、
この度、健康上の理由により、
フライパンを置くことにしました。

皆様にはオープン以来のご愛顧、
心より感謝するとともに御礼申し上げます。

パルルやちよ

 

▼ヤミ市から始まった歴史と二つの支店

「パルルやちよ」のルーツは終戦後の秋田駅前に自然発生したヤミ市にある。

初代経営者の住吉さんは、戦後混乱期のヤミ市から始まった飲食店が“千代に八千代に”末永く繁栄するようにと「八千代」と命名。

戦後の復興が進み、秋田駅前に商店街が形成されると「八千代」は末広町に店を構える。

ニッカバーやちよ
▲1958(昭和33)年

昭和30年頃から「ニッカウヰスキー」のフランチャイズチェーンに加入、ニッカバーとなる。

寿屋(現・サントリー)のトリスバーおよびサントリーバーを手始めに、昭和30年代には「ニッカウヰスキー」のニッカバー、「三楽オーシャン」(現・メルシャン) のオーシャンバー、等々、各洋酒メーカーが競い合って、各地に自社製品の販促を兼ねた系列バーを展開。

安価なハイボールを主力商品とする、庶民的な洋酒メーカー系列バーの軒数は、昭和30年代のピーク時には全国に35,000軒ほど存在したといわれる。

やがてバー「ヤチヨ」は閉店、その店名を残すことを条件に、二代目の経営者に引き継がれ喫茶店に。

さらにその喫茶「やちよ」を引き継いだのが、のちに「パルルやちよ」の女性オーナー・シェフとなる藤田さん。

1970(昭和45)年、秋田駅前・青木ビル2階に支店「コーヒーの店 やちよ」をオープン。同店は御主人がマスターを務め、のちに「やちよ本店」を名乗る。詳細は文末の関連記事リンク先に。

やちよ本店
▲2013.06 やちよ本店

パルルやちよ
▲1983(昭和58)年

オープン当初の一番人気商品は自家製レアチーズケーキ。

パルルやちよ
▲マッチラベル 80年代

バブル経済期の初めにあたる1986(昭和61)年6月。秋田市広面の大学病院通りに3店目のチェーン店、カジュアル・レストラン「Yachiyo’s」オープン。

広面やちよ
▲1986(昭和61)年

今、風向きがかわった。地中海の風、白い館・・・

広面大学病院通りに
CASUAL RESTAURANT
Yachiyo’s
本日6月28日OPEN

ごあいさつ
初夏の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
‥‥中略‥‥
ファッショナブルな白い館、シンプルでおちついた店内、アイデアをもり込んだメニューアイテム、洒落たカクテル、優れ者のスタッフが皆様との出逢いを、心からお待ちいたしております。
昭和61(1986)年6月

閉店時期不明、今は建物も存在しない。

▼glad to see you「ぱるるやちよ」

パルルやちよ
▲glad to see you(あなたに会えてよかった)やちよ

パルルやちよ
▲2010.12

パルルやちよ
▲2013.06

パルルやちよ
▲2017.09

パルルやちよ
▲2019.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06 女性オーナーの店らしい可憐な店頭ディスプレー

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.06

パルルやちよ
▲2020.07

パルルやちよ
▲2020.07

パルルやちよ
▲2020.07

パルルやちよ
▲2020.07 店内に電話ボックス

パルルやちよ
▲2020.09

パルルやちよ
▲2020.09

パルルやちよ
▲2020.09

パルルやちよ
▲2020.09

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イトーヨーカドー秋田店「7Fレストラン街」今昔

今回はイトーヨーカドーを核テナントとして、1980(昭和55)年11月に誕生した「秋田ショッピングセンター」(現・フォンテAKITA) 7階フロアの初期と昨今の比較を。

秋田ヨーカドー
▲1984年

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー 

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー

秋田ヨーカドー7F
▲1980年 エスカレーター付近 右手に「福鳥」の看板

秋田ヨーカドー7F
▲1980年 フリースペース 左手にテレフォンコーナー

ヨーカドーレストラン街

  1. イタリアンレストラン トリトン(駅前食堂)
  2. そば処 関所(たけや製パン販売所)
  3. ジンギスカン てむじん(ASCテナント)
  4. 鳥料理 福鳥(店名継承)
  5. 割烹 旭川(スナック 虹)
  6. 太鼓寿司(食堂 滝の屋)
  7. カレーショップかまくら(店名継承)
  8. ベルネージュ すずむら(ASCテナント)
  9. ファミレス ファミール(ヨーカドー系)
  10. とんかつ一番(店名継承)
  11. 佐藤歯科(ASCテナント)
  12. 洋食 クラム(浅利商店)
  13. 中国レストラン ほうらい軒(中華料理 豊来軒)
  14. うなぎ・鍋料理 六兵衛(おもちゃのポパイ)
  15. しゃぶしゃぶ すき焼 天ぷら 煌(おもちゃのポパイ)
  16. パルルやちよ(喫茶やちよ)
  • 上掲店名リスト中、赤文字が以前から当地で商売をしていた地権者、括弧内の記述は旧駅前商店街時代の店名
  • 「ASC」は「秋田ショッピングセンター」の略

過去記事で書いたように、当地の一角にかつて存在した銀座街で「たけや製パン」創業。その小さな店はやがて「たけや製パン」の売店となり「秋田ショッピングセンター」が完成するとレストラン街で「そば処 関所」と地階にベーカリー「レアルたけや」を開業する。

「たけや製パン」の二代目社屋兼工場があったのは、創業の地・銀座街から西側に徒歩3分ほどの場所(現・ニュー金座街ビル)。秋田駅裏の楢山館ノ越に社屋兼工場が移転すると、その跡地に同社がレストラン「ニューたけや」をオープンする。

しゃぶしゃぶ すき焼 天ぷら「煌」(あかり) は、上掲広告のコピーに「ゴージャストなムード」とあるように内装に力を入れ、店内に11トンの大理石を使った総大理石の豪勢なトイレがあって、ちょっとした話題になった。

レストラン クラム
▲80年代・洋食「クラム」マッチラベル裏面

秋田駅前で「浅利旅館」「浅利食堂」「浅利バナナ問屋」(浅利商店) などをやっていた浅利家が経営した、洋食屋「クラム」は「ダイエー秋田店」(秋田ニューシティ) 5階のレストラン街にも同名のレストランを出店。川反方面でクラブや割烹も展開した。割烹「旭川」も「秋田ニューシティ」5階に入居している。

秋田駅前・末広町にあったのが中華料理の名店「豊来軒」。特に麻婆豆腐が絶品だったが、7Fレストラン街に「ほうらい軒」と名を変えて入居したあとは敷居が高くなり、ほんの数回しか入店しなかった。

1991(平成3)年3月「ほうらい軒」の調理場から出火し、約1時間後に鎮火。換気口から吹き出した煙が7階フロアに充満し、買い物客約1500人、従業員約400人がビル外に避難、あたりは一時騒然となる。

7階フロア以外になるが、銀座街末広町との角地にあった伝説的な駅前食堂「まんぷく食堂」(井川商事) は「秋田ショッピングセンター 」地階のフードコートでカレー&そば・うどんの「まんぷく」を営業後、一旦廃業するが、のちに御子息が秋田駅前の中通四丁目13-15に新店舗を建て「まんぷく食堂」を復活、2000(平成12)年閉店する。

駅前商店街から「秋田ショッピングセンター」までの変遷、レストラン「ニューたけや」のことなどは文末の関連リンク先を参照のこと。

フォンテ秋田7F
▲2010.02 ファミール・芝のらーめん屋さん

「イトーヨーカドー」100%出資のファミレス「ファミール」の隣、初期は「ベルネージュ すずむら」があった隣接店舗に、90年代初頭、株式会社「ファミール」が「芝のらーめん屋さん」を出店。両店は調理場を挟んでつながっていた。

2019(平成31)年5月、全国の「ファミール」と「「芝のらーめん屋さん」全店舗が閉店。

フォンテ秋田7F
▲2010.02 ファミール

フォンテ秋田7F
▲2010.02 芝のらーめん屋さん

 2020(令和2)年 6月、7階フロアに唯一残っていたパーラー「パルルやちよ」が閉店したことで飲食店が消滅、約40年におよぶレストラン街としての歴史に幕を下ろす。

フォンテ秋田7F
▲2010.12 パルルやちよ

「パルルやちよ」については長くなるのでまた後日に。

フォンテ秋田

現在の各テナントについては文末のリンク先を参照のこと。

フォンテ秋田7F
▲2022.02 正面にファミール跡

フォンテ秋田7F
▲2020.11 インターフェイス

フォンテ秋田7F
▲2022.02 エスカレーター付近 右手にインターフェイス

フォンテ秋田7F
▲2022.03 秋田カルチャースクール

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駅前「CURRY SHOP かまくら」秋田初のカレー専門店

カレーショップかまくら

「イトーヨーカドー」秋田店(現・フォンテAKITA)7階レストラン街にかつて存在した、カレーショップ「かまくら」のマッチ箱。

80年代のものと思われ、ラベルの状態は良好だが、湿気でマッチ棒の頭薬がボロボロになっている。

カレーショップかまくら

ラベルの表面・側面・裏面をつなげると、こんなデザインに。

カレーショップかまくら

CURRY SHOP かまくら

秋田駅前イトーヨーカ堂7F
AM10時〜PM9時30分 定休日 火曜日

昭和44年からカレー一筋という『かまくら』。秋田駅前にまだヨーカ堂もミスタードーナツ店もなかった時代から多くの人々に親しまれてきたカレー屋さんである。当時はカレー一杯が150円。手軽に食べられて栄養満点!というコトで店には学生など若者が一杯。「おいしければそれだけでやっていける。だからカレーだけのメニューで昔からがんばっています。」とはご主人の信太さんの弁。開店当時からの常連さんも数多いとのことだ。

味の秘密は約8種類のスパイスを用いたルゥー。そのルゥーをじっくり寝かせ特製のスープでのばしたこのカレーの調理法は20年来、がんこに貫き通されている。お米の質がいいのもこの店の特徴。

時代の流れで店内の雰囲気もずい分お洒落に変身したが、ここは秋田カレーの発祥の場といえる。

月刊『あきたタウン情報』1988年3月号より

入ってすぐ右手のカウンター席奥の調理場に立つお二人の姿がなつかしい。

秋田駅の真正面、南角地にあった老舗米穀店「信太米店」(現・信太駅前米店) の裏手、中央通りに面した場所に、1969(昭和44)年、同米店の親族である信太氏が経営するカレーショップ「かまくら」がオープンする。おそらくこれが秋田初のカレー専門店だろう。

カレー150円という創業当時の値段は、1969(昭和44)年の並ラーメンが80円ほどなので、特に安いわけではないが、記事にあるように主に若者が集まる人気店で、身内が米屋だけあってご飯がうまかった。

カレーショップ「かまくら」が創業した秋田駅前南地区商店街の跡地に「イトーヨーカドー」秋田店を核テナントとする「秋田ショッピングセンター」(現・フォンテAKITA) がオープンすると、同店は、7階のレストラン街に地権者として入居。

カレーショップかまくら

CURRY SHOP かまくら

開店以来継ぎ足している
コクのあるルーが自慢のお店

昭和44年に開店してから約33年目という、カレー店の草分け的存在。このお店の「ドライカレー」は、ご飯と一緒に炒めるのではなく、ご飯の上に乗せるという独特のもの。ニンジンやタマネギなどの野菜や挽き肉などを加えたカレーのルーを、水分が飛ぶほど長い時間炒めているので、野菜の甘みが際だっている。

開店以来継ぎ足し続けているカレールーは、仕込んだ後さらにスープを加えて伸ばすという2段階の製法。そのため、コクのある旨みが実感できるのだ。「チキン骨付きカレー」は、箸で崩れるぐらい煮込んでいるチキンが印象的。いずれもセットメニューで、サラダとコーヒー、コーラなどのドリンクが付く。

月刊『あきたタウン情報』1998年8月号より

この時代、もっぱら食べたのがサラダとコーラがセットになったドライカレー。トッピングされたドライレーズンがアクセントとなった味わい深いドライカレーとコーラの相性が抜群だった。

カレーショップかまくら
▲2004.01

ショーウインドウに「都合により午後三時で閉店・・・」の貼り紙があるが、御主人が体調を崩されたとかで、このあとまもなく店を閉じてしまう。

かつては15店ほどの飲食店が入居していた7階のレストラン街も、2020年6月、同フロアに唯一残っていたパーラー「パルルやちよ」が閉店したことで飲食店が消滅、約40年におよぶレストラン街としての歴史に幕を下ろす。

秋田駅前南地区商店街から「秋田ショッピングセンター」までの変遷、「パルルやちよ」の姉妹店「喫茶やちよ本店」のことなどは下記関連記事に。

「パルルやちよ」や、7階のレストラン街の今昔についてはまた日を改めて。

| 昭和・平成ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT