二〇世紀ひみつ基地

●土地の記憶●歴史●民俗●路上観察●広告●音楽●二〇世紀ノスタルジア・・・秋田市を中心に

≫ EDIT

象さんが「木内」でお買い物・昭和27年の春

木内デパート

▲昭和27(1952)年 新聞広告

秋田市広小路の老舗百貨店「木内」(きのうち)が、花見時に出した「さくらまつり」の新聞広告。

品目を見ると「純綿 キャラコ・天竺 特売会」「御徳用 はぎれの市」など、生地類が目につく。

ちょうど婦人の服装の主流が和服から洋服へと移行する時期で、既製服がまだ少なく、品質も良くなかったこの時代、多くの家庭が足踏みミシンを所有していて、とくに婦人・子供服は、主婦によるハンドメードが多かった。

洋裁の内職にも使えるミシンは嫁入り道具としても人気が高く、昭和31(1956)年には全国のミシン普及率が75%に達し、婦人雑誌は毎号、洋服の型紙を掲載、洋裁学校がブームとなる。

当時、秋田でミシンの割賦販売を専門にしていた「緑屋ミシン店」はのちに「緑屋信販」と名を変え、家電・家具なども扱うようになる。そして70年代初頭、経営不振に陥った「やまじんデパート」のビルを買収し秋田駅前に進出、家電・家具に加えて衣料品・スポーツレジャー用品も扱う総合小売店となるが、そのお話しは別の機会に。

広告掲載商品をいくつか抜粋しておく。

新柄ネクタイ1万点即売会

其他のサービス品
ランニングシャツ 100円
純綿敷布 300円
婦人ソックス2足 90円
子供セーター 220円
ビニールハンドバック 300円
本革抱鞄 2,900円
正絹ネクタイ 100円
木内特製石鹸 3カ 50円
純綿割烹着 180円
男物ゆかた地 480円

お菓子の夜間サービス
本日の分
毎夜7時より特別奉仕
◎花林糖100匁 70円
◎松風せんべい 80円
◎甘納豆    80円

松風せんべいとは、表面に白砂糖がまだらにかかった生姜風味の駄菓子のことだろう。

当時の物価の目安をあげると、公務員の初任給7千円、ラーメン一杯が25~30円ほど。

さて、前置きが長くなったが、今回のテーマである「象さんのお買い物」について。

木内デパート

午前中「木内」店頭まで「象さんがお買い物に来ます」とのこと。

折しも千秋公園二ノ丸広場では、観桜会にあわせてサーカス団がテントを張っていて、そのなかの小象が、公演前に中土橋から、まだ交通量の少なかった広小路の車道を通って「木内」店頭まで訪れたという。サーカスの告知と同時に「木内」にも人が集まる一挙両得な宣伝行為であった。

当時はお花見やお祭りにサーカスはつきもので、昭和30年代前後、20団体を超えるサーカス団が存在し、全国津々浦々を巡業していたが、今では小規模な個人経営も含めて約5団体と大幅に減少している。

| 昭和ノスタルヂア・秋田 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幕洗川二区・国芳の大鰐鮫・土崎湊曳山祭り

平成二十九年(2017)七月二十日・二十一日
土崎湊曳山祭り(通称・浴衣祭り、かすべ祭り)
土崎神明社例祭

土崎港曳山まつり

今年の曳山を飾る「人形・つくりもの」のなかで、ひときわ眼を惹いたのが、幕洗川二区の大鰐鮫(おおわにざめ)。

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

見事な造形を見せる大鰐鮫と柘植(つげ)の木、黒木綿にラフに描かれた白波、そのコントラストが夏の強い日差しに映える。

この大鰐鮫のビジュアル面での元ネタは、一勇斎国芳(歌川国芳)が曲亭馬琴の読本『椿説弓張月』(ちんせつゆみはりづき)の一節に着想を得て描いた錦絵『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図』。

Kuniyoshi01
『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図』嘉永5(1852)年
大版三枚続(35.8×74.5cm)

『椿説弓張月』から、大鰐鮫が登場する部分のあらすじを・・・・・・

源為朝(みなもとのためとも)が平家討伐のため京へ向かう途中、海上で暴風雨に遭い、為朝の嫡子・舜天丸(すてまる)と、忠臣・八町礫紀平治(はっちょうつぶてのきへいじ)をむ乗せた船は遠くに流されてしまう。

為朝の船が転覆の危機をむかえ、その妻・白縫姫(しらぬいひめ)は、荒れ狂う海を鎮めようと、故事にならい入水するも暴雨風はおさまらず、同船の部下たちは全滅。天命を覚悟し自決を図ろうとしたそのとき、天より讃岐院(崇徳上皇)の眷属と称する烏天狗(からすてんぐ)が現われ、船を立て直し為朝を救う。

『椿説弓張月』第三十二回

忠魂鰐に憑て幼主を救ふ
(ちうこんわににのりうつりてようしゆをすくふ)
神仙気を吹て殃折を甦す
(しんせいきをふいてようせつをいかす)

 そのころ、舜天丸の船も危機を迎えていた。紀平治は舜天丸を守り、高間太郎と磯萩は十余人の郎党を励まして必死で船を立て直そうとするが、船は巌に当たり、砕け散った。荒れ狂う波の上に打ち上げられた主従たちの中で、高間太郎と磯萩は、魂になり主の守護をしようと心中して果てる。
 泳ぎの名人であった紀平治は、舜天丸を抱いたまま、命の限り泳ぎつづける。しかし島も巌も見つからないまま、溺れ死にそうになったとき、大きな沙魚(わにざめ)が現われ、主従を食おうとした。そのとき高間夫婦の魂が大魚の口の中に入り、紀平治と舜天丸を担ぎ上げ、翌朝とある島に送り届けた。‥‥後略‥‥

『椿説弓張月』続編 より

Kuniyoshi02

讃岐院(崇徳上皇)の眷属(けんぞく)烏天狗に救われる為朝。船の廻りに集まる烏天狗の姿が、異界の存在であることを暗示するかのように白抜きに薄墨で描かれている。

Kuniyoshi03

大鰐鮫に助けられ、その背に乗る、舜天丸を抱く紀平治。

土崎港曳山まつり
▲八町礫紀平治と舜天丸

土崎港曳山まつり
▲源為朝と烏天狗

『椿説弓張月』の挿絵は葛飾北斎が描いているが、魚に近い国芳の大鰐鮫に対して、北斎の大鰐鮫は鰐に寄せた姿で表現されて迫力があり、特撮映画に登場する怪獣を思わせる。

Hokusai
▲葛飾北斎画
舜天丸(すてまる)を抱(いだき)て
紀平次(きへいじ)沙魚(わにさめ)に救はる


▲2017年7月20日【土崎港曳山祭り】 幕洗川二区

▼関連記事

▼関連リンク

| 祭り・民俗・歳時記 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成二十九年「土崎湊祭り・御幸曳山」点描

平成二十九年(2017)七月二十一日
土崎湊曳山祭り(通称・浴衣祭り、かすべ祭り)
土崎神明社・例祭
御幸曳山(みゆきやま)

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

▼関連記事

▼関連リンク

| 祭り・民俗・歳時記 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成二十九年「土崎湊祭り・宵祭」点描

平成二十九年(2017)七月二十日
土崎湊曳山祭り(通称・浴衣祭り、かすべ祭り)
土崎神明社・宵祭・郷社参り

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

土崎港曳山まつり

翌日の御幸曳山(みゆきやま) につづく

▼関連記事

▼関連リンク

| 祭り・民俗・歳時記 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT