二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

氷水屋と銭湯と・消える昭和

季節外れな話題だが、秋田市内で営業していた昔ながらの氷水屋が、この数年間に次々と店を閉じた。その主な理由は経営者の高齢化と後継者の不在。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

夏期以外は大判焼き・鯛焼きを商う、牛島商店街の「佐々木商店」通称・牛島のババの店。

切妻屋根の町家建築に、かき氷の氷削機および大判焼機による製造工程が外から見える出窓を設けた古典的スタイルの、大正・昭和の風情が色濃く残る店であった。

かき氷
▲「佐々木商店」2004.07 三皇祭の日

かき氷
▲廃業後、三皇祭の日に「岡崎製氷」が店頭を借りて臨時出店 2009.07

内風呂率が低く電気冷蔵庫がまだ贅沢品だった時代、銭湯の近くで営業する氷水屋が多く、風呂上がりにかき氷で涼味を楽しむ客で繁盛した。

牛島商店街の場合、「佐々木商店」から北へ1分ほど歩いた「三皇神社里宮」の近くに「三皇の湯」、さらに3分ほど北へ進み、太平川橋を越えた左手に「牛の湯」があった。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

大町三丁目「すずらん通り」の突き当たりに近い「竹内商店」も、「佐々木商店」と同様に、店頭で製造工程を見せる出窓がある、涼しくなると大判焼・おやきを商う店だったが、この数年間はカーテンを閉ざしたまま。

昭和8年頃の地図にも名がみえる「竹内商店」はもともと菓子屋で、以前は自家製のパンなども売っていた。

「竹内商店」の斜め向かい、柳町の角地にあった銭湯「松の湯」は、古くは「柳の湯」の名で、場所柄、川反の芸者さんが常連客だったという。「松の湯」はのちに「秋田ピカデリー」南側の田中町に移転。

かき氷
▲「竹内商店」2008.08 竿燈祭りの夜

すずらん通り
すずらん通り 2016.11

手前に「竹内商店」、黄色い日除けテントの「美容室イク」、その奥に「土田果物店」。これらの店も廃業して久しい。

「すずらん通り」の突き当たりには、昭和49(1974)年まで映画館「秋田ピカデリー」が存在し、川反方向から延びる「すずらん通り」はかつて、昼夜を通して人通りの多い商店街だったが、近年は古くからの店が次々に店を閉じて、ずいぶん寂しくなった。

「竹内商店」の東隣、今は空き地になっている場所に70年代まであった中華料理「王芳」は、田中町の「松の湯」北隣を経て、秋田県庁の裏側、山王四丁目に移転し、大町五丁目「第二NKビル」入口左側に大町支店をオープン。料理はボリューム満点で安く、セロリを使った炒飯が癖になる味で、水餃子とセットでよく食べたものだが、平成20(2008)年10月頃に閉店。

斉藤もちや
▲斉藤もちや 2005.07

秋田市楢山本町で昭和10(1935)年創業の老舗「斉藤もちや」。今年(2016)の春頃に廃業。

夏期はかき氷を商い、真向かいに秋田市最後の銭湯「星の湯」がある。

かき氷屋跡
▲秋元商店跡 2004.05

ここからは遠い記憶の彼方にある氷水屋。

楢山愛宕下と牛島東の境界を東西に延びる新屋敷(しんやしき)小路にあって、夏はかき氷をやっていた駄菓子屋「秋元商店」。建物の右手にかき氷の製造工程を見せたとおぼしき小窓が残る。

新屋敷小路を東に進むと金照閣踏切、振り向いて西に進み、突き当たりを左折すると、冒頭の「佐々木商店」に到る。

銭湯跡
▲愛宕湯跡 2004.05

「秋元商店」の西隣のアパートは「愛宕湯」跡。所在地名は牛島だが隣町である愛宕下の「愛宕」を冠した銭湯は、70年代後半頃に廃業。子どもの頃に通っていたなつかしい銭湯だ。

黒澤家住宅
▲「黒澤家住宅」長屋門・東根小屋町(中通三丁目)

金照寺山・一つ森公園に移築された上級武家屋敷「黒澤家住宅」が、「たまご公園」の南側、東根小屋町(現・中通三丁目)にあった時代、長屋門形式の表門の両側に店舗を増築して貸していたが、左手の駄菓子屋のような店が氷水屋をやっていた記憶がある。画像右手は「佐々木表具所」。

至近距離にあった銭湯は「黒澤家住宅」から中通小学校方向に向かい、十字路を右折した池永小路の「鶴の湯」。徒歩1分の距離。

「黒澤家住宅」跡地には今、11階建てのマンション「パークハイツ中通」が建っている。

旧黒澤家住宅(旧所在 秋田県秋田市中通三丁目) 表門 文化遺産オンライン

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1973 川反に「天ぷらそば自販機」登場

麺類自販機

今年(2016)の早春、秋田市土崎港「うどん・そば自販機」設置店「船舶食料商・佐原商店」の廃業から、「道の駅あきた港 セリオンリスタ」への自販機移設・復活までのいきさつを、超ローカルネタにも関わらず、テレビ・新聞からネットニュースまで、多くのメディアが伝えていた。

今回の過剰な報道に到るきっかけとなったのが、昨年(2015)3月、NHK総合で放送された『ドキュメント72時間 秋田・真冬の自販機の前で』。ときおり吹雪の舞う厳冬期「佐原商店」の麺類自販機を利用する人々に密着取材した番組の放送後、県内外から物好きな客が集まり、一時は行列をつくる異常事態に、常連は気軽に利用しづらくなるという、マスメディアの取材後にありがちな光景も展開された。それまでは地元でも知る人ぞ知る、静かなレトロ自販機スポットであったのに。

レトロ自販機

メディアに踊らされ、はるばると訪れた人たちは、ドキュメンタリーに描写された"自販機と人を結ぶ物語"を、追体験するために足を運んだのだろう。しかし、いくら味に定評があるといっても、結局はたかが「うどん・そば」。同様な麺類自販機は現在(2016)全国で80台ほど稼働しているのに、わざわざ遠方から来て行列に並ぶ客の気が知れない。

ただし、永いあいだ通っていた馴染み客にとって、テーブルと椅子がある野外で、24時間いつでも100円玉2枚で、温かい「うどん・そば」「ハンバーグ」が味わえたその場所は、時々の記憶に満ちた、かけがえのない場所。学校帰りに腹を空かせて立ち寄った、かつての学生たちにとっては、郷愁をおぼえるなつかしい風景であった。

麺類自販機がなにかと話題となっているこの機会に、それが秋田に登場した1970年代初頭を回顧するとともに、現役の自販機のことなども記してみたい。


▼麺類自販機のパイオニア「川鉄」

昭和47(1972)年11月、鉄鋼メーカー「川崎製鉄」(現・JFEスチール) が世界初の「めん類自動調理販売機」を発売。当初は販売する計画はなく、自社工場の夜間作業員に温かい食事を提供する目的で開発された。

めん類の自動販売機

麺類自販機

コインを入れれば短時間で温かいきつねうどんやてんぷらそばが飛び出してくる新しい自動販売機を大手鉄鋼メーカーの川崎製鉄(本社・神戸市)が開発、販売に乗り出した。

このめん類自動調理販売機=写真=は人手で調理するのと同様に、なまのめんを湯通しした後、味付け調理まで自動的に行うもので、出来上がるまで二十七秒というスピードクック。

川崎製鉄では同社の工場で夜間作業員の厚生のため、この販売機の開発を進めていたが、好評なので一般向けに販売を始めることになった。価格は一台百五万円。

昭和47(1972)年10月11日『秋田魁新報』より

 

昭和48(1973)年、秋田にも麺類自販機が登場。

麺類自販機

めん類自動調理販売機

27秒で出来あがり

人手いらず、操作は簡単

庄内クボタ

めん類自動調理販売機をご存知ですか・・・・・・。

庄内クボタではみなさまに生めんの自然の味を、一流店に負けないおいしさで提供したい一心で、このページにご紹介も兼ねて初登場したものです。

めん類自動調理販売機とは・・・お値段は約百二十万円。‥‥中略‥‥一回で八十食を収納でき、わずか二十七秒で出来あがります。きつねうどん、そば、天ぷらうどん、ラーメンなどが一食百二十円で販売できます。容器はポリプロピレン製を使用しています。

この自動販売機は衛生的な貯蔵と調理、二十四時間フル営業ができ、まったく人手がいらないことや簡単に設置が出来るのが特徴です。あなたもサイドビジネスで販売機を購入してみませんか。きっとご満足いただける売上げができると思います。

庄内クボタでは販売店・・・消費者のみなさまのことを考え、自動販売機の普及に務めているものです。

ところで、話題を集めてさっそうと登場したこの販売機がどのような場所に設置されているか、また売上げがどの程度か簡単にご紹介します。

駅周辺、国道沿線、釣り堀、ドライブイン、夜勤職場、ガソリンスタンドなどいたる所に設置されています。ほんの一例ですが山形県天童温泉の釣り堀センターでは一日四百食も販売され驚異的な売上げとなっています。また、秋田県では秋田市はもちろん、大館市、能代市、仁賀保町の会社や専門のそば店が閉店後の店頭に設置しています。とにかく操作は簡単、人出は不要、二十四時間すべて販売機が働いてくれます。

‥‥後略‥‥

写真・大館市常盤木町にお目見えしためん類自動調理販売機

麺類自販機

昭和48(1973)年12月7日 新聞広告

山形県酒田市で主にクボタ農機を販売する「庄内クボタ」と、「鎌田の酒まんじゅう」でおなじみ、秋田市の「○〆(マルシメ)鎌田」が代理店となって県内に販路を拡大。ほどなくして街のあちこちで、山吹色の塗装もまぶしい、その筐体が目に付くようになる。

麺類自販機
▲昭和49(1974)年2月 新聞広告

「マルシメ鎌田」は当時、旭北栄町、當福寺裏手の本社で、日産二万食規模の製麺工場を操業。自社製の麺類を使った飲食店・飲食コーナーを、秋田駅前「鎌田会館」「秋田ステーションデパート」「秋田プラザ」(現・秋田キャッスルホテル) などに展開していた。

マルシメ鎌田
▲昭和45(1970)年8月 新聞広告

麺類自販機の販売が、自社製麺の納入先の開拓に直結するのだから、「マルシメ鎌田」にとってはそれは、うってつけな製品であった。

麺類自販機
写真=右・由利生活協同組合象潟店で
写真=左・象潟町の秋田ビックストン工業の社員食堂で
▲昭和49(1974)年1月16日・新聞広告

秋田市大町三丁目(旧・田中町)西法寺向かい(現在は駐車場)に秋田事業所を開設した「庄内クボタ」は、 事業所前に自販機を設置、道行く人にその利便性と味をアピールした。

麺類自販機

写真=右・好評中の秋田事業所前の自動販売機
写真=左・ 各職場に続々登場の自動販売機
▲昭和49(1974)年2月12日 新聞広告

発売を前にした昭和47(1972)年の新聞記事では「一台105万円」。昭和49(1974)年1月までは「約120万円」と表記されていた自販機の価格が、昭和49(1974)年「2月15日まで140万7千円ですが、16日からは145万5千円になります」と、短期間に大幅に値上げされている。

ちなみに昭和49(1974)年の公務員の初任給(基本給)は72,800円。

 

▼秋田市第1号機は川反五丁目に設置

麺類自販機

◇大繁盛「無人の店」
天ぷらソバ自動販売機◇

酒、タバコ、キッブ、と自動販売機ばやりだが、大町5丁目の川反通りに天ぷらソバの自動販売機が登場した。市内第1号だという。

120円を入れると下からポリ容器に入ったできたての天ぷらソバがでてくるもので、機械内部に濃縮タレ、90度の熱湯、50食のめん、天ぷらがセットされており、現金を入れるとそれぞれ自動的に作動して「一丁あがり」。

お値段は120万円。買ったラーメン屋のオヤジさんによると「うまくできてるもんです。人出はいらぬし、24時間営業できる。これまでここで最高24時間に138食出た」名付けて「無人の店」だって。

昭和49(1974)年1月21日『秋田魁新報』より

日除けテントに「無人の店」の文字、右手の暖簾に草書体で「喜」の文字(「七十七」をピラミッド状に重ねたような)が確認できる。その食堂の名は「喜楽」。納豆ラーメンが名物の「喜楽」は現在、楢山川口境、「東部ガス」向かいに移転している。

歓楽街・川反のこと、酔客が〆の一杯に、24時間営業のコンビニなどまだない深夜、水商売の人らも仕事帰りに利用したものだろう。

かけそば一杯170円から200円ほどの時代なので、自販機天ぷらそば一杯120円に、そんなに割安感は無い。現在の相場は200円から300円。

秋田市川反五丁目
▲川反五丁目「喜楽」跡 2016.09

五丁目角のパティオビル1階、焼肉「まいど」の南隣に「喜楽」が入居していた。

喜楽 (羽後牛島/ラーメン)

 

▼現役の川鉄自販機・富士電自販機

「川鉄」の麺類自販機は、昭和47(1972)年の発売から約8年間で製造を終了。書籍『日本懐かし自販機大全』によれば、現在の稼働数は約10台。

かつては日本全国の駅や空港、PA、ドライブインなどに設置されていたが、現在はほとんど姿を消し、絶滅危惧種となっている。

現在、日本全国で稼働中の川鉄めん類自販機は、民間工場の厚生設備用のものを含めてわずか10台ほど。

製造期間:昭和47年11月~昭和55年
販売台数:約9,000台

魚谷祐介 著『日本懐かし自販機大全』辰巳出版 第7刷より

山形県天童市「ドライブイン アメヤ」に「庄内クボタ」が納入したと思われる「川鉄」製の天ぷらそば自販機がある。これが東日本で唯一の「川鉄」麺類自販機というが、設置から40余年を経た昨年(2015)修理不可能な故障のため稼働停止、今はモニュメントとして店内に保存されている。

京都府舞鶴市の「ドライブインダルマ」(1971年創業)では、3台の「川鉄」麺類自販機が稼働中。種類はラーメン、天ぷらうどん、きつねうどん。なかでもラーメンが一番人気とか。



▲聖地ドライブインダルマ 川鉄ラーメン自販機大解剖!

店内には、星崎電機製のハンバーガー自販機、日清カップヌードル自販機、レトロ・アーケードゲーム、ジュークボックスなど、昭和の産業遺産をとりそろえて、レトロ自販機マニアの聖地の一つとなっている。

「道の駅あきた港 セリオンリスタ」に移転した「うどん・そば自販機」の製造元である大手電器メーカー「富士電機」が、「全自動調整式2セレクション・生めん類自動販売機」を発売したのは昭和50(1975)年秋。一台で「うどん・そば」「うどん・ラーメン」と、二種類のメニューを販売できる利点をセールスポイントに、発売開始から約20年間にわたり製造されたロングセラー製品で現存数も比較的に多い。

現在、日本全国で稼働中の富士電機めん類自販機は約70台。

製造期間:昭和50年~平成7年
販売台数:約3,000台

魚谷祐介 著『日本懐かし自販機大全』辰巳出版 第7刷より


日本懐かし自販機大全

麺類自販機
▲在りし日の土崎港「佐原商店」前・麺類自販機(富士電機製) 2011.07

潮風と雨雪にさらされてボロポロになった「佐原商店」の自販機。上掲画像の機械は当店3台目とのことで、撮影から間もなく、現在「セリオンリスタ」にある4台目を中古で調達。

それでは1台目がいつ頃導入されたかを、ニュース記事から抜粋してみると・・・

71年ごろに設置(さきがけonTheWeb)
71年に自販機を設置(産経ニュース)
73年ごろに設置(Yahoo!ニュース・産経新聞)
73年ごろ設置(河北新報オンライン)

と、内容にばらつきがある。1971(昭和46)年にはまだ麺類自販機は存在せず、冒頭に書いたように、秋田に「川鉄」の麺類自販機が登場したのが1973(昭和48)年であることを考えれば、第1号機は「川鉄」製だった可能性が高い。

既製品を売る一般の自販機とことなり、麺類自販機の場合、設置店が麺・つゆ・具材を各自で調達するため味の格差が生じる。「佐原商店」では、土崎港相染町「金坂製麺所」製のコシがあってのど越しが良い麺と鰹だしのつゆに定評があり、屋外設置のため24時間いつでも利用でき、200円という安さも人気の一因だった。その味は「セリオンリスタ」に受けつがれたが、屋内のため稼働時間は9時から18時(冬期は17時)までに短縮。部品代およびメンテナンス費用がかさむことを理由に、今年(2016)の9月から250円に値上げされた。

その「セリオンリスタ」に隣接する展望タワー「セリオン」の売店で、自販機と同じ麺・スープを使った新製品「お持ち帰り用うどん」を、この(2016)11月から販売するとのこと。

秋田県仙北市の「雲沢観光ドライブイン」の、富士電機製「うどん・ラーメン」自販機は、東北では唯一の生ラーメン自販機。


▲雲沢ドライブインで自販機ラーメンを味わう 秋田県仙北市

 

ラーメン自販機

ゆーさん(@papapapassion)が投稿した写真 -2016 7月 3 3:49午前 PDT

▲雲沢観光ドライブイン うどん・ラーメン自販機

「佐原商店」から「セリオンリスタ」に移設された自販機は、新規稼働を前にして、青森県に輸送しメンテナンスを行っていた。アフターサービス期間が終了して久しい老朽化したレトロ自販機を修理できる業者は少なく、維持費はかさむばかり。稼働率の高い人気店ほど部品の摩耗が激しいため故障も多く、昔のように儲かるものではなくなった。さらには経営者の高齢化を理由に、廃業に到る設置店も少なくはない。近年のブームで、中古自販機を廃業店などから買い集め、レストアして新規開業する例もみられるものの、総じてその数は減少の一途をたどっている。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さようなら「斉藤もちや」氷水と大福餠

斉藤もちや
▲斉藤もちや 2005.07

秋田市楢山本町で昭和10(1935)年創業の老舗「斉藤もちや」が今年(2016)の春頃に廃業。

営業品目は「大福餅・のし餅・お供餅・赤飯」など。夏は氷水屋を兼業、ふんわりときめ細やかなかき氷に、自家製の白玉と餡を添えたものが定番で、真向かいに秋田市内で最後の銭湯となった「星の湯」があるため、内風呂普及率の低かった時代、夏の夜は銭湯帰りの客でにぎわったものだ。

斜め向かいには「生グソ」(生グレープフルーツソフト)で名が知られた、氷水屋「広栄堂」がある。その影響で近年は「斉藤もちや」も、果実・果汁を使用した新感覚かき氷も出していた。

斉藤もちや
▲Googleストリートビューより 2015.08撮影

斉藤もちや
▲Googleストリートビューより 2015.08撮影

斉藤もちや跡
▲斉藤もちや跡 2016.07

「斉藤もちや」があった通りの大堰端から楢山郵便局までの通称を楢山表町(おもてまち)といい、その北側に延びる通りの通称を楢山裏町という。芥川賞作家・石川達三が幼少期を過ごした町だ。

楢山表町(楢山本町)と楢山裏町(旧・楢山本新町)は、どちらも徒士衆(かちしゅう)の住んだ屋敷町。本町を表御徒行町(おもておかちまち)、本新町を裏御徒行町(うらおかちまち)と呼んでいたことから、それを略した「表町・裏町」という通称が後世まで残った。徒士衆は参勤交代の大名行列の先頭を徒歩で警護し、平時は城の警備にあたった下級武士。

「斉藤もちや」の小路を南へ進むと、魔除けの石敢當(いしがんとう)多発ストリート(下記関連リンク参照)にぶつかる。突き当たり西角で営業していた「今野(いまの)製菓」は、もうずいぶん前に廃業。

今野製菓
▲昭和34(1959)年4月 新聞広告
皇太子殿下御成婚記念の集合広告から

「今野製菓」は「斉藤もちや」と同様に大福餅や正月用の「ちん餅」も製造し「今野餅屋」とも呼ばれていた。

楢山界隈の餅屋で唯一残ったのは「斉藤もちや」から500メートルほど北へ離れた、聖霊高校通りに店を構える「鈴為もちや」。名物の乳白色のおやき「ミルク焼」が人気で、若い後継者もいるため廃業の心配は今のところ無い。この店も以前はかき氷をやっていたはず。

斎藤もちや (秋田/和菓子)

斉藤もちや跡

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

街の電気屋・乾電池自販機・昭和レトロ

東芝乾電池自販機
2016.09

秋田市保戸野の電気屋の店頭に設置された「東芝乾電池自動販売機」(芝浦製作所製)。

500円硬貨対応機だが、「500円」の文字はガムテープで隠されている。500円硬貨が登場したのは昭和57(1982)年。それ以降の製造だから、今(2016)から30年ほど前の機械だろう。

かつては東芝ストアーなど、街の電気屋の店頭に多く設置され、休業日や夜間などに電池が切れたとき、便利な存在だったが、24時間営業するコンビニの普及により存在価値を失い、その数は減少の一途をたどり、今では稀少な昭和レトロ物件となった。

東芝乾電池自販機

最近なにかと話題の「うどん・そば自販機」をかつて製造販売していた、大手電器・自販機メーカー「富士電機」が、昭和50(1975)年「乾電池自動販売機」を発売。これが同社が始めて飲料・食品以外の物品自販機分野に進出した製品で、乾電池自販機のルーツらしい。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT